和歌山で生まれて、はや5〇年 〇学生のころからバイクでうろうろ~ ときどき 地域の子ども達とキャンプやらで 楽しんだりもしています。 紀の川市へお越しの際は 是非お声かけ下さいねヽ(^o^)丿

上野公園のひまわり

NCM_2802 (800x457)


去年の8月14日の様子

数日前五條市上野公園のひまわりクリックで詳しく
どんな感じなのか観に行ってみました。

平成29年度ひまわり園の状況クリックで詳しく

京奈和道・橋本東IC>>R24奈良方面に少し行くと
国道のすぐ下(南)に上野公園があります。
その公園の駐車場に車やバイクを止めると
ひまわり園は道を隔ててすぐのところです。
DSCF9251 (800x530)




6月14日
橋本市恋し野のあじさい園クリックで詳しく

息子と紫陽花を観に行った帰り その頃はどうなっているのか
気になったので寄ってみましたよ


DSCF7631 (800x507)

ちょうど種植えの最中でした





H29年8月1日 
そろそろ咲きだしたかしら。。
そう思ってサクッと様子をみに行ってみましたよ。

DSCF9224 (800x531)

DSCF9235 (800x543)


去年は少し咲いているブロックもあったのですが、
今年は少し遅れているようです。

写真を撮っていると


DSCF9230 (800x483)

手入れされている管理人さんが近寄ってくれて
色々な苦労を聞かせてくださいました

今年は水はけの悪い所が水浸しになって倒れてしまったり
カナブンの幼虫に根を食べられたりして 
成長が悪かったり 枯れてしまったり 大変だったそうです。


DSCF9239 (800x530)


DSCF9246 (800x530)


あと前から気になっていた点を幾つか訪ねてみましたよ

「早く咲くブロックと遅く咲くブロックがありますが、品種が違うのですか?」
『品種は同じなんやけど人手不足で種植えの時期に差が出来てしまうから』

「咲き終わった種はどうしているのですか?」
『以前は収穫した種を絞ってひまわり油を生産していたんやけど採算が合わないので
 最近は根本で刈り取りマルチを外したら耕運機で土と一緒にすごいています
 欲しい人には無料であげているよ』

「来年の種は今年咲き終わって できた種を使うのですか?」
『毎年種はすべて買って植え付けています』
『あと10日程したらまた来て下さいね咲き始めていますから』


DSCF9991 (800x450)


DSCF9990 (800x550)

去年JRの電車が来た時は 上手く撮れませんでした
今年こそ お気に入りの写真を・・・
NCM_2815 (800x450)

紀の川市の桃

DSCF9148 (800x530)


紀の川市は果物の種類が豊富な地区で、バナナ・マンゴー・パイナップルなどは無理ですが、柑橘類・柿・梨・苺・葡萄・桃・無花果その他・沢山の果物を生産しています。

私の家の近くにも農協や株式会社や個人の選果場があります。


DSCF4045 (800x599)

DSCF4025 (800x601)

以前私も兼業農家で柑橘類を
ここの選果場に運んで来ていたのですが
今は親戚に送る程度・・
数本残しているだけです。


その結果
耕作放置>>雑草が生い茂り>>・イノシシ・
の住処となっております。
(私の畑周辺は耕作放置が殆どです)

これは八朔の選果しているところです。


DSCF4020 (800x600)
 


選果場ではミカン、八朔が
選果の過程で沢山ジュース用や缶詰め用に仕分けられます。


これは仕分けられたミカン

DSCF4007 (800x599)
DSCF4009 (800x600)
 
風などで擦れたり小さかったりしたものは、大量に加工用となり
十分の一以下の価格となって運ばれていきます。




柿もやはり見た目の悪いものは選果場で加工用に選別され


DSCF4024 (800x600)

DSCF4035 (800x600)

DSCF4038 (800x600)


皮むき機と乾燥機に入り>>


あんぽ柿となって出荷されていきます。


DSCF4041 (800x600)

あんぽ柿は甘くて美味しいですのよね~~

しかし知り合いの
選果場でもけっこうなお値段となっていて
なかなか手が出ません。。





4月に八朔の出荷が終わり 5月は梅の選果

6月中旬から桃の選果が始まります

今年は5月・6月とても晴れが多く6月16日に頂いた
早生桃でも美味しかったです。


DSCF8904 (800x600)

これは中生の桃で7月10日頃白鳳系を頂いた時の桃です。
ミカンや柿と同じく訳アリ桃を、ご近所さんから頂きました。




桃は3月から摘蕾>>摘花>>摘果>>袋掛け>>除袋>>収穫
  収穫まで他にも冬剪定>>
  農薬散布>>肥料やり>>草刈り>>水やり>>と
とにかく手間の掛かる果物です。




特にこれから出荷される晩生の品種は

DSCF9141 (800x530)

DSCF9145 (800x530)

7月初旬から夜>>特殊な蛍光灯を
一ヶ月以上も点灯しなくてはなりません


京奈和道からも見えている夜景です。
この光が見えている畑は晩生の桃が植えられています。
8月になると出荷が始まります。


DSCF9163 (800x530)

この桃の様にせっかく手間暇掛けたももが。。

この地区の人はヨガかヤガと言っている
夜の間に飛んで来る蛾に吸われない様
ヨガの嫌いな光を朝まで点けているのです。


晩生の桃は花が咲いてから出荷されるまで一番手間がかかりますが
その分>>一番美味しい桃なんですよ

今年もあと10日程で紀の川市の桃は終わりますから
是非・是非・ 
選果場直販場やめっけもん広場やよってってや道の駅
または個人直売所で買って下さいね


DSCF9154 (800x530)

DSCF9161 (800x503)

JAや(株)選果場に出荷する桃はかなりの早取で収穫していますから かなり固めです。

桃は収穫してから必ず 
追熟(少し柔らかくなるまで常温で寝かしておく)
してから冷蔵庫に入れ冷やしてから食べて下さいね。

硬いまま冷蔵庫に入れてしまうと追熟できないので
美味しくなりません。。。

めっけもんや道の駅などに出荷する桃は二三日常温保存すれば食べ頃になります。

NCM_3417

いつも電話で数量だけを伝えておいて
何時とは指定していません

一番いい時期で大きな桃が収穫できた時
分けてもらっています。

個人直売所けっこうありますが、
顔なじみとなって・・電話予約して・・
毎年同じところで買うのがお勧めですよ(o^∇^o)ノ

DSCF9555 (800x530)

龍門山のキイシモツケ

長い間放置してしまいごめんなさい
半年ぶりの速報です。
昨日仕事を少し早めに切り上げ 18時頃から龍門山に登ってみました。
(日が長くなりましたから早朝や日暮れ時 2時間程は趣味活動ができますね)
龍門山のキイシモツケ・きいしもつけの様子が見たかったのです。

詳しい情報は後日とさせてください
ほゞ写真のみのダイジェストです。



BlogPaint

息子と中央登山口から登り始めました。





DSCF7235

18時頃でしたから
登り始めから薄暗く少し急な登山道からスタート






DSCF7244

約15分登ったらこんな感じ





中央登山口から山頂までは約1.5Kmしかないのでゆっくり登っても
一時間程で登れると思います。
今回は少し寄り道をして一時間で登れました。





DSCF7261

明神岩・風穴
ここは必ず寄り道することをお勧めします。








DSCF7268

明神岩はすぐ





DSCF7278

夕刻 明神岩から見た紀の川市名手の街





BlogPaint

朝の方が確実に綺麗だと思います
機会があれば早朝も登ってみたいです。







DSCF7283

DSCF7284

明神岩のすぐそばにある風穴
中は真っ暗で見えません






DSCF7321

解説看板がありました





DSCF7336

明神岩から本コースに戻り少し登るとこの標識があります
今の時期はここも是非寄り道して下さい
お勧めポイントです。





あと山頂まで500m程です
DSCF7342

DSCF7355

歩道に笹が見えてきたらもう少しです。





DSCF7356

DSCF7364

龍門山の山頂です








DSCF7358

本当は日の入りまでいたかったのですが
少し風景を愉しんですぐに下山しました。






DSCF7384

DSCF7386

19時20分歩道はかなり暗かったです。






DSCF7389

約一時間40分で中央登山口まで下りてきました。



では2017年5月29日キイシモツケの様子です。

DSCF7312


DSCF7309

DSCF7306

DSCF7294

明神岩周辺キイシモツケの様子





DSCF7328

DSCF7274

DSCF7331

蛇紋原周辺キイシモツケの様子





DSCF7366
DSCF7370

山頂周辺キイシモツケの様子






DSCF7266

キイシモツケはバラ科なんですね
そう桜もバラ科ですよね
よ~く見てみると



DSCF7304

DSCF7305

DSCF7299
似ています。
満開のキイシモツケ
是非龍門山に登って観て下さい。
とっても可愛いです。
龍門山登山駐車場←クリックで詳しくはこちらです。

新年明けましておめでとうございます

1463253570257
2017年 
新年明けましておめでとうございます。

ぼちぼち更新していきますので
本年も宜しくお願いします
 
また見て下さいねっ! 

蕎麦打ち体験館オープン

もう今年も年越し蕎麦の時期となってしまいましたが 
皆さん今年はどのような一年でしたでしょうか?

我が家では色々なことがあった一年でしたが
なんとか新年を迎えれそうです。

今回は蕎麦打ち体験館「Agara」オープンのお知らせです。
DSCF4003 (800x600)

そもそも
蕎麦打ちを始めたのは龍門山の中腹に住んでいた
古賀さんとの出会いがきっかけなんです。


この方が古賀さんです
DSCF5864

以前 美味しい蕎麦屋に行ったことがなかったので
蕎麦はあまり好きではありませんでした。


外食の時は、うどんを注文していました。
それがある日
古賀さんに打ちたての蕎麦を食べさせてもらって

「あれ~~お蕎麦って美味しいやんか。。。」

手打ちそば の美味しさにビックリ
その後何度か頂いていたのですが
いつもいつも頂いてばかりでは申し訳なく
自分で打ってみようと道具 一式を購入したのが
7年程前になります。


はじめて自分の打った蕎麦は・・蕎麦っていうより・・・
・・・・うどん??パスタ?? って感じの太さで
なおかつ3~4cmに切れてしまう。。(;´Д`)。。な、なんで??

家族からは「頼むからもう蕎麦打たんといてぇ~」と言われる始末・・トホホ・・・


 IMG_8090 (800x600)
IMG_7590 (800x600)

それでもめげずに
何としても美味しい蕎麦を食べたい一心で打ち続け
評判のいい蕎麦屋に行ったり・・・
一年半程すると努力の甲斐があって少しは蕎麦らしくなってきました。
 
それから技術交流を兼ねて古賀さん他3名で毎月第三水曜日に
荒見会館にて蕎麦打ちをする荒見蕎麦愛好会が発足しました。

その後龍門山温泉でも集まっていましたが最近は荒見会館に戻って
おりました。


自宅では以前のように滅多に打たなくなっていましたが
ある日
友達が『やってみたい』やんて~~と娘に頼まれて・・・

IMG_9693 (800x600)

娘に「今回だけやで!!」と、ちょっともったい付けました。


IMG_9697 (800x746)
IMG_9725 (800x644)
 
娘に紹介された3名さんを見てからは
いつもはおおざっぱで適当な打ち方なのに
この時ばかりは、ちょっとだけ職人さんぽく打っていましたね



(やっとこさ最近これくらいの蕎麦を打てるようになりました)
DSCF4059 (800x571)
 IMG_9728 (800x615)

たぶんお世辞でしょうが・・・・・素直にうれしかったです

まあ毎回毎回このお友達となら大歓迎です。




そして
こちらの建物が蕎麦打ち体験館「Agara」

今年の夏オープンしました。
8名は同時に打てます。


DSCF2345 (800x492)
DSCF2358 (800x549)

この日は蕎麦打ち体験の後
いつものように蕎麦の試食をした後の
蕎麦湯を土鍋に移し忘年会も兼ねて豚しゃぶ鍋をしました

DSCF2361 (800x450)

残ったダシで蕎麦湯を頂いた後に 
まだ残っている蕎麦湯で豚しゃぶをすると何故か柔らかく旨味も増します
自宅でも是非試してみて下さい(お勧め鍋です)

蕎麦打ち体験 は4名さん以上でしたら受付てますが
営利目的ではないです

二八蕎麦(蕎麦500gつなぎ125g)4~5人前を打ってもらいます。

打ち終わったら自分の打ったお蕎麦1人前を試食します

残りのお蕎麦は持って帰ってもらいます。

料金は4名の場合お一人2000円ですが
光熱費の関係で5~6名の場合お一人1800円で
7~8名ではお一人1700円になります。

すいませんが最後の後かたずけは皆さんで行っています。

準備>蕎麦打ち>試食>かたずけまでの時間は、3時間程になります。

BlogPaint

蕎麦打ち体験してみようかなって方はPC版サイトの
ここからメールして下さいね(*'-'*)

和歌山マリーナシティ街角歩き

今日は
メリークリスマス ・‥…━━━☆・‥…━━━☆



DSCF3540 (800x541)

今回は 
和歌山マリーナシティ街角ブラブラです。




マリーナシティホームページです

DSCF3527 (800x558)

和歌山マリーナシティは
1994年7月16日から9月25日までの72日間開催された
「JAPAN EXPO 世界リゾート博」←詳しく 
の跡地で その時に建てられた建物や施設が残されている
人口島なんです。


嫁さんにお願いして
12月は私の誕生月で少し早めのクリスマスを兼ねて
イルミネーションも始まっていたポルトヨーロッパ へ
食事と温泉入浴に行ってきました。


マリーナシティ へは
今年 春と秋にランチパスポートを購入したので
何度かランチに来ていました
この写真はその時のです

BlogPaint

駐車料金は1日1000円と500円の駐車場があります。
(一番奥右の駐車場が1日500円)


一番奥にある左のバス専用駐車場にバイクは無料で駐車できます。
(夜ゲートは閉めてありますが、バイクだけ通れて駐車できます)

黒潮市場や紀州黒潮温泉の利用者は
1時間ないし2時間無料になります。


BlogPaintBlogPaint

なんと
今年3月からポルトヨーロッパへの入園は無料になりました
 ポルトヨーロッパ←ホームページ


この建物は温泉施設
DSCF3647 (800x521)

紀州黒潮温泉←ホームページ

営業時間10:00~24:00(受付終了23:00)


入浴料830円(大人)
入浴料1000円(大人)バスタオルとフェイスタオル付

久々の温泉入浴でした 
以前は混んでいたのに・・この日は
空いていたのでゆったりと長湯を楽しむことが出来ましたよ

そして嫁とヨットを見て回りました
カッコいいです。


DSCF3645 (800x438)

DSCF3694 (800x558)

私達は龍門山のふもとで暮らしていますから

潮の香と海の風景は
けっこうテンション上がってしまいます

DSCF3649 (800x600)

ヨットは同じのが停泊していませんね
個性があって見ていても飽きません


憧れますが決して持ちたいとは思いません
(すぐに財政破綻に陥ってしまうのが分かっていますから)

入園無料ですのでポルトヨーロッパへも>>>

DSCF3575 (800x459)
DSCF3598 (800x509)
DSCF3705 (800x544)
 
ここが出来た頃はUSJも無かったのでけっこう賑っていましたが・・・

悲しいかな
今の時期平日はガラガラの状態です・・・

DSCF3610 (800x495)

もちろん遊園地もガラガラの状態で
バイトのみなさん・・ある意味大変だな・・と思った
そのうち廃園にならないか心配です('A`|||)

DSCF3552 (800x563)

食事は
マリーナシティ ホテル←ホームページ 
で頂きました(利用すれば駐車料金は無料になります)



ホテルから見た風景

DSCF3564 (800x447)
DSCF3467 (800x413)

食後また夜景が見たくてブラブラ
シティを歩いてみました

まずは橋に向かってテクテク>>>
DSCF3501 (800x603)
DSCF3513 (800x447)
DSCF3511 (800x497)
 
和歌山にしては街並みが綺麗です。。。

また戻って海の方へテクテク>>>

DSCF3481 (800x533)

ここのカフェは夜9時まで営業しています

DSCF3535 (800x571)

ここにも和歌山県朝日夕日百選の記念プレートがありますね!


DSCF3543 (800x490)
DSCF3524 (800x560)

最後に
ポルトヨーロッパに入園してイルミネーションを見てみようと
防波堤から戻ってみたら・・・
・・・・・・え・え・・・・・
・・・・・・う・そ・や・・  

ま、まさか夜8時までとは。。。・゚・(ノД`;)・゚・

朝までとはいいませんが、、
せめて9時まで点灯して欲しかったです!!(ガックシ)

でもマリーナシティをブラ歩きしたら
ちょっとだけ海外いる気分になったりして。。(笑)





そしてマリーナシティ街角ブラ歩き・・最後は
今日クリスマスの日らしい
ツリーネタで>>>


クリスマスツリーに皆さんの願いを

DSCF3675 (800x647)

クリスマス”ウイッシュ”カードに

無題

書いて結んでいる願いを拝見して

DSCF3679 (800x600)

本人??って思ったり


これを書かかれた方は

きっといい人なんでしょうね゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

DSCF3676 (800x600)

て、思ったり☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚
 
・・平和な一日でした ・・

たまには皆さんもマリーナシティ で・・ぶらぶらされてはいかがですか(o^∇^o)ノ

龍門山登山駐車場

今回は和歌山県紀の川市龍門山登山駐車場(無料)の説明です。
電車やバスは粉河駅から徒歩になります。

今回の案内は京奈和道紀の川東ICから>>>
ナビでの検索は
竜門保育所  ℡ 0736732582
〒649-6565   和歌山県紀の川市杉原16

無題 (800x602)1 (771x630)

DSCF3796 (800x600)

竜門保育所・・東隣の空き地
この土橋整骨院デイサービスひだまり看板の前が
和歌山県 紀の川市龍門山登山駐車場(無料)です

BlogPaint
DSCF3803 (800x600)

 
10~20台程の駐車スペースがあります。

車やバイク・自転車はここに駐車して下さいね 
(ごくたまにですが保育所行事がある日は利用できないです)


ここから登山口までの案内をします

BlogPaint

駐車場から東に100m程すすむと 

1の地点
BlogPaint

ここを右折




右折すると 2地点
BlogPaint

竜門川を渡ります(10m程の橋を渡ります) 



つぎの3地点を左折
BlogPaint

 ここ地点から登り坂になります 

少し急坂を上ると




4地点がここです
BlogPaint

この4地点を左折



すぐ小さな橋を渡ります

DSCF3874 (800x600)

6m程の橋を渡ると下り道です


の地点

BlogPaint

BlogPaint

5地点を右折です

保育所隣の駐車場ではなくて どうしても

車でもう少し上まで登る場合は黄色を直進です。

5地点を曲がると見えてくる景色 
DSCF3878 (800x600)

こんなに狭い道ですから車は対向できません。

6地点はYになっています
BlogPaint

6地点は案内板があり案内通り左折です 




6地点からの景色
DSCF3883 (800x600)

ここからは急坂になります。



7地点が見えてきました
DSCF3886 (800x600)

 

この辺が一番の急坂になります。 



7地点です
BlogPaint

7地点から徒歩の場合は赤色右折したほうが近道になります。
車やバイク・は青色左折しか行けません
:途中から徒歩以外登れません)

DSCF3894 (800x600)

ちゃんと案内板もありますから安心です(・竜門山・になってます)

左折して
7地点から10地点登って行く場合>>

BlogPaint

赤色が徒歩のコース
青色が車・バイクのコース(もちろん徒歩もOK)



地点です
BlogPaint

地点を右折です




DSCF3898 (800x600)

8地点にも竜門山と案内板があります
この辺は割となだらかな坂です





9地点です

BlogPaint

9地点は右折です(ほゞUターン)

BlogPaint
DSCF3904 (800x600)

ここも案内板があります
注:もし直進したとしても行き止まりです)





10地点です
BlogPaint

10地点には案内図があります。
赤色が徒歩のコースで夏場は雑草で覆われて歩きにくいです




10地点です
DSCF3908 (800x600)
DSCF3827 (800x600)

10地点の古い案内図と

すぐ前に新しい案内図があります。

BlogPaint
DSCF3823 (800x600)

近道の歩行者案内板もありますよ




10地点から>>
BlogPaint
11が田代峠登山口 12が小さな空き地 13が中央登山口




11地点の駐車場です
DSCF3834 (800x600)

DSCF3836 (800x600)
11地点は田代ルート入口なんですが
ここに車3~5台駐車できます。
奥から詰めてグループで駐車した場合です・)




ここにも案内板があります

DSCF3373 (800x450)

平日だとほゞ駐車可能だと思います。
(土日はけっこう駐車してあります)



ここがいっぱいでしたら12地点へ>>

DSCF3913 (800x600)

12地点は2~3台駐車可能です。(軽4輪車の場合)

DSCF3839 (800x600)

この橋の手前が12地点





13地点が中央登山口です

BlogPaint

DSCF3929 (800x600)

DSCF3847 (800x600)

ここにも案内図があります

たまにここに駐車されていますが
ここは車両のUターン場所ですし農家の方の駐車場所です
駐車はしないで下さいね

どうしてもされる場合
向転換してバックでかなり奥へ停めて下さい
(前に停めないでね)

11地点と12地点以外は
農家の方々の駐車スペースになりますのでよろしくお願します。

DSCF3862 (800x600)
 
13地点の中央登山口からは紀淡海峡と淡路島が見えます。

土日お天気が良ければ
ハングライダー・パラグライダーも飛んでいますよ~

それに龍門山のキイシモツケは←クリックで詳しい様子
珍しい植物で5月下旬から6月上旬に白い花が咲きます。


毎年8月の終わり頃
IMGP3125 (800x533)

IMGP3138 (800x533)

年に一度ですが農家の方々が草刈りをしてくれています
(平均年齢75歳位ですのでいつまで続けられるかしら・・)
 
この道13年程前は最後の2Km未舗装でしたが
この地域で「でつくし」と言って
約一週間ボランティアで舗装工事をしました。
(コンクリート代は粉河町が出してくれました)

田舎の道は「でつくし」(デボランティア)の道が多いです

DSCF3917 (800x600)

おなじく草刈りメンバーで桜を植えたりもしています。
(もう少し植えれる場所も残っています)

「おめー・何様・なに言ってんの」とお叱りを受けそうですが

国道>酷道とか県道>険道と
置き換えての表現はよくみかけます
(もう当たり前の表現になりつつあるようです)


この道の様に地元の方々が過去に「でつくし」で
開通したりその後も整備したりしている道路かもしれないから
「私にとっては・酷道・険道・と思える道でしたぁ~」
くらいで使って欲しいと僕は思っています。



龍門山は初心者にも楽しめるハイキングコース(登山)
ですので是非登ってみて下さい。

龍門山登山で検索するとけっこうブログで紹介されています
その中の幾つかですが
龍門山登山レポート←クリックで詳しく解説
龍門山登山レポート←クリックで詳しく解説
 ↑
(勝手に掲載してすみません)

DSCF3378 (800x450)

2016年12月3日
田代ルート登山口から久々に6名で登ってみました
平均年齢64歳位?でしょうか>>

DSCF3382 (800x450)
 
少し登ったところから松茸山ですが
最近採れなくなっていると聞きました。

DSCF3383 (800x450)

紅葉も終わったのか・・落ち葉がいっぱいです

DSCF3389 (800x450)

ここはいつも誰かが榊を供えてくれています



ここを過ぎ>>すこし登った地点・・・あちゃ~~

DSCF3392 (800x450)

DSCF3393 (800x450)

登山道が倒木でかなり通りにくくなっていましたよ
これはいけませんね~~何とかしなくては・・・

DSCF3401 (800x450)

ここの地蔵尊
もなんとかしなくては・・・

ここも見づらい案内板・・でしたね
DSCF3407 (800x450)

DSCF3416 (800x450)

田代ルート登山口から約一時間で
田代峠の稜線に到着です。
(今回途中の・ちりなし池・は寄り道していません)

この日・龍門山・山頂方向とは反対へ進みました
(飯盛山へと)

そしてその稜線の途中から道なき道を下山していきます

DSCF3420 (800x450)

DSCF3451 (800x450)

DSCF3439 (800x450)

田代ルート登山口から少し登った松茸山から
ここの周辺一帯が竜門荒見地区財産区となっており
年に一度地区数名で現況調査に登っているのです

DSCF3435 (800x450)

植林して40~50年以上経っていますが
断念ながらあまり成長していません

ほとんど間伐していないからでしょうね
でも私ども先輩方が残してくれた地区の財産なんですよ

DSCF3452 (800x450)

お正月飾りに使うウラジロが沢山生えていましたね

そして田代峠から約一時間かかって下山
やっと開けた所に出れました
DSCF3460 (800x450)

久々ちょっとだけ龍門山に登ってきたの・・
日頃の運動不足でバテ気味でしたが気持よかったです
来年は・・もう少し
登山・・いやハイキングに行ってみようかなぁ・・・

第3回 あらぎ島イルミテラス  はなぞの温泉「花圃の里」


DSCF0778

9月16日のことなので かなり日にちが経っていますが
はなぞの温泉「花圃の里」オープン と 
第3回 あらぎ島イルミテラス のお知らせです

いつものように紀州サン・リゾートラインを通り最初に立ち寄ったところは>>


DSCF0736 (800x450)
DSCF0719

少しお天気は悪かったですが
この時期のススキはまだ赤や黄色の穂なので。。
不思議模様の絨毯のようなグラデーションで覆いつくされていて

銀色になびく前のススキもとっても素敵なんですよ

是非来年の9月に生石高原に行って確かめてみて下さいね


そしてこの日の10日前には

DSCF0324 (800x450)DSCF0443 (800x548)

DSCF0417

無題

凄い雨で中止かな・・と思いましたが電話で確認すると
予定通りに開催されると聞いて車で行ってみました

年に一度9月6日悠仁親王殿下のお誕生日の夜
キャンドルライトで浮かび上がるあらぎ島へ>>>

そう今年初めて見ることができました雨がやんでくれて良かったです
(仕掛け花火もあったよ)

地元若手有志の方々や地元多くの皆さんが協力されていましたね
一度だけのイベントで終わるのではなくて 
大変でしょうが何年も続けておられることに感謝です
(来年開催される前にはもうすこし詳しく紹介しますね)



ここあらぎ島へは何度も来ましたが
9月16日も四季折々の表情を観れたと思います

DSCF0754

DSCF0767

DSCF0770

DSCF0768

DSCF0774

最近少なくなった・稲のはで干し・や・案山子・の風景を眺めていると
まったりとした気持ちになれて心がほっこりとしてきます(′∀`)

(私の小さい頃は自宅周辺でごく普通の風景でしたから)


そして12月3日からはまた今年も
1
イルミテラスが始まるそうです。


こちらの写真は去年の12月6日Kさんとの
ツーリングでの一枚

DSCF5979

「日本の棚田百選」あらぎ島・景観←詳しくはここをクリック




>>>>そして今年9月16日

この日はあらぎ島を後にして
皆さんのブログで紹介されていた旧花園村へ移動しました>>>

その道中(R480号)道端で見つけたよ


DSCF0780

 DSCF0786

嫁は『紀の川市でも見たことあるけど』と言って
そんなに珍しくない様子

でも 白色彼岸花って見たことあります~~
私は初めてでしたので車を停めて観察し写真も撮りましたよ
皆さんはどうですか?


R480号線から恐竜ランド方面に入って坂を上って行く途中右折

今年7月27日オープン花園村に出来た施設
DSCF0792 (800x450)

DSCF0794 (800x450)DSCF0795 (800x450)

はなぞの温泉「花圃の里」詳しくはここをクリック



この日はたまたま温泉設備が故障していて
『温泉でないから700円→300円で入浴できますが・・・』
の申し出に
アンラッキー?ラッキー?どちらかしら少し考えてしまいましたが
せっかくですから・・入浴することに>>>
(男湯。女湯。とも貸切でした)

DSCF0799 (800x450)DSCF0796 (800x450)
無題2

まだ出来たてで綺麗な状態ですから
高野山へ一泊で参拝される方は是非利用してみて下さいね(*・ω・)ノ


 

この近くにある無人販売所
花園ふれあい市場(誰もいませんが・・)
DSCF0810 (800x450)DSCF0812 (800x450)
本当に安くて新鮮ですよ~~お勧めです!
 

静けさは飛びっ切り保証付きの施設ですよヾ(´ω`=´ω`)ノ

2016 貴志川イルミネーション

DSCF5538 (800x519)


2016年12月3日から2017年1月13日まで
紀の川市 貴志川イルミネーションが今年も行われます。


一昨年のイルミネーション←過去ブログ

去年のイルミネーション←過去ブログ

無題6
無題7

 今年も初日は花火の打ち上げがあるので混雑すると思います。
(去年は駐車するのに苦労しました) 


和歌山県では他にも

無題4
無題3

白浜やポルトヨーロッパでもイルミネーションが予定されていますので
ブイーンとナイトツーリングに出かけて下さいね~~


無題5



でも風邪ひかないようにね^^(o^∇^o)ノ


BlogPaint


 

加茂神社の公孫樹(かもじんじゃのいちょう)

DSCF1921 (800x450)

今年も近くの大銀杏を観に行ってみました。

紀の川市で一番大きい銀杏は西川原の
加茂神社の公孫樹(かもじんじゃのいちょう)←詳しくはこちらをクリック



11月4日に行った時は まだまだでしたね

DSCF1919 (800x450)

DSCF1911 (800x450)
 
DSCF1916 (800x450)

実は和歌山県では二番目の大きさ(一番は光泉寺の子授けイチョウ)
なんですが福定の大銀杏が一番有名で。。 
ここは あまり知られていません


今年の紅葉は少し遅れているから
11月26日にもう・そろそろ・いい感じかな~~と
思って

再び行ってみると・・・

DSCF3162 (800x450)

DSCF3192 (800x450)

見事に・・・散っていました~~
後ろの銀杏は見頃でしたがね(´;ω;`)

ここでは珍しくデジイチを持った歴女のお二人さんと
少しお話させてもらいました

これから九度山町の慈尊院に向かうそうです。


私も消化不良ですからもう一ヶ所
大銀杏を観に移動することにしました>>>

 >>>途中


DSCF3154 (800x450)

 
紀の川市名手市場周辺では「正月飾りの葉牡丹」が
沢山栽培されています

この葉牡丹が出荷されると「今年もあと数日やな~」
て実感するんですけど


DSCF3150 (800x439)

 DSCF3158 (800x450)

特に このお家の方はね~~ 
それまでいい景色を楽しめますね(o^∇^o)ノ



20分ほどバイクで走ると>>>
かつらぎ町三谷631

丹生酒殿神社(にゅうさかどのじんじゃ)←詳しくはこちらをクリック

DSCF3209 (450x800)


ここへは何度も来ていますし 何度も紹介しています。
去年のブログ←詳しく説明
去年のライトアップ ←綺麗でした


DSCF3199 (800x502)
 
DSCF3228 (800x494)
 
先程 お会いした歴女さんも(加茂神社で)
こちらにも参っておられましたよ

ここは今 見頃のようです

そして慈尊院丹生都比売神社
が近くにありますからそちらにもお参りしてみて下さいね!




その後11月29日ライトアップの様子
DSCF3298
DSCF3323DSCF3288
DSCF3361

また来年もライトアップして欲しいです
  

DSCF3331

 

くしがきの里・葛城山周辺・プチツー

DSCF2448 (800x450)

  速報版です。。。


ついに和歌山県32番目

道の駅・くしがきの里プレオープン


(後日書き直します)

DSCF2436 (800x450)
 
DSCF2491 (800x450)
 
DSCF2502 (800x450)
 
BlogPaint

葛城山周辺も見頃ですよ
 
DSCF2626

DSCF2561 (800x450)

DSCF2474 (800x450)

 DSCF2516 (800x450)

DSCF2533 (800x450)

DSCF2566 (800x450)

DSCF2557 (800x450)

DSCF2577 (800x450)

DSCF2594 (800x450)

DSCF2605 (800x450)

DSCF2616 (800x450)

DSCF2635 (800x450)

DSCF2419 (800x450)

DSCF2656 (800x450)


安全第一で。。。

DSCF2661 (800x467)

 11月18日
今日の午後なんです

左の小さい木は酢橘で右は柚子の木 なんですが・・・・


少し戻ってみたいと思います

10月27日


DSCF2369 (800x450)
  
  ↑ 酢橘
DSCF1569 (800x450)

 ↑ 柚子


 かなりいい感じの色になってきたので

少し収穫しようと近づいて>>>


DSCF1549 (800x450)


・・・・おや??
・・・・なにか??
・・・・あるぞ===

DSCF1548 (800x450)

大きいアシナガバチの巣ができていました~~オオーw(*゚o゚*)w

私小学生の頃この蜂に顔を刺された時
顔がパンパンに腫れ(首の後ろまで腫れましたよ)
病院に行き学校を一日お休みしました
二日目にまだ腫れたまま学校へ行くと
クラスメイトに
「あんた誰なん?」って言われた経験があり
この蜂はドングリバチ←方言(スズメバチ)より怖いんです~~
いまだにトラウマスイッチが作動して近づけません('A`|||)

以前の柚子の様子←この時も柚子の収穫ができなかった

そして今日


DSCF2381 (800x450)

これミカンではないですよ
 

DSCF2382 (800x450)
 
完熟酢橘です!!

そしてこちらが


DSCF2373 (800x450)

BlogPaint

こちらは完熟柚子なんですが
ごらんのように数個腐ってきましたよ


完全無農薬ですので腐りやすいのかなぁ~~

農薬を散布していないからなのでしょうか

蜂だけではなく・・・こいつもメチャクチャ多いです!


DSCF2377 (800x450)

 そして・トラウマの・あ・や・つ・は~

DSCF1881 (800x450)

DSCF1879 (800x450)

 気温が下がったからか・・じっとしている・・みたいです

そして勇気を振り絞って

このアシナガバチのいる柚子の収穫をしましたよ(ノ◇≦。) コエー!!

近くで観察すると
おしっこ?? 

DSCF1885 (800x450)
 
>>>巣の真下なんですが>>>
  こんな感じです

DSCF1887 (800x450)


自家製ポン酢作り←少し遅くなりましたが(安全第一)

今年も酢橘と柚子でポン酢を作る予定ですので

そう
ブイ~ンと醤油を買いに行ってこなくては~~
 
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 上野公園のひまわり
  • 上野公園のひまわり
  • 上野公園のひまわり
  • 上野公園のひまわり
  • 上野公園のひまわり
  • 上野公園のひまわり
  • 上野公園のひまわり
  • 上野公園のひまわり
  • 上野公園のひまわり