June 30, 2012

be easy to 〜やbe hard to 〜の約束事

 It is hard to please my boss. という仮主語構文真主語にあたる to不定詞句に含まれる他動詞目的語である my boss を主語とする文に書き換えると、My boss is hard to please. という文ができるが、その場合、文の主語である My boss は、後続の to please意味上の目的語をかねるので、to不定詞句の中には改めて目的語として him という代名詞を必要としない。

 It is hard to please my boss.
My boss is hard to please.(×My boss is hard to please him.)

 ただし、書き換えることができるからといって文意が同じというわけではない。
 It is hard to please my boss. が「私の上司のご機嫌を取ること」について述べる文であるのに対して、My boss is hard to please. は「私の上司」について述べる文だから、そもそも同義であるはずがない。

 (a) It is hard to please my boss. 「私の上司のご機嫌を取ることは難しい」
   ≠My boss is hard to please. 「私の上司は気難しい(←ご機嫌を取りづらい)」

 次の例についても同様。

 (b) It is easy to talk to Mr. Yamada. 「山田さんと話すことは容易である」
   ≠Mr. Yamada is easy to talk to. 「山田さんは話しやすい<相手である>」

 (c) It is impossible to work with Mr. Yamada. 「山田さんと一緒に仕事をすることは不可能である」
   ≠Mr. Yamada is impossible to work with. 「山田さんは一緒に仕事をすることが不可能<な相手>である」
     (仕事の能力にも劣り、性格も悪い山田さん?)


コメント> 2012年07月02日 07:13:08 ya

 フツーの参考書と違い、「イコール」にしておらず、キチット説明が書いてくださっているのが、道場主流。


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611  

Posted by eg_daw_jaw at 06:26 通常授業 

June 29, 2012

too good a chance

 このチャンスを逃す手はない。
→This (a / chance / good / is / miss / to / too).

 「このチャンス」という字面どおりに This指示形容詞として用いて This chance is too good to miss. 「このチャンスは、逃すにはよすぎる」(直訳)とすれば、a が余ってしまう。
 詰将棋ではすべての駒を使い切るのがルールになっているが、それと同様に整序英作文でも、特に「1語除外」のような条件がついているのでない限り、すべての語を使い切らなくてはいけない。
 確かに、大道将棋(だいどうしょうぎ)では、例えば「7手詰み。ただし、歩が1個あまり」というのが許されるが、それは正当な詰将棋では認められない。

 ここは、This指示代名詞として用いて、This is too good a chance to miss.「これは、逃すにはよすぎるチャンスである」(直訳) とするが、too good a chance という語順が一風変わっている。
 しかし、「aan を伴う単数名詞」と、それを修飾する 「too (または as / so / how)+形容詞」を組み合わせるときには、重要度の低い語と高い語を交互に並べて弱と起伏(きふく)のある発音をするために too good a chance という語順になるのが慣用だから、それ従わざるを得ない。

正解・完成文This is too good a chance to miss.


 ところで大道将棋では、詰める側にもがいて、そのの前にいるを斜めに進めて相手のを詰めたと思ったら、ちょうど敵方の香車の道が開いて逆にを突き刺されて負けという仕掛けがしてあったりするところがインチキとはいえ面白い。


拍手コメント> 2012.07.02 07:10 ya

 大道将棋…なるほど。


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611  
Posted by eg_daw_jaw at 06:28 通常授業 

June 28, 2012

肯定文の仮面を被った否定文

 The table was too heavy for me to carry.
→そのテーブルは、私が運ぶには重すぎた。
→そのテーブルは、すごく重くて私には運ぶことができなかった。
The table was so heavy that I couldn't carry it.

 こう考えれば、tooto構文は、「肯定文の仮面を被った否定文」と呼ぶことができる。
 また、冒頭の文では、The table が主語であると同時に to carry意味上の目的語をかねるので、文末には改めて it という目的語を必要としないが、sothat否定文の場合は、that節の中が完全文でないといけないので、couldn't carry の後には別途 it という目的語が必要になる。

 tooto構文が「肯定文の仮面を被った否定文」であることをもとに、入試の出題者は、いかにも否定文と見せかけてtooto 〜を用いる肯定文を解答として求める整序英作文条件付き英作文の問題を出すことが多いが、上のような事情がわかっていれば正解を出すのは造作もない。

問題)そのテーブルは、すごく重くて私には運ぶことができなかった。
    The table was (carry / for / heavy / I couldn't / it / me / to / too).
    (2個除外)

正解)too heavy for me to carry (I couldn't と it を除外)
完成文The table was too heavy for me to carry.


拍手コメント> 2012.06.28 07:15 Y.

 「肯定文の仮面を被った否定文」←こういう捉え方をできるところが、一流教師と凡庸教師(=私)との違い。

コメント> 2012年06月28日 10:34:09 Ka

 質問です。
 「・・・運ぶには重すぎたよ。」例えばこれが実際には重くても運んだと後から言っている状況の場合、too〜to...を利用するのは不適切でしょうか。

回答> 道場主

 肯定文の仮面を被った否定文である以上・・・。


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611  
Posted by eg_daw_jaw at 06:20 通常授業 

June 27, 2012

仮定法の文中の仮定法でない動詞

和文英訳

 「もう封筒がない(“I have run out of envelopes”/ “I am already out of envelopes”)」と言ってくれていたら、コンビニへ行った時に買ってきたのに。

(1) You didn't say to me, “I have run out of envelopes.”(直接話法
 →You didn't tell me that you had run out of envelopes.(間接話法

(2) You didn't say to me, “I am already out of envelopes.”(直接話法
 →You didn't tell me that you were already out of envelopes.(間接話法

 ここは、「You didn't tell me that … という過去の事実」に反する仮定を表す仮定法過去完了if節と、その仮定のもとでの過去の結果を表す帰結節からなる文を用いる。
 また、「買う」のは「一枚封筒」なら an envelope / one envelope に代えて代名詞one を、そして「数枚封筒」なら some envelopes に代えて代名詞some を用いるが、ここは数枚まとめて買うと考えるのが妥当だろう。

訳例

(1) If you had told me that you had run out of envelopes, I would have gotten some when I went to the convenience store.
   (you had run out of …は仮定法過去完了ではなく、過去の結果を表すためのふつうの過去完了形
(2) If you had told me that you were already out of envelopes, I would have got some when I went to the convenience store.
   (you were already out of …は仮定法過去ではなく、過去の状態を表すためのふつうの単純過去形

 get過去分詞形は、got(主として英)と gotten(主として米)の二つある。


拍手コメント> 2012.06.28 07:13 Y.

 緻密でしかも、分かりやすい!


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611  
Posted by eg_daw_jaw at 06:24 通常授業 

June 26, 2012

前期の復習は前期中に

 予備校生が「前期の復習を夏休みにやります」と言えば聞こえがよいが、どこかおかしくないか。

 もちろん復習をすることが悪いのではない。問題はそれをする時期にある。
 前期復習前期中にやらないで、なぜ悠長に夏休みまでお預けにするのか。

 もしも前期に受けた授業の復習夏休みにするのであれば、夏休み中に受ける夏期講習復習後期になってからすることになる。
 そればかりか、続く後期に受ける授業の復習冬休みに、また、冬休みに受ける冬期講習復習入試直前に、そして入試直前期に受ける直前講習復習入試が終わってからするというように、ことごとく後手を踏むことになってしまう。

 それを考えれば、「前期の復習を夏休みにやる」ということがいかにおかしなことであるかがわかる。当ブログの読者に関する限り、前期に受けた授業の復習は前期中どころか、授業中に終わっているはずだから、何ら心配はないだろうと思うが。


コメント> 2012年06月26日 07:20:14 Y.

 前期中どころか、授業中に終わっているはず⇒授業中に、学習が完結するのは、S層(ベネッセの区分でいう、最難関合格層)の特徴。こうだと良いですね。


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611  
Posted by eg_daw_jaw at 06:50 勉強法・合格作戦など 

June 25, 2012

wishの後の仮定法

(a) I wish I were as tall as he is.
   「私は、彼ほどの背丈があればいいのにと思う」
 
 wish の目的語となる that節thatは概ね省略される)は、ここでは「I am not as tall as he is という現在の事実」に反する仮定を表す仮定法過去で I were as tall as he is となるが、この際、比較の対象を示す as he is の部分は事実を事実どおり伝える部分なので仮定法にはならない。

 また、「主語Iwish現在形」という条件を満たす場合は、If only から始まる感嘆文への言い換えが可能になる。

 cf. If only I were as tall as he is!
    「もしも私に彼ほどの背丈がありさえしたらなあ!」

 ところで、wishが 過去形の wished に変っても、その目的語となる that節仮定法過去は変わることがない。つまり仮定法過去完了にはならない。
 as if の後の仮定法の場合と同じく、「主節の動詞が示すのと時間的に同時の事実」に反する仮定なら仮定法過去を、そして「主節の動詞が示すのより時間的に前の事実」に反する仮定なら仮定法過去完了を用いる。

(b) I wished again and again that I were as tall as he was.
   「私は、彼ほどの背丈があればいいのにと何度も思った」
 
 ただし、比較の対象となる as he is は、wished という主節の過去を表す動詞に時制一致させてas he was とする。
 

読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611  
Posted by eg_daw_jaw at 06:26 通常授業 

June 24, 2012

判官贔屓

 アウンサン・スーチー小沢一郎。この二人には何のつながりもないが、どちらも迫害を受けてきた、または受けているという点では共通しているように思う。
 そして、昔から最多数の支持を受けるような断然人気の対象が嫌いな天邪鬼(あまのじゃく)ゆえに、何かと判官贔屓(ほうがんびいき)をする性分なので、政治信条がどうであるかに関係なく、この二人をどうしても応援したくなる。
 また、テレビドラマとはいえ、キャリアの警察官僚でありながら迫害されて特命係という日陰に追いやられている杉下右京に共感を覚えるのもしかり。
 そういえば、我が英文法道場も今までにあれこれと迫害を受けてきたと言えなくもなく、またそのおかげで、その都度それを跳ね返す力をつけて曲がりなりにも強くなりながら生き延びてきたと思っているが、そういう被害妄想的な考えをするのは、現在かつてなかったほど強度の鬱状態に陥っているからに違いない。しかし、それをこうして書くことができるくらいまでには立ち直ったので、このまま復活できればよいと思う。
 同じ迫害を受けた者として、アウンサン・スーチー小沢一郎杉下右京に仲間意識を覚えると言えば、「自意識過剰も甚だしい」と言われかねないが、それならそれで一向に構わない。

 競走馬でも、実力を伴う人気馬なら、たとえ1番人気でも嫌いではないが、実力を上回る1番人気馬は昔から大嫌いなので、どうしても本命党ではなく中穴派になるのはやむを得ない。
 今日の宝塚記念は、阪神大賞典で不可解な走りをして調子を崩したせいか天皇賞を凡走した11オルフェーブルの取捨が難しいが、相変わらずの1番人気なら、これを嫌うのが天邪鬼真骨頂(しんこっちょう)。はたして結果は如何に。


レース結果> 

 オルフェーブルの圧勝。わずか一度の凡走だけで4冠馬を見限るのは軽率だった。


拍手コメント> 2012.06.24 22:26 Y.

 先生、少なからぬ数の“信者”もいますよ(笑)。

コメント> 2012年06月25日 10:37:31 元駿台生

 僕も小沢一郎氏を、もう20年近く支持しています。
 何度も「小沢一郎はもう終わった」と言われながら、未だに新聞の一面トップを飾り続ける稀有な政治家です。
 「人気がある」とされる政治家は大勢いますが、ここまで賞味期限の切れない方はいないでしょう。
 今週も、また永田町の動向から目が離せません。

コメント> 2012年06月26日 17:01:14 たかのつめ

 物事には表と裏があります。ミャンマー軍事政権は欧米からは悪しざまに非難されますが、民族独立主義を貫いて欧米資本の蹂躙を阻止していることも事実です。スーチー女史は遺伝子的にはミャンマー人といえるかもしれませんが、思想信条思考方式は完全にイギリス人です。彼女が政権をとれば、英米資本が進出して、ミャンマー国民は窮乏化していくことになるでしょう。
 小沢が迫害されているという見方は道場主特有のユーモアか皮肉と考えた方がよさそうですかな?!


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611  
Posted by eg_daw_jaw at 07:44 エッセー・雑文など(私生活編) 

June 23, 2012

as ifの後の仮定法

(a) The boy talks as if he were already an adult.
   「その子は、まるでもう大人であるかのような口を利く

 if節の he were already an adult は、「he is not an adult yet という現在の事実」に反する仮定を表す仮定法過去にほかならないが、そのif節による仮定のもとでの「未来」の結果を表す帰結節にあたる he would talkasif の間に省略されていると考えることができる。

 The boy talks as (he would talk) if he were already an adult.
  「その子は、もしすでに大人であるなら話すであろう)と同様に話す」

 ここから、The boy talks と同一の SV にあたる he would talk を省けば、冒頭の文になる。

 ところで、talks を過去形の talked に替えて「その子は、まるでもう大人であるかのような口をきいた」と言う場合でも、as if の後の仮定法過去は変わらない。つまり、仮定法過去完了にはならない。

(b) The boy talked as if he were already an adult.
   「その子は、まるでもう大人であるかのような口を利いた

 as if の後は、「現在の事実に反する仮定」は仮定法過去、そして「過去の事実に反する仮定」は仮定法過去完了と考えるのではなく、「主節の動詞が示す時間と同時の事実」に反する仮定なら仮定法過去、そして「主節の動詞が示す時間よりの事実」に反する仮定なら仮定法過去完了を用いるのが正しい。
 ここは、例えば「話した」のが昨日なら、「まだ大人でなかった」のも同じ昨日のことなので、仮定法過去を用いることになる。

 cf. When a player on the other team fouled John, John acted as if nothing had happened and hit him back.
    「相手チームの選手がジョンに反則行為をした時、ジョンはまるで何事もなかったかのようにふるまって相手を殴り返した」
     (「ふるまった」のよりも、「何かが起こった」ほうが時間的に


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611  
Posted by eg_daw_jaw at 06:28 通常授業 

June 22, 2012

授業の満足度は受講生の被教授力次第

 今週の火曜日は、蒸し暑くて授業の滑舌も悪く、すっかり鬱気分に陥ってしまったが、帰宅したらそれに追い打ちをかけるかのように、見たくもない前期の受講アンケートを集計したものが当局から送られてきていた。
 満足度の項目で「大変満足」と「ほぼ満足」を合わせた数字だけで8割方を占めない限りたちまちにして劣等講師のレッテルが貼られるので、そうならないように今できる最大の努力を払って授業をしてるが、満足度の数字は講師の「教授力」だけで決まるものではなく、アンケートに答える側の受講力、言い換えれば「被教授力」によって大きく左右されるので如何ともしがたい。
 また、「普通」という選択肢は、本来は「可もなく不可もなし」を示すものであるはずなのに、うちの会社では「やや不満」や「非常に不満」と同様にマイナス点の扱いを受けるので、その数字が多いだけでも叱責の対象になってしまう。
 自分としては依然として「教授力」は上がり続けていて、去年より今年のほうが多数の受講生にとってわかりやすくて満足な授業をしている思っているが、アンケートの数字は、それを示しているとは言いがたい。
 まだ未熟駆け出しの頃であれば、満足度が低くても当然として素直に受け入れることができたが、当時と比べて教授力知識も何倍も優っていると確信している今の授業に対して「不満」と言われてもなかなか納得できるものではない。
 現実には、担当している高3クラスのすべてと高卒クラスの一部では「やや不満」も「非常に不満」も皆無であるだけでなく、「大変満足」と「ほぼ満足」を合わせた数字だけで大半を占めているのに対して、多くの高卒クラスでは少数とはいえ「やや不満」と「非常に不満」がちらほら散見されるだけでなく、「普通」というマイナス点も少なくない。
 もし自分の授業が本当に下手くそレベルが低いのであれば、「大変満足」と「ほぼ満足」だけで大半を占めるクラスなど存在し得ないはずだと思うが、同一クラス内で受講生の学力差が甚だしいのであれば、同じ授業を聴いて「大変満足」と感じる受講生が一定数いる一方で、それとは反対に「非常に不満」と感じる受講生が少数でも存在するのは仕方がないことなのかもしれない。
 例えば、学力が中位以上の受講生にとっては「理路整然としていてわかりすい」として満足できる授業でも、学力が最下位層の受講生には「理屈っぽくてわかりにくい」という不満足な授業でしかないということは十分にあり得る。
 それにしても、「非常に不満」と思っていながら授業に出席し続けて聴いていられる忍耐力は決して捨てたものではない。この忍耐力を活かせば、辛い受験生活を乗り切ることなど造作(ぞうさ)もないと思うので、ぜひ頑張ってもらいたいと思う。

 ところで、受講生は、自分の年齢より15歳くらい上の講師の言うことを最も受け入れやすいらしいので、30代前半の講師が最も有利であることは否めず、その点、年齢差が15歳の3倍を超えるほど上の講師の言うことなど聴きたくもないということもあるかもしれない。
 また、講師も歳を取って枯れてくれば、それで人気が上がることがあるとも聞いているが、自分の場合は枯れるどころか、年齢不相応に元気がよすぎるところがアダになっているということも考えられる。

 火曜日から水曜日にかけてずっと心が鬱気分だったが、木曜日に授業をしているうちに、「まだまだやれる」という自信を取り戻したので、こうして以上のような記事を書くことができた。


拍手コメント> 2012.06.22 07:07 昼行灯教員

 高校でも、数学や物理の授業で理路整然と説明をすると「理屈っぽくてわかりにくい。受験に出る問題の演習をしてくれ」と3年生の理系クラスで言われることがごく普通の光景になっていますから、英語ではなおさらなのでしょう。
 いくら点をとったって、実力がないと意味がないと思うのですが・・・

コメント> 2012年06月22日 07:47:03 Y.

 昔もいなかったとは言いませんが、今の方が、テレビを観る感覚で授業を受ける学生が多いかも知れません。テレビ以上に刺激の強いもの(例えば、携帯や小型ゲーム機)があふれる中で、勉強とは、続けていくなかで、次第に面白くなり、授業も分かりやすいという感覚を持ってもらえると良いのですが…。何せ、漫才をやっている訳ではありませんから。


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611  
Posted by eg_daw_jaw at 06:36 エッセー・雑文など(予備校編) 

June 21, 2012

六月大歌舞伎(2012・6・20)@新橋演舞場

 昨日は月1回の歌舞伎観劇に新橋演舞場の昼の部へ。

(1) 岡本綺堂作 市川猿翁演出:「小栗栖(おぐるす)の長兵衛
   百姓 長兵衛:市川中車  堀尾茂助吉晴:市川段次郎改め市川月乃助
   巫女 小鈴:市川春猿  おいね婿 七之助:市川門之助  
   長兵衛妹 おいね:市川笑三郎  馬士 弥太八:市川右近  
   庄屋 与茂作:市川欣弥  僧 法善:市川猿弥  
   長兵衛父 長九郎:市川寿猿

 香川照之として映画俳優のキャリアはあるにしても、46歳になって歌舞伎デビューするという度胸にまず頭が下がる。その前に中国で京劇に挑戦して高い評価を得たと聞いているので、歌舞伎でも成功するに違いない。中途から歌舞伎界に入ることについて、一部に快く思っていない人もいるらしいが、何よりも観客という心強い味方がいる

(2) 初代 市川猿翁 三代 市川段四郎 五十回忌追善
  二代目 市川猿翁 四代目 市川猿之助 九代目 市川中車 襲名披露
  五代目 市川團子 初舞台
  「口上
   舞台に向かって左から
    市川右近 市川猿弥 市川春猿 市川笑三郎 市川笑也 
    初舞台 市川團子  初御目見得 市川中車
    猿之助改め 市川猿翁  市川亀次郎改め 市川猿之助
    市川段四郎 坂田藤十郎 坂東彌十郎 市川門之助 
    市川寿猿 坂東竹三郎 片岡秀太郎

 芝居よりも口上のほうが、役者は緊張するのではないか。
 予備校講師である自分に置き換えてみると、テキストと黒板を使って授業をするのは造作もないが、講師が何人か聴衆の前に並んで挨拶や自己紹介をする場面でもあれば、その場合はかなりの緊張を強いられると思う。
 46歳で歌舞伎の初舞台を踏む市川中車も、6月5日の初日の口上ではずいぶん緊張して力んだしゃべりをしているのをテレビで観てその大変さに同情したが、公演16日目の7月20日にもなるとすっかり慣れてそつなくこなしているので安心した。
 また長男のの市川團子は、まだ8歳だというのに度胸が据わっているだけでなく声がよく通るのには感心した。
 「父親の中車よりも間を取るのが上手く、滑舌のよいのは祖母で女優の浜木綿子譲りである」と、すでに2度観ている歌舞伎観劇の先輩から聞いていたが、実際に目の前でそれを確認することができた。末は空恐ろしい役者になることが期待されるので、ぜひ長生きをしてそれを目撃したい。

(3) 「義経千本桜・川連法眼館
   佐藤忠信・源九郎狐:市川亀次郎改め市川猿之助  
   源義経:坂田藤十郎  静御前:片岡秀太郎  
   駿河次郎:市川門之助  亀井六郎:市川右近
   川連法眼:市川段四郎  飛鳥:坂東竹三郎

  「義経千本桜」は、他の演者のものを何度も観ているが、今回のものもは、四代目 猿之助らしくフィナーレが派手で見事の一語に尽きる。


コメント> 2012年06月21日 07:23:02 ya

 芝居よりも口上のほうが、役者は緊張するのではないか。
→プロでも緊張する…。分かる気がします。


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611  
Posted by eg_daw_jaw at 06:40 エッセー・雑文など(私生活編)