edomam

東京都議会議員 上田令子のお姐が行く!

花のお江戸の一大事!呼ばれもしないがお姐参上!今日も頼まれもしない世直しに奔走中〜
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
↑お姐発世直しのためクリックプリーズ!

2017年06月

23 6月

江戸川区から始まった“東京大改革”〜1年まわって再び花のお江戸の夏の陣!

 本日6月23日より、4年に1度の東京都議会議員選挙が始まりました。

 私、上田令子以下、チームお姐は先ほど、立候補届出を済ませて、掲示版番号は長嶋「3番」。これより江戸川区内をくまなく政策を訴えに参ります。
 元祖改革派、現職都議会議員としての改革実績がいよいよ問われるとなり、凛とし身が引き締まる思いをひしひしと感じております。
 7月2日(日)の投開票に向け、チームお姐は一丸となり、全力で爽やかに駆け抜けていく所存です。
 お姐の活動を陰に陽にお支えいただいている皆々様に改めまして心よりの感謝を申し上げるとともに、政治家となり11年目、都議1期4年を大総括する9日間の戦いに向け、決意を新たにしております。

 今回、江戸川区選挙区では、5議席をお姐を含む現職5名、元職1名、計6名で争う展開になりそうです。先日来、
「1人しか落ちないんだから、小池知事をいの一番で応援したお姐は大丈夫でしょう。」
なんて声が巷で聞かれるようですが、まったくそのようなことはございません!!
 なぜなら、お姐以外の5名には、それぞれに大きな組織が背景につき、その動員力を最大限駆使して選挙戦を展開しています。
 これに対するチームお姐は、区民の皆様、お一人おひとりのご支援を積み上げ、ママ・パパ仲間、家族に支えられた地道な選挙づくりを区議初当選以来、進めてきました。
 お姐は組織そのものを否定はしません。確かに、組織に頼る選挙戦は、候補者と組織の利害が一致し、双方に魅力的・効果的なのでしょうが、その反面、往々にして既得権・しがらみに縛られます。
 このような議員の例は、枚挙に暇がありません。

 今回の都議選は、いうまでもなく、昨夏の劇的な小池百合子知事就任後初めての都議選です。昨夏の都知事選でお姐は、脱利権と徒党政治脱却を願い、既成政党の支援を受けない小池さんを、いの一番で応援に馳せ参じ、無党派議員仲間とともに東奔西走。「東京大改革」の導火線に、我が江戸川区から火を点けました。
 都民が決める、都民と進める「東京大改革」は、お姐が4年前に掲げ、初当選後、進めてきた、「都政政策2013」と一致するものです。
 これらの政策と都民の幸せの実現に向け、お姐は都議一人でもできる質問権をフル稼働。納得できなければ、問題が正されなければ、何度でも粘り強く質問を連打し続け、気がつけば、総数1240問のレガシーとなりました。
 時に大会派からの野次・怒号に迎えられつつ、質問によって、都政事業の闇、一つ一つに光を当てていったのです。

 都政、そして、お姐にも大きな転機となった昨夏の都知事選では、組織vs.個人の構造がハッキリし、組織に依存した候補者たちが敗れ去り、都民一人一人の支援を受けた、小池知事が誕生しました。
 大会派に所属せず、組織が無くても、都議会議員は実績を残せます。
 国政政党の支援を受けず、組織に依存しなくても、都民一人ひとりのご支持・ご支援が得られれば、都知事として誰一人切り込めなかった改革を進めていくことができます。
 それが、都民の目の前で証明された、4年間でした。

 昨年のあの熱い暑い夏の東京都知事選で、小池百合子という女性政治家を、知事選前から応援した女性都議は、何を置いてもお姐だけ。
 そして、改革を進めるため組織に頼らない政治活動を続けている、しがらみフリーなのもお姐だけ。
 上田令子は、小池知事を支え、東京大改革を進めて、都民一人ひとりの幸せを実現すべく、「都政政策2017」を掲げて、皆様の審判を受けます。
 是非とも、ご理解を賜りますよう、お願い申し上げます。

 くしくも、都議選前夜、お姐が政治の師と仰ぐ、渡辺喜美・参議院議員が、国政政党を離れました。
 これに対し、小池知事は「非常に心強い思い」とのコメントを述べました。
 またしても、一人の政治家の覚悟と矜持を持って組織と決別する行動が、新しい政治の流れを生み出していくものと、胸が高鳴る思いです。

【都議選2017第一声】
 本日、第一声は以下の通り行います

平成29年6月23日 11時〜
場所:江戸川区都営新宿線船堀駅南口


 お立ち寄りいただければ、幸いです。

 来月1日のマイク納めまで、街頭に立ち、訴えを続けてまいります。

 大きな音でお騒がせいたしますが、ご理解とともに、温かいご支援をいただきますよう、お願い申し上げます。
 そして、2日には投票用紙に「上田令子」と力強く、お書きいただき、皆様と一緒に勝利を分かち合いたいです。

 強力な既得権の権化と化した組織への、一人ひとりの戦いをひるむことなく、小池知事と一緒に推進していくお姐を、皆様の一票でお支えください。

【ご都合つかない方は期日前投票を!】
 なお、投票日前でも、明日より期日前投票が行えます。
(入場券が無くても、身分証明書類があれば、投票できます。)
詳しくは、以下をご覧ください。
「投票日に投票所へ行けない方(期日前投票・不在者投票)」

さあ!楽しい世直しの時間♪

上田令子と仲間たち、江戸川区民の皆様との
「地域のことは、地域が決める」
ひいては
「私のことは、私が決める」
自由を手にする「都民ファースト9日間戦争」の始まりです!!

image


 皆さん、準備はできましたか?!いざ、出陣です!

【改めて、一票の行使の先にこそ自由あり】
 都民の一票一票は、自由と民主主主義を進めていく中で、多くの尊い血が流されて人類が獲得してきたものであることは、お姐が繰り返し訴えてきたところです。
 31日の投票日におきましては、お一人おひとりが自由な意志に基づいて「小池百合子」への一票を投じていただくよう、そして、小池百合子候補への支援の輪をお一人にでも深く広く拡げていっていただきますよう、お姐からの戦況報告とともに、心よりお願い申し上げます。

【お姐総括】
image


風を待つのではなく
自ら起こす者に勝利の女神は微笑む!!

22 6月

いよいよ明日から花のお江戸の夏の陣!

 去る6月16日に開催されました、小池百合子都知事と語る上田令子都政報告会は、お陰様で小池百合子東京都知事選挙戦と同じく、いわゆる組織的動員を全くかけずに600名余のご参加を頂きました。
2017-06-16-21-49-21

 上田の政策や活動に賛同して、しがらみなくおいでいただいた皆々様、お姐の一大事!と駆けつけてくれた、ママ仲間とボランティアの皆々様に心より御礼を申し上げます。ありがとうございました。

 小池知事からは、理事者(役人)が嫌がる=都民のために良い質問を繰り出す実力派の上田令子!そして、小池知事誕生の屋台骨となった「すごい!」原動力を持ったファーストペンギンとの紹介を受けました。知事選直前、江戸川区への保育園視察を実現したこと(詳細「江戸川区から始まった“東京大改革”物語」ご参照)にも触れ、知事とお姐と力を合わせ、かつてない保育園児童対策を実現したことをわかりやすく説明も頂きました。

 当日は、城東地区の星足立区出身「漢・若狭」こと若狭勝衆議院議員も、これまたお姐の一大事!と突如駆けつけてくださいました!

2017-06-16-22-10-16


 お二人とも、質疑の数、質、改革実績をもって都民ファーストの会のこれからのリーダシップを取っていくことを期待するとの言葉も頂戴した次第です。

 上田令子は、子育て支援が一丁目一番地の政策。

 未来の納税者を育ている保護者を支援することは、すなわち少子高齢化に歯止めをかけ、担税力(税金を納める力)を支える財政政策でもあるからです。

 区議になるずっと前の1999年「江戸川ワークマム」という子育て応援団体を立ち上げ、地域密着型で活動してきたことから、お子様連れ多数!あの時乳幼児だった子どもたちが、育ちあがったのか、若者も多数!
 もちろん、町会や地域の熟年世代も、たくさんご参加いただきました。さらにありがたいことに、車椅子での参加も複数いただきました。

 赤ちゃんから、ママパパ、老若男女、障がいをお持ちの方…まさにダイバーシティを体現する参加者の皆様で満員の会場を、壇上から見た時には胸がいっぱいになりました。

2017-06-16-22-10-21


 改めましてご来場頂きました皆々様、ありがとうございました。

 600名の皆様との熱気あふれた「勝つぞ!コール」は、会場を轟かせました。

image


 都民ファーストの会の目玉政策は「情報公開」ですから、当日は、マスコミフルオープンとし、取材陣も多数取材に来ておりました。
 彼らをして、
「こんなに熱気ある決起集会は見たことがない」
「若い人が多い!」
「まるでアメリカ大統領選みたいだ」
とのご評価も頂戴いたしました。

 しかしながら、13兆円の都政の責任と都民1300万人の生活を一身に背負う小池百合子知事の細い肩と、人気におんぶにだっこ、都民ファースト支持率にすがる議席確保ファーストでは、有権者に申し訳がたちません。

 昨年のあの熱い暑い夏の東京都知事選で、小池百合子という女性政治家を、知事選前から応援したのはお姐だけ。

 そして、改革を進めるため組織に頼らない政治活動を続けている、しがらみフリーなのもお姐だけ。

 何より、議員の根幹となるのは何と言っても政策です。
 質問回数は過去最多級。実質トップでの三ツ星議員受賞。これも過去現在の江戸川区選出都議では、誰もなしえなかったことであります。

 1240問にわたる質疑をもって数々の独自の改革を進め深めてきました

「上田令子の都政政策2017」

空前絶後前人未到の仰天改革実績「上田令子の都議一期4年の大総括」

ぜひ、ご一読くださいませ!

 さあ!楽しい世直しの時間♪

上田令子と仲間たち、江戸川区民の皆様との
「地域のことは地域が決める」
ひいては
「私のことは私が決める」
自由を手にする「都民ファースト9日間戦争」の始まりです!!
 皆さん、準備はできましたか?!いざ、出陣です!

14 6月

いよいよ今週金曜!小池百合子知事江戸川区に来たる!〜上田令子決起集会〜

今、東京都議会という日本最大の地方議会は、「東京大改革」を進めることで大きく動き始めています。

改革は、改革をした人間にしかできません。

上田は元祖改革派。

そして、江戸川区の都議選挑戦メンバーの中で、昨年の夏小池百合子さんを応援したのも、しがらみフリーの政治活動をしているのも上田令子だけです。

皆様ひとりひとりに支えて頂き上田令子の今日があります。

組織に頼らぬ分大変苦しい闘いとなっております。この度は「陰ながら」ではなく目に見える形で応援に来ていただきたく是非ともご臨席くださいますよう何卒よろしくお願いいたします。
主権者であり、未来の東京を担うお子様連れも歓迎します(^▽^)/

お姐の一大事!と、若狭勝衆議院議員も駆けつけて下さることもなりました!

江戸川から始まったグリーン革命2017の風を起こしてまいりましょう!

2017-05-30-17-15-37


日時:平成29年6月16日(金)
19:00〜20:00
(18:30受付開始)

会場:タワーホール船堀4F『大ホール』
※親子室あります!
東京都江戸川区船堀4-1-1
都営新宿線「船堀駅」北口駅前

会費:入場無料

講演:小池百合子 東京都知事
若狭 勝衆議院議員

定員:750名(全席自由)

<お問い合わせ・お申し込み>
氏名連絡先を明記の上こちらにお願いいたします。
TEL&FAX:03-3878-9032
2017-05-30-17-15-48


<主 催>
上田令子後援会
お姐参上!

東京都議会議員 
上田令子 
台東区上野出身。結婚を機に江戸川区船堀在住。台東区立黒門小、文京区立第六中、都立三田高、白百合女子大卒。外資系生保等を経て起業も。長男妊娠出産で退職を迫られたこと、江戸川区での保育園探しに苦労したことから、働くマザーズと女子のために東奔西走。99年4月「江戸川ワークマム」 設立。07〜12年江戸川区議。13年東京都議選初当選。
家族:夫、二人の息子、義父母と三世代同居。ペットはセキセイインコの京ちゃん。
著書:ハハノミクス!
通称:お姐!
所属:自由を守る会代表

Twitter
最新コメント
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ