アーネストスタッフブログ

January 2017


Hi! This is Erika, one of the Foreign Teachers of E.E.A. It’s a little late but I want to greet everyone a Happy New Year! I’m from the Philippines where it’s warm all year round! Given that, experiencing four seasons here in Japan is both a thrilling and challenging experience for me. I like traveling during warmer seasons but during winter, I love to huddle up ina warm blanket and read. Winter seem to trigger my love of reading.

 

When I was a child, I usually stay in my elementary school library after class and read about anything; from magazines, to encyclopedia or history books. I love reading so much that I was awarded “Book lover of the year” during my 6th grade graduation. My favorite genres are inspirational and fiction but I also often read online articles and news to keep myself updated on current events.


Why do I love reading? Because it fuels our brain. It encourages us to use our imagination to create a world thus, improving our creativity. Reading tickles our curiosity and opens our mind to different point of views. On top ofit all, I love reading because it’s fun! Being a curious person, learning new things is always fun.

 

As a teacher, I want to share my love of reading to my students. Challenging the kids to try to read in English would broaden their skills so when I learned that we’ll have a reading seminar for our winter seminar, I was delighted. I’m ready to show how fun reading can be! Let’s try to read English books during the seminar. See you there!

 

_THG2539


こんにちは!英語講師の北本優子です。

 

センター試験も終わり、本格的な受験シーズン真っ只中です。

アーネストでも中3生や高3生がそれぞれの目標にむけ毎日レッスンや自習室で追い込みを真剣に取り組んでいます。

 DSC03968

私たち教師、スタッフもそれぞれの生徒さんが今まで積み上げてきた力を本番でしっかり発揮できるよう色々な形でサポートしたい、と日々取り組んでいます。

 

私も多くの受験生を担当させて頂いていますが、受験に向かう生徒さんを送り出す際に掛ける言葉は、“いつも通り。”

 

自分自身の経験から、大切な試験や競技大会、面接などなるべくいい結果を残そうと肩に力が入りすぎたり、緊張しすぎたりしてしまい結局自分の力が出し切れないといったことが多々ありました。

 

結果は良かったものやうまくいかなかったもの様々ですが、今思い返してみればどのような結果になっても“いつも通り”。つまり普段の自分の力を出し切れたときは結果に納得し、次に前を向いて進めた気がします。

 

だからこそ、生徒さん達にもやり切ってきて欲しいという思いでそう声を掛けます。

 

ただ、受験を送り出すまでの過程では、山あり谷あり。

時には厳しく叱ることも。

一緒に悩み、喜び、悔しがる。

生徒さんが“本気”になり、最後の最後で“やり切った”と自信をもっていってもらえるように、私たち教師、スタッフも日々“本気”で皆さんと関わっていきたいと思います。

このページのトップヘ