September 22, 2019

漢語由来のLong time no seeと英語由来の「一石二鳥」!

 Long time no see.という英語は、かつてイギリスがチャイナと交易をする際に、チャイナ人が使っている「久しぶりです」という挨拶の「好久不見」をイギリス人が直訳して生まれたものだというが、ほんとうだとすれば英文法でうまく説明することができないのも無理はない。

 一方、「一石二鳥」は元より漢語かと思いきや、実は19世紀半ばに日本に入ってきたto kill two birds with one stoneという英語を1862年に刊行された英和辞書で「石一ツニテ鳥二羽ヲ殺ス」と訳したのをもとに、江戸時代の漢学者が「四字熟語」にしたものだという。

 どちらも、その由来が意外であるところが何とも面白い。


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611



Posted by eg_daw_jaw at 10:16│ エッセー・雑文など(私生活編)