アーネストスタッフブログ

March 2016


Hello!
英語講師の松本です。

ひとつの節目を迎えるこの3月、

クラス、学年、学校が変わることにワクワク、ドキドキ、ソワソワしている時期かな。



アーネストの今年度のレッスンも残りわずか。

だからこそ、子どもたちの成長をより一層感じる瞬間がたくさんあります。

今回はそんな瞬間の一部をご紹介します。

「先生、私たちだけで練習するから少し外にいて。3分待って。」

そう言って、Parents Week Showの練習を始めたミントクラスの子どもたち。

そーっと覗いてみると…

“ここに並ぶんだよ!” “ もっと大きな声だよ!” “もう1回はじめから!” “My name is  ….

そんなやり取りが聞こえ、その表情は真剣そのもの。

“はずかしい” “英語イヤ” “疲れた” が口癖の時もあったけれど、

そこを越えて、いつの間にかすっかりお兄さんお姉さんになっていたんだね。  

DSCF5565



「私たち、今英語がんばってるから、中学生になったら英語得意になるよね!」

「うんうん、そうだよね。」と話しはじめた3年生のクラスの子どもたち。

アクティビティやシールが大好きな、やんちゃなくらい元気いっぱいの子どもたちが

中学生になったときのことを考えているとは正直びっくり。

ちょっと大人びた話し方に、思わず笑ってごめんね。

“楽しいからやる” “楽しくないからやらない” ではなく、

 “やってみたら自分で読めた、書けた”  “大変だったけどできてみたら嬉しかった”

そんな風に思えるのは、苦手な宿題に毎週挑戦し続けたからだね。            



_THG3076


「ぼく、このクラスが好きだな、、、」と静かにつぶやいた子。

「暗写って超重要だね!」とテストを終え興奮気味に話す子。

「自分でもこのままじゃいけないと思う。でも…」ともがいている子。

「これは国語力があれば解けるよ。」とクイズを挑んでくる子。



色々な子どもたちがいてこそのアーネスト。

そんな子供たちが縁あって出会うこの場所で起こる化学反応のような変化、

それが何よりの楽しみです。



この1年の出会いにありがとう。 4月、今度はどんな出会いが待っているかが楽しみです。



こんにちは、フロントスタッフの西澤です。

3月は卒業式シーズン、アーネストに併設されている鹿島学園高等学校長野キャンパスでも3月8日に卒業式がとり行われました。

DSC03186

TOIGOの大きな会場での卒業式、生徒たちそれぞれが頑張ってきた3年間をしっかり送ろうと、時間をかけて計画・準備をしてきました。

当日は3月初旬にもかかわらず、暖かくそしてうららかな、卒業式にふさわしい天気!
緊張の中、卒業生の入場から式は開かれました。

厳かな中にも長野キャンパスらしい温かい言葉やスピーチ、入口のメッセージボードにも在校生や先生たちからのたくさんのお祝いの言葉が寄せられていました。
前任の鈴木キャンパス長も来賓としてお越しいただき、祝辞のときには目に涙を浮かべる生徒もいました。

IMG_5392

鹿島学園長野キャンパス第2期の卒業生13名は、全員が卒業証書を受け取り、晴れてこの学園を巣立っていきます。

3年間の想い出と、頑張ってきた日々を自身に変えてこれからも前へ前へ進んでいってください!
卒業ほんとうにおめでとうございます。

このページのトップヘ