May 05, 2019

人気講師の条件?

 昨日は、元教え子で現在は名プログラマーとして活躍中のイケメンO君と「天久(てんきゅう・道場ミシュラン★★@湯島)」でランチ。

《イケメンO》:予備校の人気講師って、受講生を受からせようという熱意のある人じゃなくて、どっちかというと授業だけやって「後は知らん」という人だった記憶があります。
《道場主》:そりゃ勉強嫌いの受験生にとっては、しゃかりきになって受からせようとするような講師はうざいだけだもの。
《イケメンO》:とにかく受講生には「耳に優しい」ことを言って「板書が綺麗」というのが人気講師の条件ではないかと思ってました。
《道場主》:確かに受講生としては、「耳に厳しい」ことはできるだけ聞きたくないし、取り敢えずノートに書いて勉強した証拠を残したい者にとっては、とにかくノートを取りやすいことが大事だから、「板書が綺麗」でないと困るんだよ。
《イケメンO》:それでも僕は「厳しい先生」が好きでした。それに授業を聴いて理解してしまえばいいんですから、「板書が綺麗」かどうかなんてどうでもよかったです。
《道場主》:それと、受からせるためには、講師としては受講生に「負荷」をかけなくてはいけないけど、そういうことをするから僕は不人気講師に甘んじざるを得なかったのは当然の報いだよ。
《イケメンO》:でも、その「負荷」が僕には何よりありがたかったわけです。
《道場主》:「耳に優しい物言いをすること」「板書が綺麗であること」「負荷をかけないこと」、これが「人気講師の三大条件」かもしれないな。
《イケメンO》:はい、そのとおりだと思います。
《道場主》:この際、たとえ嫌われてでも「受からせる講師」を貫くか、それとも受からせることを犠牲にしてでも「好かれる講師」に徹するか、究極の選択だったりして。
《イケメンO》:そうですね。


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611



Posted by eg_daw_jaw at 11:04│ エッセー・雑文など(予備校編)