アーネストスタッフブログ

Hello everyone,

This year has been quite the year so far.There have been so many things happening around the world. The biggest one, ofcourse, has been the COVID-19 outbreak. This has affected many people all over the world, if not directly, indirectly.

For myself, I have had to wear a mask everyday, limit my contact with other people and here at Earnest, teach online lessons for the first time.

At first I was a little apprehensiveregarding teaching online, but with through preparation and practice I believeI have been able to give fun and engaging lessons online. Having to think ofactivity ideas for online lessons has really opened up my creative side whichin turn has helped with ideas for in-person lessons.

Now with everything slowly opening up andrestrictions being loosened I am looking forward to teaching all my students inperson and trying out my new activity ideas. Hopefully they are as excited as Iam to go back to normal lessons.

We are now clearly in summer and with thatbrings the yearly preparation for summer school. The foreign teacher team arehard at work trying to create some awesome classes with great activities andcrafts to help engage, entertain and teach our students more practical anduseful English. We have four interesting classes that will really enthrall ourstudents.

Hopefully we see many of our students therefor a great time!

 

こんにちは!アーネスト英語学院の梅野です。

 

今年ももうすぐ半分が過ぎようとしていることに驚いています。

本当に今年は大波乱の展開でしたね。

 

今回のコロナ禍で本当に困っていらっしゃる方々にとっては不謹慎なのかもしれませんが、

この数ヶ月間子供たちに言い続けてきた言葉は「ピンチをチャンスに」です。

私は現在英検を受験する生徒を多く担当させていただいています。

休校により学校の授業が止まってしまっていた中、

英検合格という目標を持っていたことで、

普段はできない量の勉強をこなし、英語力を大きく伸ばした生徒もいます。

どんな状況でもぶれないで目標を追いかけることができたことは、

英語力以上に人間力を育てることに繋がっており、将来きっと役に立つ力になると信じています。

 

少しずつ日常が戻って来て、アーネストもオンラインのレッスンから対面型の従来のレッスンに戻りつつあります。

しかしこの期間に利用した様々なオンラインツールの利点は今後のレッスンにも利用していく予定です。

人間力を育てるという軸はぶらさずに、子供たちの成長のために必要なものはどんどん取り入れ、変わっていく部分と変わらない部分の両方を大切に、これからもアーネストは進んで行きたいと考えています。

これからもよろしくお願いします。

blogumeno


みなさんこんにちは!アーネスト英語学院英語教師の武久です。

6月に入り、さわやかな緑まぶしい季節になりました。みなさんも本格的に学校が始まって、お友達や先生に会え、新しい気持ちで新年度を本格的にスタートしたところだと思います。

 今回の外出自粛要請のため、Stay homeで今までにない新しい体験をした子も多いのではないかと思います。私自身もお家で初めてクッキーを焼いてみたり、何年も捨てられなかった不要物をやっと捨てたり、Stay homeは関係ありませんが、自転車で通勤をしてみたり。その状況を受け入れ、それを最大限に楽しめるよう、常に考えていきたいと思っています。

 新しい体験と言えば、アーネストでもオンラインレッスンが始まりました。

オンラインレッスンを行うこと自体が自分にとっての新しい体験であり、とても刺激的です。画面を通じて、皆さんとコミュニケーションを出来る限り取れるように、しっかり分かって楽しんでもらえるようにとここまでやってきました。

 また、レッスン内で使用するコンテンツ作成にも携わっています。これも自分にとっての新しい体験です。Power Point を使用してコンテンツは作成していますが、Power Pointを触るのも初めて、コンテンツを作るのも初めて、と最初は「どうしましょう・・・」と途方にくれましたが、徐々に慣れてくるにつれ、不安はだんだん楽しみに変わってきました。どうしたら、生徒のみなさんに分かりやすいのか、楽しんでできるのか。普段のレッスンでも考えているところですが、より視覚的に表せるので、今まで以上にレッスンの内容を考えることが楽しくなってきました。

 新たな体験や発見は人を成長させてくれると思います。最初は大変だな、と思うようなことでもぜひトライして見てください。新しい発見、そして成長を感じることができると思います。

 みなさんもなにか新しい体験をしたり、発見をしたらぜひ教えてくださいね。

Our new experiences can shape the person we become. 


DSC08169

 

              Hello every one! My name is Joe. Iam a teacher here at Earnest. I hope you all are doing well. We are still in avery strange time that has never happened before due to the COVID-19 pandemic.We have been watching news about this disease for a couple months and I thinkmost of us might get stressed from it or get sick of listening to the news.

 

              For me, I still have my daily lifealmost like normal, getting up and go to work. Luckily, this situation does notaffect me much like some other people. I walk around the station coming towork, I can see the city in a different look. There are not many people aroundanymore. I look quite sad.

 

 

              I use a train to commute to work. Itseems like there is only me in the train. It used to be quite noisy at thestation and also in the train, but what I can hear now is only my breathing.

 

 

              At my work, we started having anonline lesson that we have to make a lot of new materials. Not only makingthem, we need to practice teaching online lesson to be ready for the reallesson.

              For me myself, I had to make somematerials for some international course. I actually found it fun. I actuallylearn many things while making it. I have to think more about students likewhat students might react when they see the online lesson, what would theythink when see the materials I make, or would they understand what I want themto do or to say, etc.

 

              I feel that I actually haveimprove myself more as a teacher. If there was no COVID-19, I would not have achance to get these skills. I can see a lot of good things in this badsituation like getting new skills, having more time to be with my family,having more time to be at home, realizing that interact with students in personis so much fun, etc. I can talk about it forever for what I miss.

             

I think every one might feel the same that wewant our normal lives back as soon as possible. We missing going out, interactwith other in person, etc. This situation make us realized that we should begrateful for what we actually have, even though it is not really special likewe have beautiful nature that we can go to, we have so many people we want to go hang out with.

 

              When we come back to a normallife, I hope everyone does not forget what we feel right now. We should appreciate for what we have.

  Hello! 英語講師の松本です。今日は最近あったうれしいお話から。

 ある朝、アーネストの郵便受けに小学生の生徒さんから一通のお手紙が届きました。

あまりないことなのでドキドキしながら開けると、、、

フリーイラスト 9種類のラブレターのセット

 “ 体調はだいじょうぶですか? コロナウィルスでアーネストに行けなくて

   ざんねんですが、オンライン授業で勉強ができてとてもうれしいです。

    これからもよろしくお願いします。 ”   

 

 とかわいい字で書かれていました。

 

4月末からオンラインレッスンをスタートし、ネットワーク環境や音声の不具合など、新たな取り組みのため色々ご迷惑をおかけしてしまったり、通常のお教室でのレッスンのようにはいかない部分もあり、私自身もどかしい気持ちにもなったことも正直ありました。それでも、生徒さんの元気な姿を見ることができ、声を聞くことができ、そして一緒にレッスン時間を過ごすことができることがとても嬉しく、“少しでも良いレッスンを”と全力で取り組んできました。

また、小学生クラスのレッスンの教材作成を一部担当しているのですが、作りながら“こんなことをしたら楽しいかな?これならオンラインでもわかりやすいかな?もっと何かできないか?”と生徒さんたちの顔を思い浮かべ、レッスンでの反応を楽しみに試行錯誤してきました。

 

そんな中、このお手紙を読んで改めて、色々な選択肢があった中で“休校”ではなく“オンラインレッスン”を行って良かったと今は強く感じています。

 オンラインレッスンにも色々な形がありますが、アーネストのオンラインレッスンは

“参加型・対話型”のレッスンです。それが大切だと思っています。

対話型なので、ちょっとしたお話をしたりその瞬間ごとの反応を見聞きでき、こちらも伝えることができます。特に会話中心の小学生レッスンは、まるで目の前にいるように動作を交えて発話をしたり、一緒に手を叩いて喜んだりもできます。

 

 

みなさんは“ストローク(stroke)”ということばを聞いたことがありますか? 

「打つ、こぐ、なでる」などの意味を持つ、水泳やテニスなどスポーツ用語としてよく聞く言葉ですが、心理的な用語で“心の栄養”という意味もあります。私がアーネストで教師になりたての頃に最初に学んだことが、このストロークの大切さです。

 

 ごはんを食べないとおなかが空いてパワーがでなかったり、悪いものを食べるとおなかをこわしたり、バランス良く栄養を取り入れないと、かぜをひいてしまうことがありますよね? 体に栄養が必要なように、心にも栄養が必要なのです。

 

では、どうやって心に栄養やパワーをためるかというと、「おはよう、ありがとう、がんばったね、楽しいね」など “声をかける” “返事をする” それだけなのです。

そうすると、心もどんどん栄養をためて、気持ちも行動もプラスになります。アーネストの対話型のオンラインレッスンでは、英語のレッスンだけでなく、ストローク(心の栄養)も届けられていたら嬉しいなと思います。(もちろん、みなさんからのたくさんのストロークに先生たちも栄養をたくさんもらっています。ありがとう!)

 

「ストローク」の画像検索結果 

小学生クラスはもうしばらくオンラインレッスンが続きます。また教室で会えるときまで、英語を楽しみ、たくさんのストロークを送り合いましょう!

 

このページのトップヘ