June 02, 2007

秋場 敬浩 プロフィール

akibatak秋場 敬浩 Takahiro Akiba  
1984年、横浜市生まれ。9歳よりピアノを始める。東京藝術大学音楽学部を首席で卒業。学内にてアリアドネ・ムジカ賞、安宅賞、アカンサス音楽賞、同声会賞を受賞。その後、同大学院音楽研究科修士課程を経て、博士後期課程に進学。現在、ロシア国立チャイコフスキー記念モスクワ音楽院に留学中。  2004年、「第5回 ショパン国際ピアノコンクール in ASIA」アジア大会銀賞受賞。同年〜05年、「秋吉台音楽ゼミナール」に参加、講師推薦による受講生コンサートに出演。06年、「藝大奏楽堂モーニングコンサート」のソリストに選抜され、藝大フィルハーモニアとラフマニノフのピアノ協奏曲第2番を演奏。07年、「同声会新人演奏会」、「新卒業生紹介演奏会」(グリーグのピアノ協奏曲)に出演。08年、「東京・春・音楽祭―東京のオペラの森」に出演、東京国立博物館平成館においてリサイタルを行い、各方面より好評を博す。近年より、ロシア音楽史を象徴する伝説的ピアニスト、作曲家、教育者の一人であるサムイール・フェインベルクの芸術遺産の研究にも力を注ぎ、本年5月にモスクワのゴリデンヴェイゼル邸博物館における「S.E.フェインベルク生誕120年記念コンサート」(ロシア功労芸術家ヴィークトル・ブーニン氏と共演)、9月にモスクワ音楽院にて行われた「フェインベルク生誕120年記念音楽祭」などで一連のピアノソナタをはじめとしたフェインベルクの作品を演奏し、ブーニン、メルジャーノフといったフェインベルクの高弟たちからも師の作品の優れた演奏者として評価されている。このほか、日本各地、モスクワにてソロ、オーケストラとの共演、室内楽および声楽のピアノ奏者を務めるなど、多方面に亘って演奏活動を展開。ピアノを峯村操、西川秀人、渡邊健二、原田英代、ミハイール・オレーネフ、ヴィークトル・ブーニン、ヴィークトル・メルジャーノフの各氏に師事。 
国際エドゥアルド・トゥビン協会(エストニア)、日本エストニア友好協会会員。

[エストニア音楽に関する論文、記事など] ◎ 秋場敬浩『エドゥアルド・トゥビンのピアノ作品における有機的構造〜ピアノソナタ第2番と“オーロラの形象”をめぐって』 (東京藝術大学大学院修士論文、2009年)

CONTACT  takahiro.akibagmail.com ※自動収集を避けるため、アドレスを正しく表記しておりません。お手数ですが、絵文字部分()を「@」に置き換えてメールをお送りください。 ※当サイトに掲載されている全てのコンテンツの無断転載・転用を禁止します。

eesti_muusika at 16:42│Comments(0)TrackBack(0)Profile 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字