2005年08月11日

夢の種〜その一

J2、JFLの再編も(スポーツナビ)

Jリーグのよりよい未来像はどういった形なのかは、本当に大切で、難しい問題だ。
人それぞれ意見も違うだろうし、細かい情報が少ないので、結論を導くのが大変だ。

自分もこの分野には大変関心があって、例えば、徳島、草津の昇格はとてもうれしかったし、雑誌などでJを目指すクラブの話を読んだりすると、頑張れって思うばかりだ。

たとえば、九州リーグだけでも、ロッソ熊本、FC琉球、ニューウェーブ北九州、V・ファーレン長崎、ヴォルカ鹿児島などがある。まさに全国にJの種が散らばっており、他にもグルージャ盛岡、長野エルザ、ファージアーノ岡山などたくさんある。
全国に40はあるそうだ。

しかし、J昇格というのは本当に大変で、Jへの道はまさにいばらの道である。
日本サッカー界の基本構造として、上からJリーグ、JFL、地域リーグ、都道府県リーグがある。
特例(JFAから飛び級で全国地域リーグ決勝大会に参入の許可が得られる場合)を除いて、基本的に都道府県リーグから勝ちながら、J参入要件を満たすためのさまざまなことを整えなければならない。

ただ強ければよいのではなく、ホームタウンと一体となってサッカークラブとしてやっていくための総合力をつけなければならないのだ。

クラブの法人化、下部組織、選手指導者ライセンス、スタジアムの確保、ホームタウンなどが基本条件で、そのほか実質面が考慮される。

はじめのうちは、理解者を得るのも大変で、資金集めも本当に苦労する。勝ってても前に進めない…そんな本当につらく苦しい話をたくさん知った。

しかし、Jクラブは地域のサッカーファンだけでないホームタウンのだ。いまや、サッカーだけでない総合スポーツクラブになろうと、多くのクラブが努力している。

日本はスポーツ新聞の売上世界一など、スポーツは基本的に好きな国だ。これをサッカーを通して文化にしていきたい、というのがJリーグの、Jクラブのである。

その夢の種が全国にすでに40はある。


日本のスポーツ、サッカー文化のためにもより良い制度はどういった形なのか、考え、検証、改善の努力は常に行わなければならない。


長くなってしまったので、この続きは機会を改めてまた書こうと思います。読んでくれてありがとうございます。


さらに詳しいブログは人気ブログランキングで

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
お願いします

サッカー人気ブログランキング

よろしければ、寄ってってくださいm(_ _)m
ありがたきコメント
Myblog japan
Blog Beginner's
自分も教えていただきましたあ (^^)