June 30, 2005

名詞を修飾する分詞句の便利さについて

 (a) The people belonging to that club are all wealthy.
   「そのクラブに属している人は全員が裕福です」
   (= The people who belong to that club are ....)
 (b) The baby sleeping in that bed is my niece.
   「あのベッドで眠っている赤ん坊は私の姪です」
   (= The baby who is sleeping in that bed is ....)

 名詞を修飾する現在分詞句は、主格の関係代名詞で導かれる能動態の動詞を含む節と同義と考えることができるが、関係詞節の場合に単純形進行形かで気を使わなくてはならないのに対して、現在分詞句を使えばどちらも〜ing という同一の形で済ませることができるので実に使い勝手がよい。
 例えば「飛行機で隣に座った人からどこへ行くのかと訊かれた」は、The person sitting next to me on the plane asked me where I was going.とすれば、The person who sat next to me on the plane asked me where I was going.(who sat ...は乗ってから降りるまで続いた行為)とするか、The person who was sitting next to me on the plane asked me where I was going.(who was sitting ...は「どこへ行くのか」と訊いた時の一時的な状態)とするかで迷わなくて済む。

 (c) Among the guests invited to the party, there were two Americans.
   「そのパーティに招待された客の中にはアメリカ人が2人いた」
   (= Among the guests who were invited to the party, ....)

 名詞を修飾する過去分詞句は、主格の関係代名詞で導かれる受動態の動詞を含む節と同義と考えることができるが、関係詞節の場合と違って動詞の時制に気を使わなくて済むところが便利でいい。
 例えば(c)で「招待された客」を the guests who were invited to the party とするべきか、the guests who had been invited to the party とするべきかで悩まなくて済むのだ。

(和文英訳S/H/C・第10課のオマケ)  

Posted by eg_daw_jaw at 09:06Comments(0)TrackBack(0) 通常授業 

June 29, 2005

「能動態が似合う英語と受動態が似合う日本語」にも例外が…

 (a) The person sitting next to me on the plane asked me where I was going.
   「飛行機で隣に座った人からどこへ行くのかと訊かれた
 (b) Seen from a distance, the huge rock looks like a human face.
   「遠くから見ると、その巨大な岩は人間の顔のようだ」

 (a)のように、英語では行為主がわかっている限り、それを主語として能動態で表わすのが原則であって、受動態を使うのは行為主by ...の形を用いて文末で新情報として強調するためなどの理由が必要。
 ところが日本語では「飛行機で隣に座った人がどこへ行くのかと私に訊いた」と能動態で表わすと、何だか直接的できつい感じがする。繊細で優しい日本語には間接的で柔らかい受動態が似合うのだ。
 ところが、(b)のような受動態分詞構文となると、不思議なことに「遠くから見られると」という受動態日本語訳がくどくて不自然に感じられるので、「遠くから見ると」と能動態を使う。
 ただし、逆に英訳するときに分詞構文能動態Seeing from a distance とするわけにはいかない。なぜかというと、分詞構文の意味上の主語を兼ねる文の主語が「見る」側(つまり能動側)ではなく「見られる」側(つまり受動側)だからだ。

(和文英訳H/C第10課と英文法H第10課のオマケ)  
Posted by eg_daw_jaw at 20:14Comments(0)TrackBack(0) 通常授業 

和歌山カレー砒素混入事件

 和歌山カレー砒素混入事件林真須美ロス疑惑三浦和義オウム真理教教祖・麻原彰晃には共通点がある。
 まず、多弁で虚言癖があり、黙っていればよいものをしゃべらずにはいられないので、矛盾だらけのことを言ってボロを出すが、常人なら動じることでも動じないのでボロがボロではなくなる。大雑把で緻密さがないところを開き直りの図々しさで補う術を心得ているのだ。
 次に、自分の欲求を正当な努力によって満たす正道を歩むのではなく、たとえ犯罪を犯してでも満たす邪道に走る。
 また、一見すると他人に親切で面倒見のよい善人のようでありながら、実は自己中心的我が儘
 道場主は若い頃に、この3人と同じタイプの人間3人に時を異にして金品を騙し取られたことがあるのでよくわかる。
 騙す側でなく騙される側でよかったと言えば負け惜しみになるが、今後こういう輩に騙されることがなくなったという意味では、失った金品は授業料と解することができるし、また、その3人がテレビで世間を騒がすほどの大物でなかったおかげでまでは取られずに済んだのは幸いだったとも言える。
 その点、上の3人の虚言家が起こした事件で命を落とした人たちは不運でお気の毒と言わざるを得ない。  
Posted by eg_daw_jaw at 07:08Comments(0)TrackBack(0) エッセー・雑文など(私生活編) 

June 28, 2005

「女子アナ」が「女性アナ」でない理由

 「女子アナ」とは「女子アナウンサー」の短縮形以外の何物でもないが、なぜ「女性アナ」でなく敢えて「女子アナ」なのかといつも不思議に思っていた。
 というのも、男のアナウンサーの場合は「男子アナ」ではなくおそらく「男性アナ」と言うはずだからで、男女平等が徹底されていないが、これには理由がないわけがない。
 「女子アナは30歳が定年」と言われるように「女子」(つまり「女の子」)であるうちだけがアナウンサーであって、「女の子」と言える年齢を超えるとフリーに転身したり、または「キャスター」と名前を変えて局に残ることはあっても「アナウンサー」としては前線から退くことが多いはず。
 フェミニスト女権論者)が何と言おうと、江戸城の大奥25歳という定年があったり、かの国の将軍様の喜び組や会社の受付嬢おそらく20代の定年があるように、女性のアナウンサーの世界にも女子」と言える年齢のうちだけという定年があって、それが「女子アナ」という呼称の根拠になっているに違いないと思う。  
Posted by eg_daw_jaw at 22:21Comments(0)TrackBack(0) エッセー・雑文など(私生活編) 

June 27, 2005

2択でバッチリ英文法総チェック50/500

2005年6月26日実施

<問題>

(1) He was ( ) skin and bones.
 A. all  B. both

(2) I would really appreciate ( ) if you could help me type this letter.
 A. it  B. you

(3) ( ) a good wife.
 A. Betty will make Jack  B. Jack will make Betty

(4) He must have ( ) before he goes to bed.
 A. finished his homework  B. his homework finished

(5) A schoolboy ( ) in the pond, but luckily a passerby saved him. 
 A. drowned  B. was drowning

(6) “The phone’s ringing.” “( ) get it.”
 A. I’ll  B. I’m going to

(7) “How long did you wait?” “( ).”
 A. Since this morning  B. Until six o’clock 

(8) He used to have a cottage in Hakone. I ( ) him there several times.
 A. have visited  B. visited

(9) So you know my uncle! How long ( ) him?
 A. do you know  B. have you known

(10) You should have checked the engine more carefully before you ( ) the car.
 A. bought  B. buy

(11) I don’t know if he wanted to meet me, but if he ( ), he should have come before eight.
 A. did  B. had

(12) He wouldn’t take his medicine last night. I wish he ( ).
 A. had  B. would

(13) They insisted that he ( ) innocent.
 A. be  B. was

(14) She ( ) a part in the film because she didn’t like the story.
 A. seemed to refuse  B. seems to have refused

(15) My boss is ( ) to take offense.
 A. easy  B. quick

(16) If chemicals like DDT ( ) insects, there may be serious problems for the environment.
 A. are used to control  B. are used to controlling

(17) ( ) a cold, people should wash their hands frequently.
 A. Not to catch  B. To avoid catching 

(18) He ( ) to hear that his grandfather had died.
 A. hurried home  B. was shocked

(19) This river is dangerous ( ) in July.
 A. to swim  B. to swim in

(20) A substance changes from solid to liquid at its ( ) point.
 A. melted  B. melting

(21) ( ) from the look of the sky, it’s likely to rain.
A. Judged  B. Judging

(22) It is dangerous to ( ).
 A. read a book, walking on the street  B. walk on the street reading a book.

(23) He won’t forgive you ( ) to him.
 A. as long as you don’t apologize  B. unless you apologize

(24) She spoke slowly ( ) make mistakes.
 A. for fear she would  B. in case she should

(25) John insulted Mary, ( ) I would never do.
 A. which  B. whom

(26) My grandmother sang an old song, ( ) I can’t remember now.
 A. the title of which  B. which title

(27) The author was astonished at the speed ( ).
 A. that his books sold out with  B. with which his books sold out

(28) She likes children. That’s ( ) she became a teacher.
 A. because  B. why

(29) He is taller than ( ) when I was his age.
 A. I was  B. me

(30) His house is twice as large as mine. ⇒ My house is ( ).
 A. half the size of his  B. twice as small as his

(31) It is true that love is important, but money is no ( ) important.
 A. less  B. more

(32) He prefers to lease a car ( ) to have one of his own.
 A. rather than  B. to

(33) Let me take a look at that photo, ( ) you?
 A. could  B. don’t

(34) I never walk along this street without meeting ( ) I know.
 A. anyone  B. someone

(35) It ( ) ten years since they got married.
 A. has been  B. has passed

(36) It was this hospital ( ).
 A. that I first met her  B. that I visited last month

(37) The bus comes every five ( ).
 A. minute  B. minutes

(38) The Americans are one of the English-speaking ( ).
 A. people  B. peoples

(39) You can’t just do nothing and wait for happiness to come to you. You must try to grab ( ).
 A. it  B. one

(40) “Oh, we’ve run out of envelopes.” “I’ll get ( ) on my way home.”
A. ones  B. some

(41) I have read ( ) books my teacher recommended to me.
 A. all the  B. the all

(42) “How much wine’s left in the bottle?” “( ), I’m afraid.”
 A. None  B. Nothing

(43) I haven’t seen ( ) of your parents lately.
 A. many  B. much

(44) I’m staying here for ( ) two weeks.
 A. another  B. other

(45) Have you ever seen any ( ) films?
 A. Kitano Takeshi  B. Kitano Takeshi’s

(46) Be sure to come and see me when ( ) convenient.
 A. it is  B. you are

(47) There are over fifty students in the class, and they are ( ) girls.
 A. almost  B. mostly

(48) We don’t see his car. He may have left several hours ( ).
 A. ago  B. before

(49) This is the coldest winter we’ve ( ) in the past ten years.
 A. ever had  B. had

(50) She has a bad cold, but I hope it won’t be long before she gets ( ). 
 A. it over  B. over it

  続きを読む
Posted by eg_daw_jaw at 06:20Comments(2)TrackBack(0) 講習会・英文法道場 

June 26, 2005

ブスだけど可愛い

 ヘソ出し女子ゴルファーの宮里藍は「ブスだけど可愛い」と肯定的に評価する人と「可愛いけどブス」と否定的に評価する人とがいるだろうが、どちらも言い方としては正しい。
 ところが対象が美少女タレントの小倉優子となると不思議なことに「ブスだけど可愛い」も「可愛いけどブス」も表現として成り立たなくなる。
 なぜかというと、藍ちゃんの「可愛い」が見た目ではなく総合評価なので「ブス」であることと両立できるのに対して、ゆうこりんの「可愛い」は見た目一本に絞った評価なので「ブス」であることとは両立できないからだ。
 
 ところで世間では女性を美人系可愛い系に二分して「可愛いけどいわゆる美人ではない」とか「美人だけど可愛いというタイプではない」などと言ったりするが、そんなにはっきりと割り切れるものだろうか。
 やはり愛嬌があって笑顔が可愛いという条件が備わって初めて美人と言えるのであって、彫刻のように整った美形というだけではとても美人とは言えないのではないかと思う。
 つまり「可愛い」ことと「美人である」ことは決して相矛盾することでも相対立することでもなく、むしろ「可愛い」ことは「美人である」ことの必須条件であると言えるのではないだろうか。  
Posted by eg_daw_jaw at 07:41Comments(0)TrackBack(0) エッセー・雑文など(私生活編) 

June 25, 2005

付帯状況の注意点

 (1)「〜しながら」という日本語を見るや、「付帯状況なら with」と決めつけて with 〜ing とするのは多くの受験生の悪い癖。
 例えば「私は午後ずっとテレビを見ながら家にいました」を英訳するときに with watching TV としてしまうが、これは誤り。
 この例のように、〜ing主語主語と共通であるときには、文末の 〜ing の句がそれだけで付帯状況を表わすので、with を伴う理由がないのだ。

 (a) × I stayed home all afternoon with watching TV.
 (b) I stayed home all afternoon, watching TV.

 では、with を伴うのはどういう場合かというと、それは〜ing主語主語と異なる場合であって、そのときは「with+異なる主語+〜ing」の形で付帯状況を表わす。

 (c) I can't write a letter with you standing there.
   「あなたがそこに立っていると私は手紙を書くことができない」

 これは、with + [You are standing there.] = with you standing there 「あなたがそこに立っている<という状態>を持って<いては>」という足し算で説明することができる。

 (2) 〜ing を用いて付帯状況を表わすことができるのは、継続動作を表わす動詞の場合に限られる。
 「彼は目を閉じてラジオを聞いていた」を英訳するときに、close his eyes は「目を閉じる」という瞬間動作であって継続動作ではないので、closing his eyes で付帯状況を表わすことができない。
 そこで「閉じている」という意味の形容詞としての closed を用いて with his eyes closedwith + [His eyes are closed.] )とする必要がある。

 (c) × He was listening to the radio, closing his eyes.
 (d) He was listening to the radio with his eyes closed.
 
(和文英訳S/H/C・第10課のオマケ)  
Posted by eg_daw_jaw at 08:57Comments(0)TrackBack(0) 通常授業 

June 24, 2005

映画:「砂の器(デジタルリマスター)

 原作:松本清張、監督:野村芳太郎、主演:加藤剛、東劇で上映中
 学生時代に封切りを見てから30数年ぶりになるが、主演の加藤剛丹波哲郎の若いこと、若いこと。元国会議員の森田健作も、緒方拳も、そして「家政婦は見た」で家政婦紹介所の所長役の野村昭子もみんな若い。主人公の愛人役の島田陽子(今は確か楊子)も初々しくて美しい。他に、今は亡き加藤嘉(よし)と寅さんの渥美清、「必殺仕事人」の菅井きんなど、錚錚たる顔ぶれ。
 ある俳優が「順風満帆(じゅんぷうまんぱん)」を間違えて「じゅんぷうまんぽ」と言っていたのがやや残念とはいえ、「女中」や「ライ病」という今なら差別用語として御法度の単語が使われていたのが懐かしい。
 最近は期待はずれの邦画が多い中にあって、本作は絶対に間違いないので受験生以外は是非ご覧あれ。原作を知らなくても十分に楽しめる。  
Posted by eg_daw_jaw at 22:08Comments(0)TrackBack(0) エッセー・雑文など(私生活編) 

June 23, 2005

授業に出席しない理由

独学で学習できるから
 そう思っている者に限ってその資格がない。独学で学習できるという尊大さが致命的。授業に出ない50分の間に何ができるというのか。それに、毎回授業で聴くはずの大事な情報が入ってこないことのマイナスが不合格の決定的な原因になる。

時間割上出席し難いから
 考えられない。例えば起床時刻は9時と決めているので1時間目には出られないとか。自分が変わらなくてどうする。

出講講師に不満があるから
 「弘法筆を選ばず」の逆。知識を吸収して学力を向上させるためには相手に合わせる柔軟性が不可欠であるのに、それが欠如しているから講師の選り好みをする。これは自分の不勉強を棚に上げて何でも他人のせいにするという負け組の最も顕著な傾向。

教材内容に不満があるから
 単なるわがまま。これも柔軟性の欠如の表われ。教材がイヤだからと言って授業に出なければ入ってくるべき情報が入らず、増えるべき知識が増えないのだから、不合格道まっしぐら。

授業についていけないから
 予習してついていけるようにする努力をすれば済むことなのに、それをやらないのだから、負け組に決定。自分はこういう人間ですからと決めつけていて、上昇しようという気がない。そうやって授業に出ないで拗ねていても得るものはまったくない。

入試科目として必要ないから
 特に多いのが、自分が受験する大学には英文読解系の問題しか出題されないから、英作文や和文英訳の授業には出席しないというもの。
 和文英訳系の勉強をしない限り英語はある程度以上は絶対に伸びないということがわかっていない。というより、英語が嫌いだからできるだけやらずに済ませたいという態度がミエミエ。だから、英語ができるようにはならない。

 以上から「授業に出席しない理由は、合格しない理由に一致する」と結論することができる。

 では、不満を抱きながらも授業に出席しさえすればよいのかというと、そんなことはない。
 「不満ながら出席する」のは「不満だから欠席する」のよりも不幸度が高い分だけ損をする。せっかく出席するなら、万全の予習のおかげで授業がよく理解でき、その結果として授業に満足感を覚えるというようでないといけない。   
Posted by eg_daw_jaw at 10:38Comments(1)TrackBack(0) エッセー・雑文など(予備校編) 

「このリンゴ」の単複

 (a) Could you give me something to carry these apples in?
   「このリンゴを入れていくものを何かくれませんか」

 「このリンゴ」がなぜ this apple ではなく these apples なのかというと、1個のリンゴなら手で持つかポケットにしまうかすればよく、「入れていくもの」を求めるのは手で持ちきれないかポケットに入り切らないだけの数のリンゴと考えられるから。
 日本語では目の前にあるリンゴが1個でも10個でも「このリンゴ」と言い、1個なら「このリンゴ」、10個なら「これらのリンゴたち」のように単数か複数かによって言い方を変えたりはしない。

 (b) These shoes aren't mine.「この靴は私のではありません」

 「」は左右で一組なので shoes という複数形を用いる。
 だから「この靴」は this shoe でもなければ this shoes でもないし、また逆に these shoes は日本語では「この靴」であって「これらの靴たち」とは言わない。

(和文英訳S・第9課のオマケ)  
Posted by eg_daw_jaw at 09:51Comments(0)TrackBack(0) 通常授業