2009年07月06日

【資料一覧】面白漫画倶楽部7

事後報告で恐縮ですが、先日(2009.7.4)、新宿ロフトプラスワンで開催された「面白漫画倶楽部7」において、江戸が紹介させていただいた漫画の一覧を、備忘の意味も込めてあげておきます。

====================

■「クンニ道場に弟子入り!!」腹肉ツヤ子
(雑誌『別冊本当にあった笑える話』2009年3月号、ぶんか社)

■「快楽スペシャリスト」元木りょう
(雑誌『官能と劇画』1980年、みのり書房)

■「湖のひみつ」掘骨砕三
(『クロとマルコ』2009年、秋田書店)

■「SFエロチカ 怪姦獣の館」岡部つとむ
(雑誌『ショックレポート』発行年不明、出版フレンド社)

■「頭に文字G」くどうひさし
(『LOVE DOG』2007年、司書房)

■「渚の裸舞ハンター」土屋慎吾
(雑誌『快楽劇画バトル・ロイヤル』1979年、檸檬社)

■「ぬいあわせ」村山一夫
(『ムチムチ遊び』1980年、サン出版)

(■『聖闘士星矢』車田正美※表紙のみ)

(■『聖☆おにいさん』中村光※表紙のみ)

■『聖アオカン』西郷虹星1968年、虫プロ商事

■「殺人家族」やまおか玲次
(雑誌『コミックセルフ』1977年10月号、セルフ出版)

■「快楽逆転打」杉戸光史
(雑誌『コミックセルフ』1977年10月号、セルフ出版)

■「芸能界 夜の帝王」大宅顔虫
(雑誌『コミックセルフ』1980年5月号、セルフ出版)

■「紅い刺激」しきいたかし
(雑誌『コミックセルフ』1977年7月号、セルフ出版』)

■「殺人鬼は踊る!!」磯辺新一
(雑誌『コミックmagazine増刊 6/15』1972年、芳文社)

■「檻の中の女豹たち」第14話 作・埋木史郎/画・三島健児
(雑誌『ポルナメイト』1976年、光彩書房)

■『牝獣が泣く』一色一(1976年、東京三世社)

■「俺の海」加藤孝雄(※紹介途中…)
(雑誌『ADULT JACK』1980年、三和出版)

========================

以上、全18冊ということで、長編コミックを
1分で紹介する!を目標にした第3回の16冊に
次ぐ少なさでした。

実は今回、事前に付箋に番号をふって
順番に紹介することを試みたので、
いつもより丁寧になったということでしょう。

それにしても7回目にして「番号を振って
計画的に!」ということに気付いたということで、
猿が道具を初めてつかった瞬間に立ち会えた
皆さまは幸福だったといえますね(嘘)

また、前回より試みている
「単行本になった漫画はエリートすぎる!」
というテーマをより具体的に実践し、
雑誌掲載のみの漫画を意図的に
充実させてあります。

ということで、今回は35本の紹介を
考えていて、半分強という、江戸スタイル
としては惨敗(笑)でしたが、皆さまは
どうお感じだったでしょうか?

ご意見などいただければ幸いです。

edoseihou at 13:37│Comments(0)TrackBack(0) 漫画 | 奇形・変形・異形

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

江戸栖方

Recent Comments