edomam

東京都議会議員 上田令子のお姐が行く!

花のお江戸の一大事!呼ばれもしないがお姐参上!今日も頼まれもしない世直しに奔走中〜
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
↑お姐発世直しのためクリックプリーズ!

2011年10月

30 10月

渋谷区選管の判定を都選管が覆す!?不可解裁定の裁判に注目!!

みんなの党仲間の小柳まさや渋谷区議が、一票差で渋谷区議選にて当選し、勝利の喜びを分かち合ったのも束の間「1票差で当選の渋谷区議、当選無効の裁決 東京都選挙管理委員会」の報道が7月になされました。その後、小柳渋谷区議は、果敢に不当を訴えて戦うことを決意。お姐も及ばずながら応援をしております。
 詳細は、リポーター、ジャーナリストで活躍したみんなの党阿部みつとし台東区議がプロの技でリリースとしてまとめてくれましたので一挙掲載します。

 なお、注目の裁判は

11月10日 11時30分 東京高等裁判所 817号法廷
※傍聴券不要

ぜひ応援に駆けつけてくださいませ。お姐ももちろん馳せ参じます。

【一票差で当落!!ついに法廷闘争 都会のど真ん中、渋谷区議会で勃発】

−初当選新人議員 VS 元議長ベテラン古参落選議員−
 
 今年4月の東京都渋谷区議選をめぐり、渋谷区選挙管理委員会が当選と認定したものを、東京都選挙管理委員会が1票が無効票であると認定して、初当選議員の当選を無効と裁決した問題で、当選無効とされた同区議の小柳政也氏=みんなの党=が都選管を相手取り、裁決取り消しを求める訴えを東京高裁に起こし11月10日、11時30分に初公判が開廷される。
訴訟で小柳氏の訴えが退けられ、都選管の判断が確定すれば、最下位当選者が2人同数で並ぶことになり、渋谷区選管が『くじ引きで当選者を決める』何とも稚拙で異例の事態となる。
初当選の小柳氏と相対時するのは、1票差で落選した、渋谷区議会で3回当選、議長などを歴任して将来を嘱望されている大物議員、自民党所属、松岡定俊氏(56歳)である。今まで何十年も渋谷区は、区長以下、大御所議員はすべて自公で固められて無風状態であったが、今年の選挙で、自公が過半数割れしたために波乱が起きている。
【全34議席 自7 公6 民7 共6 みんな3 無5

一部には、「自民党は小柳氏の議席を奪い、松岡氏(自民)を当選させることに躍起になっている」との見方もあるようだ。

 小柳氏は、「渋谷区選挙管理委員会が認定したものを、東京都選挙管理委員会が覆した背景には、不可解な相関関係が存在する。現在の都選管の委員長は元渋谷区長の小倉基氏(元自民党三塚派)である。小倉委員長の娘は東京都議会議員の村上英子氏(自民党渋谷総支部支部長)で松岡氏は村上英子自民党支部長の選挙運動員であり支持者でもある。逆を返せば、小倉東京都選挙管理委員と娘である村上英子自民党渋谷総支部支部長にとって松岡氏は、子飼いの身内的な存在である。これは明らかに『選挙管理委員長は親族等関係者の利害に関わる審理裁決に参与してはならない』旨の地方自治法189条2項に違反している。これは、力士と行司が手を組んでいるとすれば、こんなひどい八百長はない」と主張している。

最近のことですが、区(桑原敏武渋谷区長は自公推薦です)が松岡氏を、渋谷区の功労者に認定したり、行政委員に抜擢したりと松岡氏をめぐる動きが活発になっているのが気がかりである。

現在、小柳氏は地道に、街頭でチラシを配布したり、ポスティング、新聞折り込みなどの活動を続けている。更には、ブログやツイッタ―などで発信しているが、区民の反応は積極的にチラシを受け取り、「がんばって、応援している」「自民党に負けないで、許せない」「ふざけている。すべてを裁判で明らかにしてくれ」「一度決まったことを、ほじくり返すなんて、おかしい」「議長までやった人が、往生際が悪い」「署名活動とか、どうにかならないの?」などの声があるが、負ければ、くじを引いての勝負だそうだ。
何とも納得の行かない裁判が始まる!!

****

小柳渋谷区議は、都選管のお沙汰に対して
地方自治法189条2項違反」とし、
「本件裁決について、都選管の委員長として小倉基氏が関与しているが、
東京都に審査申し立てをした松岡定俊氏は、小倉氏の子である都議会議員村上英子氏の政治家としての業務に携わるものであるから、本件裁決は、「選挙管理委員長・委員はその親族等関係者の利害にかかわる事件については審理裁決に参与してはならない」旨の地方自治法189条2項に違反し、取り消されるべきである。」としています。

 魑魅魍魎うずまく政治の世界。
 お姐はかねてから、公平性の担保を鑑み再三再四選挙管理委員会、監査委員会、教育委員会という行政委員に議員OBがなるべきではないと言って来ましたが(過去ブログ)、案の定このような「事件」が生じました。本日の東京新聞でも「行政委員報酬 月額から日額制、加速」と取り上げられております。昨年の決算委員会でもお姐は指摘しておりました。
 今後は、同じ思いを持つ各自治体のみんなの党議員らと連携を図り(高橋ゆうじ調布市議のブログもご参照!)、まずは美味しすぎると言われても仕方ない行政委員の処遇を見直すことで「議員の天下り」を排除してまいる所存です。

☆お姐、役人の天下りを指摘する前に議員の天下りを排除せよ!という方!☆
という方!
↓クリックお願いします!


★みんなの党東北地方太平洋沖地震緊急募金
★江戸川区東北地方太平洋沖地震の義援金

★リアルタイムのお姐を追え!Twitter稼働中http://twitter.com/uedareiko
27 10月

秋の陣無事終了&船堀映画祭いよいよ来週!

 宿願悲願大願であった、決算特別委員会の本妻メンバー(←しつこい…)として初めて出席できました(前期までひとり会派は、全く出席できない運営でした詳細)江戸川区議会秋の陣、充実した気持で無事終了できましたことをご報告申し上げます。

 雨の日も雪の日も、くじけずお姐を叱咤激励してくださっている区内外のあまねく皆様

 議会改革を進めた江戸川区議会の皆様・事務局の皆様

 破天荒なお姐に振り回されながらも、指導すべきところはキチッと導いてくれた、ふかえ一之議員、抜群の調査力で資料を作り裏方をこなしてくださったます秀行議員

 お弁当を作ってくれた宿六と、帰らぬカーチャンを待っていてくれた1,2号

皆々様に心より御礼を申し上げます。

ありがとうございました!

議決についてですが議案の一覧はこちらで、反対したものを以下にあげます。

反対した議案は以下のとおりです。

議案第43号 公益的法人等への職員の派遣等に関する条例の一部を改正する条例
概要:9月1日に公益法人化されたえどがわ環境財団へ公務員を派遣するための条例改正
理由:管理ポストを含め民間人を積極採用すべきだから。(今年3月に退職したばかりの前土木部長が年収816万円で新財団の理事長に就任したことをかねてからお姐は問題視しておりました。詳細

報告第16号 平成22年度江戸川区各会計歳入歳出決算の認定について
理由:「聖域なき削減を!」求め、いまだカイゼンの余地ありと判断したため。(詳細

***

funaborimoviefes【毎年恒例!船堀映画祭】
ご近所参加型映画祭、今年も迫って参りました!
お姐も裏方で今年もがんばっとります。
ご家族連れでぜひご参加下さい。


日時:平成23年11月4日(金)、5日(土)
上映作品(一部):
淡路恵子さんがゲストで登場!「喜劇 駅前女将
祝ハワイアンズ復活!「フラガール
美空ひばり・高倉健「べらんめぇ芸者と大阪娘
★多田正見区長セレクト「パリ20区、僕達のクラス
ゲスト:篠原哲雄監督「小川の辺」(東山紀之主演)
原田芳雄さん追悼…ゲスト:鈴木清順監督(予定)「ツィゴイネルワイゼン
上を向いて歩こう」(坂本九・吉永小百合主演)
などなど盛りだくさん!
船堀映画祭公式サイト

☆お姐、やっぱり映画っていいですねぇ〜!という方!☆
という方!
↓クリックお願いします!


★みんなの党東北地方太平洋沖地震緊急募金
★江戸川区東北地方太平洋沖地震の義援金

★リアルタイムのお姐を追え!Twitter稼働中http://twitter.com/uedareiko
25 10月

飛べると信じているから空へ行ける

040お騒がせしてきました「江戸川でワーキングマザーの仲間入り」お陰様で満員御礼、定員以上の赤ちゃんも受け入れて和やかに終了致しました。参加いただいた皆様、お手伝いいただいた皆様、会場を貸してくださったこどもトレイン保育園さん、講師の皆様ありがとうございました!
 保育園待機児童対策は江戸川区においては、未だ課題はあるものの(公立園&民営化園でゼロ歳児をやってくれていない、新設民間保育園での開設時トラブル等)、驚異的な速さで次善策を講じ、十数年前のお姐の時代とはガラっと状況がカイゼンいたしました。ありがとう!江戸川区。
 とはいえ、初めての保育園ですし、希望通りの園には入れなかったりと色々と悩みはつきません。情報不足で就労の継続や復活を断念しないよう、すでに保育園カーチャンを卒業し6年経っても、どうにもこうにも可愛い後輩達心配で、今年も開催にこぎつけました。
 042(←先輩ママズ) 先輩WMの知恵と経験で、今ある保育サービスを上手にコーディネートすれば必ず預け先が確実に担保できる時代になったからこそ、昔よりもなおさら必要な講習会だったなと終わった後に痛感します。
 もちろん、こちらが講釈するばかりではなく、現役乳幼児ママから「二ヶ月の会」情報を教えてもらった次第。新生児訪問したママ達に保健士が呼びかけ、健康サポートセンターにて開催していること。仲良さそうなママ友同士はそこで知り合ったとのことでした。

 なかなかやるじゃん!江戸川区!!

 素晴らしい!感動した!(←おろ?どっかで聞いたセリフ…なぜでしょう(笑))

 こんないい取組をしているのだ!と本会議や委員会で、お姐に切り返してくれても良かったのになぁと謙虚な担当者の皆様に頭が下がりました。こちらもまだまだ勉強致します。

 先輩WMがこうして地域の若いお母さんたちを支え、行政も専門的な保健士が支え、よってたかって子育てが出来る街江戸川になってきました。(後述しますが、だからこそ放射能問題取り組んでいただきたいもの)

【お姐トピック】
イベント終わって鬼の霍乱で風邪引いて報告遅れました。
10月20日 総務委員会
議案を一括付託して審査をすることで、久々の委員外議員三分間劇場でした。(みんなの党は3人なので、総務委員会出場要件4人以上の会派というのを満たしていないため←ココ要カイゼンね!)。船堀1.3丁目道路工事を請け負った建設会社が入札後二ヶ月で倒産した案件を質したところ、用地契約課長が「入札は適正に行われ、倒産するまでは何ら兆候が読み取れなかったから問題無い」と回答。だけどもね、えぇ昨年も発注後倒産してるんですよ。(過去ブログ参照)そもそも入札の評価のあり方を見直すことと、損害金は保証協会に入っていたから発生しなかったとはいえ、工期が5ヶ月も伸びて、区民に損害を与えてしまったことをお姐自身も重く受け止め、再発防止を促しました。
 また、別の議案で、指定管理にする障害者施設二件がどちらも単独応募だったのですが、これでは今後質の担保や契約の健全性を保てるか疑問。多くの法人から選択できる環境を用意するべきと考えました。
 単独応募なのは、江戸川区では障害者施設条例(15条)で、指定管理を委託できる法人を社会福祉法人に限定していることが原因ではないかと考え、墨田区、世田谷区のように、NPOや民間も応募できるよう門戸を広げるため、条例改正の予定はないか確認しましたが、当面予定しないとのこと。(ちなみに社会福祉法人に限定してるのは3区のみ)実際に、江戸川区内のNPOさんが、墨田区の障害者施設事業を請け負っているというのに、活用できないなんて誠にホント、MOTTAINAI!(マータイさんの冥福をお祈り致します…)みんなの党では、違うアプローチで民間への機会を広げて行く予定です。
 また、指定管理業者に江戸川区の職員が再就職していないか確認をしましたが、「ない」とのことでした。ほっ。

10月24日 福祉健康委員会
 足立区立の小学校、船橋市、横浜市、世田谷区、いずれも区民の通報で行政が動き、放射線量を測定し高い数値が世間に公式に認知され対策へ向けて動き始めたことをもって、江戸川区でも区民の通報で対応するかということを質しましたが、今のところ対応しないとのこと。ただ、「施設責任者に伝えれば適切には対応する」ということで、わかるようなわからないような…。
 決算委員会の最終日の総括質問でも質しましたが、ガイドラインを作り、全庁あげての対策委員会を設置して一本化した対応をするよう求めましたが、現状で対応可能との答弁でした。他の会派からも同様な「災害対策本部に集約を」「各部署は、たらい回しにせずオール江戸川で取組を」との声があがりました。議員の出る委員会でおいても、「ここは福祉健康委員会。環境部も、教育委員会もいないので…」となると、さすがに会派党派を超えて議員もまさに「オール江戸川」となり、江戸川区への抜本的な対策と計測の継続をすべての会派が求めたところです。みんなの党では、すべての陳情を一括採択し、せめて議会の意思をひとつにして行政へ区民の想いを形にして届けたい旨の意見陳述をしました。陳情審査においても、早急な結論を出そうという気運が高まっています。区民の皆様におかれましては、今後も注目よろしくお願い申しあげます。

 その後、区民からのご相談を伺って、小泉純一郎元首相の講演会「日本のこれからを考える」へ、ご縁があって参加して参りました。関東大震災、第二次世界大戦を乗り越えた日本人は今回のピンチもチャンスに変えることができると力強く語られました。

「医療保険制度を長く継続し、最も高齢者に負担をさせないために75歳以上に1割負担をお願いした。後期高齢者制度をやめて、全世代同じ負担にしたら、当然高齢者は払い切れないし、働き盛りだけに負担させたら、病気にならなかったら損だ、と思っちゃいますよ。」

「後期高齢者は、選挙に必ず投票に行くから負担がお願いできないんですよ、政治です。」

「一番大事なのは平和。平和なくしてはいかなる政策も推進できない。日本は戦後反省し二度と戦争をしないと日米安全保障条約を守り、米国、ロシア、韓国、北朝鮮らとはと違い一度も戦争をしなかった。自衛隊も人道的派遣で一人の人間もあやめていない」

「日本のメタボなんか、アメリカに比べたら、ぜんっぜん。肥満が違う」

と、変わらぬ純ちゃん節健在。

 「郵政民営化」というたった一つの政策で、日本をがらっと変え、何より本当に事実上自民党をぶっ壊しちゃったライオン首相は好々爺然とされても変わらぬ情熱がおありのようでした。しかし、相変わらず、演説がウマイ!郵政解散の名演説は、はほとんど伝説ですよね。(我らが渡辺喜美代表の公務員制度改革が骨抜きにされた時の男泣きも忘れがたい…離党会見も感動でしたね…)お姐も議員の末席におる者ととして、こういうとこも参考にしたりします。
 愛読書が「自助論」「学問のすゝめ 」と同じなのも面白い偶然。
 2001年都議選の応援で、「ここに、こんなに人がいたのか!?」という船堀駅前の熱気の中、颯爽と登場したのが昨日のことのよう。
 あれから10年…宿六に肩車されていた1号は高校生、お姐に抱っこされていた2号は来年中学生。
 そして「日本を変えて下さい!」と祈っていた一介のカーチャンだったお姐は、「自分が変えなきゃダメだ、コリャ」と、いつしか議員となっていました。

 今1号の本棚にはその二冊の本があります。今日は、1号の保護者会に行ったのですが、講師の先生が

「くまんばちは航空力学的には絶対に空を飛べるはずがない。しかし、本人が飛べると思っているから空を飛ぶ。(だから子どもの可能性を信じよ)」

ということを話されました。タイトルはその言葉から。

うんうんホント、そのとおり。お姐もそれで、ここまで来ちゃった。

「天は自ら助くる者を助く」 

「天は人の上に人を作らず人の下に人を作らずと言えり」

 自分を信じ、自分を助けられる人が、他人を結果的に助け、ひいては国までも、ソコまで思ってもないのに助けちゃう人材となっていきます。

 それを、育てるのが、他ならぬカーチャン。

「カーチャンが輝けば世界が輝く」

お姐のたった一つの政策です。 

☆お姐、小泉さんはちょっとビートたけしに似てたな!という方!☆
という方!
↓クリックお願いします!


★みんなの党東北地方太平洋沖地震緊急募金
★江戸川区東北地方太平洋沖地震の義援金

★リアルタイムのお姐を追え!Twitter稼働中http://twitter.com/uedareiko
お姐参上!

東京都議会議員 
上田令子 
台東区上野出身。結婚を機に江戸川区船堀在住。台東区立黒門小、文京区立第六中、都立三田高、白百合女子大卒。外資系生保等を経て起業も。長男妊娠出産で退職を迫られたこと、江戸川区での保育園探しに苦労したことから、働くマザーズと女子のために東奔西走。99年4月「江戸川ワークマム」 設立。07〜12年江戸川区議。13年東京都議選初当選。
家族:夫、二人の息子、義父母と三世代同居。ペットはセキセイインコの京ちゃん。
著書:ハハノミクス!
通称:お姐!
所属:自由を守る会代表

Twitter
最新コメント
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ