August 31, 2011

博愛座

 台湾では、日本の「シルバーシート」にあたるものを「博愛座」というが、それを当地の地下鉄に乗って知った時には、実にわかりやすくて微笑ましい名称だなあと感心した。
 日本では、こうした「博愛座」に10代や20代で無遠慮に座る者は少なくないが、戸籍上は一応その権利がある者として、ある日3人掛けになっている「博愛座」の端に座っていたところ、後から乗り込んできた一組の老夫婦が隣に座る際に、真横に座ることになった妻の方から嫌な目で睨みつけられた。
 こちらをよほど若いと見たのか、「何でお前なんかが座ってるんだ」と言わんばかりの目つきで実に感じが悪かった。

 また、別の日のこと、学生風の乗客3人のうちの1人がとても立っていられないほど泥酔していたので、残りの2人が身体を抱えて1人分空いていた「博愛座」にどうにか座らせたが、そこへ乗り込んできた60歳は過ぎているものの元気そのもののオバチャンが、いきなりその若者の肩に触れて「直ちに立って私に席を譲りなさい」という態度に出た。
 どうなるだろうかと動向を見守っていると、立っていた仲間の1人が事情を話してオバチャンをどうにか納得させたが、そもそも「博愛座」は譲られて座るもの。決して自分から要求して座るものではないと思うがどうか。


コメント> 2011年08月31日 13:52:07 Kuma

 はじめまして。「英文法基本300選」で学習している者です。
 記事とは無関係な質問になってしまい申し訳ありません。
 「英文法基本300選」の準動詞(99)の問題について一つ質問がありコメント致しました。
 問題文はThis is all I have to [A:say B:talk C:tell] about the topic.となっており答えはsayなのですが、talkではなぜ不適切なのでしょうか。
 tellが×となる理由は分かるのですが、問題文だけを見るとtalkも成り立つように思えます。ご教授お願いいたします。

<回答> 道場主

 便宜上、all I havesomething に置き換えて説明する。

 something to say about the topic なら、something が、それを修飾する to不定詞句 に含まれる他動詞 say意味上の目的語として説明できるが、something to talk about the topic では、talk自動詞なので、修飾される something との意味上の関係が成り立たない。
 say something about the topic とは言えても、talk something about the topic とは言えない、ということを考えてみればわかるのではないだろうか。

コメント> 2011年08月31日 21:31:39 Kuma

 直接面識がなく、また突然の質問にも関わらず、丁寧な説明をありがとう御座います。理解することができました。

コメント> 2011年09月01日 22:03:55 YA

 最近は、台北の地下鉄に乗っていないので解りませんが、数年前まで、「博愛座」では、例外無く、誰もがタイミングよく席を人に譲る姿を見ました。お腹の大きい人がいたりすると、至って普通に席を譲る様子は、見ぬふりが多いに東京とは好対照だと思いました。

 鉄道で思いだしたのですが、オーストラリアのシドニーから郊外に向かう列車の中で「前の席に足を投げ出す(対面式なので、他の乗客がいなければ、くつろぎたくなる“あの”席の配置です)と、罰金200ドル」という警告のステッカーを見たことがあります。乗車マナーは洋の東西を問わず問題となるようです。

 電車の中で人が居眠りしていられるのは、(日本の)治安の良さの証と言われたりもしますが、あの狭い空間でいろいろ物騒なことが起きている話を聞くにつけ、最近では他人事とは思えません。


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611  

Posted by eg_daw_jaw at 07:40 エッセー・雑文など(私生活編) 

August 30, 2011

後期の受講法

 まだ8月だというのに、予備校ではもう今日から後期の授業が始まるが、この際に言っておきたいのは、前期の間であれば、授業を聴いてわからないことが残っていても「夏に復習して借金を返済する」という手が使えたが、後期になるともはやその手は通用しないということ。
 これからは、何事も授業を聴きながらその場で確実に理解して自分のものにする「現金払い式の受講」を徹底させる必要がある。
 もしも後期の受講で借金を溜めていくようなことをすれば、少なくともその一部は入試が終わってから返済することになりかねないが、それでは合格が難しくなるので、そういう受講だけは絶対に避けなくてはいけない。

 「借金を残さない現金払い式の受講」の何がよいかと言うと、それを実践して頭を鍛えていけば、授業がいっそうわかりやすくて満足なものになるので、ますます受講効果が上がって学力がぐんぐん伸びるということがあげられる。
 逆に、頭を甘やかして「借金を増やすばかりの受講」を続ければ、授業がいっそうわかりにくくて不満なものになっていくが、それが何を意味するかは改めて言うまでもない。
 授業が「わかりやすい」か「わかりにくい」か、「満足である」か「不満である」かは、実は受講生自分自身に対する評価にほかならないので、「わかりやすくて満足である」と言えるようであればよいが、逆に「わかりにくくて不満である」としか言えないようであれば、自らのダメさ加減を証明することにしかならない。
 勝敗の分かれ目はまさにそこにあるように思う。


コメント> 2011年08月30日 20:03:32 小池田 at 駿台津田沼

 Children learn their mother ( A ) automatically without any need of instruction.
Aにいれるのは、tangueとtanguesどちらが適切ですか?

回答> 道場主

 残念ながら、どちらも適切ではない。

コメント> 2011年08月31日 00:46:43 横浜

 笑いました。

コメント> 2011年08月31日 18:45:51 小池田(ryo?)at津田沼

 先日間違ったつづりで投稿して学力の低さを露呈してしまいましたが、改めてもう一度質問させてください。

 Children learn their native language(s) automatically without any need of instruction.

 上の文は、「子供は特に教えなくても、いつの間にか母国語を身につける。」の英作の解答例として参考書にのっていました。
 そこには、languageが単数でも複数でもいいことに関する説明はありません。
 そこで僕は、母国語は一人にひとつだと考えればlanguageで、母国語と言えるものが複数ある人の存在を考慮にいれた場合にはlanguagesになるのかと勝手に憶測しましたが、Some teachers at this junior high teach their students how they should live their lives.という例文をみて、憶測が間違っていることを確認しました。
 theirがかかる名詞が単数になるか複数になるかをどのように決めればよいのか教えていただけないでしょうか。

回答> 道場主

 「母語」は各人1つずつが原則だから単数形a native language とするべきであると一応は考えられるが、learn の主語複数であることから、それに合わせて複数形で native languages とするほうが無難ではないだろうか。ただし、単数形も間違いではない。
 ただし、例えば「彼らのと子供」の場合は、thier wives and children よりも their wife and children とするほうが誤解が少なくてよいのではないかと思うがどうか。イスラム圏のように各人の妻が4人いるということもあるので。


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611  
Posted by eg_daw_jaw at 07:18 勉強法・合格作戦など 

August 29, 2011

ひがしだいしょうもんまえ

 立命館大学の教授が、地方の温泉旅館に泊まった時に勤務先を「立命館」と書いたところ、「旅館にお勤めなんですね」と言って同業者扱いされたという。
 これは、先日の京都滞在中に同行したO君から聞いたネタだったが、「立命館」が旅館なら「東京女学館」は女性客専用旅館ということになるのだろうか。
 これを応用すれば、人里離れた鄙びた温泉に宿泊するときに、勤務先を「学習院」や「関西学院」と書けば、「お寺から見えたんですか」と言われかねないということになるが、確かに「三千院」や「知恩院」は寺院の名称だから、大学のことを知らない人ならそういう誤解が起こっても不思議ではない。
 こういうことを言うと、誰もが「まさか!」と一笑に付すが、そうしたまさかの誤解が40年ほど前に実際にあった。

本郷三丁目から東大赤門に向かう路上でのこと。

京女:すんません。「ひがしだいしょうもんまえ」は、どうやって行ったらよろしおすか。知ったはったら教えとくれやす。
東京男:「ひがしだいしょうもんまえ?」ですか。
京女:へえ。
東京男:どんな字を書くんですか。
京女:これどす。
東京男:ああ、東大正門前(とうだんせいもんまえ)ですね。
京女:そう読むんどすか。東京は読み方が難しおすなあ。
東京男:???

 「ギョエテとはのことかとゲーテ言い」に倣(なら)えば、まさに「『ひがしだいしょうもんまえ』とはオレのことかと東大正門前(とうだいせいもんまえ)言い」となる一席だった。


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611  
Posted by eg_daw_jaw at 06:24 エッセー・雑文など(私生活編) 

August 28, 2011

京都から帰ったのも束の間

 京都では、暑い昼間はほとんどホテルの部屋に籠もって原稿書きに勤(いそ)しんだおかげで、予定していたものはすべて無事に終らせることができた。
 もちろん原稿を書くだけなら、新幹線で往復5時間かける必要も、また高額な交通費と宿泊代を使う必要もないが、日本を代表する古都の京都は格別な土地だから、たとえ観光はしなくてもそこを訪れるだけで気持ちがワクワクする。そして、涼しい夜には街に繰り出して軽く飲むという楽しみが後に控えているとなれば、その前に仕事を終わらせなくてはいけないので、自ずと仕事は捗る。
 特に今年は3月の大地震のために、4月初めに四国、広島、岡山から京都と廻る旅を取りやめた分だけ京都への渇望感が強く、今回の訪問の価値はそれだけ大きかったことも否めない。
 それを考えれば、京都行きを誘ってくれたO君には、心から「ありがとう」と言わないわけにはいかない。
 そして、京都から帰ったのも束の間、明後日の30日からは、早くも予備校の後期の授業が開講になるので、今日と明日は、それに備えるための2日になるのは避けようもない。


コメント> 2011年08月28日 16:49:16 駿台大阪校生徒

 すいません。
 少し文法でどうしても納得ができない部分があるのでお力を貸していただけると幸いです。

 (   ) for more than 30 minutes, I decided to leave without meeting you.
    A. Being waited  B. Being waiting  C. Having waited  D. Waited
 
 という問題で答えは C なのですが、どうして B ではダメなのかがどうしても分かりません。
 「30分以上待ち続けた状態にいる自分が<まさにそのとき>君に会わずに去ることを決めた」とすることは出来ないのでしょうか?
 もしよろしければ教えて下さい。よろしくお願いします。

道場主> 道場主

 「決めた」のは過去の時点のこと、そして「待った」のが、その過去の時点に至る30分超にわたる行為である以上、分詞構文完了形にするのは当然のこと。他の選択肢は、どれもおよそまともではないので、4択問題とは名ばかりの1択問題にすぎない。


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611  
Posted by eg_daw_jaw at 06:44 エッセー・雑文など(私生活編) 

August 27, 2011

「花より団子」ならぬ「団子より花」

 昨日の昼は、前日に予約してあった「料理旅館・吉川」で、紅葉(もみじ)ママを含めて O 君と三人で会食。

 色とりどりの見事な錦鯉が悠々と泳ぐのが見える庭に面した茶室で始まった「天ぷら会席」だったが、運ばれてくる料理もさることながら、挨拶に訪れた、目許涼しく笑顔が魅力の上品な女将(おかみ)と、給仕のために部屋に出入りする、しとやかな若い仲居の女性に魅せられて、すっかり虜(とりこ)にされてしまった。まさに、「花より団子」ならぬ「団子より花」の「料理より女将と仲居」で、つい調子に乗って昼間から少々ビールを飲みすぎてしまった。
 ところで、同席の O 君は、前回一人でここを訪れた時には、どこか他所(よそ)の店から偵察に来た板前ではないかと疑われたというが、一流の料亭で一介の予備校講師が料理の専門家である板前と間違われるとは何と光栄なことか。
 しかし、そういうことがあったおかげで O 君は、この店では知らない人がいないほどの有名人になっていて、予約の電話を入れた時にも直ちに「あああのO様どすか」と(おそらく)言われたくらいだから歓迎ぶりも半端ではなかった。

 食後に、女将仲居の女性も一緒に記念撮影。
 次は筍(たけのこ)が旬(しゅん)の時季に再訪することを約束して店を出ると、女将と仲居の二人が外まで出て見送ってくれたが、20メートルほど歩いて振り返ると依然としてそこにいて、こちらに向かって会釈してくれるのには驚くと同時に恐縮した。
 それどころか、30メートル歩いても40メートル歩いても、振り返るたびに同じことが続いたので、このまままっすぐ歩き続けると二人はいつまでも店の中に退くことができなくなってしまう。そう考えて、最初の曲がり角で大きく手を振ってお別れをすることになったが、ここまでされたら、今後は京都に来るたびに訪れないわけにはいかない。

 夜の10時半過ぎに紅葉ママのバーへ。

ママ:ブログ読ませていただきました。
道場主:勝手に「山村紅葉に似てる」って失礼なことを書いたので、怒ってるんじゃないかと思って。
ママ:そんなことありません。ちゃんと「山村紅葉の若い頃」って気を遣って頂いてますから。(笑)
道場主:今までに言われたことは?
ママ:何度もあります。それと吉本の「友近さん」にも似てるって言われます。
道場主:わかる、わかる。
ママ:私、山村紅葉さんの若い頃を知らないので、「紅葉さん若い頃は綺麗やったん?」て訊いたら、「いやあのまんまや」って言われました。(笑)

 帰る時には、ママからお土産までもらった。

昨夜の酒> 余市20年(シングルモルト)、響21年(ブレンディド)をともにオンザロックで。


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611  
Posted by eg_daw_jaw at 09:58 エッセー・雑文など(私生活編) 

August 26, 2011

京都で流行作家ごっこ

 今年中に刊行予定の本の原稿を一通り一昨日までに終わらせて、昨日は京都に来た。
 最初はその予定はなかったが、たまたま某校舎で原稿を書いていた時に、一昨年と今年の2月に、それぞれイタリアとフランスへ同行した他教科の講師 O 君から「2日だけ京都へ行くんですけど、つき合いませんか」と誘われて、二つ返事で「行く」と即答して叶ったのが今回の旅行だった。
 わざわざこのクソ暑い季節に、なお暑い盆地の京都に行くなど狂気の沙汰に違いないが、観光が目的ではなく、昼間はホテルの涼しい部屋に籠もって原稿を書いて流行作家の真似事をした後で涼しい夜にどこかへ繰り出すということであれば何の支障もなく、同行の O 君も作戦は同じだった。
 夜になってから心置きなく遊ぶためには、精を出して原稿書きに勤(いそ)しまざるを得ないが、事実そのおかげで昨日はいつになく仕事がはかどった。
 そして、二人とも仕事が一段落した後で軽く夕食を済ませてから行った先は、先斗町(ぽんとちょう)にある O 君行きつけのバーだった。
 サスペンスドラマには絶対に欠かせない女優・山村紅葉(やまむらもみじ)の若い頃を彷彿(ほうふつ)とさせる和服姿のママが一人でカウンターに立つ小さな店ではあるが、滞在した2時間ほどの間はほかに客がいなかったので、バリバリの京都弁を使う紅葉(もみじ)ママを二人で独占して語らう楽しいひとときを過ごすことができた。
 「心置きなく遊ぶ」といっても、この程度のことではあるが、大枚はたいてどんちゃん騒ぎをすることなど性に合わないし、第一それをするだけの財力もない。
 一夜明けた今、今日の昼食はこのママと三人で O 君お薦めの店に天ぷらを食べにいく約束になっているのでワクワクしている。

昨夜の酒> ランソン(シャンパン)+オンザロックで山18年(シングルモルト・ウィスキー)


コメント> 2011年08月26日 17:34:45 卒業生

 いつもためになる講義をありがとうございます。

 質問ですが、“2月に東京に行きましたか?”という英作文は、その日が2月なら現在完了、3月以降なら過去形になるのでしょうか?

回答> 道場主

 2月中に発言する場合は、「2月に」は in February ではなく this month と言うのではないか。また、そうであるとすれば、Did you go to Tokyo this month? も Have you been to Tokyo (yet) this month? も可能ではないか。
 逆に、「2月に」を in February と言う場合は、発言が3月以後であると考えられるので、Did you go to Tokyo in February? と過去形で言うほかはない。
 そんなふうに考えてみたらどうだろうか。

コメント> 2011年08月27日 08:36:00 卒業生

 お忙しいのに早速のご教授ありがとうございました。
 すっきりしました。
 現役生ではないのにいつもすみません。
 受験生ではないけれど道場主の講義を受けてみたいといつも思っています。


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611  
Posted by eg_daw_jaw at 08:04 エッセー・雑文など(私生活編) 

August 25, 2011

八月花形歌舞伎@新橋演舞場(2011・8・24)

 昨日は、例によって月一回の歌舞伎観劇で新橋演舞場・第3部(18時〜)へ。
 先月に続いて二度目のイヤホンガイドなしの観劇だったが、ガイドがないならないなりに何とかなるものであることがわかった。
 端役の役者の名前がわからない不便は否めないが、せっかく補助輪を外して乗り始めた自転車のようなものだから、今後もイヤホンガイドに依存する観劇に戻ることはないようにしたい。

(1) 田中青滋作:宿の月
    おつる:中村扇雀  亀太郎:中村橋之助

 初めて観る演目ではあったが、いたってわかりやすく、扇雀と橋之助のひょうきんな演技が微笑ましくて楽しかった。
 しかし、これはディナーに喩えれば前菜ようなもの。メインディッシュはやはり次の演目だった。

(2) 三遊亭円朝口演怪談乳房榎(かいだんちぶさのえのき)四幕七場
    うわばみ三次・下男正助・菱川重信・三遊亭円朝:中村勘太郎
    重信妻 お関:中村七之助  住職 雲海:片岡市蔵  磯貝浪江:中村獅童

 一昨年の8月に観て以来の2度目になるが、今回の主役は勘三郎ではなく、長男の勘太郎だった。
 父親と比べてどうせ見劣りがするだろうと見くびっていたが、なかなかの熱演には感心した。
 一人で何役も演じる早替わりはとても初役とは思えないほど見事なもので、どこでどう替わったのかわからない場面が何度もあった。
 台詞を聴いていると、お父さんの勘三郎ではないかと錯覚するほど酷似しているように思えたが、考えようによっては父親をなぞって演じていると言えなくもなかった。
 それでも、楽しく充実した夕刻を過ごすことができたのは紛れもない。


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611  
Posted by eg_daw_jaw at 06:48 エッセー・雑文など(私生活編) 

August 24, 2011

質問の礼儀

 「質問があります3つです」と予め質問の個数を断る受講生は概ね、質問の内容がよく整理されていて回答に対する理解度も高い。

 ダメなのは「質問があります」と言った後、テキストやノートで徐(おもむろ)に質問の箇所を「どこだったかな」と言いながら探し始めるものの、なかなか見つからないというタイプ。
 「質問があります」と言われた側は、パソコンで原稿を書いている手を休めて直ちに回答する態勢に入るが、ごそごそと質問の箇所を探し始めたきり、一向に肝心の質問が始まらないのだから迷惑する。

 一つの質問に対する回答が終わったときに、「もう1つあるんですけど、いいですか」と言う受講生がいるが、「そんなことを言うと、2つめからはカネを取るぞ」と冗談を言いたくなる。
 「いいですか」という疑問形で来られると、「もしダメだと答えたらどうするんだ」と言って絡みたくなるので、ただ「もう1つあります」と言ってくれるだけでよい。
  
 「質問がありますたくさんあるんですけど、いいですか」と予め言うときに限って大してたくさんではなくて、意外に短時間で終わる。
 逆に、本当に辟易(へきえき)するほどたくさんあるときは、「たくさんあるんですけど」という断りがない。

 「テキストの質問じゃないんですけど、いいですか」と受講生が言ってきたときに、それが学校の宿題だったり、提出前の通信添削の問題だったりすることがあるが、予備校講師はそういうものの質問にまで答える義理はない。それに第一、宿題や通信添削の問題は、他人に手伝ってもらってやるものではない。


コメント> 2011年08月26日 01:08:08 こうせい

 最近このブログのことを駿台で聞いて道場主の論理的で分かりやすい解説に感動し、昔の記事から読ませていただいてたのですがどうしても理解できない点が2つほど出てきたのでここで質問させていただきます。
 ご迷惑かもしれませんがもしお答えいただけたら嬉しいです。

 There (   ) said to be 3000 languages in the world.
  A. is   B .are

 これの答えは B とのことだったのですが、これは It is said that he is a rich man.を He is said to be a rich man. に書き換えれるのと同じように、It is said there are 3000 languages in the world. を There are said to be 3000 languages in the world. に書き換えたものだからだと納得は出来ます。
 ただ it is said に関する道場主の最近の記事での説明だと、この書き換えでは、主節の受動態の is said を助動詞として用いることで書き換えると理解しました。
 ただそれだと It is said there are 3000 languages in the world. を書き換えた場合は There is said to be 3000 languages in the world. になるのではないでしょうか?

 それともう一つなんですが
 He is (   ) musician, that brother of his.
  A. not   B. no

 これも答えが B なのは A だと musician に冠詞がいるからだと理解はしたんですが、その後に書いてある that brother of his の訳しかたがどうしても分からないので教えていただけませんでしょうか?

 解説のない道場主の過去の問題を質問するのは本当に失礼だとは思いますが、少し自分の英語力を試したくて問いてしまいましたので、以後気をつけますのでもしよろしければ今回はお教えしていただきたいです。
 よろしくお願いします。

回答> 道場主

 一つ目の質問に関して、there is 構文主語は there ではなく 3,000 languages という三人称複数だから、述語動詞にあたる部分は are said to be であって、is said to be ではない。

 二つ目に関して。
 that brother of his は、文頭の He とは誰のことであるかを説明するためのもの。
 所有形容詞his指示形容詞that を用いて、his that brother や that his brother とするわけにはいかないのは、brother を限定する determiner限定詞)が2個あってはいけないからにほかならない。
 that brother of his の his は his brothers に代わる所有代名詞独立所有格)で、一人称単数なら my ではなく mine に相当するもの。
 この表現における that は、指示形容詞として brother of his を限定する determiner限定詞)になっているので、「彼の兄弟たちのうちのあの一人」、つまり「彼のあの兄弟」となるが、日本語としては「兄」か「弟」のどちらかに決めないと気持ち悪いので、現実には「彼のあの兄」か、または「彼のあの弟」というところに落ち着く。

コメント> 2011年08月26日 11:16:45 こうせい

 解説ありがとうございます!

 一つ目の方は根本的に勘違いしていたみたいでよく考えたら分かるものでしたね…。すいません…。
 2つ目は He と his について頭の中でしっかり考えることができてませんでした。とても納得出来ました。
 改めてありがとうございました。

コメント> 2011年08月26日 15:21:12 こうせい

 何度もすいません…。
 後一つだけ気になる点があったので質問させていただいてもよろしいでしょうか?
 これで本当に最後です。
 You can't just do nothing and wait for happiness to come to you. という英文ですがこの文はどのような訳になるのでしょうか?
 nothing だけですでに文を否定するのにさらに can't が続いていてなんとも理解できません。
 さらに can't の場合、このように文をつなぐ時は or であったような気がするのですがどうでしょうか?
 この文が正しい文なのであれば訳を教えていただけると幸いです。
 本当に面倒だと思いますがよろしくお願いします。

回答> 道場主

 just do nothing and wait for happiness to come to you 「何もせずに(→手をこまねいて)幸せが自分に訪れるのを待つだけ」という全体を can't否定する。

 ここは、not + (either) A or B 「A も B もない」という全体否定ではなく、また、not + (both) A and B 「A と B の両方ということはない」という部分否定でもなく、「A and B」というセットになった一つの行為否定するものと考える必要がある。

コメント> 2011年08月26日 18:35:55 こうせい

 なるほど!
 そういうことだったんですね!
 and の前で切って考えてしまってました…。
 本当にありがとうございました!


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611  
Posted by eg_daw_jaw at 06:40 勉強法・合格作戦など 

August 23, 2011

質問する権利も受講料のうち

 予備校生にとって、授業を聴いた後で何か疑問があるときには積極的に講師に質問して、わからなかったところをわかるようにしてしまわなくてはいけないのは言うまでもないが、それを怠る受講生は決して少なくない。
 もちろん、授業を聴いただけですべて理解してしまうのが理想であるし、疑問が何一つなければ質問する必要はもとよりないが、わからないことが残っているのに、質問もしないでわからないまま放置するのは、およそまともではない。
 予備校で学ぶ受講生にとって、質問する権利もまた受講料のうちであると解すれば、その権利を行使しないと大きな損失になってしまう。
 講師に依存する一方ではいけないが、質問などしてよい意味で講師を利用するのは、学力向上のためには欠かすことができない。
 質問されるのを嫌がる講師が絶対にいないとは限らないが、多くの講師は質問されることを歓迎する。質問が多すぎて処理しきれないのは困るが、少なすぎるのも寂しい。
 ただし、講師として質問に答える義務があるのは、担当している授業とテキストに関するものに限られる。それ以外のものについての質問には好意で答えることはあるとしても、それは決して義務ではないので、講師には断る権利がある。
 自身について言えば、学参や学内の模試についての質問には原則として応じることにしているが、現役生が学校で課された宿題、提出前の通信添削の問題、他の予備校主催の模試などについての質問はお断りということにしている。
 また、ほかの講師が授業で担当しているテキストの質問には、当該の講師が不在のときには、差し障りがないと判断できる限りは答えるが、そうでないと考えるときは断るのを原則にしている。
 ましてや、担当講師が同席しているときに、その講師を差し置いて答えるようなことは絶対にしない。逆のことを他講師にやられて大きな迷惑を被ったことがあるので、なおさらこれだけは譲れない。


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611  
Posted by eg_daw_jaw at 06:50 勉強法・合格作戦など 

August 22, 2011

添削の皮肉

 和文英訳の授業の後で、毎週のように「添削をお願いします」と言って、授業で示した模範例とは似ても似つかない訳を書いたノートを持参する受講生がたまにいるが、そのタイプは残念ながらいつまでたっても一向に進歩の跡が見られない。
 それは、模範となる英短文インプットを怠って、現状の乏しい不正確な知識を駆使して自己流で書いたものを講師に丸投げしているからにほかならない。
 そういうことを繰り返して「熱心に勉強している」という自己満足感だけ得ても、肝心の英作文力が伸びないのであれば、やっていることに意味がないどころか、まったくの無駄ということになってしまう。

 また、授業とは別に、自分が受験する大学の過去問の英作文や自由英作文の問題に答えて自分が書いたものを添削してもらえないかと持参する受講生もいるが、その依頼をする受講生の答案で添削に値するレベルに達していることはまずない。
 三単現のsをつけ忘れているくらいならまだしも、ほとんど英文の体(てい)を成していないものを書いて、それを一つ一つ直してもらったからといって英作文力が上がっていくはずもない。
 逆に、添削することによって力をいっそう伸ばすことができるレベルの答案が書けるくらいになっている場合は、他人に見てもらうまでもないので添削の依頼をする必要がない。
 こうして皮肉にも、添削を依頼する者の答案は添削に値するレベルにはなく、逆に、添削に値するレベルの答案が書ける者は添削を依頼してこないというのが現実であるとすれば、「添削をお願いできないでしょうか」と求める受講生には「それには応じられない」と言って断っても支障はないことになるが、少なくとも添削を依頼する側は、数多くの英短文をしっかり憶えて使えるようになっているのでない限り、「自分の書いた英文を見てください」と言って他人に見せるのはまだ早いと考えたほうがよいと思う。


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611  
Posted by eg_daw_jaw at 08:40 勉強法・合格作戦など