December 26, 2007

「彼女」と「彼氏」

(a) Tom was walking down the street thinking of his girlfriend.
  「トムは自分の彼女のことを考えながら通りを歩いているところだった」

 英語の girlfriend は、日本語で言う「ガールフレンド」と違って、単なる「友だちの女の子」のことではなく、親密な関係のいわゆる「彼女」のことを言うが、例えば his girlfriend を単に「彼女」と訳すと、まるで her「その女性」のように聞こえてしまうので、その誤解を避けるために his を訳出して「自分の彼女」とする必要がある。
 ところが男女入れ替わって her boyfriend となると単に「彼氏」と訳せばよく、いちいち her を訳出して「自分の彼氏」とする必要がない。

(b) Betty was walking down the street thinking of her boyfriend.
  「ベティは彼氏のことを考えながら通りを歩いているところだった。

 男性の場合は he/him は「」、そして boyfriend は「彼氏」と区別できるからよいが、女性は she/her も「彼女」なら
girlfriend も同じ「彼女」だから、単に「彼女」と聞いただけではどちらなのか判断しにくい。

 she/her彼女  his girlfriend自分の彼女
 he/him  her boyfriend彼氏

 ところで、「かの女(=あの女)」のことを「彼女(かのじょ)」と言うのに対して、「かの男(=あの男)」のことは「彼男(かのだん)」ではなく、単に「(かれ)」と言う。
 仮に「」の代わりに「彼男」と言うことが習慣化していたら、「彼男」が he/him のことを言っているのか、それとも
her boyfriend のことを言っているのかの区別ができなくて、後者の場合は所有形容詞をつけて「自分の彼男」とか「私の彼男」などと言わなくてはならなくなるところだった。

(高2スーパー英語総合II(文法・作文)・第2課のオマケ話)



Posted by eg_daw_jaw at 07:56│Comments(0)TrackBack(0) 講習会(英文法道場以外) 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/eg_daw_jaw/51226815

コメントする

名前
 
  絵文字