アーネストスタッフブログ

December 2015



こんにちは、英語講師の金木です。

数学も担当しています。



毎年、冬は受験生にとってラストスパートをかける大切な時期です。


ただ、この時期になると、
これで大丈夫だろうか?

この問題わからない、どうしよう。

等、日が近くなるにつれ、不安になることがあるかと思います。


しかし、その不安に打ち勝ち

頑張って勉強することこそ一番重要だと私は思います。

ただ、どうしても立ち止まってしまったら・・・
なぜ今頑張って勉強しているのか、
その先にあるものをもう一度考えてみて下さい。


合格して喜ぶ自分の姿
春からの新しい生活
将来なりたい職業


今の頑張りこそが、先にあるなりたい自分への近道です。

受験生、あと少しです。


良い春を迎えるため、共に頑張りましょう! 001



こんにちは!本校で英語を担当している石井です。

近頃ますます寒さが厳しくなってきました。

特に受験生の皆さん、体調に気をつけて頑張ってくださいね。

 

さて、先月のことですが、本校では小学生対象の授業参観がありました。

 

_THG1625

参観レッスンでは音読の発表や自己紹介を英語で行います。

これまでの学習成果を親御さん方に見ていただく、

生徒さん方にとってドキドキの一大イベントです!

(1人1人の成果をどのようにshow upするか、教師にとっても一大イベントです!)

どの生徒さんも、緊張しながらもよく力を発揮してくれました。

 

eea_289

 

教師とって、お客様は2種類あります。

実際に教える生徒さん方、それから成果に対しお金を頂く保護者の方です。

 

英語の力は積み重ねの上に形になります。

1回のレッスンで劇的に伸びるものではありません。

ただ、4月から半年間継続してきたことは、必ずどこかに成果として表れるはずです。

生徒さん自身、保護者の方々に、その成長に気付いてもらうこと。

それがこの授業参観の最大の目的です。

 

ご覧頂いた後のアンケートには、

「こんなに力がついていると思いませんでした」

「去年より自信がついたようです」

など、嬉しいお言葉をたくさん頂きました。

 

もちろん生徒、父兄の方々すべてに100%ご満足頂けたわけではありません。

いったいどうすれば、生徒、保護者の両方に「ありがとう」を言ってもらえるのか?

 

教師の力も積み重ねですね。

さらによいレッスン、さらによい授業参観を目指して、

また1年がんばろう!と決意を新たにした11月でした。

このページのトップヘ