Profile

September 10, 2007

名誉顧問 ラウリ・ヴァインマー氏 プロフィール

vainmaaラウリ・ヴァインマー(名誉顧問) 
Mr. Lauri Vainmaa (Honorary Adviser)


 1961年、エストニアに生まれる。国立タリン音楽院(現・エストニア国立音楽演劇アカデミー)のブルーノ・ルーク教授のクラスに学んだ後、国立チャイコフスキー記念モスクワ音楽院にてミハイル・プレトニョフ、レフ・ヴラセンコに、ロンドンの英国王立音楽院にてクリストファー・エルトンに師事。また、巨匠アルフレッド・ブレンデルとも親交を重ね、氏より芸術的助言を受けている。イギリスやアメリカで数々のコンクールに入賞、ヨーロッパ各地にてリサイタルを行い、また各地のオーケストラとも数多く共演している。ヴァインマー氏はエストニアで2年に一度行われる国際ピアノ・フェスティバル“KLAVER”の創設者であり、現在、同フェスティヴァルの芸術監督を務めている。また、各国の国際コンクールの審査員としても度々招かれている。
 彼のレパートリーはバッハからシュニトケ、ペルトまで幅広く、特にJ.S.バッハ、ベートーヴェン、リスト、ブラームス、プロコフィエフを得意としている。エストニアで初めてシェーンベルク、ベルク、ヴェーベルンの全作品を演奏したピアニストとしても知られているほか、タリンとタルトゥにおけるベートーヴェンの32曲のピアノソナタ全曲演奏チクルスは特筆すべき功績である。レコーディングにも積極的に取り組み、代表的録音であるウルマス・シサスクのピアノ曲集「銀河巡礼〜北半球の星空」(世界初録音)のほか、その続編である「南半球の星空」(世界初録音)、エストニア・ピアノ作品集、エストニア・ピアノ協奏曲集(いずれもフィンランディア・レーベルより発売)などを残している。また、2000年に初来日を果たし、武蔵野市民会館において、シサスクの「銀河巡礼〜北半球の星空」全曲初演を含むリサイタルを行い、好評を博した。
 現在、エストニア国立音楽演劇アカデミー・ピアノ科助教授。





eesti_muusika at 03:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 02, 2007

秋場 敬浩 プロフィール

akibatak秋場 敬浩 Takahiro Akiba  
1984年、横浜市生まれ。9歳よりピアノを始める。東京藝術大学音楽学部を首席で卒業。学内にてアリアドネ・ムジカ賞、安宅賞、アカンサス音楽賞、同声会賞を受賞。その後、同大学院音楽研究科修士課程を経て、博士後期課程に進学。現在、ロシア国立チャイコフスキー記念モスクワ音楽院に留学中。  2004年、「第5回 ショパン国際ピアノコンクール in ASIA」アジア大会銀賞受賞。同年〜05年、「秋吉台音楽ゼミナール」に参加、講師推薦による受講生コンサートに出演。06年、「藝大奏楽堂モーニングコンサート」のソリストに選抜され、藝大フィルハーモニアとラフマニノフのピアノ協奏曲第2番を演奏。07年、「同声会新人演奏会」、「新卒業生紹介演奏会」(グリーグのピアノ協奏曲)に出演。08年、「東京・春・音楽祭―東京のオペラの森」に出演、東京国立博物館平成館においてリサイタルを行い、各方面より好評を博す。近年より、ロシア音楽史を象徴する伝説的ピアニスト、作曲家、教育者の一人であるサムイール・フェインベルクの芸術遺産の研究にも力を注ぎ、本年5月にモスクワのゴリデンヴェイゼル邸博物館における「S.E.フェインベルク生誕120年記念コンサート」(ロシア功労芸術家ヴィークトル・ブーニン氏と共演)、9月にモスクワ音楽院にて行われた「フェインベルク生誕120年記念音楽祭」などで一連のピアノソナタをはじめとしたフェインベルクの作品を演奏し、ブーニン、メルジャーノフといったフェインベルクの高弟たちからも師の作品の優れた演奏者として評価されている。このほか、日本各地、モスクワにてソロ、オーケストラとの共演、室内楽および声楽のピアノ奏者を務めるなど、多方面に亘って演奏活動を展開。ピアノを峯村操、西川秀人、渡邊健二、原田英代、ミハイール・オレーネフ、ヴィークトル・ブーニン、ヴィークトル・メルジャーノフの各氏に師事。 
国際エドゥアルド・トゥビン協会(エストニア)、日本エストニア友好協会会員。

[エストニア音楽に関する論文、記事など] ◎ 秋場敬浩『エドゥアルド・トゥビンのピアノ作品における有機的構造〜ピアノソナタ第2番と“オーロラの形象”をめぐって』 (東京藝術大学大学院修士論文、2009年)

CONTACT  takahiro.akibagmail.com ※自動収集を避けるため、アドレスを正しく表記しておりません。お手数ですが、絵文字部分()を「@」に置き換えてメールをお送りください。 ※当サイトに掲載されている全てのコンテンツの無断転載・転用を禁止します。

eesti_muusika at 16:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

吉岡 裕子 プロフィール

yoshioka吉岡 裕子  Yuko Yoshioka 

 埼玉県さいたま市(旧 浦和市)生まれ。4歳より母の手ほどきでピアノを始める。埼玉県立浦和第一女子高等学校卒業。武蔵野音楽大学器楽科を経て、同大学院修士課程修了。1990年、「武蔵野音楽大学卒業演奏会」、「新人演奏会」に出演。1991年、「霧島国際音楽祭」に参加。「国際芸術連盟新人オーディション」に合格。1992年、全日本演奏家協会主催「第1回全日本フランス音楽コンクール」第2位入賞。1994年、「第7回ながの・アスペンミュージックフェスティバル」に参加。1995年、オーストリアのクラーゲンフルトにおける「ヴィクトリンク・ムジークフォーラム国際マイスターコース」に参加、コンサート「Junge Solisten」に出演。同年、バリオホールにてソロリサイタルを開催。1996年、ティアラこうとう小ホールにてソロリサイタルを開催。1997年、スイスの「ヴェルビエ音楽祭」に参加。アカデミー選抜コンサートにソロと室内楽の両方で出演。同年、台湾の高雄市における音楽祭でモーツァルトの2台ピアノのための協奏曲を高雄市交響楽団と共演。1997年より2002年まで毎年12月、八ヶ岳高原音楽堂にてトーク&コンサートを開催。1999年、高雄市交響楽団と再び共演(プーランクの2台ピアノのための協奏曲のソリストとして招待演奏)。同年、キリスト品川教会グローリア・チャペルにてソロリサイタルを開催。2004年、キリスト品川教会グローリア・チャペルにて、ショパンのピアノ協奏曲第1番を含むプログラムでソロリサイタルを開催。2005年、JR東日本ジパング倶楽部「大人の休日」、JR西日本ジパング倶楽部と八ヶ岳高原ロッジの企画により、春より「四季の音楽会」に出演。同年夏、エストニアのヤーネダに作曲家ウルマス・シサスク氏を訪ね、氏のピアノ作品に関するレクチャーを受ける。また、ポーランドのワルシャワにてショパン・アカデミーのセミナーを受講し、テレサ・マナステルスカ氏に教えを受ける。2007年、JR東日本ジパング倶楽部「大人の休日」、JR西日本ジパング倶楽部と八ヶ岳高原ロッジの企画による「四季の音楽会」に引き続き出演中。
これまでにピアノを故・福元サゞレ、永島恭子、ゲルハルト・ベルゲ、マックス・マルティン=シュタイン、山田彰一、エルジェーベト・トゥーシャの各氏に、ピアノ・デュオ演奏法を故・アンリエット・ピュイグ=ロジェ氏に師事。
現在、埼玉県立大宮光陵高等学校音楽科ピアノ実技講師。日本エストニア友好協会、日本アルメニア友好協会、与野音楽連盟会員。
HOMEPAGE:MUSIC POTPOURRI



CONTACT
music_potpourriyahoo.co.jp ※自動収集を避けるため、アドレスを正しく表記しておりません。お手数ですが、絵文字部分()を「@」に置き換えてメールをお送りください。


当サイトに掲載されている全てのコンテンツの無断転載・転用を禁止します。


eesti_muusika at 14:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)