アーネストスタッフブログ


For this blog we will be exploring different uses of VR glasses for schools.
Ranging from a meeting point for students who would like to meet up during the breaks, to educational areas.

 

Imagine instead of viewing a shark-infested shipwreck or a space station in photos, technology meant you actually swam and floated right through them. Now, students are immersed under the water and into imaginary spacesuits to experience life as explorers and astronauts, if only for a few minutes. Virtual reality (VR) is entering classrooms around the world and taking pupils on field trips to the most inaccessible corners of the planet. As students move their heads left and right and up and down in order to navigate an area from all angles, it’s never been easier to put oneself into a virtual world that amplifies and improves the learning experience.

Boosting creativity

There are a number of ways VR is being used for education. Titans of Space, for example, is a resource for teaching students about the solar system, by which they can virtually tour the planets as astronauts. Pupils can slide a smartphone into a cardboard headset.
Teachers at Penybont Primary School in Wales, for example, have used an app called Class VR to boost creativity in storytelling.
It can also be used as a tool to show children how an area looks during different times of the day, seasonal changes, or after a few years. This can be combined with real-life field trips to help illustrate environmental destruction, for example by demonstrating changes to flora and fauna, Minocha explains.


AR brings the world into the classroom


The coming years will see more of this technology in schools. Next up is an augmented reality (AR) application which Google will be trying out in UK schools this fall.
With augmented reality, users hold up their phone or tablet to see virtual objects placed in the real world.
This will bring objects like tornadoes or meteorites into classrooms.
“AR is really great for letting you evaluate an object, and to get up close to it,” Shrom says.
He envisions this evolving into a combination of virtual and augmented realities.
“Over the long term we are thinking of the converging of these two things: VR and AR working with the teacher to provide an even more powerful set of tools.”
It seems both students and teachers will be traveling the world much more than before, from the comforts of their classroom.

 

Hope you all enjoyed this little article. See you next time.

vr-education-featured-image



こんにちは!英語講師の北本です。

 2年前のちょうど同じ時期にブログを書かせてもらいましたが、やはりこの時期は何といっても受験!!アーネストでも、高校受験、大学受験に挑む生徒さんたちがそれぞれの目標に向かい、日々必死に取り組んでいます。

私たち教師、スタッフは生徒さんたちが自信を持って当日を迎えられるよう、できるだけのサポートを行います!

さて、受験生が必死に頑張れるのもそれぞれ自分の“目標”があるから。

その目標に向けて、今の自分に足りないものは何か、何をしなければいけないか、どのようにすればいいか、など現状からさらに力を伸ばせるよう試行錯誤し、時には落ち込みながらも自ら前向きに取り組む姿や成長を間近で見させてもらい、日々刺激をもらっています。

受験ではありませんが、私も新しい目標に向けて日々行っていることが…

ランニングです!

DSC01454-1

アーネストのスポーツリーダーであるジョー先生に声をかけてもらい、約2年半前に他の先生やスタッフの方とマラソン大会に出場しました。それまでは、“マラソンだけは絶対にやりたくない!”と思っていましたが、“その大会を完走する”という目標のもと、1キロも走ったことがなかった私が、3キロ、5キロ、10キロと走れるように。

マラソンは個人スポーツ。だけど、同じ目標に向かって日々練習をすすめる仲間の刺激もあり、10キロ、ハーフといくつかの大会で完走することができました。

次はいよいよフルマラソン!

日々のトレーニングは地味できつく、自分の甘えとの勝負ばかり。

“日々の努力、積み重ねが大切!”と毎日のように生徒さん達に言っていますが、私自身それがどれだけ大変か改めて身にしみて感じる毎日です。

今回の大きな目標は達成できるかはわかりませんが、新たな目標をもつことで日々の小さなことが変わることも実感。

アーネストには、もちろん受験生だけでなく幼児から高校生までの生徒さんが通われています。それぞれの生徒さんの目標を共有し、知識やスキルを上げることはもちろん、その目標をクリアするまでの過程での成長も、ともに目指していきたいと思います!


Hello! 英語教師の松澤です。

今週から一気に寒くなり、もう12月になったんだなと改めて感じます。
2018年も残りわずか。平成最後の冬休みですね!

冬休みと言えばアーネストでは中高生に向けた冬の特別セミナーを開催中です。
一人一人にあったカリキュラムで徹底的に指導しています。
 こうして生徒たちと接していると、ふと自分がまだ子どもだった頃を思い出します。

私は幼いころ、両親の仕事の関係でアメリカに住んでいた時期があります。
その当時は周りの外国人の話していることがよくわからず、とにかく英語が嫌いでした。
はやく日本に帰りたいとばかり思っていました。
ところが日本に帰ってくるとあれほど嫌いだった英語に助けられ、今では当時の自分と同じ年頃の子ども達に英語を教えています。

人生何が自分の助けになるかわかりません。
いまアーネストいる子ども達もいずれ自分の武器を探す時が来ます。
その時にいま勉強している英語が助けになるよう、誠心誠意つくしていきたいと思います。
 皆さま今年は1年間ありがとうございました。

来年もまたよろしくお願い致します。



DSCF0890




 Hello everyone. I'm Andrew. It’s getting to that time of year again with darker evenings, and colder weather. Christmas is just around the corner and, for us here at Earnest English Academy, Observation Week.

 
 
This season is a busy one for everyone, including us here at E.E.A. We are currently in full preparation mode for having some of our students’ parents come and observe our lessons. Throughout the year we are constantly training and trying to improve ourselves and our lessons, so that students are able to get the most out of the lessons whilst also having lots of fun. With many parents coming to observe our lessons, it’s a good opportunity for them to see how their child or children are doing, and also to see how much effort, passion and skill each teacher at E.E.A has. This is an important time for us here at E.E.A because we want our students and parents alike to be satisfied with everything our school has to offer.

 To be a good teacher you need to prepare, but sometimes it doesn’t matter how much you prepare when the students do or say something unforeseen. This is where each teacher’s true ability shines - being able to take these unforeseen occurrences and turn them into something that helps the lesson or simply doesn’t derail the lesson. In Observation Week, these occurrences can happen more often and it can really test a teacher when parents are watching.

 Working with students over the last few years has really opened my eyes to the unexpected things children sometimes say or do, and this can correlate with our own private lives. Unexpected things, good or bad, can affect us at any moment and how we deal with them will shape our lives going forward.

 The key is flexibility and a positive attitude. This is something that we try to instill in our students here at E.E.A.

45


 Hello!
実は最近イギリスに行ってきた英語講師の澤田です!

久し振りの海外で、大満足の旅でした。そして、なんといっても久し振りに英語だけの一週間を過ごし、とっても刺激を浴びることができました。そんな中で、英語を学習してきてよかったなと思い返すことがあったので紹介します。

th

 

まず、私が英語に力を注ぎ始めたのは大学4年生の時でした。それまでは、小学校の先生になろうと思っていました。しかしある日、大学内で有名な厳しい先生から「お前、発音だけはいいな!」と発音に太鼓判を押されたことがきっかけで、英語を極めたいと思うようになったのです。とても単純な理由ですね。また、大学1~4年までは、とても内公的かつ、消極的な人間でした。休日は外にも出たくないし、人との関わりも少なくしていました。しかし、英語と向き合って1年ほどたち、簡単な英会話ができるようになった時、「英語で話してるって、、、かっこいいな、、、」と思うようになりました。これも単純ですね。

 それからの自分は、学内の英語討論サークルを作ったり、留学生の支援をしたり、長期休暇には旅にでたりと今までにないくらい外交的になる努力をし始めました。つまり、英語が私を変えてくれて、様々な体験と触れ合うチャンスをくれたのです!!恐らく、英語を学んでいなければイギリスに行きたいとは思わなかったでしょうし、おかげで楽しい旅ができました。ありがとう、英語。

 

そして今、私はそんな英語を教える立場にいます。英語がただの教科ではなく、子どもたちに自信と多くの可能性を与えてくれるものだということを常に意識して、責任を持って指導していきたいと思っています!

このページのトップヘ