スーパー堤防問題!!

daijinmaehara本日東京新聞朝刊3面にタイトルの記事が掲載されています。
 昨日、前原誠司国土交通大臣が江戸川区の平井地区のスーパー堤防の視察においでになった(写真、右側は多田正見江戸川区長)上で

「国が首都圏と近畿圏の六河川で進めるスーパー堤防※事業について費用対効果の問題から「やり方、優先順位の抜本的な見直しが必要だ」と述べ、今後はより効果的な「強化堤防」※を重視する意向を示した。」
※スーパー堤防…堤防の市街地側の広い範囲に盛土をし、結界を防ぐ事業。広げたのり面に住宅なども建設する。
※強化堤防…スーパー堤防よりはのり幅を短くした強化堤防
(いずれも記事より)

 やりましたね!!!地道な活動をされてきた北小岩地区の皆様がこの記事を読んだ時の顔が目に浮かびます。

 一方、これまでの江戸川区の態度は先日4月15日ブログの通りでしたが、ここまで大臣がおっしゃっても強引に計画を独自に進めるか、今まさに区民の監視力が問われるところ。

 自分の言葉でいいのでどんどん伝えていきましょう

 区長の手紙はこちら
 区議会へはこちら
 お姐へはこちら

 また、以前治水の勉強会でおめもじしました立川高校の元教諭渡邉拓美先生から、4月15日の建設委員会を傍聴したご意見を頂戴したので、ご本人の許可を得て掲載いたします。

「 昨日の委員会、ご苦労様でした。去年の9月に大熊先生の前座で講演させていただいた渡邉です。昨日は戸口さんと一緒に委員会を傍聴させていただきました。また、スーパー堤防と街づくりを考える会の会員にもなりました。

 さて、委員会を傍聴した印象ですが、上田さんが「街づくりニュース」の内容に疑問を感じたように私も行政サイドが区民全体の奉仕者になっていない偏ったものになっているなと感じました。もうひとつはスーパー堤防の建設推進派の委員たちが何も発言しないでやりすごそうとしていることです。あのひとたちはまじめにどのくらい勉強しているのでしょうか?多少なりと、誠実さがあれば治水のことを少し勉強するだけで自分の考えでいいのかと動揺するはずです。勉強もせず、ましてや議論も戦わせず、数で押し切ろうということであれば傲慢さをとおりこして、議員としての資質が欠如しているとしか思えません。民主主義が単純に多数決であると思っているならあまりに底が浅い。多数派が誤ったことをすれば少数派に転落し、正しいことを主張していた少数派が多数派になる。民主主義は常に動的でなければならない。そのためには議員は堂々と議論をし、それを公開し、民に問い、議会はできるだけ速やかに民意を反映をさせるように努力すべきだ。以上のように私は考えています。今後のご活躍をいっそう期待致します。

 治水の話ですが、行政は、あるいは推進派は本気でスーパー堤防さえあれば水害対策は大丈夫と思っているんでしょうか?区民全体の安全を考える区議の立場から行政にぜひ問いただしたください。

 江戸川区のホームページに「洪水ハザードマップ」がありますが、それを閲覧すると、区の姿勢がよくわかります。治水事業の計画をつくるためのもっとも基礎的な資料としてハザードマップは欠かせません。それは健康診断表みたいなものです。まず自分の健康チェックをして、悪いところから治療し、悪くなりそうなところは予防する、水害対策でももっとも安全性が低いところから手をつけるのが基本中の基本です。それが北小岩にスーパー堤防などと、ハザードマップを無視した計画にしか思えません

 江戸川区のホームページですら洪水ハザードマップに「氾濫した場合の全体図」と「大雨が降った場合の全体図」が載っています。前者は外水による、後者は内水による水害予測図です。緊急性から言えば後者の方がはるかに高いと思います。その理由には江戸川区の資料でも1958年以降、水害は内水氾濫しかおきていないこと、ゼロメートル地帯が多く、都市化が進み地表の浸透能力が小さい江戸川区の場合は特に内水の処理が難しいことなどがあります。行き場を失った内水は少しでも低いところを求めて流れます。この場合、特に注意しなければならないのは地盤沈下による不同沈下、人間による地表の改変、地下空間の高度利用など、予測を越える地表の凹凸です。水が低いところに殺到し、マンホールからも水が噴き出し、とんでもない状態になります。この内水氾濫のおそろしさは江戸川区のホームページでは示されていません。あんな簡単な内水氾濫の紹介ではその恐ろしさは伝わらないでしょう。それ以前に行政の人たちも,スーパー堤防推進派の人たちもその恐ろしさを知っているのでしょうか? この対策としてどこかの会社に委託し、地形図から読み取るだけのラフな調査でつくったようなハザードマップは役に立ちません。それこそ地域の人たちの協力を得なければできない、道路ごとに側溝の水がどちらに流れているか、マンホールがどこにあるのか、など記したきわめて細密なものが必要です。泥水の下にはなにがあるかわかりません。マンホールがあればそこで人間が吞み込まれてしまいます。地下空間はもっと深刻で水圧で出口の戸が開かなくなり,水死することがあります。

 さらに江戸川区の排水システムは内水氾濫に対して十分なのでしょうか、一時的に内水を誘導してためる貯水システムは十分でしょうか?地表の浸透能力を高める努力をしているのでしょうか?これらを先にやらずして、何がスーパー堤防なのでしょう。ホームページには内水氾濫対策が全く書かれていません。

 次にスーパー堤防についてです。自然を改変するからにはその影響を事前に予測することは当然です。あんな部分的しか「強化」しない堤防計画でその後はいったいどうなるのでしょう。強いところができれば水は弱いところをねらいます。スーパー堤防ができるおかげで外水の進入路が変化するはずです。その該当地域の人たちに説明する必要はないのでしょうか?そもそもあんなもの、治水の必要からつくられたものじゃないと思っています。」

 胸がふさがるような「スーパー“無謀”計画」や危機管理対策ではありますが、渡邉先生と子ども達や地域も巻き込んで作って楽しい使ってためになるハザードマップができたらいいなという夢のある話もしています。お上(行政)に任せっぱなしにしててはもはやなりません。科学的な力も情熱も庶民のなかにあります。こうした心ある人材にご協力頂いて被害者意識ではなく当事者意識をもって、今しっかりと江戸川区を監視していきましょうね。

 しかし、大臣にもダメだしされて、専門知識のある市民にかような指摘もされて

これでもやるといったら…
 その時ぁ、庶民の力を結集して動きましょう!
 不肖お姐音頭とりまっせ! 
 
☆お姐、音頭とるなら悲壮感なく楽しく強くしなやかに!という方☆
↓クリックお願いします!


☆彡「お姐とメグの下町タイフーン」レインボータウン79.2FM(ネット受信可♪)にて毎週日曜14時オンエア中!☆彡

★リアルタイムのお姐を追え!Twitter稼働中http://twitter.com/uedareiko