Hatmanいっぺいの「音楽的自給自足生活」

音作りに迷ったらNeotenicSoundエフェクターを使えば間違いないよ。

〜 はじめに 〜

皆さん、こんにちは。サウンドメカニックのHatmanいっぺいです。

このブログでは長年に渡って研究開発した楽器用音響機器【NeotenicSound】エフェクターの数々を展示したり、日々の活動や製作の様子、サウンドメイクのヒントなどをアップしていこうと思います。

設計開発から製作に関わる全ての工程をひとつひとつ丁寧に手作りしています。
プロアマ初心者入門者を問わず皆さんの音楽生活が素敵なものになりますようしっかりと支えられるアイテムを作り続けます。

また、NeotenicSoundエフェクターはほぼ全機種、遠方にお住いの方でも(工房は大阪にあります)ご自身の楽器や機材とともに一週間ゆっくりじっくりお試しいただけます。
ホームページ http://www.effectornics.com よりお申し込みください。

もうここ数年、ずっと悩みのタネになっていることがあります。


FB_IMG_1542666450965

















僕の作品はそのほとんどが何事もなければ10年後でも20年後でも同じものが作れるよう、一般的でごく普通に入手できる電子部品で設計しています。

特にレアなパーツやヴィンテージな部品が使われているわけではありません。

モノは適材適所、きっちり設計して、しっかり部品の種別選定をして、内容に見合う半田付けと配線をするだけでじゅうぶん良い音は創れるんです。

レアなパーツもヴィンテージな部品もそれはそれで味のある音にはなりますけれどね。

それは出来るだけたくさん作って、ロングランで広く愛されたいから、なんですが…、何度か書きましたように、ここしばらくで廃止になったアナログ部品が続々と増えていて、当たり前に手に入ったものや安価で入手できたものが数倍に跳ね上がったりなど、なかなかに厳しい状況になっています。

何事もあるわけです。

スイッチやジャック、ノブなど、いろんな部品材料がどんどん値上げになっています。

12月1日からケース類が一斉に値上げ。

もうね、嫌んなるよ(´・ω・`)

作れないものも今後どんどん出てきます。

それでもなんとか部品を確保して大事に使いつつ、丁寧に手作りしています。

www.effectornics.com

最近、製作の投稿が少な目になっていますね。

毎日もりもり作っています。

コンサートなどの現場に行きつつ、レギュラー品の製作と、特注品の製作と(お待たせしている皆さん、ありがとうございます!)、そして新作の開発。

めまぐるしく過ぎていく日々です。


IMG_20181027_203807_652






















写真はNeotenicSoundの定番、ダイナミクス・プロセッサーの『マジカルさん』こと【MagicalForce】。


ダイナミクス系エフェクターはイコライザーやコンプレッサーなどが一般的ですが、マジカルさんのように『音色のキャラクターを変えずに迫力に必要な音圧や音像や密度などをコントロールする』といったタイプのものは他に類を見ません。



「アンプに足りないツマミを補う、エフェクトしないエフェクター」をコンセプトに作り続けているブランドなので、次なる開発中のエフェクターも、なかなかに画期的な閃きのもと「そんなこと出来るの?!そんな部分が触れるの?!」というものになると思います。



乞うご期待でございます。



お楽しみに!( ´∀`)ノ








こんにちは、NeotenicSoundエフェクター製作者のHatmanいっぺいです。

先日復活しました、このブログのアカウント。

とてもためになるサウンドメイクのブログとして再開させるため、ただいま水面下でいろいろと動いております!

近日中にどんどこアップしていきますのでお楽しみに!

もちょっと待ってね。

よろしくお願いいたします!( ´∀`)ノ

このページのトップヘ