May 31, 2011

英文法 基本300選・読了報告

受講生:先生、報告が遅れましたが、「英文法 基本300選」、全部やりました。シールサインをお願いします。
道場主:そうか、やったか。それは偉い。
受講生:おかげさまで、ずいぶん賢くなった気がします。
道場主:そりゃあ当然だよ。基本原理を理解することによって1問ずつ確実に賢くなれる本なんだから。
受講生:確かに、やったすぐ後の判定模試文法全問正解でした。
道場主:さっそく効果が証明されたな。
受講生:はい、英文法テキストの問題も、300選をやる前はボロボロ間違えてたんですけど、今はほとんど間違えなくなりました。
道場主:実は「読む前よりずっと賢くなった」って報告にくるのは君だけじゃなくて、何人もいるんだ。
受講生:やっぱりそうでしたか。
道場主:でも、せっかく賢くしてやろうと思って勧めてるのに、信用しない受講生のほうが断然多いけどな。
受講生:ホントですか。
道場主:「文法だったら、定番はやっぱり〇〇だろ」などと言って、いわゆる「みんなが使ってる本」を使って、頭を使わずにヤミクモに覚えるだけの勉強を続けるから、いつまでも賢くなれないんだ。
受講生:可哀相なヤツらですね。
道場主:そもそも教わってる講師が言うことを信用しなくて、いったい誰を信用するのかって思うよ。
受講生:そうですよね。
道場主:いわゆる定番の本で「理解を省いて丸暗記する勉強」がダメだってわかってるから、ダメじゃない、効果覿面(てきめん)の勉強ができる本を薦めてるのに、言うことを聞かないんだから救いようがないんだ。
受講生:まったくですね。
道場主:せっかく賢くなるように導いてやろうと思ってるのに、一向に耳を貸さないで、周りの多数派のやり方を真似して相変わらず効果の上がらない勉強を続けるばかりだから、できるようになるわけがないんだよ。
受講生:ホントですね。
道場主:出講している講師が書いた本を使えば、いつでも直接質問することができるんだから、こんなに便利で得なことはないのに、どうしてそういうせっかくのチャンスを活かそうとしないのか不思議でならないよ。
受講生:ホントにもったいないですよね。
道場主:何だってそうだけど、プロが「やれ」と言うことをすぐにやる受講生はどんどん学力を伸ばすから受かるけど、やらない受講生はいつまでも学力が伸びずじまいだから受からないんだ。
受講生:まったくその通りですね。
道場主:現に、すでに300選をやり終えた君は模試やテキストで勉強の効果を証明してるわけだから、合格する可能性がグーンと上がったったのは間違いないんだよ。
受講生:ありがとうございます。でも、300選を勉強したおかげで文法がわかるようになったってことは、絶対にほかのヤツには教えたくないですね。
道場主:いや、そういうケチ臭いことは言わないほうがいいぞ。
受講生:でも、せっかく差をつけたんですから、ライバルに教えたら損じゃないですか。
道場主:そういうもんじゃないんだ。ほかのヤツを落として自分だけ受かろうというさもしいことを考えるヤツは弱虫だからダメなんだ。
道場主:そうなんですか。
道場主:自分だけじゃなくて、ほかのヤツも一緒に受かってほしいと思うだけの余裕のあるヤツは強いから、そのほうが断然受かりやすいんだよ。
受講生:そういうことですか。
道場主:君はすでにそう考えるだけの余裕ができてるわけだから、ほかのヤツにも勧めて、先輩として教えてやれば、「教えることは学ぶことである」という効果によってさらに賢く進化できるんだ。
受講生:そうですね。それを聞いたら、もうやるしかないですね。
道場主:そう、そう来なくちゃいけない。


コメント> 2011年05月31日 11:38:43 A井Y雄

 小生、「道場主」に倣いブログ(http://meihoenglish.blog55.fc2.com/)を毎日更新するようにしています。
 偶然、今日アップしたことが、昨日の先生の記事と内容が近かったことで、嬉しい(?!)驚き覚えました。大事なことは「時・場所」を超えて通用するとうことであり、何か怪しげな"テクニック"で英語を理解するのではないことは、道場主のブログ購読者なら頷けることだと思います。これからも、楽しく読ませて頂きます。


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611  

Posted by eg_daw_jaw at 06:28 学習参考書 

May 30, 2011

未来の時を表す副詞節の動詞といっても

I'll invite Mary to the party when I phone her tomorrow.
 「明日メアリーに電話したら、パーティに招待します」

 「電話する」のは、tomorrow が示す未来のことであるのに、will phone としないのにはわけがある。
 「未来の時を表す副詞節」にあたる when以下は、主節の I'll invite が示す「未来」に時間的に直接従属しているので、それが未来のことであることは改めて will という助動詞を用いて示す必要がない。そこで、単純未来形 will phone の代わりに単純現在形 phone で済ませる。


<4択>

(1) When you (   ) the magazine, please leave it on the table for someone else to read.
   A. have read  B. read  C. will have read  D. will read

 「未来の時を表す副詞節では現在形の動詞を用いる」ということを単にルールとしてヤミクモに覚えていると、Bの read を選んで失敗する。
 実は、雑誌をテーブルの上に置くのは、「<その雑誌を>読むとき」ではなく「<その雑誌を>読んでしまったとき」のはず。
 この場合の「<それを>読んでしまった」は、未来における完了を表す未来完了にあたるが、未来の時を表す副詞節は、未来を表す主節命令文動詞に時間的に直接従属しているので、will を用いて改めて未来を示す必要がなく、したがって、未来完了形 will have read の代わりに現在完了形 have read で済ませる。

正解) A
完成文When you have read the magazine, please leave it on the table for someone else to read.
      「雑誌を読んだら、誰かほかの人が読めるようにテーブルの上に置いておいてください」

 しかし、read … 「…を読む」の代わりに finish reading … 「…を読み終わる」という表現を用いる場合は、現在完了形で表す必要は必ずしもなく、単純現在形を用いれば足りる。

 cf. When you finish reading the magazine, please leave it on the table for someone else to read.
    「雑誌を読み終えたら、誰かほかの人が読めるようにテーブルの上に置いておいてください」
    (単純未来形 will finish の代わりに単純現在形 finish


(2) Didn't I tell you to come back as soon as school (   ) over?
   A. is  B. was  will be  C. would be

 as soon as 以下は「未来の時を表す副詞節」とはいっても、「現在から見た未来の時を表す副詞節」ではなく、Didn't I tell you …? が示す過去から見た未来の行為にあたる to come back を修飾する「過去から見た未来の時の副詞節」にあたる。
 to come back がすでに過去から見た未来であることを示しているので、それに時間的に直接従属する as soon as 以下では改めて would を用いてそれを示す必要がない。そこで、過去から見た未来を示す would be の代わりに単純過去形was で済ませる。
 
正解) B
完成文Didn't I tell you to come back as soon as school was over?
      「学校が終わったらすぐに帰ってきなさいって言ったでしょ」


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611  
Posted by eg_daw_jaw at 06:20 通常授業 

May 29, 2011

空補ダービー

11R G1 空補ダービー(空所補充ダービー)

The boy opened the window though his mother had told him (   ).

 1 ドウント (牡3歳57岩田)
 2 ノット (牡3歳57内田)
 3 ノットドゥ (牡3歳57蛯名)
 4 ノットトゥ (牡3歳57武豊)  
 5 ノットトゥドゥ (牡3歳57デットーリ)  
 6 トゥドゥノット (牡3歳57福永)  
 7 トゥノット (牡3歳57藤田)  
 8 ユゥマスント (牡3歳57横山典)

 1着はあっても2着以下がないので、馬券は単勝式のみ。複勝、枠連、馬連、馬単、3連複、3連単、ワイドはもちろんない。

 同じ動詞の反復を避けるために用いる代不定詞to do だと思っている受験生が驚くほど多いので、このレースでは 5 ノットトゥドゥnot to do)が断然の1番人気になる。
 何しろ10人中9人が支持するので、勝てば100円の元返しになるが、売り上げからテラ銭の25パーセントを引いた残りの75パーセントを90パーセントの人間で分けるので、90−75 = 15 で15パーセントの不足分は胴元の持ち出しになる。
 しかし、1番人気馬が勝つとは限らないのが競馬の面白いところで、現に、このレースを制するのは3番人気4 ノットトゥ (not to)。
 同馬の馬券を買っているのは25人に1人くらいのものだから、売り上げから25パーセントを引いた75パーセントを25人のうちの1人ずつが受け取る計算になる。
 25人が100円ずつ買えば合計で2,500円になるが、その75パーセントにあたる1,900円弱を1人が受け取る計算になる。わずか8頭立ての3番人気で19倍弱とは、かなりの高配当と言える。
 こんなに簡単に勝つ馬がわかるレースの単勝式19倍弱もつくのであれば、全財産を投じて馬券を買ってもいい。

レース結果

1着 4 ノットトゥ (牡3歳57武豊 3番人気) 2分24秒8  
    (他馬はすべて失格で、2着以下なし) 

配当> 単勝式 4  1870円

 空所には、not to open the door から、反復にあたる open the door を省いた not to が入る。open the door を do に置き換えた not to do が入るわけではない。
 現在形過去形の動詞の場合は、同じ動詞の反復を避けるためには、代わりに do/does/did を用いるが、to不定詞の場合は、同じ動詞の反復を避けるためには、単にその反復部分を省いて to だけを残す。
 
cf. His wife earns at least twice as much money as he does.
    「彼の妻は、彼の少なくとも2倍は稼ぐ」
     (文末の doesearns という動詞の反復を避けるための代動詞

 代不定詞は、一般には to であるとしても、元の動詞が be動詞 であれば to be を、また、完了形の場合は to have done ではなく to have を用いる。

 (i) The boy opened the window though his mother had told him not to.
    「その子は、母親が窓を開けるなと言っていたのに開けたのだ」
    (not tonot to open the door に代わる代不定詞) 
 (ii) I am not rich, nor do I wish to be.
    「私は裕福ではないし、また、そうなりたくもない」
    (to beto be rich に代わる代不定詞
 (iii) “Did you double-check the report?”
    “No, but now I think I ought to have.”
    「報告書を見直したのか」
    「いや、でも今は見直すべきだったと思っている」
    (to haveto have double-checked the report に代わる代不定詞


 御本家(ごほんけ)の第78回ダービーは、皐月賞を3馬身差で制した5オルフェーブル1番人気に支持されているが、皐月賞は4番人気という意外な不人気によるノーマークの利があったことは否めない。馬体重も減っていてピークは皐月賞だったと解することができる。前走で4番人気と見くびっておきながら、勝ったからといって豹変して称える側に回るのはみっともない。また、同じ1番人気でも、2倍前後なら信用できるが、3.5倍というのはいかにも危うい。
 「不人気好走した馬が、次走で人気を背負って凡走する」のが競馬の最大の特徴であることを考えれば、4番人気で1着だった同馬は、逆に今回は1番人気で4着になるというようなことがあっても不思議ではない。
 前走の皐月賞が14番人気で5馬身差の4着だった11デボネアが、神がかり的な名騎手であるデットーリの騎乗とあって、かなりの人気(3〜4番人気)を集めているが、まだ1勝しかしていない同馬がG1のダービーを勝つとはとても思えない。間違って3着くらいはあるという期待があるのかもしれないが、それにしては人気のかぶりすぎ。もしかすると、馬主であるアラブの王様が自ら何億円も単勝式の馬券を買っているのかもしれないが、同馬も5オルフェーブルと同様に「不人気好走の後の人気凡走」というパターンにあてはまる。
 16トーセンレーヴは、G2青葉賞(1番人気3着)でダービーと同距離同コースを経験している利が、また 6クレスコグランドは、条件戦とはいえ重馬場の同距離を勝っている利がある。
 前走の皐月賞を1番人気で2着だった 2サダムパテックは、今回もまた1番人気でもおかしくなかったが、2番人気に留まったことで重圧から解放されるのは好材料。

 ◎16トーセンレーヴ (牡3歳57ウィリアムス OP プリンシパルS 1人気1着)…5番人気
 〇2サダムパテック (牡3歳57岩田 G1 皐月賞 1人気2着)…2番人気
 ▲6クレスコグランド (牡3歳57浜中 G2 京都新聞杯 3人気1着)…8番人気

 馬単ボックス (2, 6, 16) と 3連単ボックス (2, 6, 16)で遊んでみることにするが、例によって、外れても命まで取られるわけではない。


レース結果

 勝ったのは、1番人気の 5 オルフェーブル
 人気薄の 1 ウインバリアシオン7 ベルシャザールが 2、3着になる波乱になったが、狙った馬に関しては、▲6 が 5着に入ったものの、◎16 は 9着、〇2 は 7着という結果だった。
 空補ダービーと違って、本物のダービーは簡単ではなかった。(16時半すぎ)


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611  
Posted by eg_daw_jaw at 06:20 授業外 

May 28, 2011

楽をする報い

授業だけの講座よりテスト演習つきの講座を好む。
予習の必要がなく、テスト時間の分だけ授業時間が短くて済むから。

テキストページ数が多い講座より少ない講座を好む。
勉強することが少なくて予習が楽そうだから。
 
 予備校や塾での講習会の選択に関して、そういう受験生がいると聞いても、ゆとり教育の被害者で溢れる昨今ではもはや驚かなくなったが、「学習量らしてをすればするほど、得られる知識が少なくて学習効果が低い」ということを考えれば、わざわざ損をすることを好んで選ぶ者の気が知れない。
 そうしてをしたがる受験生がこれからも増え続けていけば、「予習不要・ページ数最少」が、人気講座の必須条件になる日が近いかもしれない。
 「それほど勉強するのがなら、何も好き好んで大学へなど行かなくてもよいのに」と思うが、現実には「勉強はしたくないが大学へは行きたい」、または「大学へは行きたいが勉強はしたくない」という受験生は、決して少なくないように思う。
 定員割れしている大学には事欠かないので、そういう了見の受験生でも大学生になることはできるが、高倍率の難関大となると、とうてい合格は叶わない。
 しかし、知的好奇心の旺盛な読者に関しては、そういう勉強嫌いがいるはずはないので、まったく心配はしていない。


コメント> 2011年05月28日 22:25:41 CosmoBulk

 初めまして。
 競馬が大好きで本来勉強時間がたくさん取れるはずの休日にまったく勉強できてません。特に最近は応援している柴田善臣騎手が有力馬に乗るので見逃すわけにも行きません。どうしたらいいんでしょう?競馬の誘惑に勝てないです。

回答> 道場主

 そういうのは自分で解決するしかない。他人にどうにかしてもらえると思ったら甘すぎる。
 

読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611  
Posted by eg_daw_jaw at 06:20 エッセー・雑文など(予備校編) 

May 27, 2011

Do you know+疑問詞…? と 疑問詞+do you think …?

How deep is this lake?”「この湖はどれくらいの深さがありますか」

 この疑問文では、SVC の C にあたる How deep の後は SV をVS と倒置して文末には疑問符をつけるが、この文をもとにして作る疑問詞節では、how deep の後の SV は倒置しないだけでなく、節の末尾には疑問符をつけない。

 “How deep is this lake?” → how deep this lake is

 (a) I don't know how deep this lake is.
    「私は、この湖がどれくらいの深さなのか知らない」

 次のように、文全体が疑問文の場合は文末疑問符がつくが、それはもちろん疑問詞節のものではない。

 (b) Do you know how deep this lake is?(↑)
    「この湖がどれくらいの深さかご存知ですか」
     (「知っているかどうか」の問い)
 
 (c) How deep do you think this lake is?(↓)
    「この湖はどれくらいの深さだと思われますか」
     (「思うかどうか」ではなく「どれくらいの深さか」の問い)
  
 (d)(i) Did you say how deep this lake was?(↑)
      「この湖がどれくらいの深さなのかをおっしゃったのですか」
      (「言ったかどうか」の問い)
   (ii) How deep did you say this lake was?(↓)
      「この湖はどれくらいの深さだとおっしゃいましたか」
      (「どれくらいの深さか」の問い)


追記

 上の記事には関係ないが、今日は午前11時過ぎに上野動物園パンダを見た後、午後は1ヶ月余りぶりに映画を観た。
 上映館はいずれもTOHOシネマズシャンテで、観たのは「The kids are all right.(キッズ・オールライト)」と「Never let me go.(わたしを離さないで)」の2本。


コメント> 2011年05月27日 23:22:20 ノラネコオンド

 お忙しいところ、失礼いたします。
 先生の御著書『英文法基本300選』の問題67にて、自力で解決できないことがあったため、この場をお借りして質問させてください。

 He did really well to pass the exam. I'm sure I [A. could have passed B. couldn't have passed C. couldn't pass] it. の3択の中から選ぶ問題です。この問題では以下に書くように答えを推論するのに自信がなかったため、これでいいかをおたずねしたいのです。

 選択直前の主節の時制が'I'm' という現在時制であり、一方で選択肢A、Bは過去完了、Cは過去とあります。
 Cを選んでしまうとすると、過去の時点でその人が分かった事実を、現在において認識する(be sure)ということになり、これは奇妙。よってCは採れない。
 AまたはBを選んでしまうとすると、これらの時制が主節の時制と異なるため、仮定法が考えられる。後は、AとBのどちらを採れば、問題文第1文目と文脈がより一層合うかを判断する。すると、Bが適している(Aを採ると、話者は相当なイヤミだと思う)。

回答> 道場主

 著者として、「選択直前の主節の時制が'I'm' という現在時制であり、一方で選択肢A、Bは過去完了、Cは過去とあります」と言った覚えはない。それどころか、そういうことは一切書いていない。

 C の I couldn't pass it.が「私は<過去に行われた>その試験に受かることができなかった」という意味であるとすれば、それはすでに確定した過去の事実なのだから、I'm sure によって、その事実に関して確信しているかどうかを示すまでもない。
 また、「私なら、その試験に<今後たとえ受けても>受からないだろうに」という意味に解することはできない。そもそも過去に行われてすでに終わった試験は、もはや受けられないので、将来における合否の可能性を言う余地はない。

 ここは、単純化すれば、He passed the exam.「彼は、その試験に受かった」という過去の事実に対して、「もし私だったら、その試験に受からなかっただろうに」と言いたいだけだから、主語の I に仮定法過去If I were he (仮定法過去完了If I had been he としないのは、「私が彼でない」のは、彼が受験して合格した過去の時点だけでなく現在も不変だから)を含ませる表現になる。

 (If I were he), I couldn't have passed it.

コメント> 2011年05月28日 13:22:45 ノラネコオンド

 ご返信、ありがとうございました。

 私が先のメッセージ冒頭で書いた、「…とあります」というのは、間違いなく私自身による判断です。「…と書かれてあります」ということでは全くなく、この点で誤解を招き申し訳ありません。

 先にメッセージを出す前は、AかBかの選択において最も迷いました。が、先生の説明にあるように、’過去の’試験に今pass できるかを考えるならば、答えは過去完了(すなわち、肢B)一択にどうしても限られてしまいます。

 これで明快に分かったと思います。ありがとうございました。

コメント> 道場主

 念のために言っておくが、I couldn't have passed itは、過去の結果を表す帰結節には違いないが、これを仮定法過去完了と呼んではいけない。
 I couldn't have passed it. が If I were he, I couldn't have passed it. に代わるものであるとすれば、この文は、「I am not he という現在の事実」に反する仮定を表す仮定法過去if節と、その仮定のもとでの過去の結果を表す帰結節からなる文、ということになる。

コメント> 2011年05月31日 01:03:08 ノラネコオンド

 せっかくのご忠言をいただいたのにも拘らず、ご返信が遅れまして申し訳ありません。

 先生の『英文法基本300選』と『英文法道場』の仮定法の項目のところを解きなおし、解説を読み返しました。
 すると、きちんと、現在のまたは過去の事実に対して反するときのみ仮定法過去または過去完了が使われると判断されておりました。単に、動詞の時制だけで仮定法だと決め付けられておりませんでした。
 仮定法過去または過去完了の条件節とは別に、主節において、現在の事実に反するまたは過去の事実に反したことを述べるならば仮定法または過去完了が使われ、そうでないならば仮定法は使われず、主節はその仮定の下での単なる帰結節となる、と読めました。

 以上の違いを示す具体例2つとして、

1) It's not warm enough today; if it were, I would take him for a walk.(『300選』問題56より)
 …… 'would take' とあるが、仮定法過去ではない。ただの、現在における願望の助動詞 would である。主節は、'if it were' という仮定法過去の仮定の下での帰結説。

2) If you had not eaten so much, you would not be so sleepy now.(『英文法道場』問題76より)
 …… 'now' とあることから、'would not be so sleepy' が「現在のこと」であり、「過去の時点から見た未来」ではない。とするとこの主節には仮定法過去が使われていると判断せざるをえない(よって、 'you are so sleepy' という事実がある)。

 以上、先のご忠言に対する私の理解を書きました。同じ、主節に'would V' という形が出ているところでも、時制からやれ仮定法過去だと決め付けてはならない例とそうでない例を示したつもりですが。。。まだ、上記には変なところがありますか?

回答> 道場主

 1) に関して、「…… 'would take' とあるが、仮定法過去ではない。ただの、…」については、如何なものか。

 if it were (warm enough today) は、「it's not (warm enough today) という現在の事実」に反する仮定を表す仮定法過去
 そして、I would take him for a walk. は、そうした仮定法過去による仮定のもとでの現在以後結果を表す帰結節
 要するに if it were, I would take him for a walk. の全体を「仮定法過去」と呼んではいけない。
 言い換えれば、if it were, I would take him for a walk.は、「現在の事実に反する仮定を表す仮定法過去if節と、その仮定のもとでの現在以後結果を表す帰結節」から成る文であると説明するのがよい。

 2) に関しても、「(よって、 'you are so sleepy' という事実がある)」の「よって」が気にいらない。

 ここも 1) と同様に、「you ate so much という過去の事実」に反する仮定を表す「仮定法過去完了if節」と、その仮定のもとでの「now が示す現在の結果を表す帰結節」から成る文として説明するのがよい。

コメント> 2011年05月31日 17:54:40 ノラネコオンド

 ご回答ありがとうございます。

 ふと思ったのですが、現在または過去の事実に反する条件節がつけられているとき、主節の方でも現在または過去の事実に反することが書かれてある文というのはあるのでしょうか?

回答> 道場主

 例えば If he had taken the first train, he would be here now. 「もし彼が始発に乗っていたら、今はここにいるだろうに」は、「彼が始発に乗らなかった」という過去の事実に反する仮定を表す「仮定法過去完了」の if節と、その仮定のもとでの現在の結果を表す帰結節から成る文ということになるが、「帰結節」は「仮定法」とは呼ばないとしても、実際には「ここにいない」という現在の事実することにあたる。
 つまり、仮定法if節と、その仮定のもとでの結果を表す帰結節という組み合わせの文は、そもそもそういうものなので、「主節の方でも現在または過去の事実に反することが書かれてある文」というものはないどころか、ふつうは必ずそういう文になるという結論になるのではないだろうか。

コメント> 2011年06月01日 20:14:00 ノラネコオンド

 ご回答ありがとうございました。
 自分は変な方向に考えていたようですね。

 先生にとっては何気ないコメントだったのかもしれませんが、こちらは勉強になりました。


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611  
Posted by eg_daw_jaw at 06:10 授業外 

May 26, 2011

should have p.p. の担う意味

<4択>

You (   ) it over with your parents before you made up your mind, but you didn't.
 A. didn't talk  B. should have talked  C. should talk  D. talked

(正解) B
(完成文)You should have talked it over with your parents before you made up your mind, but you didn't.
      「君は、決断する前にご両親とそのことをじっくり話し合うべきだったが、実際はそうしなかった」

受講生:B の should have p.p. は「〜するべきだったのに、実際はしなかった」ということですから、その場合は but you didn't で改めて「しかし〜しなかった」と言うのは変だと考えて、取り敢えず B だけは違うと思ったんです。
道場主:それで、どれを選んだんだ。
受講生:C を選びました。
道場主:それは一番罪深い選択肢だから、2倍減点してもいいくらいだよ。
受講生:どうしてですか。
道場主:だって、should の後が原形talk ってことは、「<将来に向けて>〜するべきだ」ってことだから、before you made up … という過去の時を表す副詞節と相容れないだろ。
受講生:そうですよね。
場主:君が言うように、but you didn't が要らないっていうのであれば、省く手はあるけど、その場合は、B だけでなく A も C も正しいことになるぞ。
受講生:どうしてですか。
道場主:だってそうだろ。should have talkedhave talked だけでなく、didn't talktalked過去を表すわけだから、before you made up …という過去の時を表す副詞節によって修飾できるもの。
受講生:そうなりますか。
道場主:ウソだと思うんだったら、書いてみれば一目瞭然だよ。

 B. You should have talked it over with your parents before you made up your mind.
    「君は、決断する前にご両親とそのことをじっくり話し合うべきだった
 A. You didn't talk it over with your parents before you made up your mind.
    「君は、決断する前にご両親とそのことをじっくり話し合わなかった
 C. You talked it over with your parents before you made up your mind.
    「君は、決断する前にご両親とそのことをじっくり話し合った

 でも、この中で、but you didn't (talk it over with your parents)「しかし、実際はそうしなかった」を後に追加しても支障がないのは B だけなんだよ。
 A や C の後に実際にこれをつないでみれば、変だってことは直ちにわかるからな。

 B: 「…話し合うべきだったが、実際は話し合わなかった」(〇) 
 A: 「…話し合わなかったが、実際は話し合わなかった」(×)
 C: 「…話し合わなかったが、実際は話し合った」(×)

受講生:確かにわかります。
道場主:結局、should have p.p. は、実際にはやらなかったことについて後になってから振り返って「〜するべきだった」と言うときに使うものだけど、それ自体が必ずしも「しかし実際にはやらなかった」という意味まで担(にな)ってるわけではないから、but 以下で「実際にはやらなかった」という表現をつけ足してもまったく問題ないんだよ。
受講生:そういうことだったんですね。ありがとうございました。


コメント> 2011年05月26日 07:01:47 駿台生

 仮定法で困っています。

 I wish の文の後にwouldを使う場合と使わない場合があるということです。

 I wish he studied harder.
 I wish he would study hard.

 どちらも「彼はもっと一生懸命に勉強すればいいのに。」という意味だと思っていますが、wouldを使う場合もI wish 構文で見たことがあります。
 wouldが有る場合と無い場合の違いを教えてください。

回答> 道場主

 studieddoesn't study 「ふだん(あまり)勉強していない」という事実に反する仮定、そして would studywill not study 「そもそも(あまり)勉強しようという意志がない」という事実に反する仮定。

 ×I wish the rain stopped.
 ◎I wish the rain would stop.
   「この雨がやんでくれたらいいのに」
  
 「やむ意志がないwill not stop)かのように執拗に降っている>この雨がやんでくれたらいいのにwould stop)と願う(I wish)」ことはあっても、「やまない」(does not stop)という性質の雨はないので、それに反する仮定にあたる stopped という仮定法は成り立たない。

コメント> 2011年05月26日 20:54:09 駿台生

 よく分かりました!
 ありがとうございました。

コメント> 道場主

 この話は「英作文 基本300選」に書いたことなので、まだ読んでいないのであれば、ぜひ一読を勧める。


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611  
Posted by eg_daw_jaw at 06:08 通常授業 

May 25, 2011

ライバルが少なくて幸い

受講生:先生に言われた通り、英文法和文英訳テキストに出てくる英文をしっかり覚えるようにしていたら、英語が読めるようになってきました。
道場主:そりゃそうだよ。プロが勧める絶対に効果の高い勉強法なんだから、言う通りにやればできるようになるのは当然なんだよ。
受講生:ホントに先生のおっしゃる通りにやってよかったです。
道場主:でも、せっかくプロが「やれ」と言っても、やらないヤツのほうが断然多いからな。
受講生:そうなんですか。
道場主:でも、言われた通りにやる側にとっては、やらないヤツが多ければ多いほどライバルが少なくて済むわけだから、こんなにありがたいことはないんじゃないか。
受講生:そうですね。
道場主:もしプロが「やれ」と言うことを全員がやるようになれば、受験生全体のレベルが上がって競争が激烈になるから、そうならないのは幸いこの上ないことなんだよ。
受講生:じゃあ、このやり方は誰にも教えないで秘密にしておいたほうがいいですよね。
道場主:そんなケチなことを言わないで、どんどん教えてやれよ。
受講生:そんなことをして大丈夫ですかね。
道場主:大丈夫だよ。教えても、どうせやらないから。
受講生:ホントですか。
道場主:うん、それは保証する。


コメント> 2011年05月25日 09:33:31 Ken

 初めまして。毎日ブログを楽しみに拝見させてもらっています。私は田舎で英語の教師をしているものです。
 そして30年弱前には、駿台で学び、道場主の授業も毎週受講していました。ですので、道場主のおっしゃる学習方法はよく理解できますし、本日の記事は、実に共感できます。 私自身、その学習方法を実践して、曲がりなりにも英語がある程度できるようになりました。そして、自分が教えている生徒にも、「文法をやれ、模範となる短文を覚えろ、後は紙の辞書をマメに活用して、英文を読んだり書いたりしろ、それしか英語上達の方法はない」と言っています。
 しかし、それを実践しない生徒のなんと多いことか。それどころか、私が歯がゆいのは、英語を教える同僚の教員までが、間違った勉強法を生徒に教えていることなのです。「語彙力がない」→「単語集!」というように。
 こうした理論は、あまりにも短絡的です。短絡的であるが故にわかりやすい、だから誰もがこういった理論に飛びつくわけです。それどころか、コミュニケーションらしきことをペラペラとやっていれば、英語は自然に身に付く、などと、神がかり的なことを言う英語教師まで現れて、始末に負えない状況です。ですから、高校生や受験生の英語力低下も、無理もないことです。
 そのなかで、少数派であっても、道場主の勧める、確実に学力を上げていく方法を生徒に伝授していきたいと思います。ズルいようですが、自分の教えたことをしっかり実践してくれる生徒には、幸福になってもらいたいものですから。


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611  
Posted by eg_daw_jaw at 06:20 勉強法・合格作戦など 

May 24, 2011

選択肢の筋が悪い問題

The French party (   ) to reach the top of the mountain.
 A. failed  B. had failure  C. has been failed  D. was failed

受講生:正解が A の failed ってことらしいんですけど、もし D の was failed を選んだらどういう意味になりますか。
道場主:あり得ない表現の意味を訊かれても答えようがないよ。
受講生:どういうことですか。
道場主:例えば「He isn't very rich. の代わりに He doesn't be very rich. ならどういう意味になりますか」って訊かれても、そんな文は存在しないんだから、答えられないだろ。
受講生:そりゃそうですね。
道場主:どこの入試に出た問題か知らないけど、そもそも選択肢の筋が悪すぎるよ。
受講生:そうですか。
道場主fail to 〜「〜し損ねる」→「〜できない」という使い方からすれば、正解以外は選択肢そのものがあり得ない形なんだから、いったい誰がそんなのを選ぶんだろうかって思うよ。
受講生:はい。
道場主:まさに「これや! これしかない! ほかのを選んだヤツはアホや!」ちゅう問題やで。(笑)
受講生:何で急に関西弁になるんですか。(笑)
道場主:喩えて言えば、「最も可愛い女性芸能人は誰か」という問題で、「A. 上戸彩  B. おすぎ  C. はるな愛  D. ピーコ」という4つの選択肢から A上戸彩を選ぶようなものだから、間違えようがないんだよ。(笑)
受講生:確かにほかの3人は女性ではないわけですから、選択肢そのものがあり得ないってことになりますけど、それにしても、ものすごい喩えですね。(笑)
 
(正解) A
(完成文)The French party failed to reach the top of the mountain.
     「フランスの登山隊は、山の頂上に到達することができなかった」


コメント> 2011年05月24日 15:17:11 ノラネコオンド

 お忙しいところ、失礼いたします。
 先生の御著書『英文法基本300選』の問題102にて、自力で解決できないことがあったため、この場をお借りして質問させてください。

 He finally made a decision [A. of starting B. starting C. to start] his own business.

の3択の中から選ぶ問題で、AかCか迷ってしまいました。

 解説の「文法チェック」は以下の通りです。

He finally decided to start his own business.
→ He finally made a decision to start his own business.

 以上の解説が意味するところは、「1. 'decide'という動詞が、動名詞を目的語にとるのではなく、to不定詞を目的語にとる。 2. よって、decide を名詞化した 'decision' でも、その修飾は 分詞や「前置詞 of + 動名詞」ではなく、to不定詞でしかない」ということでしょうか?

回答> 道場主

 その通り。
 he is able to 〜his ability to 〜 についても同様。

コメント> 2011年05月25日 01:22:30 ノラネコオンド

 ご返信、ありがとうございました。


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611  
Posted by eg_daw_jaw at 06:40 授業外 

May 23, 2011

あり得ない受動態

(問題)The girls were cooking potatoes in the kitchen.(受動態に書き換えよ)

 無冠詞複数の potatoes は「ジャガイモ全般」のことを言うので、cook の目的語として用いて cook potatoes 「ジャガイモを料理する」とするのは構わないが、受動態に転換して、それを主語として用いるとなると支障が出る。

 *Potatoes were being cooked by the girls in the kitchen.(×)

 これは、冒頭の文を受動態に転換したものにあたるが、そもそも「ジャガイモ全般」を意味する無冠詞複数の Potatoes が the girls という特定複数の人間によって料理されているところだった」ということがあり得るだろうか。
 例えば The potatoes であれば、すでに話題に上った特定複数ジャガイモのことだから、それを主語とする文は考えられる。

 cf. The potatoes were being cooked by the girls in the kitchen.
     「<それらの>ジャガイモは、<その>女子たちによって台所で料理されているところだった」

 しかし、原文にない the を勝手に補うのは、書き換え問題ルールに反するので、この文を答えにするわけにはいかない。
 また、例えば Some potatoes なら、「世の中に存在する無数のジャガイモの中の一部」であって、「ジャガイモ全般」ではないので、それを主語とする文も成り立つ。

 cf. Some potatoes were being cooked by the girls in the kitchen.
     「いくつかのジャガイモが、<その>女子たちによって台所で料理されているところだった」

(正解) 問題不成立(または、解答不能

 このような「問題として成り立ち得ない」ものが、かつての入試で堂々と出題されていたのだとすれば、そら恐ろしい。
 どうしても過去進行形能動態受動態に書き換えさせる問題にしたいのであれば、例えば次のように問題を作り変える必要があるのではないだろうか。

(問題) The girls were cooking the potatoes in the kitchen.(受動態に書き換えよ)

(正解)The potatoes were being cooked by the girls in the kitchen.
     「<それらの>ジャガイモは、台所で<その>女子たちによって料理されているところだった」

 ところで、冒頭の英文は、「特定の主語についての叙述なのに、受け身にすると、総称文になってしまう変な例」として問題視される、次のようなものに類すると考えられる。

  John likes girls.「ジョンは女が好きだ」
→*Girls are liked by John.(×)
  「女は、ジョンによって好かれる>」(???)

 能動態では、ジョンという特定の人間について言及して、例えば「<あの助平な>ジョンは、<特に誰ということなく>女というものが好きだ」ということで支障がないが、受動態では、女全般について言及して、例えば「<特に誰ということなく>女というものは、<あの助平な>ジョンによって好かれる存在である」となってしまう。


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611  
Posted by eg_daw_jaw at 06:00 授業外 

May 22, 2011

金儲けが目的なら本なんか書かないって

受講生:自習室で「英文法 基本300選」をやってたら、「何やってるの」って同じクラスのやつが訊いたので、「これだよ」って表紙を見せたら、「それは道場主金儲けのために薦めたやつだろ」って言ったんです。
道場主:そんなふうにしか考えられないとは可哀相なやつだな。
受講生:そうですよ。こんなにいい本なのに。
道場主300選が1冊売れたからってわずか72円しか著者には入らないんだから、金儲けになんかなるわけがないよ。
受講生:そうですよね。
道場主:こっちは君たちが効果的な勉強をして賢くなる手助けをしてやろうと思って心を込めて書いたものを薦めてるわけだから、素直に受け入れないと損をするだけなんだよ。
受講生:そいつのことは僕もバカなやつだなと思って、心で笑ってましたよ。
道場主:そもそも金儲けが目的なら、しゃかりきになって本なんか書かないで授業一本で行くほうが手っ取り早いからな。
受講生:そうなんですか。
道場主:そうだよ。耳に優しいきれい事ばかり言って純朴な君たちを騙して人気講師にでもなれば、授業のコマ数が増えて楽に稼げるってわけだよ。
受講生:そういうことですか。
道場主:まあ、それは冗談として、今みたいに学参の種類が多いと、それぞれの売れる冊数は高が知れてるから、何冊書いても、それで金儲けができるなんてことはあり得ないことなんだよ。
受講生:そうですよね。
道場主:その証拠に、ほとんどの予備校講師は、「学参を書く」という手間ばかりかかってカネにならないことはやらないだろ。
受講生:言われてみると、その通りですね。


追記> 

 今日の第72回オークスは、◎9(1人気) 〇16(3人気) ▲1(4人気) 注12(2人気)で、馬券は、3連単フォーメーション 9→(1, 16)→(1, 16)と 12→(1, 16)→(1, 16)を少しだけ買って遊んでみる。これなら的中すれば多少は「金儲け」ができる。(13時)

追記2

 ◎4着、〇14着、▲9着、注3着で馬券が外れたので、「金儲け」は成らなかった。(21時)


コメント> 2011年05月22日 07:05:21 漢検2級絶対合格サイト管理人

 はじめまして。「漢字検定2級 問題集 絶対合格サイト」管理人です。当サイトは漢検2級情報や予想問題を掲載するサイトです。
 突然のメール失礼致します。ブログを拝見しまして大変勉強になりました。
 そこでご提案なのですが当サイトと相互リンクを貼りませんか?より多くのユーザーにサイトを見てもらえると思います。ご検討宜しくお願いします。
 http://kanken2kyu.jimdo.com/

コメント> 道場主

 了解しました。よろしくお願いします。

コメント> 2011年05月22日 16:17:34 ノラネコオンド

 私は先生の講義の受講生では全くなく、こういうブログでのやりとりでしかありませんが、『英文法300選』をやっております。

 私は4月から駿台文庫の『英文法頻出問題』をやり、『ロイヤル英文法』を一読した上で、数日前から『英文法300選』に臨みましたが。明快に論理的に各文法項目が説明されており、先二書を一応はやった上でも教わるところの多い本だという感想をもっております。
 というよりも、先生の本に取り組むことで先の二書で読めたつもり、分かったつもりでも実はそうではなかったということが判明しているため、先の二書をやったときの陳腐な満足感から解放されており、感謝しております。

 以上のようなことを考えている人もいるのだ、と記憶にとどめていただければ幸いです。

コメント> 道場主

 ついでに自慢させてもらえば、「英文法 基本300選」は、そんじょそこらの本とは違って、読むことによって確実に賢く進化できる本であるという自負がある。


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611  
Posted by eg_daw_jaw at 05:46 エッセー・雑文など(予備校編)