知事騒動で都政が停滞、各行政処分の権限者である舛添知事辞任が決定し、ようやく淀みなく事業が再開された証左か、昨日かねてより指摘、全国初の業務停止中の墨田区内の猫カフェが、またしても全国初の資格取消処分が下りました。本日全国紙で取り上げられていましたね。

 昨年11月より地域住民と一体になった独自調査と、東京都福祉保健局担当部署への指摘、東京都議会、墨田区議会、江東区議会への陳情、そして、お姐の予算特別委員会での質疑で追い込み、ようやく昨日6月16日に、墨田区の猫カフェの登録取り消し処分が下りました。

東京都福祉保健局 第一種動物取扱業者に対する行政処分について

行政処分の内容
登録取消し
平成28年6月16日付けで、猫の販売、保管、貸出し及び展示の登録取消し

【新聞報道】
30平方メートルに猫62匹、病気蔓延…猫カフェを登録取り消し処分(産経ニュース)
猫カフェ、初の登録取り消し 東京・墨田の「ねこのて」(朝日新聞)
猫カフェ:登録取り消し…業務の改善行われず 全国で初(毎日新聞)

【墨田区内の猫カフェ(第一種動物取扱事業者)資格取消処分が下るまで】

あらためて半年に渡る攻防をご紹介いたします。

平成27年
11月16日 上田の元へ地域住民から墨田区内の猫カフェの劣悪な状況の通報が届く。

12月15日 墨田区内の猫カフェの実態が、フジテレビ「みんなのニュース」で報道

12月16日〜21日まで連日
立ち入り検査動物愛護及び管理に関する法律第24条

 ↓ 遵守基準(法第21条第1項の環境省令で定める基準)を遵守していない

平成28年1月8日
改善勧告 法第23条第1項

 ↓

2月8日
措置実施命令 法第23条第3項

 ↓

2月12日 墨田区へ請願・陳情が提出される
2月16日 江東区へ請願・陳情が提出される(後日、陳情は廃案扱いに)
2月18日 東京都へ請願・陳情が提出される
(詳細)

 ↓

3月9日
予算特別委員会での質疑にて、劣悪猫カフェにつき、お姐疑義を質す。「福祉保健局長より「勧告と同様の内容について、3月26日を期限とする改善命令を行った」と福祉保健局長から答弁を得る。
 
 ↓

3月26日
改善措置の期限

 ↓

4月18日 
この件にかかる全ての書類に関する上田による情報公開請求の開示

4月21日
業務停止命令 法第19条第1項

 ↓

聴聞(行政機関が、行為、決定をする場合に、相手方その他の関係人に意見を述べる機会を与えること。)

 ↓

5月20日 業務停止期限

 ↓
 
聴聞(行政機関が、行為、決定をする場合に、相手方その他の関係人に意見を述べる機会を与えること。)
 
 ↓
6月16日
登録の取り消し 法第19条第1項

以上

 地域住民と、猫を愛する人々と、あなたの街のご近所都議会議員お姐と、福祉保健局によります7ヶ月戦争は全国初の登録取消処分という成果を上げることができました。

 がっ!!

件の墨田区内の猫カフェのホームページを確認しましたところ…

にわかに信じがたい事態となってます。

 業態や自治体を変えて、ゼロリセットというのであれば、それは動物愛護法の精神に反することはないか。

 全国はじめての事例ですから、その後のことも全く初めてのことです。

 どこかの国の首都のトップのように

「違法ではないが不適切」

 と逃げ切らぬよう、三度
 地域住民及び、動物のいのちを守る活動をしている有志の皆々様、関係自治体、福祉保健局と暗中模索しながら知恵を出し合い情報を共有し、ノウハウを創造し、引き続き厳しく状況を定点観測してまいります。

☆お姐、誰が当該猫カフェにもっともらしい抜け道を伝授したのかその背景も踏まえて監視せよ!☆
と、いう方はクリック↓お願いします!
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ


★江戸川区騒然?!お姐初めての著書『ハハノミクス!』★
電子書籍版

書籍版