December 30, 2007

シサスク・プロジェクト

                 終了いたしました

Estonian Music Project "Universumi hääled" Series Vol.2
           「作曲家ウルマス・シサスクの世界」

         銀河巡礼〜《北半球の星空》 全曲
             〜時を駈ける星たちの歌〜


  7/2チラシ表           7/2チラシ裏













 遠く何百万光年もの彼方から、星たちは一人の青年の心に光の調べをささやいた。 その青年の名は・・・ウルマス・シサスク。星たちは心優しいウルマスの小さな望遠鏡を通って、次々と五線の上に横たわっていった。

 時を駈ける星たちの歌・・・音楽と物語の世界が織り成す大天空スペクタクル。
 この夏、貴方は星の旅人となる・・・。


 ピアノ/ 秋場敬浩  ピアノ/ 吉岡裕子  語り/ たかぎひろみち

 日時: 2008年7月2日(水) 午後7時開演
 会場: ルーテル市ヶ谷センター
 入場料: 一般 3,000円(当日3,500円) / 学生 2,500円 残席僅少

 【プログラム】

 シサスク:《銀河巡礼》 第1集「北半球の星空」 Op.10 (1980-87)

 第1章:みずがめ座  
  みずがめ座 「夢」

 第2章:こぎつね座
  こぎつね座 「不安」
 
 第3章:「天の川〜シラカバとモミノキ」
  いるか座 「関連ー流星雨のプレリュード」
  おおいぬ座 「性急」
  かみのけ座 「転変ー北のオーロラ」

 第4章:カレワラ伝説「ヴァイナモイネンの膝の傷」
  くじら座 「切望」
  アンドロメダ座 「威力ー雷雨、虹」
  うしかい座 「旋風」

 第5章:オスチャーク族の昔話「兄と妹」
  うさぎ座 「孤独」
  はと座 「合図」
  おうし座 「尖鋭」

 第6章:ヴォグル族の伝説「天空の館」
  へび座 「現象」
  や座 「動揺」
  からす座 「風雪」
   
 第7章:幸福の物語
  こと座 「幸福」

 .....pause(休憩).....

 第8章:カレリア地方の創造神話
  7つの楽興の時「プレーアデス」
    1. エレクトラ
    2. マイア
    3. タイゲタ
    4. アルキオネ
    5. メローペ
    6. アステローペ
    7. ケレノ

 第9章:カレワラ伝説「ポホヨラの女主人ロウヒの魔法の水車」
  おひつじ座 「緊張」
  へびつかい座 「破滅」
  こぐま座 「平静」

 第10章:カレワラ伝説「カレワラの英雄たちの逃走」
  こいぬ座 「混乱」
   
 第11章:ケート族の伝説
  オリオン座 「凝固」
  うみへび座 「無限」
  ペルセウス座 「瞑想」


 主催: エストニアン・ミュージック・プロジェクト
 後援: 在日エストニア共和国大使館 日本エストニア友好協会 (株)音楽之友社 
 



eesti_muusika at 03:10│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字