2017年09月22日

まんまるムーン振付「アニー」「カルメン」「風と共に去りぬ」出演、”吉田ひかる”先生、独占インタビュー!!

私たちの活動拠点である、四季文化館(みの~れ)。これまで一緒にくらしや文化の拠点、また、子どもたちの未来を育む創造拠点の文化ホールとして呼吸をし続け、みの~れはかれこれ15歳を迎えました。

 

そこで生まれた私たちみの~れ住民劇団「演劇ファミリーMyu」も、同じく15周年を迎え、立志の年となりました。

 

ここで、みの~れもMyuも、生んでくれた人たちの想いを心に刻み、未来に向けて志を立てるべく、色~んな人の熱い想いが込められた“みの~れ15歳記念ミュージカル「まんまるムーン」”を公演することとなったわけです…。

 

今回振付を担当してくれるのは、女優・ダンサー・パフォーマーとしてご活躍中の「吉田ひかる」さん!まんまるムーンに関わってくれる前から、みの~れでたくさんお世話になっているひかる先生。とっても明るく優しく、天真爛漫なひかる先生。子役としてミュージカル「アニー」や「カルメン」にも出演し高校卒業後は『小公女セーラ』のベッキー役などを経験。『サウンド・オブ・ミュージック』『マイフェアレディ』『風と共に去りぬ』等、数々のミュージカルにも出演。大手テーマパークのホテルショーのシンガーや、童謡歌手として高齢者施設の慰問等も行っている方です。

 

そんな高い経験値をお持ちのひかる先生のこれまでと、舞台における見どころについて教えていただきました。

 

※以下、ひかる先生…ひ/インタビュアーりえ…り、インタビュアーあすか…あ

 

 _DSC7837



















:ダンスを始めたきっかけを教えてください。

:ダンスを始めたのは実はけっこう遅いんです。もともと歌が先で、2歳から地元の合唱団にいたんですけど…。イスの背もたれの隙間から落ちてしまうくらい小さな頃から楽しく歌っていました。ただその合唱団は歌うだけじゃなく、踊ったり体を動かしたりミュージカル風にしていることろだったので、動くことがすごく好きでした。最初のダンスはタップダンスでした。そしてたまたまミュージカル“アニー”の子役のオーディションを受けたら受かりまして…!その後ジャズダンス、バレエが必要だなと感じて習い始めたんです。

 

:ダンスは何歳からはじめられたんですか?

:タップは10歳からだったんですけど、ちゃんと始めたのは1516歳ですね。小さいころからやってる子はみんな体やわらかくて気持ちよさそうにストレッチしてるんですけど、私は冷や汗かきながらやってたり。でも踊るのが好きだったみたいで、そういうことを感じながらもやってましたね。

:たとえ遅く始めたとしても、ダンスが好きという気持ちと頑張り次第では、ひかる先生のようになれるんですね。

:やりたいと思ったときが、一番伸びるんじゃないですかね~。

 

:ダンスでプロとしてやってくのは大変だというイメージですが、いつ頃プロの道へ進むと決めたんですか?

:すごく難しいですね~()。でも自分はダンスの人とは思っていなくて、歌うし踊るしお芝居もするし、3つでセットって感じです。たぶんダンスだけで生活してる人はもっと大変かなと思います。ちゃんとプロになるって決めたのは高校生のとき。それまでは歌って踊れる看護婦さんになりたかったの。呼ばれて踊って歌ったら喜んでもらえるかな~と思って!()

:うわ~そんな看護婦さんいたら、絶対人気者になっちゃいますね~!

:でも、高校生のころ交換留学で1年間オーストラリアにいたときに、何もなくても歌って歌えるし、何もなくても踊れるし、友達がすごいできたの。それがきっかけで日本に帰ったらもうこの道に進もう!!と思ったんです。

:高校生のときに経験した、オーストラリアでの留学生活がきっかけだったということですね。すごい国際的なところから始まったんですね~。

:まんまるムーンの振付を受けてくださったエピソードやきっかけがあったら教えてください。

:これって言っていいのかな()もともとは春に、みの~れでやっていた自己表現ワークショップの話をいただいたときに、Myuの振付がオプションで付いていたんです()でもそれ以前から小美玉市の芸術鑑賞会78年やらせていただいていたので、みの~れのことが大好きでした。また、タップドゥ―でもワークショップをやっていたときもあり、その当時の参加者の中には、今一緒にまんまるムーンの振付をしているMyuのあおちゃんもいたり、すごい自分の中でつながりを感じていて、是非やりたいなと思って!

:なるほど、みの~れやMyuに対してつながりを感じていてくれたから、まんまるムーンにも協力してくれたんですね。

:でも正直なところ、あまりMyuのことは知らなくて、みの~れに集まってきている皆さんというイメージでした。それで今回はご縁だなっ!と思って。

また、みの~れの15周年記念ミュージカル「まんまるムーン」に、たくさんの人が関われるよう、まずはワークショップでミュージカルの楽しさを小さい子たちにも分かってもらいたい!というお話を聞いて、あ~なんか楽しそうだな!と思って。

:なるほど。子供たちも本当に楽しそうにやってますよね!

:ひかる先生がくると、みんな「ひかる先生~!!」て寄って行っちゃいますからね()

 

:今まであまり関わりのなかった演劇ファミリーMyuと一緒に稽古や振付をしていて、何か感じることはありますか?

12週間会わないと、私のことも忘れられちゃうかな~なんて思ってましたけど、みんなすごく自分を受け入れてくれて…ファミリーの一員に入れてもらったということをすごく感じてます。特に学校やお仕事がある中で、次の稽古のときまでにすごく練習してきてくれてることには感動しました。プロでやってる人たちは当たり前にやっているけど、当たり前すぎて忘れかけていたこと…というか、こうやって一生懸命一つずつ覚えていくんだという段階が見れて毎回すごいなと思っています。


_DSC7817



















:住民劇団ということで、けっこう初心者が多いですが…。

:技術面を追い求めたらキリがなくて、私もだからやり続けているんですけれども、皆さんがピュアに持ってる気持ちが表現として出せるようにお手伝いできたら良いなと思っています。

この間リハーサルで曲が流れているとき、自由に動いてくださいと新井さん(演出家)が言ったとき、「皆さんうわぁ~本当に自由に動いてる!!」と思うほど皆さん自由に動いてらして()その映像を資料としていただいて、一人ひとりの顔をよ~く見て()そのとき、一人ひとりの思いがたくさん詰まってるんだなぁ~と思いました。それで振付を今週考えてきました。

:うわぁ~楽しみ~~!!!

:ダンスやってる人からしたら物足りないかもしれないけど、その中にそれぞれの個性を入れてもらえたらいいなぁと思ってま~す。

:私たちの個性を大事にしてくれてるんですね。


:まんまるムーンでは約60人と多人数ですが、どうやって振付は考えているんでしょうか?

:皆さん自由な感性を持っているので、この皆さんでやったらどうなるかな~と考えながらやってます。作ってこれやって下さいじゃなくて、一緒につくっていってる感覚です。

:普通ミュージカルの振付するときは、振付師がもってきたものをやっていることが多いところを、ひかる先生は私たちの感性や個性を大事にして振付を考えてくれているということですね。ありがたいことです。

:皆さん色んなことに柔軟に動けて本当すごいなと思っています。

 

:最後の質問ですが、ずばり見せ場はどこでしょうか?

:個人的には今日これから通して、これまで断片的だったものが繋がることにとても楽しみなんですけれども…。お客様には、本当に色~んなところを見てほしいです。鴉組のダンスや、まとまってかっこいいダンスとかも観てほしいですが、役者一人ひとりのその一瞬でしかみられない「表情」を心に焼き付けてほしい。見どころがいっぱいありすぎて一回見ただけじゃ足りないと思います!あとやっぱりファミリーという雰囲気、ふだんから皆仲良く協力して助け合っているところがよく伝わるのではないかと思います。全員が自分の見せ場だと思っていたりすると、ギスギス感がどうしても出てしまうのですが、Myuの良いところはちゃんと輪になっているっていうところが見せ場なのかな~。この全体の雰囲気というですかね。

:確かに、全体のことを考えながら皆動いているように感じます。

:もちろん、一人ひとりがここは私の見せ場だと思うことは大切なことで、でもそれが変に出ちゃうんじゃなくて、そこに皆が乗ってきて、よい雰囲気になっているところが凄い見せ場だと思います。

:連鎖、連鎖ですね。なるほど。

今日はなんだか私たちも勇気づけられたというか、改めてやる気になったというか、本当に貴重なお話を聞かせていただいたなぁと実感しております。ひかる先生、お忙しいところありがとうございました。


_DSC7841



efmyu at 18:09|PermalinkComments(0)

まんまるムーン音楽担当「水戸一高・米バークリー音楽大学卒」「自身のEPアルバム日米同時リリース」するなど国際的に活躍するイケメン音楽家”平島慎吾”さんに独占インタビュー!

私たちの活動拠点である、四季文化館(みの~れ)。これまで一緒にくらしや文化の拠点、また、子どもたちの未来を育む創造拠点の文化ホールとして呼吸をし続け、みの~れはかれこれ15歳を迎えました。

 

そこで生まれた私たちみの~れ住民劇団「演劇ファミリーMyu」も、同じく15周年を迎え、立志の年となりました。

 

ここで、みの~れもMyuも、生んでくれた人たちの想いを心に刻み、未来に向けて志を立てるべく、色~んな人の熱い想いが込められたみの~れ15歳記念ミュージカル「まんまるムーン」を公演することとなったわけです

 

今回、音楽を担当してくれるのは、シンガーソングライター・作編曲家・セッションギタリスト・講師・ステージングディレクターなど多岐に渡りご活躍中の「平島慎吾」さんこと「しんちゃん」!しんちゃんは、茨城県常陸大宮市出身で、水戸一高在学中に『TEENS MUSIC FESTIVAL 2003全国大会』にて奨励賞を受賞し、若干16歳でCD「オレンジロード」を全国リリース。2013年、米バークリー音楽大学在学中にEPアルバム「Intro the Blue」を日米同時リリースをするなど、国際的に活躍するイケメン音楽家。

 

そんなしんちゃんに、これまでのことと、今回の舞台音楽制作秘話を聞かせていただきました。

 

以下、しんちゃんし/インタビュアーりえり、インタビュアーあすか


IMG_1676




















:音楽活動を始めったきっかけはなんでしょう?

:小さい頃ピアノをやっていて、それがはじまりで、小学校の時にギターをはじめて。

ピアノは四歳くらいからで、クラシックだったんだけど、back to the futureを見て好きになってギターをはじめて、小4のときにお父さんからギターを貰って。

:お父さんも音楽家?

:趣味で。それではじめて、って感じかな。

:最初はピアノをやっていて、映画「back to the future」を見てギターをはじめた、と。

:そうです。あとは普通に女の子にモテたいっていう()

() 確かにかっこいいなっておもいます。


:プロになるまではどういう経緯やきっかけがあったのですか?

:クラシック(ピアノ)と別にエレクトーンも習っていて、そこで作曲をずっと習っていて、小学校の時から曲は作ってて、中学校でバンドを組み始めて、高一上がった瞬間にオーディションでて、、、

:すごい、、、()

:で、CD出すことになっちゃって、中学校のときにもくもくと(曲を)かいてたので。

:すごいですね。高校生の時からオーディションを…。

:たまたまそうだったんですよね。知らないで。

:そういう流れがきてたんですね?!

 

:しんちゃんの活動はミュージカル(の曲作り)だったり、バンド活動等されてますが、主にどんな活動が多いのでしょうか?

:やっぱり主軸にあるのは自分の活動というか、歌って、ギター弾いて、ライブするという感じです。あとはまあ…いろいろやってます。

:例えば?

:先生もやってます。

:先生!なんの先生ですか?

:ギターとか歌だったり。

:個人教室ですか?

:そうですね。お願いされて。

:本当多岐に渡ってますね。 聞きたいことは山ほどありますが()それじゃあミュージカルの作曲自体は…?

Myuがはじめてですね。

:?!とても初めてとは思えないです()

 

:しんちゃんの曲はいつも引き込まれるというか、あっ、いいなって思うような曲ばかりですが、どの様に作ってるんですか?

:自分の曲のときは、歩いてて生まれたりとか、風呂入ってたりするときとかが多いですね。なんか伝えたいことがあるからなんですけど、ミュージカルっていうのは、台本があってそれに沿ってっていう感じだから、ちゃんと楽器の前に座って、台本読んで、ちゃんと「つくる」っていうモードに入ってからつくってますね。何時間以内に作ろう、とか。そんなかんじです。

:自分の中に台本を入れて、つくるぞ、と。

:台本入れるのが一番大変で、流れとか。結局そのシーン録るためには、前後のシーンをぜんぶ読まないと理解ができないから、ずっと何回も読んで、固まって録り始めたあとは結構バーッという作業なんですけど、頭ん中で流れができるまでが時間かかるかな。

:なるほど。私たちも台本読んだだけじゃあんまりイメージ浮かばない時もありますが、しんちゃんの曲を聞いて、あっこういう感じで盛り上がっていくんだ!というイメージが湧いてきます。

:いつも僕がやっちゃってるんですよね、勝手に()

:そうねんですね()いつもぴったりしっくりくるものばかりで、すごいなぁと思ってます。

 

:今回だけでなくTwinkleなど、依然から公演の音楽を担当していただくなどお世話になっていますが、住民ミュージカルの作曲をうけようと思ったエピソードって何かあれば教えて下さい。

:一番大きいのは、エレクトーンを習っていた里美先生からお話をもらったことですかね。その時アメリカにいて、帰国する半年前くらいに連絡が来て、次のミュージカル(Twinkle)里美先生が厳しそうだから一回やってみないか、って言われて、帰ってきてすぐ里美先生に会って、お話を聞いて、脚本とかいろいろ見せてもらって、やってみようと思ってやって。それ一回きりなのかなって思ってたんですけどやってますね、まだ()

 

:実際に「まんまるムーン」の楽曲、全て作曲してみて、どうでしたか?

:まだ残っているものはありますが、カーテンコールとか。

:カーテンコール楽しみ~!しんちゃんのカーテンコール一番好き。

:うんうん。

:ちょっと現代とは違うというか、将軍って言葉が出てきたりとか、月の魔力とか、日常とは違う世界観があるから、そこを音楽で演出できたらいいなと思ってたので、それを頑張れたかなぁ~。

 

:今回のテーマソング「Shiny」の誕生について教えて下さい。

:二曲目に作ったんですけど、実際は。

:一曲目はまた別?

:スケジュールの関係で、振付けをしなきゃいけないM4のシーンを先に作って。さっき言ったとおり、世界観があって、なんとなくこう違う曲があっても統一されたテーマがあるように全体としてつくろうとは思ってたんですけど。テーマソングって、映画の最後とかに流れる曲とかも、全然違うとこからできたような曲なんだけど、なんとなく共通点があるみたいなのがよくあるので、沿いつつ、あんまり近づきすぎないようにつくろうって思って、ちょっとポップにつくりました。

 

:最後に、このミュージカルを見に来る、来ようとしているお客様に向けて一言!

:みんな楽しめるミュージカルになってると思うので、全然ミュージカルを普段見ない人でも楽しめると思うし、ミュージカルをよく見に行ってる人でも細かいところ、音楽だったり振り付けだったり照明だったり、みんなで協力して頑張ってて。みんな一流を目指して頑張っているので、みんなが楽しめると思います。楽しみにしていてください

efmyu at 18:08|PermalinkComments(0)

2017年09月20日

ダメ出しは褒め言葉!!

1



















2






















3























4























5























6


















9月16日(土)まんまるムーン稽古

こんにちは光役のみくです
(*´`*)
みの〜れに落ちているどんぐり台風上陸
秋の深まりとともに
10
月の本番まで残りわずか緊張感が高まります。

初めてのメインキャスト。
お姉さん達に憧れていたので嬉しさ100*:.
でも、責任の重さに弱気になったりもして
そんな時も、仲間と一緒に乗り越えています。
「ダメ出しは褒め言葉」今日も振り付けのあおちゃんから、
ありがたくダメ出しをいただきました。

課題はたくさんありますが、クリアできるように日々稽古に励んでいます。

ジョンニーや演出部の方々、たくさんの人の力で作られる舞台。
「仲間と共に」たくさんの人に楽しんでもらいたいという気持ちで頑張ってます^ ^
応援よろしくお願いします。

さて、今日は衣装パレードを行いました。
本番で身につける衣装をちくちゃんや廣木隊長にみてもらい、
全体のバランス確認!

カッコ良い感じ?素敵な感じ?
皆さんおたのしみに(><)

裏では隊長や保護者の方が舞台の道具を作ってくれています。
どんどん舞台も本格的に

いつもありがとうございます

アンサンブルの方々と合同稽古でした。
何回も何回もやって体に叩き込みます。

前回の教わったダンスをいっぱい練習してきてくれていました!
アンサンブルの子達に教えている小学生!
おぉ成長してる(**)‼

そして、日曜日の整理券、配布終了
ありがとうございます♪()
もう整理券ないの??と思ってるそこのあなた!!

土曜日があるんです!!

是非、お買い求め下さいって無料です(><)

道具やダンスにも注目してみてください。
練習の成果みせられるように努力して行きます

みく


efmyu at 20:15|PermalinkComments(0)

2017年09月12日

演劇ファミリーMyuという名前の通り、この劇団のメンバーは皆「ファミリー」です!

1

















2

















3

















4

















5




7































9月10日(日)まんまるムーン稽古@美野里公民館&みの~れ

 

こんにちは、えび村長です(*^_^*
今回初めてMyuの公演に参加させていただきました。

20
年前にタップダンスを習い、
10
年前に田ひかる先生の舞台に感動、
5
年前にOMT-JAPANに参加、
そして、2年前のパンマイムワークショップで
Myu
のメンバーと出会った自分は、
思えば一歩一歩この舞台に向かって
歩いていたのかもしれません。

演劇ファミリーMyuという名前の通り
この劇団のメンバーは皆「ファミリー」です。

争いの絶えない世の中で、皆が助け合い励ましあう場所に
いられることは、なんて素晴らしいことなんだろうと思います。

稽古では、いつも伸び盛りで才能ある子供たちに
ついていくのも大変な状態ですが(^_^;)

何か自分にもできることを見つけて、

この舞台の成功のため、少しでも役に立てたらと思います。

本番まで1ヶ月を切り、心身ともに消耗が激しくなってきましたが()

最後まで頑張りまーす!

 


えび
















efmyu at 15:30|PermalinkComments(0)

本番まで残り1ヶ月・・目指す場所はみな同じ!!

no title

















1



















2



















3

















4

















6


















9月9日(土)まんまるムーン稽古@アピオス

世間では体育祭の今日···

わたしたちはアピオスでの稽古です!

 

今日は振付の田ひかる先生が来て下さり、
午後はダンス指導をしていただきました!

 

新しいダンスが入ったり、今までのダンスを見直したりと、今日も集中して取り組みます。

 

夜は、本公演でお世話になるスタッフの皆さんに稽古を見せる
「スタッフ下見」という大事な稽古でした!

 

体育祭を終えた中学生たちも合流し、

止め通しではありますが、全てのシーンをやる事が出来ました!

 

見る人がいる、ということでみんな少し緊張した面持ちが見られましたが、

今までやってきた事を見せることが出来たと思います!

 

全てのシーンをやった事で、場と場の繋がりが明確になり、
今日はみんな袖でバタバタ、そわそわ···笑


新しい課題や問題もたくさん見つけることができたので、
また明日からさらに創りこんでいきます!

 

「あと1ヶ月ある」「もう1ヶ月しかない」

そうです、本公演まで1ヶ月を切りました!

どう受け止めるかはそれぞれですが、目指す場所は同じ。

残り1ヶ月、みんなで頑張ります!

 

整理券絶賛配布中!

残り少ないので、お早めにgetしてくださいね。

 


しおり





efmyu at 15:20|PermalinkComments(0)