November 30, 2016

クジラ構文の応用

Work is [not], [any more than] play, the only object of life.
「仕事は、遊び(が人生の唯一の目的でないの)と同様に、人生の唯一の目的ではない」

(a) Work is [no more] the only object of life [than] play is.
  
 Work is the only object of life「仕事は人生の唯一の目的である」は、Play is (the only object of life)「遊びは人生の唯一の目的である<という誰もが否定する話>」と比べて「優るところがまったくなくて」(no more ... than)同じく「否定」であるということから、「遊びが人生の唯一の目的で『ない』のと同様に、仕事は人生の唯一の目的では『ない』」、または「仕事が人生の唯一の目的で『ない』のは、遊びが人生の唯一の目的で『ない』のと同じである」となる。

 nonotanyに置き換えるとこうなる。

(b) Work is [not] the only object of life [any more than] play is.

 次に、文末のany more than play isを前に出して、notthe only object of lifeの間に挿入してisを省けば冒頭の文になる。

(c) Work is [not], [any more than] play (is), the only object of life.


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611

  

Posted by eg_daw_jaw at 19:11 授業外 

November 29, 2016

おなじみ・「クジラ構文」の仕組み

(a) A whale is [no more] a fish [than] a horse is.
  「クジラが魚でないのは、馬が魚でないのと同じである」
(b) A whale is [no less] a mammal [than] a horse is.
  「クジラが哺乳類であるのは、馬が哺乳類であるのと同じである」

 no morethanを用いる(a)は、A whale is a fish.「クジラが魚である」はA horse is (a fish).「馬が魚である<という誰もが否定する話>」と比べて「優るところがまったくなくてno morethan)」同じく「否定」であるということから、「馬が魚で『ない』のと同様に、クジラは魚では『ない』」、または「クジラが魚で『ない』のは、馬が魚で『ない』のと同じである」となる。

 「馬が魚で『ない』」のになぜthan a horse is [not]という「否定」にならないのかというと、thanの後が「否定」では「比較の対象」がないために比較が成り立たないからにほかならない。事実であろうとなかろうと「比較の対象」は取り敢えず「肯定」でないと始まらない。

 一方、no lessthanを用いる(b)は、A whale is a mammal.「クジラが哺乳類である」はA horse is (a mammal).「馬が哺乳類である<という誰もが肯定する話>」と比べて「劣るところがまったくなくてno lessthan)」同じく「肯定」であるということから、「馬が哺乳類で『ある』のと同様に、クジラは哺乳類で『ある』」、または「クジラが哺乳類で『ある』のは、馬が哺乳類で『ある』のと同じである」となる。

 ただそれだけのことにすぎない。


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611

  
Posted by eg_daw_jaw at 19:06 授業外 

November 28, 2016

「すべての席が満席」って何!

 この間(あいだ)50数年ぶりに11月中の降雪があった日、テレビの某モーニングショー放映中の画面に「雪は午前中まで続く」という字幕が出た。
 「今が午前中だというのにまさか午前中まで』と言うのは変だろう!」と咎(とが)めたくなった時、アナウンサーも気づいたらしく、「雪は午前中いっぱい続くとのことです」と口頭で正した。

 このおかしな字幕を見て、コンビニで店員が言う「千円からお預かりします」という定番の物言いを思い出したが、こちらは「千円お預かりします」か、または、どうしても「から」を用いたいのであれば、たとえば「千円からですので20円のお返しになります」とでも言うべきだろう。

 こうした言葉の誤用といえば、一昨日の晩に差しで飲んでいた友人から、「小田急線町田駅の案内放送でいつも〇時〇分発のロマンスカーはすべての席が満席です』と言っているのが気になる」という話があった。
 「『すべての席が満席』と言うのであれば、『一部の席が満席』ということもあるのか」と突っ込みたくなるが、実は「すべての席が」は不要で、ただ「〇時〇分発のロマンスカーは満席です」と言えば足りる。

 これは「被害を被る」、「違和感を感じる」、「後で後悔する」、「(あらかじ)め予約する」、「一番最初に」などのような単なる「重ね言葉」とは違って、英語のHow old is his age?と同じレベルの誤りである言ったら大袈裟(おおげさ)だろうか。

 ✕How old is his age?
→〇[How old] is [he]? (How oldならheが主語)
 〇[What] is [his age]? (his ageが主語ならWhat


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611

  
Posted by eg_daw_jaw at 20:20 エッセー・雑文など(私生活編) 

November 27, 2016

続々・「ほど・・・ない」(B<A)≠「より・・・ない」(B≦A)

<和文英訳> 

 世界中でニューヨークほど多くの言語が話されている都市はない。(B<A)

cf. [More languages (are spokin) (in New York) than] (are spoken) (in any other city in the world).「ニューヨークにおいては、世界のほかのどの都市において(話されている)より多くの言語が話されている」(A>B)(二つ目のare spokenは省略可能)

 (A>B)を(B<A)にするためには、anynoに置き換えてIn no other city in the worldから始めることになるが、その場合は文頭が「否定の副詞」なので後続は「助動詞are)+主語動詞spoken)」という倒置の語順を用いて… (are) [as many languages (spoken) as] (are spoken) (in New York).とする必要がある。

→ (In no other city in the world) (are) [as many languages (spoken) as] (are spoken) (in New York). 「世界のほかのどの都市においてであれ、ニューヨークにおいて(話されている)ほど多くの言語は話されていない」(B<A)(二つ目のare spokenは省略可能)

 次に、There is no other city in the worldから始めれば、後続の関係詞節の先頭がin which(またはwhere)で、これはもはや「否定の副詞」ではないので倒置がなくなって「主語助動詞are)+動詞spoken)」の語順、つまり[as many languages (are spoken) as] (are spoken) (in New York).となる。

There is no other city in the world (where) [as many languages (are spoken) as] (are spoken) (in New York). 「ニューヨークにおいて(話されている)ほど多くの言語が話されている都市は世界中ほかに一つもない」(B<A)(二つ目のare spokenは省略可能)

正解)(a) (In no other city in the world) (are) [as many languages (spoken) as] (in New York). / (b) There is no other city in the world (where) [as many languages (are spoken) as] (in New York).


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611

  
Posted by eg_daw_jaw at 19:04 通常授業 

November 26, 2016

続・「ほど・・・ない」(B<A)≠「より・・・ない」(B≦A)

(a) 彼はふだん必要額を超えるカネを持ち歩かない。
 →〇He usually does[n’t] carry [more money than] he needs.(B≦A)
     (必要額までは持ち歩くが、超えることはない)
   ✕He usually does[n’t] carry [as much money as] he needs.(B<A)
     (必要額に満たないので、買い物などで不自由する)

(b) たとえ病気でも、必要量を超える薬を飲まないように。
 →〇Even if you are ill, do[n’t] take [more medicine than] is necessary.(B≦A)
     (必要量までは飲んでよいが、超えてはいけない)
   ✕Even if you are ill, do[n’t] take [as much medicine as] is necessary.(B<A)
     (必要量に満たないので、薬の効き目が怪しくなるかも)

 喩えて言えば、(a)の[more money than]は、「一方の町」のO地区と「他方の町」のO地区をつなぐ橋にあたるが、(b)の[more medicine than]は、「一方の町」のO地区と「他方の町」の(O地区ならぬ)S地区をつなぐ橋にあたる。

 現実の橋でも、たとえば一方の側が「」ならもう一方の側も「」と決まっているわけではなく、現に「市川橋」は千葉県市川「」と東京都江戸川「」をつなぎ、「葛飾橋」と「新葛飾橋」は千葉県松戸「」と東京都葛飾(かつしか)「」をつないでいる。


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611

  
Posted by eg_daw_jaw at 21:26 通常授業 

November 25, 2016

「ほど・・・ない」(B<A)≠「より・・・ない」(B≦A)

(a)(i) He is [taller than] any other student in this class.
    「彼はこのクラスのほかのどの生徒よりも背丈がある」(A>B)

  (ii) [No] other student in this class is [as tall as] he is.
    「このクラスで彼ほど背丈のある生徒はいない」(B<A)
  (iii) [No] other student in this class is [taller than] he is.
    「このクラスで彼より背丈のある生徒はいない」(B≦A)
    
 「100以下(≦100)」は「100未満(<100)」とは異なるにもかかわらず、「100未満(<100)」のつもりで「100以下」と言う人が少なくないように、(iii)を(ii)と同義のつもりで用いる人が多いが、ここは拘(こだわ)って区別したい。

 以下のものについても同様。

(b)(ii) [No]thing is [as precious as] time.
    「時間ほど貴重なものはない」(B<A)
  (iii) [No]thing is [more precious than] time.
    「時間より貴重なものはない」(B≦A)

(c)(ii) She is [n]ever [as happy as] when she is cooking.
    「彼女は料理しているときほど楽しいときはない」(B<A)
  (iii) She is [n]ever [happier than] when she is cooking.
    「彼女は料理しているときより楽しいときはない」(B≦A)


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611

  
Posted by eg_daw_jaw at 22:06 通常授業 

November 24, 2016

静香とHillary

 同じ「静香」でも、フィギュアスケートの「荒川静香」やキムタク夫人の「工藤静香」は女性であるのに、政治家の「亀井静香」は男性だから、この名は男女共用であると言ってよい。(ちなみに、あの「壇蜜」の本名である「齋藤支靜加」は同じ「しずか」でも字が違う。)

 英語では、Donald TrumpのDonaldが男性専用の名であるのに対して、Hillary ClintonのHillaryが男女共用の名であることが意外に知られていない。

(a) Hillary is [more intelligent than] any [other] girl in this class.
  「(女子の)ヒラリーは、このクラスの『ほかの』どの女子よりも頭がいい」
(b) Hillary is [more intelligent than] any girl in this class.
  「(男子の)ヒラリーは、このクラスのどの女子よりも頭がいい」


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611

  
Posted by eg_daw_jaw at 21:55 エッセー・雑文など(予備校編) 

November 23, 2016

電話帳で何千もの電話番号を覚えるような!

 今朝、Facebook友達であるO・Sさんによる以下の投稿を自分のタイムラインにさっそくシェア(転載)したが、その後ご本人の了解が得られたので、ここに引用する。

 電車で私の向かい側に立ってる男の子。
 一生懸命単語帳開いて勉強してる。
 きっと頑張って勉強してるんだよね。単語帳ボロボロだもん。
 ああ、もったいない。その熱意と労力違う形で使ったらほんとの英語の能力付くのにな。
 単語ばっかり断片的に覚えても意味がない!フレーズや単文で使い方から覚えなきゃ、単に記憶力の限界にチャレンジししてるだけ。
 って尊敬する有名な予備校の某先生の受け売りだけど本当にそう思う。
 さすがのおばちゃんもその勉強法意味ないで!とはいえず。(引用は以上)

 入試の英語は、英文が読めて書ければ大概の問題は解けるが、逆に読めて書けなければ解ける問題はあまりない。
 読めて書ける結果として点が取れるようになるためには、文法の決まり事を素直に受け入れて、それを土台に「英短文」を数多く覚えることを通じて、常に文単位で考えることを習慣づける必要がある。
 そして、それを実践すれば、勉強量に比例して「語彙力」が上がるのはもちろん、着々と読めて書けるようになっていく。
 ところが、圧倒的多数の受験生は、そういう健全な勉強をしないで、「単語帳単語集)」で断片的に単語の訳語を覚えるだけだから、「単語テスト」では点が取れても、「英語テスト」では点を取ることができない。

 誰かが喩えていたように、「単語帳単語集)」で何千もの「単語」を只管(ひたすら)覚えるのは、「電話帳」で何千もの「電話番号」を覚えるのと同じようなものだから、まったく無駄で虚しい努力と言うほかはない。「いいかげん気づけよ」と言いたいが、いくら言ってもほとんど効果がないので本当に歯がゆい。

 以下にO・Sさんによる追記のコメントを追加する。

 このことを約25年前に誰か教えてくれていれば。。。私の今は違ってたのかな?まあ、今の自分に満足とはいかないまでも戻ってやり直したいとは思わないけどね。
 でも、学生時代に出来なかったまとまった単文で覚えるということを社会人になってからやりました。
 ある程度のインプットをするとぐーんと力が付くと思いますが実感がわくまでがちょっと辛いかもしれません。私の場合はこれくらいやったら実感できるという目安もなくやみくもに勉強してましたからね。

 単語集を丸暗記するのは何かを組み立てるのにその部品の名前やら寸法やらを一生懸命暗記するようなものです。ねじの名前やねじ山の数とか細部の寸法を覚えるより実際に組み立てしてみてこの場合はこのねじ使った方がいいんだとか釘打った方がいいんだとか実地で学んだ方が頭に入りやすいもんね。
 いろいろ組み立ててるうちに部品の名前やら特徴は頭に入っていくように単語もいろいろインプットしているうちに自然と意味とか使い方とか覚えて行ける気がします。
 何より、定型の訳語を丸暗記したのと違うので概念的にこういう意味なんだろうなって類推できるから応用の幅が効くと私は思います。


<コメント>  2016年11月24日 15:18:04 駿台生ではない高校2年生

 駿台生ではありませんが、偶然このブログを見つけ、毎日楽しく(時には痛いところを突かれながら)拝見させていただいています。
 さて、私は先日先生の書かれた「英作文基本300選」を覚え終えたのですが(現在併用問題集を利用して完璧にしようと思ってます)、まだ入試に時間もあることもあり、また英語を万全なものとして入試に臨みたいこともあり、もっと短文の暗記をしたいと考えております。そこで先生の書かれた「英語構文基本300選」と伊藤先生・鈴木先生の「新・基本英文700選」と迷っています。「英語構文基本300選」はやはり読解力向上が主旨であり、短文暗記には向かないのでしょうか?
 忙しいでしょうが、お答えいただけるとこれ以上の喜びはありません。
 長文になり申し訳ありません。どうかよろしくお願い致します。

 追伸 来年は先生の講習を受講したいと思っております(経済的状況で通期では通えません)。そのためぜひ来年もどうぞお身体に気をつけてお過ごしください。私も講習の受講を今か今かと楽しみに待っています。

<回答> 道場主

 差し障りがあるので、他の著者の本についてとやかく言うのは避けるが、 「英語構文 基本300」を使ってほしい。倒置構文のような、やや堅い文体のものも一部含んでいるとはいえ、短文暗記に不適ということはないので。
 また、1週間もあればできるので、「英文法 基本300」もクイズを楽しむつもりでぜひ。

<コメント> 2016年11月24日 16:53:14 駿台生ではない高校2年生

 返信ありがとうございます。
 早速「英語構文基本300選」を購入しようと思います。
 実は最近先生のブログに触発され、「英文法基本300選」を一週間で終えました! 
 私が文法のきちんとしたところを理解していないと猛省しつつ現在英文法を復習しています。あんなに素晴らしい参考書を書いていただきありがとうございました。


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611

  
Posted by eg_daw_jaw at 18:52 勉強法・合格作戦など 

November 22, 2016

「証明書」ではなく「箔(はく)」の卒業証書!

 今日も「ホリエモン✕ひろゆき・やっぱりヘンだよね」(集英社)から。

ひろ:世間的には有名大学の名前には価値があるわけで、それを欲しがる人が大勢いますよね。んで、その資格やブランドを得るために勉強してる人が多いっていうこと自体は、僕は問題だと思わないんですよ。
・・・
ひろ:・・・んで、偏差値至上主義って話ですけど、僕は学校の先生の主観で決まる内申書(調査書)よりも、テストで決めたほうが公平だと思うんですけどね。
ホリ:俺たちは、まさに先生から嫌われるタイプだしね(笑)。
ひろ:先生に嫌われようとも、頭のいい子供はそれなりの学校で、いい教育が受けられる社会のほうがいいですよね。なので、入学基準をテストにするのは賛成です。
・・・
ひろ:まあ、大学を卒業していなくても、社会を渡っていける優秀な人ってのは、そこそこいます。で、反対に大学の肩書きなしには社会を渡っていけない人も多いんじゃないかと。だから、有名大卒のブランドを欲しがったり、いろいろ箔をつけていくんじゃ?
ホリ:でも、それは結局、箔でしかないわけで、実質的にあんまり意味ないよね。マクロで見ると“壮大なムダ”って話になる。
・・・
ひろ:アメリカだと、プログラムができないと単位がもらえないので、コンピューターサイエンス出身だと100%プログラムができるわけです。なので、卒業証書が実学の証明書として機能してるんですよね。日本はスキルの証明書じゃなくて、箔になっちゃってるのがヘンなのではないかと。・・・
・・・
ひろ:だから、もし“卒業証書=資格の証明書”になれば、大学はどこでもよくなるわけで、「地元の大学でいいじゃん」ってなりますよね。それがアメリカの大学の仕組みなんですよ。・・・
ホリ:日本の大学とは全然違うね。
ひろ:なので、大学に入るための偏差値がヘンっていうよりは、日本の大学自体がおかしな方向なんじゃ?って思う昨今です・・・。(以上28〜31ページから抜粋)

 なるほど言いたい放題で痛快でさえあるが、この対談中にある「大学を卒業していなくても社会を渡っていける優秀な人」には誰よりもこの二人が該当するに違いないと、「大学の肩書きなしには社会を渡っていけない劣悪な」の一人として心から思う。


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611

  
Posted by eg_daw_jaw at 20:14 エッセー・雑文など(予備校編) 

November 21, 2016

「ゆとり教育」の失敗に懲りもせず!

 昨日読んだ「ホリエモン✕ひろゆき・やっぱりヘンだよね」(集英社)に、「新テスト」に関わる「国公立大学の入試が、ペーパーテストから人物評価を重視する方向ってどう?(2013)」と題する、こんな対談があった。

ホリ:国公立大学入試が大きく変わるって話があるらしいね。
ひろ:どうやら新テスト(2020年度から「大学入学希望者学力評価テスト」を導入予定)にするらしいですよ。とりあえずの大きな方針としては「知識偏重」から「人物評価重視」を目指すってことみたいですけど。
ホリ:まあ、少子化で大学入試が成立しにくくなってんだろーな。
ひろ:で、個別に人物評価するとなると機械的なテストが使えないので、ものすごい人数を面接しなきゃいけなくなるから手間がかかりますよね。今、実施されている論文だって、採点は大変だって聞きますし、もしそうなれば、やたらと負担が増えるじゃないですか。しかも面接官も人間なので、判断する基準には必ず違いが出るわけで、これは不公平感がありまくりな気が・・・。
ホリ:じゃあ、人物を評価するっていう2次試験には反対ってこと?
ひろ:人物評価を低コストで客観的にできる仕組みがあるのならいいと思います。でも、それがないなら、今までどおりのほうがマシなんじゃないかと。
ホリ:まあ、受験生側は明確な基準があるほうが頑張りやすいからね。
・・・
ひろ:倍率が1倍を切っている国公立大学なら、なりふり構わずいろんな入試をやってもいいと思いますけど、倍率が高いところがわざわざやる必要はないですよね。
・・・
ひろ:しかも、人物評価を重視するとなると、「大学に入学するためには人間性が大事」ってことになるじゃないですか。すると、中学校や高校が人間性まで教育する責任を負わされることになって、「人間性向上」とか「人格改造」みたいな、なんかうさんくさい内容の授業がこれから増えそうな予感も・・・。そんなアホみたいなことするくらいなら、今までどおり普通に勉強を教えておけよと思いますけど。
ホリ:でも、この話題は頭のいい層にはもう関係ないのかも。今はネットがつながっていれば、世界中の一流大学の講義を無料で視聴できるわけじゃん。
・・・
ひろ:ひとつ疑問があるんですけど、ゆとり教育って導入したのはいいものの、結果的に学力が低下しちゃったので廃止されたわけじゃないですか。今回の人物評価って、そのゆとり教育と似てると思うんですよ。こういう勉強以外のことに時間や労力を使う動きって、なんで定期的に起こるんですかね?
ホリ:ヒマな人が多いからっしょ。
ひろ:これを発案してる人たちは、「自分たちは子供の教育のために良いことをしてる」って本気で信じてるんですかね?
ホリ:まあ、学生にとってみれば、勝手に決められて後からレッテルを貼られるわけだから、迷惑な話なんだけどね。
ひろ:ゆとり教育を受けてきた人たちって、社会に出たら「ゆとり世代」とかって言われてバカにされてるじゃないですか。しかも本人たちが選んだわけじゃないから、むしろ被害者なのに。だから、この脱テスト世代もゆとり世代と同じようにバカにされ続けるのかも。なので、僕的に見ると今回もゆとり教育と同じような被害がまた繰り返されようとしているなあ、と。
ホリ:教育って、実は人生で一番大切なことなのに、それをいいかげんにやられるから、子供たちはかわいそうだよね。
ひろ:学生時代に十分な学習能力が身につかなかったら、その後の人生は相当キツいですよ。減給になったりクビになったりすることもあるわけですからね。
ホリ:だから今回みたいな「人物評価」や「人格」を押しつけるような教育システムって、やっぱ微妙な感じだってことだよね。(以上24〜27ページより抜粋)

 しかも、大学側に人的余裕がないために、採点を「外注」に出さざるを得ないともいうが、そうまでして入試の形式を変える意味がどこにあるというのか。
 センター試験はよく錬られた良問揃いであるし、採点も公平で非の打ち所がないのに、なぜやめてしまうのか本当にワケがわからない。
 取り敢えず今年はまだセンター試験を施行中だから受験生も救われているが、2020年度以後がどうなるか、混乱と失敗しか見えてこない。


<コメント> 2016年11月22日 02:30:29 元駿台生

 全く仰る通りだと思います。
 記述式を導入しても、60万人分の採点をどうやってやるのか。
 結局、白紙答案ばかりになるのではないか。
 複数教科横断って、1科目でもなかなかまともに解答出来ないのに。
 面接導入って、早稲田や明治は10万人の受験生をどうやって面接するのか。
 1点刻みを止めて段階式にしても、「優」と「良」の間は結局1点刻みで決まるのではないか等。
 一見、これまでの入試の問題点が解決するように見えて、実は机上の空論だらけであることが分かります。


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611

  
Posted by eg_daw_jaw at 21:33 エッセー・雑文など(予備校編)