edomam

東京都議会議員 上田令子のお姐が行く!

花のお江戸の一大事!呼ばれもしないがお姐参上!今日も頼まれもしない世直しに奔走中〜
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
↑お姐発世直しのためクリックプリーズ!

2016年06月

29 6月

新しい知事には、都立迎賓館新設を中止して頂きたい。

 本日、自民党所属の国会議員による都知事選挙への立候補表明がありましたね。

 前知事におけます政治資金の私的流用が疑われた、趣味としか思えない美術品、くれよんしんちゃん、シルクの中国服、どう考えても家族旅行でしょう…という温泉旅館への支出、都民の税金で運行している、公用車を使っての別荘通いや家族とのナイター観戦も許しがたいものもありましょう。

 少なくとも、前知事は都庁を去りましたので、もう公用車をプライベートカーのように使われることもなくなりますし、海外出張もファーストクラスも、スイートルームも取りやめになってかなり予算が圧縮されることでありましょう。

 しかし、彼がいなくなっても残された「負の遺産」があります。

 それは、豪華絢爛都市外交政策であります。

 これまでの数百万ともいわれる私的流用金額も元を質せば税金で腹が立って仕方ない都民の皆様はぜひ、彼が去っても遺された都市外交、その象徴である東京都が独自に新設をする総額30億とも40億ともいわれる都立浜離宮恩賜庭園「延遼館」の遺構調査結果と復元方針に注目をして頂きたいと思います。

 年に7回しか使わない国の迎賓館赤坂離宮を、民間に貸し出そうと政府は動いているというのにそれを東京都は借りずして多額の建設費を投入して新設しようとしています。

お姐の問題意識はこちらです。
ホントに必要?!“東京都迎賓館”
上田令子による舛添知事の「都市外交」研究一挙ご紹介

 どなたが知事に就任するにしても、まず、今回の辞職騒動の大きな原因、根源となった、ド派手都市外交政策を見直すその第一歩として、お姐こと上田令子は、まず、

「都立迎賓施設“延遼館”復元方針の白紙撤回」

を求めるものです。

【都議会リオリンピック視察中止騒動】
 去る6月25日報道LIVE!あさチャン!サタデーに登場しました。先週金曜日突如として、「都議会議会運営委員会は24日午後、持ち回りの理事会で視察の中止を決めた。」として記者会見があった件です。お姐が独自調査をしました、リオリンピック都議会視察団経費〆て6,200万円の内訳により、そのずさんな予算編成の実態が明らかになり、追い詰められてブーメランが飛んできた、自民党公明党が、適正価格、適正人数、明快な目的をもって立て直すことなく中止にしてしまったわけです。

2016-06-25-06-19-59

 
 当日の詳細ですが、6月24日正午過ぎに議会運営委員会担当書記(職員)から電話がきました。
 書記によれば都議会公明党より、
「リオリンピック視察につき執行機関として、監視機能もあり大会成功を目指すため調査は重要だが、今般の経費高騰に鑑み高額の海外出張は見直しを図る必要がある」
ということを理由に、視察中止の申し入れが宇田川さとし議会運営委員長(江戸川区選出)になされたとのこと。これを受けた宇田川委員長が、議運理事会は開催せず“持ち回り(口頭による伝達のみ)”にて、自民、公明、共産、民進、民進維新、かがやけTokyo、生活者ネットの議会運営委員会理事議員に中止ということでご了承いただきたいということを、書記を通じて連絡してきたのでした。

image
(宇田川さとし議会運営委員長)

 我が会派は、他会派の中止案の是非ではなく、全会派が視察がどうあるべきか検証をし、それぞれに提案をし議会運営委員会を開いて議論すべきと伝えましたが、
「他の全理事が、(共産党を含め)賛成したので、議運理事会の決定として進める」
と申し渡されました。
 とうてい納得出来ませんことから、我々は了解をしていないことを14時に、担当書記に伝えたのですが、何故か新聞報道では「全会一致」とされてました。
 記者会見直前に以下かがやけTokyoの見解を宇田川さとし委員長に提出致しましたのでこちらにもご紹介いたします。

【都議団による「リオ五輪視察中止」決定に対する見解について】
1.
そもそも28名という人数に根拠がないことから大幅削減は当然であるが、次期開催地の議会としてリオ大会のいずれかの節目には代表者が赴き、祝意を伝える等の儀礼的な行為は一定程度、必要なことである。また、次期開催地の議会が大会運営の課題等を肌で感じ、大会施策に活かしていくことも重要であり、目的を明確化し、時期・人数・予算を精査して、5名程度を超党派で各会派から派遣し、その成果を都政に還元すべきである

2.
世論に鑑みるという姿勢は重要であるが、批判を受けたから中止にするかのような対応は、これまでの議会視察の存在そのものを否定することになりかねない。また、こうした重要な意思決定が正式な理事会・委員会開催を待たず、拙速にされようとしていることにも大いに疑問が残り、参院選中の選挙対策との疑念も拭い切れないため、慎重な議論と決定プロセスを踏むべきである

3.
今回の問題を契機に、これまでの都議会海外視察のあり方を抜本的に議論・改善するべきである。具体的には議会予算の精査を行い経費削減に努めること、報告レポートは議員個人毎に提出し都民に成果を還元すること、大会派順のドント方式による人数配分ではなく、多様性に配慮した超党派の視察団を結成すること、などである。こうした議論をまったく行わず、目の前にある海外視察を取りやめるだけでは、根本的な解決にならないことは明らかである

以上を強く要望し、今後の都議会のあり方についても問題提起を行うものです。

*****

【お姐総括】
2016-06-25-06-25-02

ヲタク的に調べていた事がある時、議会や行政を揺るがし動かすことがあります。千三つという言葉がありますが、地道で膨大な調査研究の礎あってのスタンドプレイのように見える究明追及です。
 取材ではもっと色々語ったのですが…音喜多 駿都議の鮮やかなコメント見習い(・_・;そして、調査するのはいいが資料の山お姐机周りと本棚は大変なことになっており、要不要の資料の仕分け明確なキレイ好きの両角みのる都議を見習いたい。

こんな、我ら楽しく都議会・都庁の予定調和を崩すかがやけTokyoです!

☆お姐、微力であったとしても無力ではない。微力リバレッジで議会を、行政を政治を牽引していくのだ!☆
と、いう方はクリック↓お願いします!
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ


★江戸川区騒然?!お姐初めての著書『ハハノミクス!』★
電子書籍版

書籍版
21 6月

2016リオリンピック視察は参加しません。

 ブーメランというと、ちびまるこちゃんと同い年のお姐は、西城秀樹さん(リハビリ応援してます!)の「ブーメランストリート」「ブーメラン♪ブーメラン♪きっとあなたは戻ってくるだろう♪」を思い出します…。

 いや、舛添知事には戻ってきてもらっては困りますが、今、舛添批判をした、自民党、公明党、民進党の「リオリンピック視察団」についてブーメランが戻ってきてますね。

 そもそも、舛添氏を擁立し知事就任以来「両輪」として予定調和できた自公、二大政党を標榜しながらも実態は馴れ合い状態で、対抗軸を全く出してなかった民主→維新の党が合流→民進党は、都民の声が抗しがたい状況になったとたん、正義の味方宜しく、突如として「舌鋒するどく」知事批判を開始。大見栄切っての代表質問と総務委員会集中審議はさながら三文芝居そのものでありました。舛添知事においては当選以来、今回の問題の根源となった都市外交を中心として都政事業での批判を「舌鋒するどく」質してきたお姐としては、普段ロクな質疑もしてないくせに、よく言うわぃと超ドン引きになって見てました。

 国民が騙されるとおもっていたんでしょうね。

 甘い。

 本日知事が正式に辞任されるはずですが、それで一件落着幕引きと、自公民は思っていたのでしょうが、国民の関心は、都議会議員のゴージャス?!青天井無計画視察に一気に移りました。当然のことでしょう。

 お姐が幹事長をつとめます、かがやけTokyoでは、視察は言うまでもなく都議の公務の一環と考えております。実際に常任委員会では、例えば本年度お姐は警察消防委員会理事ですが、警視庁の観閲式、消防庁のヘリポート新設・救急相談センターなどの都政事業視察を行い、調査研究を重ねています。理性を欠いて、マスコミ世論に迎合し、スタンドプレイよろしくやみくもに視察辞退するものではなく、費用対効果を精査したうえで参加・不参加を判断するものであります。

 リオリンピック視察に関する状況は、刻一刻と変わっていきましたことから、4月22日が、議員派遣書類提出の期限でありましたことから熟議を重ね、その時点で、我が会派では、不参加の決断を下すことといたしました。改めましてその際の会派表明を以下転載いたします。

【第15回リオデジャネイロ2016オリンピック・パラリンピック視察不参加について】

 熊本地震におかれまして、亡くなられた方々に心から哀悼の意を、被災された皆様には、未だ余震が続き、震災関連死が発生するなか、ご無事をお祈りすると同時にお見舞い申し上げます。 
さて、去る4月14日の都議会議会運営員会理事会で、リオデジャネイロ2016オリンピック・パラリンピック競技大会への議員調査団派遣について、決定されました。

 私どもかがやけTokyoは当初、7会派28名を4組に分けての議員調査団の派遣について、当初は賛成し、パラリンピック開会式を含む7日間の日程で会派代表1名を派遣する予定でした。今回の議員調査団の派遣は、2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会のホストシティの議員を代表として、現地を訪れ、開会式・閉会式・主要競技を実際に観戦し、東京大会の成功に向けの知見を深め、都議会全体で成果を共有することにより、都政および都民全体に還元することを目的としたものとされていたためです。

 ところが、議員調査団派遣の決定直後に、議会運営委員会では予算化にも派遣にも異議を述べなかった交渉会派を含む2会派から「都民の税金を使う以上、派遣するとしても最小限にすべきである」として不参加が表明されました。このことは、議員調査団の都議会代表性に著しく疑義を生じさせるものであり、極めて遺憾です。

 そんな中、派遣を決定した4月14日の夜に震度7を熊本県内2地点で観測したほか、西日本全体が揺れを感じた熊本地震が発生しました。16日未明には再び震度7を観測し津波注意報が発令されるなど、直後の1週間で770回を超す有感地震が続いております。この事態を受け、都議会は当面の間、各常任委員会の管外視察を全て中止する決定をしました。

 本日までにリオへの派遣議員を決定しなければいけませんでしたが、熊本地震は、今なお活発なまま、収束する見込みはなく、一刻の予断も許しません。震域は南海トラフ地震とも重なるとされています。議員調査団に参加すれば、7日間、東京を離れ、片道でも一昼夜かかるリオデジャネイロに滞在することになり、いかなる事態が起きても即応することは困難になります。私どもとしては、3名の小会派であり、地域防災の重要性を鑑み、前述の経過を踏まえ、参加を見送ることといたしました。

 視察への参加は見送らざるを得ないと判断いたしましたが、我が会派の2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会への取り組みは何ら変わるものではありません。世界に誇れる効率的な大会運営により、成功裏に進められるよう、オール東京で推進すべく、これまでにも増して全力で取り組んでまいります。それが、東北、そして、熊本の復興につながることを、信じて止みません。

 なお、海外調査派遣に係る経費については、議会局よりあらかじめ独自に、明細にまでわたる資料を取り寄せ、適正額かどうか、費用対効果を慎重に検討を重ねております。参加見送りになりましても、引き続き、厳しく精査してまいります所存です。

 最後に、被災されたみなさまに改めてお見舞いを申し上げ、ご報告といたします。

平成28年4月22日
かがやけTokyo幹事長 上田令子

※注 かがやけTokyoの不参加による、他の会派議員の追加はなく当初28名でありましたが、不補充となり最終人数は、現時点の案によれば自民党16名、公明党5名、民進党4名、元維新の党の民進党2名、合計27名となっております。

*****

【お姐総括】


守るべきものを守らぬ保守自称平和の党自称リベラル不確かな野党の参院選を意識した選挙だけしか見えてない、都民不在のパフォーマンスねらいの猿芝居を今後も一刀両断してまいります!!

 やっぱ地域政党・無所属無党派議員の時代であります!

【おまけ】
副知事が会派控室に挨拶においでになりました。左から、安藤副知事(再任)、川澄新副知事(元政策企画局長)、山本新副知事(元産業労働局長)、中西新副知事(元総務局長)。
知事なき都政を切り盛りする四天王であります。
image


☆副知事人事についてのかがやけTokyoの見解☆
平成26年度に知事不在で予算編成も行われた経緯もあり、副知事の存在意義と重要性を感じています。石原都政においては、三人のうち一名は、幅広い視野を都政に反映するという観点から知事の特命を受けた都庁出身者以外等からの人材を登用していました。従来定数4名のところ、3人体制であったのは、自ら身を切る姿勢を象徴するものでした。今回4人を任命となれば新知事による人選をする余地がないこととすべてが都庁出身者であるので官僚依存が強まることを危惧しています。
 かような観点から、提案の各人の資質と実績は十分に認識しておりますが、知事不在となる当面の都政の混乱を避けるため安藤立美氏の留任には賛成し、他三件は反対とさせていただきました。しかれども、ひとたび任命が決まりましたらば是々非々で四天王知事衆とは都民をど真ん中にして、力を合わせてまいります!

☆お姐、政治は芝居ではなく真剣勝負!手抜きパフォーマンス議員と政党を一掃せよ!☆
と、いう方はクリック↓お願いします!
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ


★江戸川区騒然?!お姐初めての著書『ハハノミクス!』★
電子書籍版

書籍版
17 6月

全国初第二弾!劣悪猫カフェ資格停止処分へ!しかし…

 知事騒動で都政が停滞、各行政処分の権限者である舛添知事辞任が決定し、ようやく淀みなく事業が再開された証左か、昨日かねてより指摘、全国初の業務停止中の墨田区内の猫カフェが、またしても全国初の資格取消処分が下りました。本日全国紙で取り上げられていましたね。

 昨年11月より地域住民と一体になった独自調査と、東京都福祉保健局担当部署への指摘、東京都議会、墨田区議会、江東区議会への陳情、そして、お姐の予算特別委員会での質疑で追い込み、ようやく昨日6月16日に、墨田区の猫カフェの登録取り消し処分が下りました。

東京都福祉保健局 第一種動物取扱業者に対する行政処分について

行政処分の内容
登録取消し
平成28年6月16日付けで、猫の販売、保管、貸出し及び展示の登録取消し

【新聞報道】
30平方メートルに猫62匹、病気蔓延…猫カフェを登録取り消し処分(産経ニュース)
猫カフェ、初の登録取り消し 東京・墨田の「ねこのて」(朝日新聞)
猫カフェ:登録取り消し…業務の改善行われず 全国で初(毎日新聞)

【墨田区内の猫カフェ(第一種動物取扱事業者)資格取消処分が下るまで】

あらためて半年に渡る攻防をご紹介いたします。

平成27年
11月16日 上田の元へ地域住民から墨田区内の猫カフェの劣悪な状況の通報が届く。

12月15日 墨田区内の猫カフェの実態が、フジテレビ「みんなのニュース」で報道

12月16日〜21日まで連日
立ち入り検査動物愛護及び管理に関する法律第24条

 ↓ 遵守基準(法第21条第1項の環境省令で定める基準)を遵守していない

平成28年1月8日
改善勧告 法第23条第1項

 ↓

2月8日
措置実施命令 法第23条第3項

 ↓

2月12日 墨田区へ請願・陳情が提出される
2月16日 江東区へ請願・陳情が提出される(後日、陳情は廃案扱いに)
2月18日 東京都へ請願・陳情が提出される
(詳細)

 ↓

3月9日
予算特別委員会での質疑にて、劣悪猫カフェにつき、お姐疑義を質す。「福祉保健局長より「勧告と同様の内容について、3月26日を期限とする改善命令を行った」と福祉保健局長から答弁を得る。
 
 ↓

3月26日
改善措置の期限

 ↓

4月18日 
この件にかかる全ての書類に関する上田による情報公開請求の開示

4月21日
業務停止命令 法第19条第1項

 ↓

聴聞(行政機関が、行為、決定をする場合に、相手方その他の関係人に意見を述べる機会を与えること。)

 ↓

5月20日 業務停止期限

 ↓
 
聴聞(行政機関が、行為、決定をする場合に、相手方その他の関係人に意見を述べる機会を与えること。)
 
 ↓
6月16日
登録の取り消し 法第19条第1項

以上

 地域住民と、猫を愛する人々と、あなたの街のご近所都議会議員お姐と、福祉保健局によります7ヶ月戦争は全国初の登録取消処分という成果を上げることができました。

 がっ!!

件の墨田区内の猫カフェのホームページを確認しましたところ…

にわかに信じがたい事態となってます。

 業態や自治体を変えて、ゼロリセットというのであれば、それは動物愛護法の精神に反することはないか。

 全国はじめての事例ですから、その後のことも全く初めてのことです。

 どこかの国の首都のトップのように

「違法ではないが不適切」

 と逃げ切らぬよう、三度
 地域住民及び、動物のいのちを守る活動をしている有志の皆々様、関係自治体、福祉保健局と暗中模索しながら知恵を出し合い情報を共有し、ノウハウを創造し、引き続き厳しく状況を定点観測してまいります。

☆お姐、誰が当該猫カフェにもっともらしい抜け道を伝授したのかその背景も踏まえて監視せよ!☆
と、いう方はクリック↓お願いします!
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ


★江戸川区騒然?!お姐初めての著書『ハハノミクス!』★
電子書籍版

書籍版
お姐参上!

東京都議会議員 
上田令子 
台東区上野出身。結婚を機に江戸川区船堀在住。台東区立黒門小、文京区立第六中、都立三田高、白百合女子大卒。外資系生保等を経て起業も。長男妊娠出産で退職を迫られたこと、江戸川区での保育園探しに苦労したことから、働くマザーズと女子のために東奔西走。99年4月「江戸川ワークマム」 設立。07〜12年江戸川区議。13年東京都議選初当選。
家族:夫、二人の息子、義父母と三世代同居。ペットはセキセイインコの京ちゃん。
著書:ハハノミクス!
通称:お姐!
所属:自由を守る会代表

Twitter
最新コメント
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ