August 31, 2016

久々に休稿

 体調は悪くないにもかかわらず、肝心の執筆欲が一向に湧いてこない。
 そこで今日は無理をしないで、「休稿」という名の投稿にするので悪しからず。


<コメント> 2016?08月31日 21:47:48 てつ

 英作文の300選の質問です。
 232〜234のall the 比較級について、betterとmoreの例文がありますが、これは使い分けなければいけないのでしょうか。また、もしそうならばどういう風に使い分ければ良いのでしょうか。
 ご教授よろしくお願いします。

<回答> 道場主

 232は程度の問題なのでmuchの比較級にあたるmoreを、また233は健康の具合の問題なのでwell(⇔ill)の比較級にあたるbetterを用いる。


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611

  

Posted by eg_daw_jaw at 23:11 エッセー・雑文など(予備校編) 

August 30, 2016

いつもニコニコ現金払い!

 後期開講週初日の今日、午前中の授業は、まるで模試を受けた翌日のように受講生に元気がなく、こちらの話にまったく乗ってこないのでかなりの苦戦を強いられたが、午後は開き直って腹から思い切り声を出して話しているうちにアドレナリンが大量に出て快調に授業をすることができるようになった。

 受講生に元気がないのは、夏に思ったほど勉強が捗(はかど)らなかったからであるということがまず考えられるが、そういう思いをしているのは誰しも大なり小なり同じだから、「自分だけが」などと考えて悲観することはない。

 いずれにしても、本当の勝負はこれからだから、苟(いやしく)も受験生なら元気を出して頑張らなくてはいけないが、そのためには、少なくとも授業で教わることに関しては、「借金」を残すことなく、「いつもニコニコ現金払い」に努める必要がある。

 何度もくり返し言ってきたように、授業で聴く話をその場で理解して、ノートにではなく頭に書くことを実践すれば、頭も鍛えられて、着々と知識が増えて学力が上がっていくのは請け合いであるし、また、そうなっていかないかぎり合格が覚束なくなるので、後期は前期にも増してそうした受講を徹底させなくてはいけない。


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611

  
Posted by eg_daw_jaw at 20:50 勉強法・合格作戦など 

August 29, 2016

明日は早くも後期開講!

 早いもので、あっという間に夏期講習会も終わって、まだ8月中だというのに、いよいよ明日は後期が開講するが、「夏の道場」に参加した受講生には「ノートにではなく頭に書く受講」を繰り返し強く奨励したので、今は前期にも増して、そうした効果的で理想的な受講ができる態勢になっていることと思う。
 しかし、「道場」に参加しなかった受講生を差別するつもりはないので、取り敢えずノートに書いて帰るという「借金式」の受講ではなく、その場で理解して頭に書くという「現金払い式」の受講がいかに有効であるかについては、明日からの1週間、出講している全クラスのすべての受講生に改めて念を押そうと思う。

 ところで、今日は朝からS台文庫の応接室に籠(こ)もって、次に出す「英作文 基本300選4訂版・併用問題集」(仮称)の最後の編集作業を行ったが、思った以上に捗(はかど)って何とか9月中に出版できそうなところまで来たので、乞う御期待。


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611

  
Posted by eg_daw_jaw at 23:20 エッセー・雑文など(予備校編) 

August 28, 2016

まさか「板書が少ない」?

 フォームズを通して「連日ノートに書くお話ですがそもそも道場主はそんなに板書されないですよね話を聞いてない受講生は一体何をしてるんでしょうか」という読者のコメントを受け取ったが、後半は別として、前半の「そんなに板書されないですよね」と同意を求められたのが、大いに意外だった。

 「話芸」に長けているために、担当が「英語」であるのに板書は何文字かの「日本語」だけというような講師と比べれば、50分の授業で黒板を3面か4面くらい使う自分が「板書が少ない」と言われる筋合いはない。

 それに自慢ではないが、「板書の字が読みづらい」と一部の受講生が不満を漏らすようなことはあるとしても、「板書が少なすぎる」という苦情を言われた記憶がまずない。

 それはともかく、コメントの後半の「話を聞いてない受講生は一体何をしてるんでしょうか」については、「受験生としてなすべきことは何一つしていない」と答えざるを得ない。
 肝心の話を聴かないで、ただ板書の記事をノートに書いて帰るだけのために高額の受講料を払っているのだとすれば、親不孝も甚だしく、愚かの極みと言うほかはない。


<コメント> 2016?08月28日 23:58:01 K

 先日コメントした者です。申し訳ありません、批判するつもりではなかったのですが。冗長につらつら板書なさる先生に比べ道場主は簡潔な板書をなさると思っていたので、ただでさえノートをとることに必死にはならないはずなのに話を聞き損ねるとはどういうことか、というつもりでした。ご気分を害してしまったようでしたら申し訳ありません。


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611

  
Posted by eg_daw_jaw at 21:30 勉強法・合格作戦など 

August 27, 2016

例の誤解:to不定詞の完了形

 20代の彼はすごく貧しかったようである。
→He (seem) (be) very poor when he was in his twenties.

正解)seems / to have been
完成文)He [seems] [to have been] very poor when he was in his twenties.

受講生when he was in his twentiesが「過去の時を表す副詞節」なので「完了形」は使えないと思って、He [seemed] [to be] very poorとしました。
道場主:それだと「すごく貧しいようだった」ということになって、「すごく貧しかったようである」とは意味が違うよ。
受講生:そうなんですか。
道場主:「過去の時を表す副詞」にあたるものと一緒に使えないのは「現在完了形」であって、すべての「完了形」というわけではないってことは授業ではっきり言ったのに、例によって君も「ノートではなくて頭に書け」という教えを無視して、肝心の話をちゃんと聴いてなかった口か。
受講生:すみません。そのとおりです。
道場主:もう一回言うからよく聴け。[seems] [to have been]の[to have been]は、[seems]が示す「現在」と比べて時間的に前ということで「過去」を表すことができるから、when he was in his twentiesという「過去の時を表す副詞節」と一緒に使うことに支障はないんだ。
受講生:そういうことだったんですね。これからは頑張って「ノートではなくて頭に書く」ようにします。
道場主:それがいい。慣れれば少しも難しいことではないから。


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611

  
Posted by eg_daw_jaw at 23:30 講習会・英文法道場 

August 26, 2016

「過去の特定の機会」だからといって

 今朝私は始発に乗ることができるように早く家を出た。
This morning I left the house early so that I [could catch] the first train.

受講生this morningが示す「過去の特定の機会」のことなのでcouldじゃなくてwas able toだと思いました。
道場主:「過去の特定の機会に実際に何かをすることができた」ということであれば、確かにcouldではなくてwas able toに違いないけど、ここは「始発に乗ることができるように」という目的を表してるだけで、「実際に始発に乗ることができた」なんて言ってないだろ。
受講生:そうですね。
道場主:これは、so thatcan 〜「・・・が〜することができるように」が、主節leftという過去に合わせてso thatcould 〜という過去に変わっただけなんだ。
受講生:そういうことだったんですか。
道場主:だから授業でもそう言ったんだけど、ノートを取るのに忙しくて、よく聴いてなかったなんだな。
受講生:はい、そのとおりです。

 次のは「過去の特定の機会に実際に何かをすることができた」という場合。

 今朝私はすごく早く家を出たので、始発に乗ることができた。
This morning I left the house so early that I [was able to catch] the first train.
   (✕could catch


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611

  
Posted by eg_daw_jaw at 23:00 講習会・英文法道場 

August 25, 2016

rob A (of B)

2択

The bank was (   ) yesterday, but only a small sum of money was taken.
 A. robbed  B. robbed of

 「rob ofは熟語だから」という理由でBを選んだりすれば、「な〜んも考えとらんアホや!」の誹(そし)りを免(まぬか)れない。

 rob A (of B)「Aから(Bを)奪う」を元にすれば、ここはSomebody robbed the bank (of …) yesterday「昨日誰かがその銀行から(・・・を)奪った」で、この文の目的語にあたるthe bankを主語とする受動態The bank was robbed (of …) yesterday「昨日その銀行は(・・・を)奪われた」となるが、奪われたものが何であるかは言うまでもないとあって、それを言わずにすませるために (of …) を省けば、The bank was robbed yesterdayとなる。
 もしも (of …) のofだけを残してThe bank was robbed of yesterdayとでもした日には、前置詞ofの目的語がyesterdayとなって、「その銀行は昨日を奪われた」(?)、つまり「その銀行に強盗が入って、昨日という大金を奪った」というおかしな話になりかねない。

正解) A
完成文The bank [was robbed] yesterday, but only a small sum of money was taken.
     「昨日その銀行は強盗に入られたが、奪われた額はわずかだった」


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611

  
Posted by eg_daw_jaw at 22:30 講習会・英文法道場 

August 24, 2016

discuss something (with somebody)

2択

I have something to (   ) you.
 A. discuss  B. discuss with

 他愛もない問題であるにもかかわらず、「discuss他動詞だから、後ろに前置詞がつかない」とだけ覚えているために、軽薄にもAを選んでしまう受験生がたまにいる。
 確かに「何かについて話し合う」はdiscuss somethingであって、discuss about somethingではないが、話し合う相手に言及するときは後ろにwith somebodyをつけ足すので、その場合はdiscuss something with somebodyとなる。

 something [to discuss with you]
  (somethingが、他動詞discuss意味上の目的語にあたる)

正解) B
完成文)I have something [to discuss with you].
       「あなたとお話ししたいことがあります」


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611

  
Posted by eg_daw_jaw at 23:08 講習会・英文法道場 

August 23, 2016

当たりクジを引いた幸運を活かせ!

道場主:ところで、ふだん君はどこのクラス?
受講生:うちはお金がないので予備校には通ってなくて、講習だけ受けに来ました。
道場主:そうだったのか。本来勉強は自分でやるものだから、碌に予習もしないで漫然と予備校の授業を聴いてるだけというのより、そのほうがずっといいよ。
受講生:ありがとうございます。
道場主:もっとも、そういう君みたいな受験生ばかりだと、こっちは商売上がったりになって困るけど。(笑)
受講生:そうですね。(笑)
道場主:でも君は運がいいよ。何しろ、1講座で質量ともに優に3講座分の価値がある「道場」を選んだんだから。
受講生:はい、僕もそう思います。
道場主:その上、他所(よそ)では聴けない「道場ならではの話」もふんだんに盛り込んであるから、これほど得な講座はないと思うよ。
受講生:はい、それはもう今日1日の授業を聴いただけでよくわかりました。
道場主:後は、せっかく「当たりクジ」を引いた幸運を無駄にしないように。
受講生:もちろんです。明日からも頑張ります。今日は質問に答えていただいて、ありがとうございました。
道場主:どう致しまして。
受講生:明日もよろしくお願いします。
道場主:ああ、任せなさい!


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611

  
Posted by eg_daw_jaw at 20:38 講習会・英文法道場 

August 22, 2016

Post夏の道場

 暑さで自律神経に不具合が生じていたため、「夏の道場・第6弾」の4日間は、午前から午後にかけて心身ともに甚だしく不調だったが、17時になっていざ教壇に立つとアドレナリンが大量に出て、それまでのことがまるで噓であったかのように、何の支障もなく快調に授業をすることができた。
 予備校講師のすべてにあてはまるかどうかはわからないが、少なくとも自分にとって授業は「特効薬」だから、どれほど心身が不調のときでも受講生を前にすれば立ちどころに完治するのは、麻薬中毒患者の禁断症状がクスリを打てばピタリと止まるのに似ていると言ってもよい。

 ところが講習が終わった翌日の昨日は、打つクスリがないために、夜になっても心身が不調なまま、不本意にもテレビでオリンピックを観ながら漫然と過ごすほかなかった。
 それでも、その翌日の今日は、「女友だちnot a girlfriend but a female friend)」を誘って贔屓(ひいき)の寿司屋で昼食の後、近場の寄席(よせ)で4時間にわたって数々の名演を楽しんだおかげで、すっかり不調を克服することができた。


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611

  
Posted by eg_daw_jaw at 22:02 講習会・英文法道場