November 30, 2005

タイガースはタイガースでも・・・

 元ザ・タイガース瞳みのる(ひとみみのる)といっても、今の受験生諸君には馴染みはないだろうし、そもそもザ・タイガースジュリーこと沢田研二や今は名脇役俳優となった岸部一徳やその実弟の岸部シローなどで人気を博したバンド名であることすら知らないかもしれない。
 そのザ・タイガースドラムを担当したピーこと瞳みのる氏は、そのバンド解散後に慶応大学で学び、その後は高校の漢文の先生に転進して我が駿台でも数年間教壇に立ったことがあり、道場主も講習会の時に講師室で同室して何度か話をしたことがあるが、さすがは元アイドルだけのことはあって、端正な顔立ちの紳士で物腰の穏やかな実に魅力的な人だった。
 その瞳みのる氏が駿台に出講することが決まった時に教務職員による飲食の接待が行われ、その席で当時の教務部長だったY氏に部下の一人が「瞳先生は元タイガースの一員として活躍なさった高名な方です」と紹介したが、宴が終わって帰る段になってY部長が瞳みのる氏に尋ねた。

 「ところで先生は最近は野球の方はおやりにならないんですか

 何とY部長は元タイガースと聞いて、それを最後まで阪神タイガースのことだと思っていたのだった。


 道場主が20代の頃は、ザ・タイガースの他にザ・スパイダースザ・テンプターズザ・ワイルドワンズなど、グループサウンズと呼ばれるバンドが全盛だった。

  

Posted by eg_daw_jaw at 09:01Comments(17)TrackBack(0) エッセー・雑文など(予備校編) 

be careful not to〜のnot to〜は否定の目的にあらず

 He hurried to the airport so as not to miss the flight.
 「彼はその便に乗り遅れないように空港へ急いだ」

 否定の目的を表わす to不定詞は、単に not to〜ではなく so as not to〜「〜しないように」や in order not to〜「〜しないために」としなくてはいけない。
 同じ「〜しないように」でも be careful not to〜 / take care not to〜「〜しないように注意する」の「〜しないように」はいわゆる否定の目的ではないので、be careful so as not to〜 / take care so as not to〜としてはいけない。

 cf. Be careful not to do anything to make your boss angry.
   「上司を怒らせるようなことは何もしないように気をつけなさい」 

(高2英作文法Sα/S・第20課のオマケ話)

  
Posted by eg_daw_jaw at 07:39Comments(6)TrackBack(0) 通常授業 

November 29, 2005

授業に出席しない理由

 人間は「できない理由を探す人」と「できる方法を見つける人」とに大別できるというが、予備校授業料を払っておきながら授業に出席しない受験生には前者の傾向が強い。
 現にクラス担任が「なぜ授業に出ないの?」と訊いてみると「授業が難しくてわからないから」という答えが返ってくることが多いらしい。
 授業がわからないからといって出席しなければ、授業で習うはずのことが欠席したおかげでわかるようになるかというと、もちろんなるわけがないので、授業に出席しないことによって得られるものは何もなく、もっぱら失うものばかりになる。
 また、「理科の勉強に追われて英語の予習に手が回らないから授業にも出ない」というのが理系の受講生に多いらしいが、そうして理科の学力を上げても、英語の学力がそれ以上に下がればせっかくの理科の努力も無駄になる。
 「授業がわからないから出席しない」ということは「わかる授業なら出席する」ということだろうが、ろくに予習しなくてもわかるような授業がもしあるとすれば、それは中身が薄くてレベルが低いからわかるのであって、ろくなものではない。そういう授業ばかり求めるのは「すでにわかっていることだけを聴きたい」というワガママでしかなく、その結果、学力はせいぜい現状維持に留まるので、一年間ムダメシを食うことになってしまう。
 成功者になるためには、もちろん「できる方法を見つける人」でなくてはいけない。

  
Posted by eg_daw_jaw at 22:21Comments(5)TrackBack(0) エッセー・雑文など(予備校編) 

秋のステップアップ講座:2択でバッチリ英文法最速チェック100

(1) She has to wear glasses. She can’t ( ) very well.
 A. look  B. see

(2) The umbrella ( ) on the floor where he had left it.
 A. laid  B. lay

(3) These roses smell ( ).
 A. lovely  B. sweetly

(4) Get up and ( ) your clothes quickly.
 A. put on  B. wear

(5)  ( ) to have their shortcomings pointed out.
 A. Everyone dislikes  B. No one likes

(6) She tried ( ) him three times, but his line was always busy, so she gave up.
 A. contacting  B. to contact

(7) Please remind me ( ) the letters.
 A. of mailing  B. to mail

(8) I didn’t notice you ( ). You must have been very quiet.
 A. came in  B. come in

(9) She caught her son ( ) whisky in his room.
 A. drink  B. drinking

(10) I was made ( ) home directly after school.
 A. come  B. to come

(11) The steak the next-door neighbors are barbecuing in their backyard ( ) good.
 A. is smelling  B. smells

(12) There’s somebody behind us. I think we are ( ).
 A. being followed  B. followed

(13) Mary is absent today. She ( ) to Hokkaido.
 A. has been  B. has gone

(14) “When ( ) you come to Japan?” “Only yesterday.”
 A. did  B. have

(15) Tom ran into Sally in New York in 1999. He ( ) her ten years before.
 A. had last seen  B. last saw

(16) He didn’t want to meet me. If he ( ), he would have come before eight.
 A. did  B. had

(17) If he had taken the first train, he ( ) here by now.
 A. would get  B. would have got

(18) I don’t think such a thing will happen, but if it ( ), what shall I do?
 A. did  B. should

(19) If Tom’s family ( ) Mary, I am sure that they would like her.
 A. meet  B. met

(20) ( ) I had more time, I could have checked my report again.
A. Had  B. If

(21) Why did you tell him about it? I’d rather you ( ) that.
 A. didn’t do  B. hadn’t done

(22) I didn’t forget to lock the front door last night, but I ( ) forget to lock the back door.
 A. did  B. might

(23) The music at the party was very loud and ( ) be heard from far away.
 A. could  B. was able to

(24) “Will you answer the door? It ( ) be the postman.” “OK, I will.”
 A. can  B. might

(25) Those boys are so lazy! The job ( ) hours ago.
 A. must have been finished  B. should have been finished

(26) As a good Christian, he never fails ( ) to church on Sundays. 
 A. in going  B. to go

(27) She ( ) a part in the film because she didn’t like the story.
 A. seemed to refuse  B. seems to have refused

(28) All you have to do is ( ) the dishes.
 A. wash  B. washing

(29) That is all I have to ( ) the topic.
 A. say about  B. talk about

(30) He is looking for a piece of land ( ) to build a storehouse for provisions.
 A. on which  B. where

(31) He doesn’t have the ability ( ) the work properly.
 A. of doing  B. to do

(32) The next task may ( ) a dentist who can repair broken false teeth.
 A. be located  B. be locating

(33) “Would you mind ( ) here?” “No, go ahead.”
 A. me smoking  B. smoking

(34) There is no ( ) how old she is.
 A. doubt  B. guessing

(35) A lot of money has been invested in the ( ) of the sunken ship. 
 A. raising  B. rising

(36) Don’t be late again, ( ) you’ll lose your job.
 A. and  B. or

(37) A book is not always good just ( ) it is written by a famous writer.
 A. as  B. because

(38) Cold chicken is delicious when ( ) with salad.
 A. eaten  B. eating

(39) Jack was waiting at the station, ( ) it began to rain.
 A. when  B. where

(40) ( ) I met him, he was still a university student.
 A. For the first time  B. The first time

(41) We do not necessarily grow wiser ( ) we grow older.
 A. as  B. than

(42) He won’t forgive you ( ) to him.
 A. as long as you don’t apologize  B. unless you apologize

(43) He left the office ( ) he was able to catch the last train.
 A. early so that  B. so early that

(44) She spoke slowly ( ) make mistakes.
 A. for fear she would  B. in case she should

(45) One bad thing about vacations is ( ) they have to end.
 A. that  B. what

(46) No one knows ( ) there is life on other planets.
 A. if  B. that

(47) He asked me ( ) I thought about his sister.
 A. how  B. what

(48) He is the only one of my students who ( ) passed the test.
 A. have  B. has

(49) Crete is a small sunny Greek island ( ) inhabitants are very friendly.
 A. which  B. whose

(50) Many people criticized me, but I did what I thought ( ).
 A. it was right  B. was right

(51) You should read ( ) as you can.
 A. as many different newspapers  B. different newspapers as many

(52) New York is larger than ( ) in Europe.
 A. any city  B. any other city

(53) The older you grow, ( ).
 A. the less innocent you become  B. the less you become innocent

(54) He has a lot of faults, I admit, but still I trust him ( ).
 A. all the more  B. none the less

(55) Work is not, ( ) play, the only object of life.
 A. any more than  B. no more than 

(56) Where ( ) I should put the boxes?
 A. could you tell me  B. did you say

(57) “Why ( ) a good girl and sit down?
 A. aren’t you  B. don’t you be

(58) He is ( ) musician, that brother of his.
 A. no  B. not

(59) ( ) heard him talk about his family.
 A. Anyone has never  B. No one has ever

(60) ( ) without a traffic accident in this city.
 A. A day does not go by  B. Not a day goes by

(61) It was very brave ( ) you to stand up to those bullies.
 A. for  B. of

(62) It is advisable that every driver ( ) a seat belt.
 A. wear  B. wears

(63) It’s ( ) to blame for the accident.
 A. I who am  B. me that is

(64) It ( ) that he left Japan.
 A. is ten years  B. was ten years ago

(65) I am not interested in other ( ) opinions.
A. peoples’  B. people’s

(66) The ( ) we saw yesterday come on to our farm once in a while.
 A. deer  B. hare

(67) He really wants his son to go to ( ).
 A. a good school  B. good school

(68) She said on the phone that she was returning home ( ).
 A. next day  B. the next day

(69) He is not ( ) who is easy to get along with.
 A. the sort of a man  B. the sort of man

(70) “How would you like ( )?” “Scrambled, please.”
 A. eggs  B. your eggs

(71) Smile please. Oh, ( ) perfect teeth you have!
 A. how  B. what

(72) ( ) menu at the school cafeteria is, as always, unappetizing, but cheap and nutritious.
 A. The today’s  B. Today’s

(73) There ( ) to be more than 3,000 languages in the world.
 A. are said  B. is said

(74) Most of the ( ) already in the moving van. The only thing left was a chandelier.
A. furniture was  B. furnitures were  

(75) A package of books ( ) delivered to the university for the English professor.
 A. was  B. were

(76) The issue is one for ( ) themselves to discuss.
 A. them  B. they

(77) I’m too busy to get the tickets. Who is going to do ( )?
 A. it  B. them

(78) You can’t just do nothing and wait for happiness to come to you. You must try to grab ( ).
 A. it  B. one

(79) He is my best friend, and I treat him as ( ).
 A. much  B. such

(80) The tournament at Wimbledon is ( ) all tennis players dream of winning.
 A. that  B. the one

(81) He is always trying to slip out on some pretext or ( ).
 A. other  B. others

(82) A husband and his wife should always respect ( ).
 A. each other opinion  B. each other’s opinions

(83) All we need ( ) a few sunny days for our trip.
 A. are  B. is

(84) There are a lot of international students in Tom’s class, but ( ) in mine.
 A. only a few  B. quite a few

(85) She is ( ) of a pianist, and sometimes plays at parties.
 A. somebody  B. something

(86) “How much was the camera?” “I got it for ( ).”
 A. nothing  B. none

(87) He is, if ( ), a shade better today.
 A. any  B. anything

(88) They finally succeeded in catching one of the rare birds ( ) in the forest.
A. alive  B. live

(89) Read the instructions, give ( ) information requested, and cut along the dotted line with scissors.
 A. all  B. every

(90) We should have knowledge of at least one language ( ) than our own.
 A. other  B. rather

(91) For this exercise, it is best to lie down, or sit with ( ) feet on the floor.
 A. both  B. either

(92) In our school, ( ) students study English as their second language.
 A. almost  B. most

(93) America became an industrial country in the ( ) half of the 19th century.
 A. later  B. latter

(94) Mary wears such heavy clothing because she is very ( ) to cold.
 A. sensible  B. sensitive

(95) I wish Professor Lamb would speak more ( ); I can’t hear what she is saying.
 A. aloud  B. loudly

(96) She was wearing ( ) designed costume and attracted everybody’s attention.
 A. an especially  B. a specially

(97) ( ) played golf since the end of last year.
 A. I haven’t  B. I’ve never

(98) I may work this summer. ( ), I may take a long vacation.
 A. On the contrary  B. On the other hand 

(99) I want to exchange opinions ( ) a person who has a different way of thinking.
 A. for  B. with

(100) The match resulted ( ) a goalless draw after extra time.
 A. from  B. in

  続きを読む
Posted by eg_daw_jaw at 07:48Comments(2)TrackBack(0) 特別授業 

November 28, 2005

「過去から見た未来」の時を表わす副詞節

<空所補充問題>

 Didn't I tell you to lock the door before you (   ) to bed?
 「寝る前にドアに鍵をかけなさいって言ったでしょ」

 「寝る前に」が未来の時を表わす副詞節に当たるので「未来の時を表わす副詞節の動詞は現在形」というルールに従ってbefore you go to bedとすると大マチガイ。
 もちろん「寝る前にドアに鍵をかけなさい」と相手に直接言うときには、現在形の動詞を使ってLock the door before you go to bed.と言えばよいが、「『寝る前にドアに鍵をかけなさい』って言ったでしょ」となると「寝る前に」は「言った」という過去の時点から見た未来の時を表わす副詞節に当たるので現在形ではなく過去形の動詞を使う必要が生じるのだ。

(正解) went

(和文英訳S・応用問題(1)のオマケ話)

  
Posted by eg_daw_jaw at 05:31Comments(0)TrackBack(0) 通常授業 

November 27, 2005

イケメン、フツメン、ブサメン、キモメン

 先日の「朝まで生テレビ」は少子化問題がテーマだったが、日本で出生率が危機的に低下しているのは既婚女性が子供を産まないからではなく、そもそも結婚しない女性が増えていることが最大の原因であることが論じられていた(現に既婚女性に限れば一人の女性が産む子供の数の平均は2人を上回るとのこと)。
 では、なぜ結婚しない女性が多いかというと、結婚したいと思うような男性が少ないからであるという方向に話が向けられたが、その時に、年収300万で暮らすことを奨める本を書いてその10倍の年収を得たとされる、あの森永卓郎氏が面白いことを言っていた。
 氏によれば、イケメンフツメンブサメンキモメンの4種類に分けられるとのことで、イケメン以外は女から相手にされず、フツメン以下の男が結婚を望んでも女が結婚してくれないから、未婚男性が増えると同時に未婚女性も増える。その結果として出生率が低下して少子化が起こるという。
 イケメンはたとえお金がなくても逆に女が養ってくれるし、お金があればたとえブサメンキモメンでも女は選り取り見取りだから大丈夫。可愛そうなのはお金のないフツメン以下の男であって、今や多くの男がそれに該当する。
 昔は少なくともサラリーマンとして安定した収入のあるフツメンなら結婚はできたが、今ではリストラもあれば会社の倒産もあって決して生涯安泰ではないし、そもそも正社員として就職することも困難なので、大多数の男が結婚できなくなり、それが未婚男女の増加を生み、出生率の低下と少子化の原因になっているとのこと。
 現に官僚は勝ち組リストラもなく倒産もないので、結婚もすれば子供も3人くらいいるのが当たり前という状況らしい。
 ちなみに、森永卓郎氏は他のパネリストから「そういうあなたは何メンなんですか」と訊かれて「私はブサメンキモメンですけど」と答えていたのが可笑しかった。

追記
 確かにブサメンキモメンでも相手さえ選ばなければ結婚できる可能性はあるが、持てない男にも選ぶ権利はあるし、持てない男ほど女性に対するストライクゾーンが意外に狭いので、その分ますます結婚することが困難になる。

  
Posted by eg_daw_jaw at 08:11Comments(7) エッセー・雑文など(私生活編) 

November 26, 2005

「なんも考えとらんのとちゃいますか」

 昨日JR有楽町駅からマリオンをくぐってソニービルに向かう交差点の手前に例年のように年末ジャンボ宝くじを買うための長い長い行列ができていた。これを見るのは夏のドリームジャンボ以来のことであるが、大きなお世話とはいえ、その時に書いたのと類似のことをまた書かずにはいられない。
 並ばなくてもすぐに買える売り場が目の前にあるにもかかわらず、そこには見向きもしないで寒空の中でわざわざ長い行列を作るのは、例によってその売り場がよく当たると信じられているからに他ならないが、実は単に売り上げ枚数が多いのに比例して高額の当たりが多く出るだけのことであって、別に当たる確率が高いわけではない。
 ふつうの頭があればそういうことは自明であるはずなのに、あの人たちはそれすらわからないのか。こういう何も考えない能天気な人たちが秋の総選挙において自民党の圧勝を生んだのではないかと、つい罪をかぶせたくなる。
 「何も考えない」といえば、「日本沈没」で有名なSF作家の小松左京氏のエッセーに次のような逸話が紹介してあったのを思い出す。

 縁側に出てみると亀が池の岩の上で気持ちよさそうに甲羅干しをしているのが見えた。
 そこへお手伝いさんがたまたま背後を通りかかったので、「○○さん。あの亀は何を考えとるんやろうなあ」とふと言ってみたら、そのお手伝いさんは生真面目に「そうでんなあ。なんも考えとらんのとちゃいますか」と答えたという。

 小松左京先生は別にお手伝いさんに答えを求めたわけではなく、のんびりと甲羅干しをしている亀にある感慨を覚えてそれを口にしただけであるのに、「そうでんなあ・・・」と真面目に対応する滑稽さが何とも愉快ではないか。
 
  
Posted by eg_daw_jaw at 13:35Comments(2)TrackBack(0) エッセー・雑文など(私生活編) 

November 25, 2005

先輩型と後輩型

 人間は先輩型後輩型に大別できるのではないかとある時ふと考えた。
 何かと人に指示したり説教したりするのが好きなのが先輩型、そして逆にそうした指示や説教をされる側に回りがちなのが後輩型というわけ。
 先輩型は子供の頃からその資質を表わすことが多く、小学校高学年くらいですでに頼りがいのある大人のような態度で他の子供に指図したりすることが多いが、一方、後輩型は頼りない子供として、そうした指図を待ったり、それに従ったりすることに抵抗がない。
 先輩型は大人になってからも精神年齢の成長が速いので、見た目も年齢相応であるか、またはそれ以上に見える。「もう年ですから」とか「若い人が言っていることは理解できない」とかの発言が多く、現に若者とは話が通じない。
 一方、後輩型は肉体的に大人になってからも気持ちは子供のままに留まっていて、精神年齢の成長も遅いので、外見上も概して実年齢より若く、年齢不相応に見えることが多い。
 精神的に速く成長して責任ある大人として年齢相応に年を取っていく先輩型作戦を採るか、それとも精神的な成長が遅くて肉体年齢精神年齢が大きく水を明けられる後輩型作戦を採るか。
 計らずも道場主後輩型作戦を選んだ。
 この作戦を採る限り、いい年をした大人でありながら精神が未熟ガキのままという弱点はあるものの、その分いつまでも若くいられるという利点がある、と勝手に納得している次第。

  
Posted by eg_daw_jaw at 00:30Comments(1)TrackBack(0) エッセー・雑文など(私生活編) 

November 24, 2005

的中率より回収率

 競馬では、いつも低倍率の馬券ばかり何点も買って10レース中8レースを的中させれば的中率は8割ということになるが、その中身たるや惨憺たるもので、100万円投資したのに対して回収した額が80万円でしかないなどということがある。
 一方、10レース中わずか2レースしか的中しなくても100万円投資して500万円回収することができれば、的中率が2割でしかないことなどどうでもよくなる。
 要するに、馬券の勝負では的中率がどんなにくても回収額投資額を下回れば負け、そして的中率がたとえくても回収額投資額を上回れば勝ちなのだ。
 予備校講師の場合、耳に優しいことばかり言って受講生を心地よくさせることによって8割の支持率を得ても、その代わり甘やかされたツケでほとんど誰も第一志望には受からないということがある。
 一方、甘えを許さない厳しい授業ゆえに2割の支持率しか得られなくても、鍛えられて学力を大幅に向上させた多数の受講生が第一志望に合格すれば、支持率が2割でしかないことなどどうでもよいことになる。
 ただし、そうした因果関係は推測することはできても証明することまではできないので、「予備校講師は、支持率い者が有能い者は無能」と単純に結論されるのが悲しい現実。
 ちなみに、道場主がいくら不人気といっても支持率が2割ということはないので心配無用。

  
Posted by eg_daw_jaw at 08:53Comments(3)TrackBack(0) エッセー・雑文など(予備校編) 

November 23, 2005

京都が舞台のドラマで京都弁を使わない不思議

 山村美紗原作のテレビドラマと言えば必ず京都が舞台で、華道や茶道の家元が利権を巡って殺されるという筋書きのものが多く、こうしてドラマのたびに家元が死ぬと、そのうち京都から家元在庫が尽きてしまうのではないかと心配になるが、どうやら家元無尽蔵にいるらしい。
 京都が舞台なら気になるのが言葉。是非とも京都弁でやってほしいが、先日見た「苅矢警部シリーズ」でも、京都弁を使うのは原作者の実娘に当たる山村紅葉演じる警部夫人だけで、船越英二演じる苅矢警部を始め、華道の家元も含めてほとんどすべての登場人物が標準語を使う。
 ドラマは「私は京都生まれの京都育ち」と警部の長女である女子高校生が自己紹介をするところから始まるが、それも京都弁はおろか関西アクセントですらなく標準語というのだから恐れ入る。標準語でやるのなら「私は京都生まれの京都育ち」などという台詞は入れないでほしい。
 京都を舞台にするドラマや映画なら、京都弁の達者な俳優だけ使えばよいし、それが無理なら少なくとも大阪や兵庫を含めた関西圏出身の俳優に限定するのでもよい。実際は非関西圏出身の俳優に下手な京都弁を使わせるよりはましと考えて標準語で演じさせているのだろうが、何せ舞台は京都なのだから台詞が標準語ではせっかくのドラマが台無しになる。それならハリウッド映画:「さゆり」のように日本を舞台とする映画でありながら日本人俳優を含めて全員が英語で演じるという狼藉ぶりの方がまだ納得がいく。それに習って、京都弁が使える山村紅葉も含めて全員が標準語でやればよいとも思う。ちなみに、草なぎ剛主演の日本映画ながら韓国語で演じた「ホテルビーナス」は日本が舞台ではないので事情が違う。
 京都が舞台のテレビドラマ映画を作るときには、台詞に用いる言葉に関して次のような選択肢が考えられる。

 [1] 京都弁を使いこなせる俳優だけを使って徹底して京都弁で演じる。
 [2] 京都弁が下手でもすべての俳優に京都弁を使わせる。
 [3] 京都弁が使いこなせる俳優以外は標準語を使わせる。
 [4] 全員が標準語で演じる。
 [5] 日本人俳優でありながら全員が英語などの外国語で演じる。

 そして、現実には大半が[2]や[3]でお茶を濁している。
 ところで、「苅矢警部シリーズ」で船越英二演じる40がらみの苅矢警部京大法学部卒ということになっているが、キャリア組なら40歳にもなって未だ警部というのは考えにくいし、京大法学部を出ていながらノンキャリアで一介の刑事というのもまた無理がある。
 もっとも、こうしたドラマは、警部警部補クラスの主人公が威張るしか能のないマヌケな上司の鼻を明かすべく事件を見事に解決するのが定番であって、キャリア京都府警本部長が主人公という話では誰にも見てもらえないだろうから、京大法学部卒の(おそらく)ノンキャリア警部という設定には目をつぶってもよいが、京都を舞台にしながら登場人物のほぼ全員が標準語を使うのだけは絶対に許せん!
 ちなみに、先日見たテレビドラマ:「火垂るの墓」で熱演した6歳の大女優:佐々木麻緒ちゃんの関西弁は見事だった。アッパレ!

追記
 みちつてと氏のコメント:「ホテルビーナス」に主演したSMAPのメンバー「くさなぎつよし」の漢字表記は「草薙毅」ではなく「草なぎ剛」です。(「なぎ」は弓へんに剪という変換の難しい文字) に従って上記のように訂正。

  
Posted by eg_daw_jaw at 04:19Comments(15)TrackBack(0) エッセー・雑文など(私生活編)