一昨日以来、「都有地を国に無償貸与」ということで都民の代弁者が議論する都議会をすっ飛ばしてマスコミ報道がなされている騒然とした中、本日、私の所属しますオリンピック・パラリンピック等推進対策特別委員会が開催されました。今回は所謂「報告事項」でございまして、都庁側から一方的に委員会へ報告をし、それに関し委員は資料請求をするというものであります。お題目はメディア注目の!「都有財産の取り扱いについて」でした。

注目のタダ貸し、失敬!「無償貸与」の一覧はこちら!です

image


オリパラ準備局のタダ貸し、失礼!「無償貸与」する言い訳はこちらです。

image


お姐超訳しますれば…

「法律的には問題ない形にしておりましてですね、ようするに国が組織委員会やJSCに準備すべき土地・建物を東京都が肩代わりしてあげるという思いやりということでございます。そのあたり、オリパラ成功のために黙認してくださいね♡反対なんかしたら誰かさんの二の舞に…」

ということでありますね、ハイ。

 ちなみに舛添要一知事は、自身のインターネットマガジン「新国立競技場、東京都「395億円」負担で合意。ただし現行法では「歩道橋」ぐらいしか造れない!地方税制から考える「この国のかたち」」にて

「法的な問題もあった。それは、地方財政法が地方自治体による国への寄付行為を禁じていることである。現行法体系で可能なのは、競技場と接続する歩道橋などの施設整備のみであり、その総額は50億円程度だと、私は繰り返し説明してきた。したがって、合法的に都が支出するためには、法的な担保が不可欠である。」

とされております。何がおっしゃりたいかといえば…

お姐超訳「お金は、法的に出せないけれど、その代わり思いやりで土地・建物をタダで貸してあげましょう」

ということですね、ハイ。

…って、ちょっと待ったぁ!!!

「都有財産」ったら、アンタ、「都民の財産」ではないですか?新国立競技場用地だって有明体操競技場用地だって、すべて「都民のもの」であります。これは綿密調査・確認が必要!

 と、いうことで庶民代表のお姐としては、都民の財産・税金を守るため、マスコミ全社が固唾を飲んで取材される中以下9点資料請求を敢行いたしました!!


1.オリパラ局所管の行政財産の一覧
→財産全部みせなさい!

2.オリパラ局所管の行政財産の長期貸付の状況

→よもやずっと他人に貸してる財産なんてありませんよね?

3.オリパラ局所管の行政財産の目的外使用の状況

→勝手に財産転用なんてしていませんよね?

4.東京都の行政財産及び普通財産の長期貸し付け目的外使用施設使用料減免についての根拠法令と運用に関する考え方のわかるもの。
→東京都が財産を貸し出す場合の基本ルールをおしめしください

5.都有施設における一年以上継続した使用料減免している施設の一覧と使用者の名称
→一年以上貸し出してる財産全部教えなさい!

6.同等施設を民間に有償貸与した場合の各会場・施設ごとの使用料の額と算定方法。及びその算定方法に対応した場合の平成33年3月31日までの使用料の会場・施設ごとの累計額
→市場価格でいったいいくらになるの?!この「タダ貸し」は!!!!???

7.都有財産を駐車場としているものの一覧と、それぞれから得られている収入額のわかるもの、過去3年分
→民間駐車場だったらどんだけ利益が上がるか比べさせて頂きます!

8.今後決定予定とされている具体的な対象財産についての検討スケジュール

→まだまだ貸し出すんじゃあるまいね?!確認させて頂きます!

9.都有財産の国及び独立行政法人・国立大学法人・その他国所管の特殊法人への貸し出しの状況がわかるものと施設及び貸出先の一覧
→国や関係先に貸してる土地・建物と今回の物件、シカと比べさせて頂きます!

*****

これほど、重要な報告であるにも関わらず、お姐以外に資料請求をしたのは、共産党1点(検討経過がわかるもの)のみでありました、ハイ!

【お姐総括】
「都有財産」=「都民の共有財産」

 東京都のすべての財産(土地・建物・道路…etc)はすべて都民のものであり、都知事のものでも都庁官僚のものでも、ましてや当該施設や用地のある地元議員のものでもありません!もちろん、国の尻拭いのために上納するものでもございません!!!!



次回1月26日のオリパラ特別委員会は、この件に関する質疑となります。資料結果も公表されますし、お姐発言もお楽しみに♪
つづく!

☆お姐、慎ましく暮らす家も持てない都民が多い中の一等地の大判振る舞い、しっかと監視せよ!☆
と、いう方はクリック↓お願いします!
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ


★江戸川区騒然?!お姐初めての著書『ハハノミクス!』★
電子書籍版

書籍版