August 31, 2017

“Have you a pen?” “Yes, I have.”

 「奢り奢られ」の仲である友人に奢られる番だった昨日の昼食時の対話をFacebookに今朝投稿したところ、思わぬ反響があったので、それに少し加筆して紹介する。

《H》:Do you have …?ではなくHave you …?というのを最近見つけました。イギリス英語ですけど。
《道場主》:懐かしいなあ。僕が中1で初めて英語を教わった時がそうだったよ。たとえば「あなたはペンを持っていますか」「はい、持っています」は、“Have you a pen?” “Yes, I have.”だったもの。
《H》: “Do you have a pen?” “Yes, I do.”じゃなかったんですね。
《道場主》:そう。「一般動詞」に対して、「be動詞」だけじゃなくて「have動詞」って言ってたくらいだから。

 この記事に対するFB友達のコメントで、佐々木高政著:「和文英訳の修業」にもHave you …?を用いる例文があるという報告があった。

 きみ金の持ち合わせがあるか。
 Have you any money with you?

 これは自分でも覚えた記憶があるので懐かしい。

 また、別のFB友達からは、40年ほど前に車で旅行中のアメリカはダコタ州でフィルムを買おうとDo you have films?と訊いた4〜5軒の店のどこでも応答がNo, we haven’t.だったとのこと。

 そういえば自分の経験でも、20数年前にニュージーランドを車で旅行中にTシャツを買いたくて入った衣料品店の店主がかなり年配の女性だったので、敢えてDo you have T-shirts?ではなくHave you T-shirts?と訊いたところ、こちらに合わせたのかどうか、応答がNo, we haven’t.だった。


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611

  

Posted by eg_daw_jaw at 23:14 エッセー・雑文など(私生活編) 

August 30, 2017

クジラ構文の応用

(a) A whale is [no more] a fish [than] a horse is.
  「クジラが魚でないのは、馬が魚でないのと同じである」

 「クジラは魚である」という記述Aは、「馬は魚である」という誰もが「否定」する記述Bと比べて、「優るところがまったくなくno more … than)」て、同じく「否定」であるということから、「馬が魚でないのと同様にクジラは魚ではない》」、または「クジラが魚でないのは馬が魚でないのと同じである」となる。

 A = B否定+0

(b) A whale is [no less] a mammal [than] a horse is.
  「クジラが哺乳類であるのは、馬が哺乳類であるのと同じである」

 「クジラは哺乳類である」という記述Aは、「馬は哺乳類である」という誰もが「肯定」する記述Bと比べて、「劣るところがまったくなくno less … than)」、同じく「肯定」であるということから、「馬が哺乳類であるのと同様にクジラは哺乳類である》」、または「クジラが哺乳類であるのは馬が哺乳類であるのと同じである」となる。

 A = B肯定−0

《道場主》:では応用問題。She is no (   ) beautiful than her sister.で空所に入るのはmoreとlessのどっち?
《高校生》:lessです。
《道場主》:「アタリ!」と言いたいところだけど、日本語がついてないから、ホントはlessとは限らないよ。「彼女は姉と同様に美人である」ということなら正解だけど。
《高校生》:そうですね。
《道場主》:no less beautiful thanだと、彼女は、美しさの点で誰もが「肯定」する「美人」の姉と比べて「劣るところがまったくなくno less … than)」て同じく「肯定」ということから、「彼女は姉と同様に美人である」となるよね。
《高校生》:はい。
《道場主》:これがno more beautiful thanだと、彼女は、美しさの点で誰もが「否定」する「✕✕」の姉と比べて「優るところがまったくなくno more … than)」て同じく「否定」ということから、「彼女は姉と同様に✕✕である」ってなるからなあ。(笑)
《高校生》:はい。(笑)

 She is [no less] beautiful [than] her sister.
  「彼女は姉と同様に美人である」

 もう一つ追加。

 すごく小さな島なので、車で一周するのに30分しかかからない。
→The island is so small that it takes no (   ) than half an hour to drive around it.

 「否定的」に少ない30分と比べて「優るところがまったくなくno more than)」て同じく少ない30分。

正解) no more than
完成文) The island is so small that it takes [no more than] half an hour to drive around it.


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611

  
Posted by eg_daw_jaw at 20:59 講習会・英文法道場 

August 29, 2017

比較構文が成り立つ条件?!

 「as 原級 as」や「比較級 than」の後が「否定」の表現では、比較する対象がないことになって「比較構文」が成り立たないので、そこは何が何でも「肯定」の表現でなくてはいけない。
 
(a) 我々には食べ切れ《ない》ほど多くの食料がある。
 →✕We have [as much food as] we [cannot eat].
 〇We have [more food than] we [can eat].

 「我々が持っている食料」を「我々が食べることができ《ない》食料」と「」の点で比べることはできない。
 ここは、「我々が持っている食料」を「我々が食べることができる食料」と「」の点で比べるほかはなく、「我々は我々が食べることができるより多くの量の食料を持っている」という考え方の文にする必要がある。

(b) クジラが魚で《ない》のは、馬が魚で《ない》のと同じである。
 →✕A whale is [no more] a fish [than] a horse [isn’t].
  〇A whale is [no more] a fish [than] a horse [is].
  
 「クジラが魚である」ことを「馬が魚で《ない》」こととは比べられない。
 ここは、「クジラが魚である」ことは、「馬が魚である」という誰もが「否定」することと比べて「優るところがまったくなくno more … than)」て同じく「否定」であるという考え方の文にする。

 ちなみに、時の接続詞であるbeforeの後に来るのが「否定文」ではなく「肯定文」でなくてはいけないということについても理屈は同じ。

(c) 忘れ《ない》うちに彼の電話番号を書き留めておくほうがいい。
 →✕You should write down his phone number [before] you [don’t forget] it.
 〇You should write down his phone number [before] you [forget] it.
  
 「忘れ《ない》うちに」とは、「忘れる前に」であって、「忘れ《ない》前に」ではない。


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611

  
Posted by eg_daw_jaw at 15:34 講習会・英文法道場 

August 28, 2017

暗記≠暗唱

 「暗記」は「書いたものを見ないでそらで言えるように覚える」こと、そして「暗唱」は「覚えたものを口に出してそらで言う」ことなので、この二つはまったく別物であるのに、「暗記」のつもりで「暗唱」と言う学習者は少なくないが、逆に「暗唱」のことを間違えて「暗記」と言うことはない。

 これはちょうど、「未満(<)」のつもりで「以下」と言うことはあっても、逆に「以下(≦)」のつもりで「未満」と言うことがないのに似ている。

 「暗記」のつもりで「暗唱」と言うのは、「」のことを間違えて「文章」と言うのと同様に、教える側にも見られる混同なので、教えられる側が間違えるのも無理はない。

受講生》:やっぱり300選は《暗唱》したほうがいいですか。
道場主》:それを言うなら「暗唱」ではなくて「暗記」だろ。まずは《暗記》しない限り《暗唱》はできないから。
受講生》:そうですね。。
道場主》:それで肝心の答えだけど、「《暗記したほうがいい」じゃなくて「《暗記しなくてはいけない」に決まってるではないか。


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611

  
Posted by eg_daw_jaw at 19:24 エッセー・雑文など(私生活編) 

August 27, 2017

《小》は《大》をかねる!

 単一の「」でも、まとまった意味を表しているのであれば、それを「文章」と呼んでもよいのだろうが、そうだとすれば、複数の「」が集まってまとまった意味を表している一つの「文章」の中から抜き出した単一の「」を「文章」と呼んではいけないという理屈になる。

 ところが、そうした複数の「」で成り立っている《文章》の中の単一の《》だけを指して「この《文章》の文型は何ですか」と訊く受講生がたまにいるので、そのたびに「《文章》ではなくて《》!」と注意せざるを得ないが、幸いみんな例外なく「この《》です」と素直に言い直してくれる。

 一方、「長い文章》」や「短い文章》」のことを、それぞれ「文章》」や「文章》」ではなく、「》」や「》」と言うことからもわかるように、「」のことを「文章」とは言わなくても、逆に「文章」のことを「」と言うことはあるということになる。

 それにしても、「《》(文章》(をかねない」のに、逆に「《》(》(文章をかねる」ことがあるというところが何だか面白い。


<コメント> 2017年08月27日 20:16:15 みちつてと

 以前市販の問題集の中にある,ほんの2〜3行の英文を指差して「先生,この長文の意味がわかりません」と質問をしにきた学生がいました。今の学生の頭の中では「1行以上の文=長文」なのかも???
 あと学生の語彙の用法で気になるのは,市販の単語集のことを「単語帳」と呼ぶことですね。私の世代では「単語帳」というのは自分でノートに書き込んだ自作のもののみを指し,市販のものを「単語帳」ということは絶対にありませんが,最近の学生は「単語集=単語帳」のようです。

<コメント> 道場主

 確かに!

<コメント> 2017?08月28日 18:29:19 まー

 初めまして。300選の70番について質問です。half an hour と、for half an hour の文法的、意味的違いがイマイチよくわかりません。

<回答> 道場主

 069 [I hadn’t seen him] for about a year when he died.では、「私が彼を見かけ《ない》」状態が「彼が亡くなった」・過去の時点まで約1年続いていた (notはforという壁の前までを否定)。

 070 [I hadn’t been sleeping half an hour] when the phone rang.は、「私が眠っている」状態が「電話が鳴った」・過去の時点まで30分とは続いてい《なかっ》た (forの壁がないので、notはhalf an hourまでを含めて否定)。


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611

  
Posted by eg_daw_jaw at 19:16 エッセー・雑文など(私生活編) 

August 26, 2017

one / it / the one

(a) My sister had never seen an elephant before she saw [one] at the circus.
  「妹はサーカスで見る前は、象を見たことがなかった」
(b) “Which suit did Susan buy?” “She bought [the one] with the gold buttons.”
  「スーザンはどのスーツを買ったの?」「金ボタンつきのを買ったわ」

《受講生》:「不特定単数」の(a)が one なら、(b)は「特定単数」なので it だと思ったんですけど。
《道場主》:そもそも「人称代名詞」の itwith the gold buttons なんて修飾語句はつけられないよ。
《受講生》:確かに。
《道場主》:ここは、たとえば「金ボタンつきのスーツ」、「銀ボタンつきのスーツ」、「貝ボタンつきのスーツ」という選択肢の中から、「金ボタンつきのスーツ」を選んだということでは the [suit with the cold buttons] なんだけど、実際は suit の反復を避けるために one を使って the [one with the cold buttons] とするわけだよ。
《受講生》:はい。
《道場主》:it を使うとすれば、その次に the [one with the cold buttons (that) she bought]「彼女が買った、その金ボタンつきのスーツ」を指す「代名詞」としてだよ。たとえば、She gave [it] to her sister.「彼女は《それ》を妹にあげた」みたいにね。
《受講生》:そうですね。それで納得しました。ありがとうございました。


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611

  
Posted by eg_daw_jaw at 19:36 講習会・英文法道場 

August 25, 2017

1カ国語しか話せないのは?

 「日本人改造論(ビートたけし 角川新書・初版2014年12月10日)」は、すでに読んだのはわかっていたが、先日旅先の丸亀(@香川県)の書店で見つけたので購入して、帰りの列車で再読。その中にこんな記事があった。

 英語はホント困るよね。日本人は自分の国にいても一生懸命覚えようとして英語で話そうとすんのに、向こうは日本来て日本語覚えようっていう気がサラサラないんだ。怒りを感じますね。(231ページ)

 「向こう」というのは主としてアメリカ人のことを指しているように思うが、そういえば、こんなナゾナゾがあった。

問題)2カ国語を話せるのがバイリンガル、3カ国語を話せるのがトライリンガル。では1カ国語しか話せないのは?

正解) アメリカ人

 今はそうでもなくて、律儀に日本語を覚えるアメリカ人は少なくないように思うが、どうだろうか。

 ついでながら、アメリカ人に限らないが、「流暢な日本語」で道案内を求める外国人には、「流暢でない英語」ではなく「流暢な日本語」で応じるべし。


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611

  
Posted by eg_daw_jaw at 13:38 エッセー・雑文など(私生活編) 

August 24, 2017

as ifの後の仮定法

 He [talked] [as if] he [knew everything] about our plans, when in fact he [knew nothing] about them.
 「彼は、実は私たちの計画のことは何も知らないのに、まるで何もかも知っているかのような話しぶりでした」

《受講生》:as ifの後は、he [knew nothing] about themという「過去の事実」に反する仮定なので「仮定法過去完了」のhe [had known everything] about our plansだと思ってたんですが、違うんですね。
《道場主》:たとえばHe talkedが「昨日」のことなら、he [knew nothing] about themも同じ「昨日」のことだけど、そんなふうに「彼が話した」のと「彼が私たちの計画について何も知らなかった」のが「時間的に同時」であれば、as ifの後は「仮定法過去」なんだ。
《受講生》:そうでしたね。
《道場主》:as ifの後が「仮定法過去完了」になるのは、He [talked] [as if] he [had seen] the accident.「彼は、まるでその事故を見たかのように話した」がそうだけど、たとえば「彼が話した」のが「昨日」であるのに対して、「彼が事故を見なかった」のが「一昨日」という「時間的に前」のときなんだよね。
《受講生》:はい、それも含めてよくわかりました。もう大丈夫です。ありがとうございました。


<コメント> 2017?08月24日 21:33:46 くにたち

 ✕✕✕

<回答> 道場主

 「英語の質問はココで聞け!」にするような質問には答えないので悪しからず。


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611

  
Posted by eg_daw_jaw at 17:56 講習会・英文法道場 

August 23, 2017

例の誤り(@「・・・を盗まれた」)

 去年イタリア旅行中に、私はパスポートを盗まれた。
→I was stolen my passport while traveling in Italy last year.(誤文

 Someone [stole] [me] my passport.という「能動態」が成り立たない以上、[me]→[I]を主語とする[I] [was stolen] my passport.という「受動態」はあり得ないのに、「私はパスポートを盗まれた」という字面に騙されることに起因するこの誤りは跡を絶たない。

 「能動態」がSomeone [stole] [my passort].なら、目的語である[my passport]を主語とする「受動態」は[My passport] [was stolen].であるのは言うまでもないが、Iを主語にするのであれば、「have目的語過去分詞」で、いわゆる「被害の受け身」にする必要がある。

 Someone [stole] [my passport].(能動態
 [My passport] [was stolen].(受動態
 I [had] [my passport] [stolen].(被害の受け身

✕was stolen my passport→〇had my passport stolen
訂正文) I had my passport stolen while traveling in Italy last year.


<コメント> 2017年08月24日 08:00:42 bassy

おはようございます。
能動態でSomeone stole my passport while I was travelling in Italy last year.としても問題はないのでしょうか?

<回答> 道場主

 もちろん。


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611

  
Posted by eg_daw_jaw at 17:18 講習会・英文法道場 

August 22, 2017

ノーヒットノーラン!

 広島での「夏の道場・第6弾」(8月14日〜17日)は、最終日の第2限が終わったところで「2アウトランナーなし」、あと1つアウトを取れば「ノーヒットノーラン」が成立すると言えるほど順調に授業が進んでいたので、第3限の初めにふと受講生を持ち上げたくなって言った。

 1限、2限と終わって2アウト、ランナーなし。もう一人打ち取れば「ノーヒットノーラン」というところまできた。これも偏(ひとえ)に、君たちが僕の奨める「ノートにではなく頭に書く受講」を徹底して着々と進化し続けたおかげにほかならない。そうでなかったら、こんなにテンポよく快調に授業を進めることはできなかったはずだから、今日の3限目は20分も30分も延長しなくてはならなくなるところだった。

 そう言って第3限を始めたところ、授業は思った以上に快調に進んで、予定どおり「ノーヒットノーラン」で試合終了。
 惜しくも「パーフェクト(完全試合)」を逃したのは、4〜5分の延長をして「四球」を出した時間が2つあったからだった。

 これで、今年の「夏の道場」はすべて幕を閉じたが、「ノートにではなく頭に書く受講」をいつにも増して強調したのが功を奏したのがとりわけ嬉しい。


<コメント> 2017年08月22日 18:16:39 AR

 野球を例に出すところが、さすが先生。分かりやすい!


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611

  
Posted by eg_daw_jaw at 14:52 講習会・英文法道場