2014-11-23-19-58-47

 今日は、毎年好例の「上田令子都政報告・年忘れの会」でありました。
 世の中には想定外のことがおこるもので、その直前に、所属政党が解党することになってしまいました。そこで、志高い自治体議員や来春の統一地方選挙挑戦予定者、世の中を変えたいという思いを抱く地域住民の皆さまと相互に政策課題を共有し、生活と自由を守るための場作りが早急に必要であると痛感し、平成26年11月21日ローカルパーティ・地域政党「自由を守る会」を設立いたしました。

 毎回和気あいあいのお姐らしい賑やかな会なのでありますが(今回も結局そうなりましたが(笑))、いつも上田令子を応援、支援してくださっている皆さまへ、はからずも新しい一歩を踏み出す「宣言」をすることとなりました。本日おいでになれなかった皆さま、お会いしたことなくても応援してくださっている皆さまにもこの思いを伝えたく、ここにその全文を掲載いたします。

 議員はもちろん、ちょこっと世直しをしたい皆々様の多くの賛同と参加を呼びかけるものです。

★「自由を守る会」設立にあたり★

本日、ここに改めて宣言致します。

私たちはかつて
●燹崔Υ盈宗廖崔楼莠膰◆廖崟験莉纏襦廚嚢駝韻亮蠅棒治を奪還する!“

●“我々は、当たり前の自由社会、当たり前の民主主義、当たり前の国家を希求する。”

ことを、ともに政策とし、それぞれの地域から代表者たる自治体議員として闘いの場へ送り出して頂きました。
それぞれの自由意志のもと、みんなの党に集い、連携・協力して「闘う改革」の一翼を担ってきた自負がございました。しかし残念ながら、同党は先ごろ、解党が決定しました。結党当初より政策実現に向けて、東奔西走してきたものとしては、誠に残念かつ悲しく万感極まるところではありますが、これを悔いていても、国民の利益にはなりません。多岐にわたる地域課題、日本を取り巻く喫緊の状況を鑑みますれば、クヨクヨして振り返っている暇は一秒たりともありません。

 そこで、私たちは、自由・自主・自律の精神のもと、早急に足場を組み直すことにしました。

 これがローカルパーティ・地域政党「自由を守る会」の唯一の設立目的です。

 もって、志を同じくする仲間とともに私上田令子は、ローカルパーティ「自由を守る会」を設立します。
 ついては、私たちは、以下の精神・気風をあまねく人々とともに共有していくべく、行動していくことをお約束いたします。

(1) 私たちは、人を、家族を、郷土を、日本を、地球を愛する自由を守ります。
(2) 私たちは、(1)ゆえに、国・地方を問わず、政治・政府に意見を述べ、提言し、批判する自由を守ります。
(3) 私たちは、(2)の実現のため、仲間が集い、助け合い、行動する自由を守ります。

 よって、私たちは、「自由を守る会」の設立にあたり、この自由の理念のもと、
『「闘う改革」から「闘う自由」へ、さらなる高みを目指し、挑み続けること』
を高らかに宣言するものです。

以上

平成26年11月23日 ローカル・パーティー「自由を守る会」 
代表 上田令子   賛同者一同
顧問 地域主権型道州制国民協議会
理事長 村橋孝嶺
埼玉県和光市長 松本武洋
********

地域で活躍される80名を越す民間人の皆様からさっそく賛同署名を頂戴いたしました。今後とも宜しくお願い申し上げます!

☆お姐、自由を胸に不安を希望へ変えていけ!☆
という方はクリックお願いします!↓
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ


★江戸川区騒然?!お姐初めての著書『ハハノミクス!』★
電子書籍版

書籍版


★リアルタイムのお姐を追え!Twitter Facebook 稼働中★
http://twitter.com/uedareiko
お姐Facebook