みなさん、こんにちは。英語講師の宮下靖史です。
 4月から、新年度は始まり、ようやく一息つけそうなところではないでしょうか。そんな折、先日、毎年恒例の「花見」に行ってきました。

 新年度を迎えて、今年は新たに4人のスタッフが加わりました。このメンバーをお迎えして、今年は果たしてどんな会になるのだろうか、不安と期待が入り混じっていたというのが、始まる前の気持ちでした。しかしながら、どちらかと言えば期待の方が多かったように感じています。(笑) というのは以前にも、幹事として参加させて頂き、行った実績があったから、経験することって大きくて、財産になるなと感じています。


DSC06325

 会が始まってしまえば、僅かながらにあった不安は吹き飛んでしまいました。それは、参加して下さった皆さんが、どこからとなく、会話が生まれ、それぞれ盛り上がっているように感じました。ここに集うスタッフはなんと他県出身者が約半分います。そんな私も長野出身以外の一人です。What is Hanamigoya?と思ったのが約6年前。(私が知る限り花見小屋は長野だけのようです。)他県の出身の皆さんから、いろんな文化などを聞いたり、その人の経験談を聞いたりなどあっという間に時間が過ぎてしましました。楽しいときって、ほんと時間が過ぎるのが速いですね。

 「お互いがお互いを知る」には、「会話」が一番。「以心伝心する」と言う考えもありますが、その前には、必ず会話=コミュニケーションがあったはずだと感じています。人は皆、性格も性質も考え方も異なります。だからこそ、「理解しあって、尊重する」、これが生き方として求められると思っています。

 アーネストは「英会話スクールとも学習塾とも違う、Communication Society」です。実際にレッスンを受けて下さっている生徒さんだけでなく、他の先生と生徒さんとも会話が弾めば、よりよい関係が築けると思っています。ですので、皆さん積極的に会話をしていきましょう。


DSC06326