2008年06月15日

山形サポに背後から言われた信じられない一言  監督のコメント・・・

 まず・・・11日にお乗せしたご夫婦と仕事帰り急いで駆けつけて仙台対横浜FC戦を観戦したスーツ姿の3人組みの方々に心からお詫びしなければならないと思います・・・皆さんの魂を背負って行きましたが結果的に敗戦となりました・・・それも屈辱的な形で・・・本当に申し訳ありませんでした 

 そして・・・遠路はるばる駆けつけたベガルタ仙台のサポーターの方々お疲れ様でした 仙台の各掲示板はどこのサポだかわかりませんが荒らしでてんやわんや・・・本当に酷いものです・・・負け軍の指揮官手倉森はまるで人事・・・全部選手が悪い・・・のごとくのコメント・・・我々山形迄応援に行ったベガサポに対して

山形迄訪れて頂いた沢山のベガルタサポータの方々に申し訳ない 

の一言も無い・・・これは人間性だからしょうがない 彼はこんなものでしょう ところで・・・試合が終ってスタジアムのゲートを出て駐車場に行く途中山形サポに背後から痛烈な野次を喰らいました その内容は
「いやぁー仙台って踏んだり蹴ったりだな(アハハ)山形に負けるは災害に遭うはで アハハハハッ!」
身内の会話ではなく明らかに私達家族に向けた嫌味 それも9歳の息子 6歳の娘 そして妻 私にわざと聞こえるように・・・
悔しかった・・・振り向いてぶん殴ってやりたかった・・・が・・・余りにも情けない負け方をした私にはい挑むどころか・・・
 振り向く度胸も無かった・・・
情けない・・・私達は結局笑われながらそそくさと・・・ぐっと堪えながらその場を後にしました なんて人達だろう・・・震災で無くなった方達が沢山いるというのに 簡単に
災害 踏んだり蹴ったり→負け→ベガルタこの感覚・・・
 酒に酔っていたのかもしれない よっぽど嬉しかったのかもしれないが地震で亡くなった方たちとサッカーで負けた我々ベガサポを一緒にするこの感覚 信じられない・・・こういうやからに負けた手倉森ベガルタ 選手 監督 はサポーターの悔しさ そして山形サポにぼうとくされた震災の被害者 亡くなられた方々の気持ちをどう考えるのだろうか・・・・   

efy42420 at 22:57│TrackBack(0)

トラックバックURL