edomam

東京都議会議員 上田令子のお姐が行く!

花のお江戸の一大事!呼ばれもしないがお姐参上!今日も頼まれもしない世直しに奔走中〜
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
↑お姐発世直しのためクリックプリーズ!

2017年03月

29 3月

幼稚園の保育園参入UPで待機児童対策!

 「保育園待機児童対策」はお姐の一丁目一番地の政策です。1994年長男妊娠中にマタハラで転職をせざるを得ず、江戸川区では公立保育園でゼロ歳児保育を(いまだに)実施していないことに苦労をし、1999年働きながら楽しい子育てを!を願い江戸川ワークマムを創設し、江戸川区議会に陳情するも、働く母親の立場で民間も含めた保育の拡充に理解を示す、区議会議員は当時は男女とも皆無で、それであれば、私がなろう!と江戸川区議となり都議として今日にいたります。

 東京都認証保育所の推進にも尽力をし、保育の質を担保するために第三者評価制度が導入され立ち上げにお姐も協力し、認証保育所で障がい児を預かった場合に補助を出すよう議会で質し実現。さらには、保護者への補助も昨年度からようやく江戸川区でも実施に至らせました。

 政府も東京都も「女性が輝く社会」を目指すということであります。ようやく時代が動いてきた、そして私も動かしてきたということを実感している次第です。

「ワーキングマザー獣道をハナミズキ咲く遊歩道に…」

 育児休暇を取れずに泣いてきた、先輩達や仲間達を沢山見てきたからこそ、今日まで頑張り、まあ、ともかく、ごく普通の働く母親だった「次世代育成支援対策推進法」の頃から取り組んできたわけです(遠い目)。

 一般質問、厚生委員会予算調査質疑とおそらく今期一期目の集大成となった45問の最初は当然保育園待機児童問題でありました。念願だった、株式会社等の民間も参入し、受け皿が順調に増えてきても、後に続く後輩たちのために道を残してきた先輩ワーキングマザーたちのおかげでそれ以上に育児休暇を取得する女性も増加し受け皿拡充として、幼稚園という「保育資源」活用が長らく求められているのですが…。

 平成24年8月に成立した「子ども・子育て支援法」、「認定こども園法の一部改正」、「子ども・子育て支援法及び認定こども園法の一部改正法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律」の子ども・子育て関連3法に基づく子ども子育て支援新制度においては平成22年から基本制度会議にて幼保一体化の議論が進められているにもかかわらず、現状認定子ども園は、江戸川区内では1園のみ、他に自治体でも伸び悩んでおります。東京都でもこの点を憂慮し小池知事新体制のもと、子ども園に移行する障壁緩和策として週5日以上預かり保育を実施する幼稚園の新年度予算では、幼稚園の預かり保育に対しての補助拡充などが盛り込またのであります!

 長年、幼稚園業界と保育園業界は…

 幼稚園=文部科学省=幼児教育
 保育園=厚生労働省=児童福祉

 
 このように省庁も、区市町村の担当部署も別々に運営(※東京都では、区立幼稚園=教育庁、幼稚園=生活文化局、保育園=福祉保健局)されていたわけです。それぞれに気概と自負と哲学を持って子どもたちを育んてきておりますことから、どちらも正しいでしょうし、こだわりもありましょうし(例えば、お部屋に黒板がいるのいらないの…とか…)一朝一夕に一体化は進むわけはなく、そのためにもインセンティブ(やるき)を引き起こすサムシングは必要であります。

 これまでにも、都は幼稚園の参入を幼児教育と児童福祉の双方の観点を持つ専門家が参加する「東京都子ども・子育て会議」を開催し、縦断的に関係機関と連携をはかっていたとのことですが、何をするにも先立つものがなくては新しい取り組みもできません。

 ない袖は振らない、絶対振らない。byお姐

 なので、行政需要があって、重い腰を上げたとしてもやっぱりそこにはコストが発生するわけですから、これまでも幼保一体化に臨む幼稚園への補助はしていましたがさらに「週5日以上預かり保育を実施する」ことを条件にして上乗せしたことにより、幼稚園業界から保育園業界への新規参入を期待できるものでございます。

 そこで、

お姐「幼稚園参入インセンティブを福祉保健局としてどう促していくのか?都の独自補助に期待する効果を問う。」

福祉保健局「私立幼稚園等一時預かり事業費の活用などにより、幼稚園における預かり保育が進むことで、就労家庭などの子どもの幼稚園への入園が可能となるなど、保護者の多様なニーズに対応できるものと認識。また、幼稚園と小規模保育施設との連携促進により総規模保育の整備促進が期待される。」

お姐「(制度があっても知らないと活用されないわよねぇ…)」

福祉保健局「補助制度が活用されるよう、生活文化局と連携し区市町村へ働きかけします!」

との質疑を実施した次第です。都には頑張ってもらいましょう、ハイ。

  待機児童解消においては定員割れが散見されてきた幼稚園での受け入れが不可欠で、預ける方も預かるほうも双方WinWinになれるよう、幼稚園での「児童福祉」実現にむけて、制度があっても「絵に描いた餅」とならぬようシッカリ運用してもらいべく小池知事新体制のもと私も注力してまいります。 

【お姐総括】
幼稚園児も保育園児も子どもは子ども。
文科省も厚労省も、教育庁も福祉保健局も、教育だ!福祉だ!と肩ひじ張らずダンゴになって寄ってたかって子育てを!!

image

 マタハラで退職を迫られ給湯室で泣いたときお腹にいたお姐1号は「児童福祉」すなわち、保育園でお世話なり、先週土曜日に無事大学を卒業しました。生活習慣を身に着けて、人も食べ物も好き嫌いがなく育ったのは保育園のおかげさま。そして一番お世話になったのは何といっても義母さん。また、一宿一飯のお世話になったママ友たちも多数。とても母親一人では子育てなんぞできるものではありません。この日は合わせて、お姐の子育ての卒業式でありました。かけがえのない保育園の日々と、寄ってたかって子育てしてくれたみんなに感謝感謝のみであります。

☆お姐、いろんな子がいる寺子屋のような子どもの居場所を!という方はクリック↓お願いします!☆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ


★江戸川区騒然?!お姐初めての著書『ハハノミクス!』★
電子書籍版

書籍版
27 3月

死者に耳を傾けて…三多摩地区にも監察医務院を。

 本日都議会は予算特別委員会は、自民党が「議論が尽くされてない」と会期を延長するのしないのでゴタゴタやってますが、こんな騒然としているなかでも4800に及ぶ都政事業は粛々と続いているのであります。お姐は、厚生委員会の予算調査で先週は缶詰でございました。福祉保健局は、45問80分一本勝負!でありました。

 その中でもぜひ皆様に知っていただきたいのが、不自然死(死因不明の急性死や事故死など)について、死因を明らかにする死体の検案及び解剖の三多摩で、格差といもいえる違いがあるということです。委員会資料です。

「特別区及び多摩地域における検案・解剖実績」
image


 ↑の表のとおり、23区で不自然死をする方と、三多摩地区26市で不自然死をする場合とでは、対応が異なるということです。
 それは何か?といえば、東京23区には東京都監察医務院がありますが、三多摩地区にはないため立川市を除いて、医師会や大学病院によります検案・解剖となるということになります。

 監察医務院とは…
「東京都監察医務院は、東京都23区において死因がわからず急に亡くなられた方々や事故などで亡くなられた方々の死因を明らかにしています。また、これらの過程で得られた貴重な情報は、公衆衛生、医学、司法などの領域で役立てられています。」(HPより)

 監察医務院は世界最高水準に匹敵すると都も自負する技術を誇ります。(詳細は視察に行った時の過去blog参照)しかも、死体検案書は遺族に対して無料で1通交付され、二通目以降も1,500円、謄本の場合1通900円と安価に手に入ります。

 多摩・当初地域での死体検案書は遺族に対して無料で1通交付されるものの、2通目以降は交付する医師が決め、これは数千円かかる場合が多く監察医務院よりはかなり価格が違う状況です。

 三多摩地区の医師会、大学病院ともご尽力していただいているのは重々承知はしているのですが、日常的な医療行為もあり、監察医務院ほどの専門機器がそろってない環境の違いにより、それでなくても多忙な医師の皆様のご負担をおかけしてないのかと常々懸念をしておりました。また、地域間で費用や技術に格差があるのではないかと都民の声も頂戴しておりまして、予算調査で確認をしたわけです。

 監察医務院では尊い命が教えてくれたことを分析・データ化して今を生きる人々のために活用をされています。厚生委員会では以下も合わせて取り寄せました。

「監察医務院における妊産婦自殺の検案数の推移」
image

 新聞でも報道となった胸を突くデータですが、赤ちゃんに恵まれ幸せなはずの妊産婦さんの自殺の状況も監察医務院により明らかになりこれをもって私も対策を求め東京都も「妊娠相談ホットライン」を開設し「ゆりかご・とうきょう事業」や包括補助で支援をするとの言質をとりました。薬物中毒死についても興味深い研究報告をしており、医療・福祉現場で活用をされてもいます。エコノミークラス症候群を発見したのも、監察医務院でありました。
 23区は不自然死はもれなく監察医務院へ運ばれます。さまざまなインフラがそろっている監察医務院の方が、不自然な死因、ことに犯罪によるものではないか…など見つけ出す率が高いのではないのかと私は考えた次第であります。

 そこで、このような質疑をやりとりしました。

お姐「三多摩地区も監察医務院の対象とすることが必要であり、新設する必要があるのでは?」

医療政策部長「政令では、監察医を置く地域は東京23区、大阪市、横浜市、名古屋市、神戸市の5つの地域と定められており、監察解剖を実施。医務院を設置。政令で定められていない多摩・島しょは医師会や大学などの協力を得て懸案を実施。死体究明の体制は、本来国が必要な法整備を行い、地域を限定せずに整えることが必要。都は、監察医務院制度が都内全域に適用できるよう、繰り返し国に求めている。」

お姐「監察医務院OB医による“死体は語る”という名著があるが、その声を聴く医師や体制が必要なことから、ぜひ三多摩地区への監察医務院新設を求めるものです。」

 昨年度は、お姐は警察・消防委員会の理事を担当いたしました。いろいろな調査をしていくうちに、三多摩地区での検案・解剖を監察医務院でして欲しいのではないかという、熱血警察官の情熱を感じる瞬間が多々ありました。理不尽な死を遂げた人々の声をうけとめ、あるいは不自然死から新たな病気を解明したり、そして、孤独な大都会で生きる人達を支える事業など命から教わる機会を三多摩地区でもぜひ増やして頂きたいものです。幸い東京都も同じ問題意識を持っているようです。後は国の法整備。この予算調査の質疑が都政、ひいては国政にまで反映されるよう願っております。

【お姐総括】
死人に口なしは過去のこと!
オール東京で取り組むべし。
 
☆お姐、監察医務院院長の「あらゆる権力を排して白紙て向かう」は座右の銘になったな!☆
と、いう方はクリック↓お願いします!
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ


★江戸川区騒然?!お姐初めての著書『ハハノミクス!』★
電子書籍版

書籍版

9 3月

「小池劇場」の真の姿~新任教師過労自殺訴訟上告せず~

 2006年、東京都内公立小学校の新人女性教員(当時25歳)が過労自殺した事案がありました。ご両親は、地方公務員災害補償基金(東京都支部長=小池百合子知事)に対して、公務災害と認めなかった処分に対して取り消し訴訟を起こしていらっしゃいました。2月23日その控訴審判決で、東京高裁において、「上司からの手厚い指導が必要だったのに、その形跡はない」とし、女性への支援が不足していたことを指摘。一審に続いて「自殺は公務が原因」と認めました。

 それを受けての東京都の出方を私は静かに見守っている中、本日東京都総合教育会議が開かれました。議題は「教育管理職の確保について」。世界一多忙で残業が多いと言われる日本の教師を取り巻く環境の厳しさから、現在管理職に手を挙げる教員が激減してる喫緊の課題です。出席者は「知事、教育長、教育委員、都内公立小・中学校の校長・副校長・教員」なことから、上田令子政調スタッフに傍聴に行ってもらっておりました。
 そこで、テーマの趣旨と関連して冒頭、小池知事が、この過労自殺の事案に触れ、なんと東京高裁の判決を受け入れて「上告しない」と明言、その瞬間職員席がどよめいたそうです。職員、学校管理職の教員、傍聴席には教員組合関係者もいたそうです。この言葉は、サポート体制に疑義があった教育現場へ暗黙の綱紀粛正を一瞬で迫ったでしょう。一方、普段の教育委員会では不規則発言の多い傍聴席は、静まり返っていたそうです。本来、注目を浴びる明日の知事定例会見で発言しても良い内容なのですが、知事があえてこの場を選んだ、実務家としての底力と政治家としてのセンスに舌を巻きました。そしてその後に、胸の中にじわっと温かいものが広がりました。
 
 小池知事は、就任初の総合教育会議では、「セーフ シティ、ダイバーシティ、スマート シティの3つのシティ作りを目指していく上で、「それをすべて担っていくのは、人材(太字:お姐)である。教育はその点からも一番基盤になるものと考えている」と述べていたことを思い出したからです。私は、東京都職員の自殺について憂慮し質疑を重ねて来ており、その中には少なからぬ数の教員も含まれておりました。ですので、教員の状況を知事も承知していて「人材」に重きをおいて、そして…上告を見送ったのではないか…点と点が繋がったからです。

 豊洲移転問題、オリパラ問題、どちらも大切ですが面白おかしく政局を絡めて「小池劇場」取り上げられておりますが、私はこうした、なかなか大きく注目をあびることのない一隅に火をひとつづく灯している実務家「小池百合子」という知事の姿をぜひ都民のみならず全国の皆々様にも知っていただきたいと思います。
 私は定時制・全日制の都立高校の卒入学式は、日程が合えば可能な限り出席しておりますが、今年の卒業式は知事から祝電が届いてました。その言葉も通り一遍なものではなく「世界にどんどん目を向けて挑戦して欲しい。皆さんの未来が夢と希望に満ちたものであることを記念します」という真心こもったものでありました。

 改めて、僅か25歳で亡くなられた東京都職員の女性教諭にご冥福をお祈りすると同時に、東京大改革の中には無論教育改革も含まれていることから、都議会議員の立場で新人教諭のサポート体制を推進してまいります。

サステナブル・ブランド国際会議にて知事基調講演】
image

 議員となるずっと以前から親しくしていますビジネス仲間が主催者にいらして、その他沢山のご縁にて、小池百合子知事の講演が実現しました。東京五輪のメダルを、携帯などの廃棄機器から出る金属をリサイクルする「都市鉱山」で作るアイデア満載の各種の都の取組・挑戦を紹介し、最後は総額200億にも及ぶグリーンボンドにつき「ぜひお求め下さい」とチャッカリ営業(笑)するチャーミングさも人気の秘密でしょうね!
持続可能なTOKYOを創る知事のチャレンジは続きます。私も後方支援してまいります。

【お姐総括】
ローマ史に造詣の深い歴史作家塩野七生氏が「(民主政治を実現した)ペリクレスは音楽を愛でるように権力を愛でた」と評価していました。持っている権限を、暴力的な権威を振りかざし私腹を肥やすために使うのか、都民・無辜なる人々の幸いのために使うのか。地方公務員災害補償基支部長は首長(知事)であることから学校訴訟では原告側が泣き寝入るすることとなることが散見されるのですが、この権限を逆手に取った上告見送りは、ウルトラCの大技で嬉しい驚嘆でした。都民と命のために、伝家の宝刀「権限」を使う。これこそが、「小池劇場」の本質なのであります。

☆お姐、神は細部に宿る。今後も誰も気づかぬ都政課題を丹念に拾いつづけよ!☆
と、いう方はクリック↓お願いします!
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ


★江戸川区騒然?!お姐初めての著書『ハハノミクス!』★
電子書籍版

書籍版

お姐参上!

東京都議会議員 
上田令子 
台東区上野出身。結婚を機に江戸川区船堀在住。台東区立黒門小、文京区立第六中、都立三田高、白百合女子大卒。外資系生保等を経て起業も。長男妊娠出産で退職を迫られたこと、江戸川区での保育園探しに苦労したことから、働くマザーズと女子のために東奔西走。99年4月「江戸川ワークマム」 設立。07〜12年江戸川区議。13年東京都議選初当選。
家族:夫、二人の息子、義父母と三世代同居。ペットはセキセイインコの京ちゃん。
著書:ハハノミクス!
通称:お姐!
所属:自由を守る会代表

Twitter
最新コメント
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ