September 30, 2013

新説:itの複数形?

誤文訂正

×I looked for purple shoes, but I couldn't find ones.

 ones は形容詞を伴うことなく単体では用いることができない。ここは、any purple shoes から、既出の名詞の反復にあたる purple shoes を省いて、any を代名詞として用いる。

正解) ones→any
完成文) I looked for purple shoes, but I couldn't find any.
       「私は紫色の靴をしたが、見つけることができなかった」

受講生ones では変だと思って its にしました。
道場主its って何だ?
受講生it複数形です。
道場主:君、面白いことを言うなあ。
受講生:何がですか。
道場主itsit所有格なんだ。複数なんかじゃない。複数them だよ。
受講生:あっ、そうか。恥ずかし〜い!
道場主したのが、特定複数the purple shoes 「その紫色の靴」なら them を使って、たとえば I looked for the purple shoes in the closet, but I couldn't find them. となるけど。
受講生:そうですね。


拍手コメント> 2013.09.30 12:37 y

 むづッ!


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611

  

Posted by eg_daw_jaw at 07:00 通常授業 

September 29, 2013

久々の嬉しい報告

受講生:先生、ありがとうございました。
道場主:いきなりどうしたんだ。
受講生:夏の道場を受講した後で「英文法 基本300」をやったんですけど、おかげで今まで苦手だった文法ができるようになったんです。それが嬉しくて報告に来ました。
道場主:それはよかった。
受講生:今では文法問題が8割はできます。
道場主:なんだ、10割じゃないのか。
受講生:でも、前期に2割しかできなかったことを考えれば、夢のようです。
道場主:それはそうだけど、余裕で10割になるようにもうひと踏ん張りだな。
受講生:そうですね。
道場主:ところで、君はどこのクラスだ?
受講生:高3Sです。
道場主:僕が出てないコースか。
受講生:はい。でも夏の道場で先生の授業を聴いて大きく変わりました。
道場主:それは、君の選球眼がよかったからだよ。選球眼の悪いヤツは絶好球道場を見送ってしまうけど、君はしっかり選んでバットを振ったからヒットが打てたんだ。
受講生:文法がわかるようになってからは、読解問題も安定して点が取れるようになりました。
道場主:そりゃそうだよ。文法の知識がないと、読解問題なんか、英文が読めてなくて勘で解くだけだから、的中率が全然あてにならないけど、文法の土台ができると、英文をちゃんと読んで解くようになるから、成績が安定するんだ。
受講生:そうですよね。
道場主:あとは、紙の辞書をどんどん引きながら読む量を増やせば、勉強量に比例して語彙力を含めて読解力が上がるから大丈夫。君がどれだけ量をこなすかですべてが決まるんだ。
受講生:はい、頑張ります。ありがとうございました。


拍手コメント> 2013.09.30 12:39 暴投教師

 うむうむ ...


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611

  
Posted by eg_daw_jaw at 06:04 エッセー・雑文など(予備校編) 

September 28, 2013

none と no one / nobody / nothing

 none は、noone複合したものに見えるが、そのくせ、one と違って、可算名詞だけでなく不可算名詞を指す代名詞としても用いることができる。
 しかも、指すものが「」でも「」でもよいというところが、「」だけに限定される no one / nobody や「」だけに限定される nothing とは違う。
 それだけでなく、no one / nobody が「人が誰もいない」、nothing が「物が何もない」という意味を表すのに対して、none は、でもでも、ある種類だけに限定して、そのゼロであることを言うために用いる。

(a) No one knows if there is life on other planets.
   「他の惑星に生命が存在するかどうか、誰にもわからない」
(b) Doing nothing is doing ill.
   「小人閑居して不善を成す」
(c) “How many students came?” “None did.”
   「生徒は何人来ましたか」「<生徒は>一人も来ませんでした」
    (No students→〇None / ×No one / ×Nobody
(d) “How much gasoline is there left in the tank?” “None, I’m afraid.”
   「タンクにガソリンはどれくらい残ってるの?」 「<ガソリンは>全く残ってないよ、あいにく」
    (No gasoline→〇None / ×Nothing


拍手コメント> 2013.09.30 12:41 A

 な〜んだ(noneだ)


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611

  
Posted by eg_daw_jaw at 07:00 通常授業 

September 27, 2013

ひとの嫌がること

 9月26日号の讀賣新聞に掲載のコラム:「編集手帳」によれば、小学校で先生が児童に「ひとの嫌がることを進んでしなさい」と教えたところ、ある男の子は女の子のスカートをまくって歩いたという。
 先生は「ほかの人が嫌がってやりたがらないことを、嫌がることなく自ら進んでやりなさい」という意味で言ったのに、その男の子は「ほかの人がされると嫌がることを、相手構わずどんどんやりなさい」という意味に解したために、このような事態になったに違いないが、その子が、先生の御墨付(おすみつき)をもらったのだからと、喜々としてスカートまくりに励んだ姿を思い浮かべると、可笑しくてつい笑ってしまう。
 しかし、考えてみると、「ひとの嫌がること」という言い方にも問題がある。先生は「ひとが嫌がってやりたがらないこと」と言うべきであったが、そう言わなかったために、その子は「ひとが嫌がってやられたがらないこと」という意味に解してしまったのも無理はない。

 こうした取り違えで思い出すのは、「情けは人の為ならず」という格言で、これは「他人に情けをかけておけば、巡り巡って自分によい報いが来る。情けは結局、他人のためではなく自分のためになる」ということから、他人に情けをかけることを奨励するものであるのに、それを「他人に情けをかけると、その人はいつまでも自立できない。それでは本人のためにならないから、むやみに他人に情けをかけるべきではない」という意味に解する人が少なくないという。
 また、「住めば都」は、「住み慣れれば、どんなに貧しくて不便な環境であっても、それなりに住みよく思われるものである」という意味であるのに、「住むなら、やっぱり都会にかぎる。田舎には住みたくない」という意味であると思っている者がいるという話も聞いたことがある。
 ついでに、「役不足」は、「その人の力量に比べて役目が軽すぎる」ことを言うが、現実には「役目が重すぎて、その人ではとても務まらない」という意味に誤解して、「自分は役不足ですから」と謙遜のつもりで使う人が多いらしい。


コメント> 2013年09月27日 08:42:51 a

 「情けは人の為ならず」⇒こと受験に関して言えば、「学生に情けをかけるのは、本人のためにならない」という解釈は正論にも思えますが…(笑)。


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611

  
Posted by eg_daw_jaw at 06:28 エッセー・雑文など(私生活編) 

September 26, 2013

形容詞とone

(a) My brother bought a blue Frisbee, and I, a red one.
   「兄は青いフリスビーを、僕は赤いのを買った」

(b) Compared with similar houses, that one is of much higher quality.
   「似たような家と比べれば、あの家はずっと高級である」
    (that house→that one

(c) My car is the same model as Taro's, but his has a more powerful engine than mine.
   「僕の車は太郎のと同じ型だけど、馬力は彼の車のほうが僕のよりある」
    (Taro's car→×Taro's one / 〇Taro's
    (his car→×his one / 〇his)/(my car→×my one / 〇mine

 名詞人称代名詞所有格、つまり所有形容詞の場合は、後続の名詞の反復を避けるために代名詞として one を用いることはできない。「所有格名詞」の代わりには、「独立所有格」(Taro's / his / mine)を用いる。
   

(d) I think it is a big problem nowadays that Japanese rice is more expensive than American.
   「日本米のほうがアメリカ米より値段が高いのは現在大きな問題であると、私は思う」
    (American rice→×American one / 〇American (rice))

 rice不可算名詞なので、「」という数にあたる one という代名詞を用いて表すことはできない。ここは、形容詞の後の名詞を省くか、または敢えて繰り返すほかはない。


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611

  
Posted by eg_daw_jaw at 07:02 通常授業 

September 25, 2013

oneと冠詞

いじわる4択

Designing a machine that listens is much more difficult than making (   ) that speaks.
 A. a one  B. one  C. that  D. the one

 a machine that listens が比較される対象は、a machine that speaks にほかならないが、a machine という不特定単数の名詞を反復するのを避けるために用いる代名詞は、one であって a one ではない。
 one は形容詞を伴うのでないかぎり、a をつけることはできない。

 cf. She wore a red ribbon, and her sister a yellow one.
    「彼女は赤いリボンを、そして妹は黄色いリボンをつけた」

 また、a one は不可でも、the one なら、特定単数の代名詞として用いることができる。
 cf. “Which suit did Susan buy?” “She bought the one with the gold buttons.”
    「スーザンはどのスーツを買ったの?」「金ボタンつきのを買ったわ」
     (the suit with the gold buttons の代わり)

 また、thatは、次のように、同一の文の中に含まれる the単数名詞 の反復を避けるために用いる特定単数の代名詞なので、本問には適さない。

 cf. The population of Osaka is larger than that of Kyoto.
    「大阪の人口は、京都(の人口)より多い」
     (the population of Kyoto→that of Kyoto)

正解) B
完成文) Designing a machine that listens is much more difficult than making one that speaks.
       「音を聴く機械を設計するのは、言葉を話す機械を作るのよりずっと難しい」


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611

  
Posted by eg_daw_jaw at 06:46 通常授業 

September 24, 2013

itとone

 同じ不特定単数(a/an+単数)の名詞でも、話題に上ることによって特定単数に変れば、それを指す代名詞it となるが、話題に上っても不特定単数のままであれば、用いる代名詞one となる。
 初めは不特定でも、肯定文で話題に上れば、それによって特定するが、疑問文否定文では話題には上っても特定しないので、次のように代名詞の使い方に違いが出ることになる。

(a) I bought a camera last month, but I lost it yesterday.
   「先月カメラを買ったが、昨日失くしてしまった」
    (the camera I bought last month→it

(b) “Have you ever seen a koala bear?” “Yes. I saw one in Australia last year.”
   「コアラを見たことがありますか」「はい。去年オーストラリアで見ました」
    (a koala bear→one

(c) I haven’t got a nice desk, so I’m going to have one made.
   「いい机を持っていないので、作ってもらうつもりだ」
    (a nice desk→one

 
読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611

  
Posted by eg_daw_jaw at 06:53 通常授業 

September 23, 2013

thanの品詞は?

(a) His wife speaks English better than he does.
   「彼より奥さんのほうが、英語を話すのが上手い」
(b) His wife earns more money than he does.
   「彼より奥さんのほうが、稼ぎが多い」

受講生thanは、(a)では接続詞で、(b) では関係代名詞ですよね。
道場主:確かに、(b) を His wife earns [more money] than(O) he(S) does(V). と考えれば、thandoes (= spends) の目的語だから目的格の関係代名詞ということになるけど、more money than を、(a) の better than と同じように、「1番村2番村をつなぐ」と考えれば、どのみち同じ優等比較 (>) の表現であることには変わりはないんだから、than品詞が何であるかなんて、いちいち大騒ぎするようなことではないんだよ。

 His wife(S1) speaks(V1) English(O1) (M1)better than(M2) he(S2) does(V2 O2). (
 His wife(S1) earns(V1) (O1)more money than(O2) he(S2) does(V2). (

受講生:はい。
道場主:(a)の better than が、1番村のM地区と2番村のM地区をつなぐ橋なら、(b)の more money than は、1番村のO地区と2番村のO地区をつなぐ橋なんだ。
受講生:そうですね。
道場主:だとすれば、橋が as ... as なら同等比較 (=) であるし、not + as ... as なら、劣等比較 (<) というわけで、その場合も、二つ目の as接続詞であるか、関係代名詞であるかなんて、どうでもいいってことだよ。

(c) Tom is as old as I am.
   「トムは私と同い年だ」
    (Tom(S1) is(V1) (C1)as old as(C2) I(S2) am(V2). ())

(d) I don't have as many books as he does.
   「私の蔵書は、彼ほど多くない」
    (I(S1) don't have(V1) (O1)as many books as(O2) he(S2) does(V2). ())

(e) Even if you are ill, don't take more medicine than is necessary.
   「たとえ病気でも、必要量を超える薬を飲まないように」
    (don't take(V1) (O1)more medicine than(S2) is(V2) necessary(C2). ())


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611

  
Posted by eg_daw_jaw at 06:48 授業外 

September 22, 2013

買うかどうかは、買う側が決めること!

受講生:冬期講習のことで相談なんですけど。
道場主:どういう相談?
受講生:実は、〇〇って講座を取れって薦められてるんですけど、先生はどう思われますか。
道場主:君自身はどう思ってるんだ。こっちは立場上、そういうことには答えるわけにいかないんだ。
受講生:はい。取るつもりはなかったんですけど、「ぜひ取りなさい」って強く言われるので、不安になって相談に来ました。
道場主:君自身が「取るほうがい」と思えば取ればいいし、「取る必要がない」と思えば取らなければいいだけのことだよ。
受講生:やっぱりそうですか。
道場主:講習会の講座もりっぱな商品なんだから、ふつうの売買と同じで、買うかどうかは、買う側が自分で判断すればいいんだ。売る側に決めさせることじゃない。
受講生:そうですよね。
道場主:よく、「何取ったらいいんですかあ」って、いきなり売る側に選択を丸投げするヤツがいるけど、あんなのは狂気の沙汰だよ。
受講生:ホントですね。
道場主:君はもちろん、去年のテキストを見て、よく吟味してから、取るかどうかを決めてるんだろ。
受講生:当然です。
道場主:それなら問題ないよ。
受講生:それを聞いて安心しました。相談に乗っていただいてありがとうございました。
道場主:どういたしまして。


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611

  
Posted by eg_daw_jaw at 07:30 勉強法・合格作戦など 

September 21, 2013

光栄な話

受講生:家でよく道場主のことを話すんですけど、そしたら妹がぜひ自分も教わってみたいって言うんです。
道場主:それは光栄な話だけど、君の妹さんは、今何年生なんだ?
受講生:中1です。
道場主:まだ高校生にもなってないのか。
受講生:ですから、先生には6年後もまだ現役でいてもらわないと困ります。
道場主:6年後ということは、東京オリンピックの前の年だな。
受講生:そうなります。
道場主:生きてるとは思うけど、人の寿命ばかりはわからないから、というより、僕の首がつながってるかどうか。
受講生:先生なら大丈夫ですよ。
道場主:でも雇う側の都合もあるから。
受講生:そりゃそうでしょうけど。
道場主:まあ、うちの会社も僕を飼っておけるうちは安泰だけど、それができなくなったら無事ではないくらいのことは考えてるけど。
受講生:それに、先生には「100歳現役」という記録がかかってますよ。
道場主:別に記録のためにやってるわけじゃないけど、うちの会社に限らず、予備校というものがその頃でもまだあればの話だな。
受講生:確かに。


拍手コメント> 2013.09.21 14:41 ay

 怖っ


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611

  
Posted by eg_daw_jaw at 06:58 エッセー・雑文など(予備校編)