July 23, 2019

不健全な勉強法(@英語)

 以前に紹介した「健全な勉強法(@英語)」とは逆に「不健全な勉強法(@英語)」なら次のようになるが、大多数の受験生の勉強法が該当するように思えてならない。

 単語帳(単語集)で断片的に単語の訳語を覚え、文法問題集を何度も繰り返して(肝心の文法ではなく)答えを覚える。
 このやり方では、文法を理解しているわけではないので「文法問題」すら満足に解けるようにならない。ましてや「英文が読めて書ける」ようになどなるわけがない。

 「この問題集は5回やりました。答えは全部わかります。でも模試の文法問題ではいつも3割くらいしかできません。まだ勉強の回数が足りないのでしょうか」という声をよく聞く。

 しかし、この勉強法を続けるかぎり、いつまで経っても英文法はもとより英語ができるようにはならない。

 そもそも「文法問題集」で文法を学ぼうとするのが間違っている。なぜ「文法書」を読まないのか。何も「ローヤル英文法」や「英文法解説」のような大冊を読めとまでは言わない。以前なら「Forest」、今なら「be」や「Evergreen」などのレベルで十分。それすら読まないで「単語帳と文法問題集の2点セット」による勉強を続けるのがいかに無駄で愚かであるか、いいかげん気づかなくてはいけない。


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611



Posted by eg_daw_jaw at 22:58│ 勉強法・合格作戦など