・試合内容&感想~口数少なめ~

妹分のアンジュヴィオレの試合を観戦した後、大急ぎで、スタグルを購入し、入場。

試合はと言うと、この試合最大のハイライトは、後半14分の松井大のシュート、卓人が弾いたセカンドを 櫻内をシュート。此方も、セーブし、この試合通じて、一番のピンチを防いだ。

磐田は間違いなく打倒広島に向け、4-2-3-1をベースに 余りにも入念に対策を講じてた。
1トップの皆川については、2CB&1ボランチ等で、△で囲い、常にチェックを。
ミカ&カッシーの両サイドを完璧に抑えるのは無理だとしても、7~8割抑える位なら、多少ハードルが高くとも遂行できると読んだのか、それを実行に移す等。

それらを含めて、改めて試合を見直せば、主導権も試合内容も、更には、「ポイントを失った(名波談)」と言う全てがリンクし、磐田が快勝、或いは、大量得点での爆勝しても可笑しくない、そんな試合だった。

実際に 手に冷や汗をかきながらの試合だったんだけど。
しかし、試合は、サンフレ守備陣が、本当に 我慢して、踏ん張って、闘った。

チャンスは、少ないけど、有った。それをモノに出来ないのが、現状での不満であり、課題でもある。
ただし、皆川の起用についての批判をするならば、それは、工藤との決定的な違いである献身性を含めた批判をしなければならないだろう。工藤は、確かに優れたFWではあるが、1トップの適性は無であり、献身性もないからだ。

スコアレスドローで終えた事は、守備陣にとって、収穫であり、
一方で、少ないチャンスをモノに出来なかった攻撃陣には課題が残ることとなった。