March 31, 2019

「空元気(からげんき)」も「元気」のうち!

 はっきりしていることが一つある。

 次年度の入試で「受かる者」と「受からない者」から成るのが「高3生」!
 前年度の入試で「受からなかった者」だけから成るのが「浪人生」!

 道理で「受かる者」を一部でも含む「高3生」は全体として元気があるが、「受かった者」を誰一人として含まない「浪人生」は元気がないように見える。

 しかし、「浪人生」はそんなことでは「高3生」に勝てない。
 アントニオ猪木のように「元気があれば何でもできる」とまでは言わないが、まずは「元気」を出さないことには始まらない。「空元気(からげんき)でもいいから出して頑張れ!」と言いたい。
 

読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611

  

Posted by eg_daw_jaw at 11:06 エッセー・雑文など(予備校編) 

March 30, 2019

「受からせてもらおう」では受からない!

 いわゆる「難関大」に関するかぎり、「払った受講料の見返りに受からせてもらおう」と塾や予備校に「依存」する「customer受験生」は、まず「受かる」ことはない。

 実際に「受かる」のは塾や予備校をよい意味で「利用」して、自ら相応の努力をする「student受験生」に限られるといっても過言ではない。

 入試の半月ほど前に破格の授業料を払って短期の家庭教師を依頼した某受験生が「先生、これだけ払うんだから、2週間でオレを東大に受からせてくれよ」と言ったというが、「受からせてくれよ」と言って「依存」する姿勢を見せた時点で「受からない」ことが確定しているので、高額な授業料はすべて無駄になったに違いない。
  

読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611

  
Posted by eg_daw_jaw at 18:36 勉強法・合格作戦など 

March 29, 2019

「単語帳ビジネス」のカモになってどうする!

 「基礎となる英文法の知識が欠如したまま、断片的に単語の訳語だけ覚えても英語が読めて書けるようになるわけがない」のに、「単語さえ覚えれば何とかなる」と安直に考えて単語集で只管(ひたすら)単語を覚えるだけの勉強に終始する受験生がいかに多いことか。

 その証拠に、英語の学参すべての中で、いわゆる「単語帳(=単語集)」が最もよく売れるが、そういう受験生が多ければ多いほど「単語帳ビジネス」が繁盛する仕組みになっている。

 もちろん英語の習得に「語彙力」が大事なのは言うまでもないが、それは「文法を土台に英文を読み書きする勉強の副産物として得る」ものでなくてはいけない。
 「使い方もわからないまま、断片的に単語の訳語だけ覚える」というやり方では、単語テストでは点が取れても、英語のテストでは通用するはずもない。そういう無駄な勉強を続ける限り、「難関大合格」という明るい未来は見えてこない。
 「ええ加減、目〜覚まさんかい!」と今のうちに強く言っておきたいが、いったい何人の受験生がこれを読んでいるだろうか。


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611

  
Posted by eg_daw_jaw at 10:05 勉強法・合格作戦など 

March 28, 2019

添削の丸投げはアカンで!

 30年以上前、確か「横浜タイヤ」のテレビコマーシャルに「タイヤの丸坊主はアカンで!」というのがあったが、「丸坊主」の「」だけ受験勉強に借用して言えば、「添削の丸投げはアカンで!」ということになる。

 実は、英作文は、文法の基礎知識が怪しいまま好き勝手に書いた自己流の英文を誰かに「添削」をしてもらっているうちに、いつの間にか上達するということは絶対にない。

 入試直前になって「過去問の英作文を書いたので見てください」という依頼を受けることがあるが、実際に見てみると、「英文法」の基礎もできていなければ、「英短文」のインプットもしていないために、とても「添削」してどうにかなるレベルではなく、「不合格まちがいなし」と言わざるを得ないものばかりといっても過言ではない。
 それでも正直に本当のことを言うわけにはいかないので、「どのみち英作文では差がつかない。ほかの問題で点を取る作戦が賢明」という苦し紛れの助言をするほかに手がない。

 そういうことにならないよう、ふだんから「文法を土台に英短文を数多く覚えて使えるようにすると同時に、辞書をマメに引きつつ、常に文単位で考えることを習慣づける」ことが肝要であるのは言うまでもないが、これを読んで啓蒙されなくてはいけない受験生に限って読んでいそうにないので虚しい。


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611

  
Posted by eg_daw_jaw at 08:50 エッセー・雑文など(予備校編) 

March 27, 2019

新学期が待ち遠しい!

 出講している高校の2年生の授業で、第3学期に教科書が終わりそうになかったので、1月半ばから2月末にかけて週1回ずつの計6回とはいえ放課後の90分で補習授業をしたが、人数を制限したわけでも受講料を取ったわけでもないのに、参加者は3分の1程度に留まった。

 その結果として「参加者」と「非参加者」との間にそれ相応の差がついたのは否めないが、このクラスが高3に上がる新年度も担当することになったのは嬉しい。

 中でもおそらく過半数の生徒は高1からずっと見ているので、よい意味で此方人等(こちとら)に洗脳されていて、たとえば「everって何?」と訊くと「《今までにです」などという間抜けな答えをすることはなく、「いつであるかを問わず(at any time)」と的確に答えてくれる。

 新学期が待ち遠しい!
 

読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611

  
Posted by eg_daw_jaw at 09:03 通常授業 

March 26, 2019

except on Sundays!

 当局から「こちらから辞めてくださいとお願いすることはありません」という言質(げんち)は取っていたものの、新年度は週1日だけの出講ということになった。

 自分で決めたわけではなくても、8年前に引退する予定にされていたことからすると、曲がりなりにも依然として現役を続けられるだけでも嬉しいので、文句を言ったら罰(ばち)が当たる。

 とはいえ、体力と気力が漲(みなぎ)っていて本当はもっと働きたいのに、それが叶わないのは何より辛いが、捨てる神あれば拾う神あり。一昨年から依頼されて出講している中高一貫校で新年度は計(はか)らずも20コマ超の授業を担当させてもらうことになった。

 その結果、予備校を含めれば日曜日を除いて(except on Sundays)6日の出講になるが、泳ぐのをやめると溺れるマグロに似て、授業をしないと心身ともに不調を来すので、平日ほぼ毎日教壇に立てるのは健康維持のためにも本当にありがたい。

 といった次第で、今年度は「補習班老師」として週1日、「高中老師」として週5日、どちらも劣らず貢献できるよう頑張りたい。


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611

  
Posted by eg_daw_jaw at 12:16 エッセー・雑文など(私生活編) 

March 25, 2019

合格報告なし!

 予備校(S台)での出講クラス数がいくら少なくても、まさか在籍していた受講生の合格者数がゼロということはないと思うが、少なくとも今年はブログへの「合格報告」が3月24日の昨日まで皆無だった。

 せっかく受験生に読ませるべく投稿している記事なので、それを読む余裕があるくらいの受験生なら合格しないはずはないと思っていたが、もしかすると誰一人として読んでいなかったのかもしれない。

 現に、ふだんから肝心の受験生が読んでいる気配が感じられなかったので、本当にそうだったとしても驚かない。

 No news is good news.であればよいが・・・


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611

  
Posted by eg_daw_jaw at 11:55 エッセー・雑文など(予備校編) 

March 24, 2019

「浪人しても伸びない」ではいけない!

 「《浪人しても伸びないって本当ですか」と訊かれることがあるが、浪人することが決まってから、そういうことを訊いてどうするつもりなのだろうか。もし「本当です」と答えられたら諦めるしかないではないか。

 「浪人して伸びる」かどうかは「人による」とはいえ、実際に伸びる例は決して多くないと言わざるを得ないが、現役で受からなかったのは、勉強不足でないとすれば、勉強法が間違っていたからであると考えれば、それを改めないかぎり「浪人しても伸びない受験生」になってしまう。

 学力を伸ばすことができるかどうかは「勉強法を改めて実践する」かどうかに偏(ひとえ)にかかっているが、少なくとも「1年多く時間をもらった利」を活かさなければ罰があたる!


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611

  
Posted by eg_daw_jaw at 09:54 エッセー・雑文など(予備校編) 

March 23, 2019

差が開く一方じゃ困る!

教える側」は、「予習」をしなくても授業ができなくはないが、わかりやすく効果的な授業をするためにしっかり「予習」をする。
 一方、「教わる側」は、よくわかる効果的な受講ができるように「予習」をすることが欠かせないが、そういう必要不可欠な「予習」を怠る者が少なくない。

 その結果、皮肉にも「(受験をするわけではない)教える側」の学力ばかりが上がって、「(受験をする)教わる側」の学力は一向に上がらないということになる。

 実際は、たとえ「予習」をしなくても授業が理解できるくらいの受講生ほど「予習」を欠かさないが、逆に「予習」をしないかぎり理解することが困難な学力不足の受講生ほど「予習」をしないので、差は開く一方になってしまう。


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611

  
Posted by eg_daw_jaw at 13:28 勉強法・合格作戦など 

March 22, 2019

(聞 / 聴 / 訊)く

 以前は「ヒアリング(hearing)」と言っていたが、いつからか「リスニング(listening)」と言うようになった。

 hearlisten といえば、こういうのはどうか。

 how longwhat time も区別せずに「時間」と言う人が多いが、「それと同様に」といえるかどうかは別として、hearlisten を区別せずに「く」、いやそれどころか ask まで「く」と書く人が多い。
 しかし、how long は「時間」、what time は「時刻」と区別している者としては、 hearく」、listenく」、askく」と漢字を区別しないと気が済まない。

 人から《》いた話。
  (「伝」とは言うが「伝」とは言わない)
 授業を《》く。
  (「講」とは言うが「講」とは言わない)
 先生に《》いてみる。
  (「問」(尋問)とは言うが「問」とは言わない)

 参考になれば幸い。


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611

  
Posted by eg_daw_jaw at 09:54 エッセー・雑文など(私生活編)