2005年03月26日

『阿修羅嬢の瞳』

f5a38eee.jpg舞台で好評だった作品の映画化。
『魔界転生』チックな雰囲気と歌舞伎の見得が目を惹く。

しかし、宮沢りえもすっかり老けたなあ。
「三井のリハウス」の頃の初々しかった時代と比べると別人だよ。
ファースト写真集『Pour Amitie(プール・アミティエ)』を買った私が言うのだから間違いない!
たった今、彼女のコンサートに行ったことを思い出した。
……。
誰にでも若気の至りってあるよね。

殺陣やらCGやらにはかなーり気合いは入ってるみたいだけど、オモロイのかね、コレ。
滝田洋二郎監督だから、アクションよりドラマに力が入ってる気がする。
もっと血気盛んな若手に撮らせて、アクションバリバリのエンタテインメント路線で売った方がいいような気もするのだが……。

>史上初! 日本映画にスティングが参加

この辺りで、かなり負けてる気がする。

公式サイト


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/edoyainumaru/17225722
この記事へのトラックバック
試写会「阿修羅城の瞳」開映18:30@イイノホール 「阿修羅城の瞳」2005年 日本 配給:松竹 監督:滝田洋二郎 原作:中島かずき(劇団☆新感線) 出演:市川染五郎、宮沢りえ、樋口可南子、小日向文世、渡部篤郎、内藤剛志、    大倉孝二、皆川猿時、二反田雅澄
試写会「阿修羅城の瞳」【こまったちゃんのきまぐれ感想記】at 2005年04月13日 00:29
ヤマハホール。劇団☆新感線と松竹のコラボレイト舞台を映画化した「阿修羅城の瞳」。 舞台の段階から松竹とコラボレイトしていたと言う事は、まず映画化ありきの企画だったのだろうけれど、映画を観た感想は、お芝居と歌舞伎、映画のいいとこ取りして訳わからなくなってしま
「阿修羅城の瞳」和製「コンスタンティン」!?【試写会帰りに。】at 2005年04月14日 00:23
スペクタクル・なんとか、とか、アクション・どーたら、とか、CG・VFXの出来云々、という視点で見るよりも、これは「漫画」だ、と思ってみるとすんなり受け入れる間口が出来るんじゃないかと思いました。
阿修羅城の瞳 ★★★★☆【◆覇王の書斎◆】at 2005年04月17日 02:28
珍しく邦画を観てきました。予告を何度か見たら、連れが観たいって言うし、まぁ面白そうだなぁ〜と思って・・。どうなんでしょうか、これ。正直言って後半、だれてました。阿修羅が出現してからは特に・・まだ続くのか〜って感じ。だけど宮沢りえは上手いですね。市川染五...
阿修羅城の瞳★★☆宮沢りえが良いです♪【kaoritalyたる所以】at 2005年04月17日 09:38
『阿修羅城の瞳』を観て来ました!#65【★☆★風景写真blog★☆★Happiness inf...】at 2005年04月18日 14:06
『阿修羅城の瞳』公式サイト『阿修羅城の瞳』を上映している映画館は?映画『阿修羅城の瞳』を観てきました。映画『阿修羅城の瞳』は、劇団☆新感線による舞台での『阿修羅城の瞳』をベースにして映画化された作品です。私は劇団☆新感線の舞台を一度も観たことがないのです
映画『阿修羅城の瞳』【EVERSMILE(エバースマイル)】at 2005年04月18日 20:21
■阿修羅城の瞳●映画「阿修羅城の瞳」は、宮沢りえと小日向文世を観に行けば、良いと思う。これは舞台で若い観客に持て囃された作品の映画化であるから、ネタばれも少々なれば許されよう。鬼の住み着く下界、鬼を退治する鬼殺し出門とある女盗賊つばきの出会いが阿修羅誕生
■阿修羅城の瞳 主演:宮沢りえ 市川染五郎 小日向文世【ツボヤキ日記★TSUBOYAKI DIARY】at 2005年04月19日 13:08
『陰陽師』シリーズや『壬生義士伝』で、時代劇では手堅い演出をみせてくれた滝田洋二郎のことだから、今回
阿修羅城の瞳【シネクリシェ】at 2005年05月21日 10:16
阿修羅城の瞳 劇団☆新感線の舞台の映画化なんだ。 例によって、なにも知らずに見たんだケド、時代、ストーリーは、あたしのツボ。でも、愛を描きすぎでした。それから、セリフ回しは、違和感なかったんだケド、セット、SFXが、、、 この手の映画では、その昔のバンダ....
阿修羅城の瞳 今年の223本目【猫姫じゃ】at 2005年11月12日 03:46
阿修羅城の瞳 久々に出会った当たり!の邦画 かなり新感線風味に仕上がっているが ホントにいい作品! これには正直マイッタぁまず、BGMがハマっています。インディア風、ロックそしてSTING。 カッコ良すぎてやばいです 衣装やセット。エフェクトは劇団☆新感線味が...
阿修羅城の瞳 映画版 市川染五郎 宮沢りえ【Dazzling M】at 2005年12月06日 18:02
鬼って美しいのねぇ??!! 舞台の映画化らしいですね。知りませんでした。 町の様子が舞台「身毒丸」をチョット思い出しました。日本なんだけど、なんだかチョット異国っぽい感じが。衣装や色彩などはとっても綺麗でした!! 阿修羅が復活するまでの展開は、とっても...
DVD「阿修羅城の瞳」【☆ 163の映画の感想 ☆】at 2005年12月14日 13:11
この記事へのコメント
サンタフェが懐かしいです。
あんときゃぁ、ぐっときましたが、、、
Posted by すぺ at 2005年03月26日 20:30
りえママが出ばって来るようになってから、坂道を転げ落ちるようにイメージが悪くなっていきましたからねえ。
アレさえなければ……。
Posted by イヌマル at 2005年03月27日 00:58
私は今の彼女の方が好きです。
いろいろ辛いことがあったけど
それを乗り越えて
いい女優さんになりました。
この映画も楽しみにしています。
Posted by ひで at 2005年03月29日 17:45
>ひでさん
コメントありがとうございます。
確かに「女優」としては、いい顔になってきてますし、貫禄も付いてきました。
まあ、歳も歳ですし、今さら可愛さを求めるのもアレなんですけど。
Posted by イヌマル at 2005年03月29日 23:43
おっはようございます!
スティングね、最低ですわ(泣く)
そーゆーの使ってどうするよ、の世界です。人も描けず、アクションも希薄で、CGも手薄。
勿体ないです、宮沢りえと小日向文世。「サンタフェ」の若々しさも良かったですが、今日日、アジアでチャン・ツィイーに匹敵する女優になってきたと思いましたデス。TB有難うございます、こちらもお世話になるですね。
Posted by ツボヤキ at 2005年04月03日 10:41
私は宮沢りえが皆さんのおかげですに出ていた頃が一番可愛く見えましたねぇ。クオーターでしたっけ?
色も白いし巨乳・・・・だと思っていたらサンタフェ見たらあまり大きく無かったですね。
水着の写真集ではメチャでかかったのに何故???
パッド入り水着?

あ〜懐かしい日々。

ところでTVCMのバックに流れている曲って何ですか?
Posted by かずっち at 2005年04月13日 00:17
>かずっちさん
コメントありがとうございます。

私には、宮沢りえに血道を上げていた過去があり、現在の女優として磨かれてきた彼女を見るにつけ複雑な気持ちになるのです。
「今も良いけど、やっぱり初々しかった、あの頃も良かったなあ」と。
私も『サンタフェ』の時は「思ったより胸がない!」と思いましたよ(遠い目)。

TVCMって、HPの予告編「TVspot1」の方ですか?
劇中サントラのようですね。
その「音楽」担当は、なにげに菅野よう子だったりするんですよねー。
ビクリツしました。はい。
Posted by イヌマル at 2005年04月13日 13:48
“スティング参加あたりで負けてる”に同感です。血気盛んな若者に撮らせたかったというのも強く共感。また寄らせて頂きます!
Posted by bakabros at 2005年04月14日 00:26
>bakabrosさん
コメント&TBありがとうございました。
気が合いそうですね。
Posted by イヌマル at 2005年04月14日 00:39
イヌマルさんレスありがとうございます。
やはり私と同じくあの頃が一番だと思ってた人いたんですねぇ。
ちなみに当時公称でBWHは82 60 ??くらいであんなに巨乳なのに何で82なんだろう?ウェストも60だしなぁ〜ってサンタフェ見るまで不思議に思ってました。
実際はウエスト60ってかなり細いみたいですね。
たいがいの芸能人はみなさばを読んでいるようです。

TVCMは女性の方が歌っているやつですね。劇中挿入歌なんですか?
なんとなく聞いたことがあるような印象があって、昔流行った曲かと・・・
Posted by かずっち at 2005年04月19日 00:24
すみません、サントラをチェックしたわけではないので、ただ憶測です。
菅野よう子っぽいなあ、と思っただけでして。<CMの曲
Posted by イヌマル at 2005年04月19日 13:47