July 09, 2019

健全な勉強法(@英語)

 堅気の学校でふだん担当していない高2の有志を対象に「夏期講習」を依頼されたので快諾したが、そのためのテキストの冒頭に書いたことをせっかくだから紹介する。

 入試の英語は、読めて書ければ大概の問題は解けるが、逆に、読めて書けなければ解ける問題はほとんどない。
 読めて書けるようになるためには、文法の決まり事を素直に受け入れて文ごと覚えて使えるようにすること、そして、それを土台に常に文単位で考えることを習慣づけ、辞書をマメに引いて記事を貪欲に読むことを措いてほかにない。
 そうした「健全な勉強法」を実践すれば、勉強量に比例して語彙力も上がり、着々と読めて書けるようになっていく。
 その結果、「読める・書ける→解ける→点取れる→受かる」は必定!

 以上、ふだん何度も繰り返し言っていることではあるが、この勉強法を徹底させれば、いわゆる「文法問題」ごときで失点することなど考えられなくなる。


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611



Posted by eg_daw_jaw at 20:14│ 勉強法・合格作戦など