September 30, 2019

文法書を読め(その3)!

 1ヵ月余り前に国立の医学部が志望の受験生が「センター試験の過去問は20数年分すべてを2周しました」と自慢げに言うので、どれくらいできるのかと訊くと、200点満点中で170点くらい取れたり取れなかったりとのこと。

 それにしても、センター試験の過去問のすべてを、それも2周するほどの勉強家の割には満点の200点に程遠い点しか取れないのが不思議だったので、文法の基礎ができてないのではないかと疑って、文型、時制、仮定法、関係詞、比較構文などの基礎知識を試すべく、1行で済むくらいの基本英文を空所補充の形で書かせてみたところ、案の定ボロボロで話にならなかった。

 むしろ、これでよく200点満点で170点も取れるものだと逆に感心したが、このまま、センター試験の問題を3周、4周、5周と繰り返したところで、これだけ文法の基礎がガタガタでは学習効果は期待できないので、まずは早急に文法書を読んで読み書きの土台となる基礎を固めることを強く勧めたが、あれから1ヵ月あまりの間に、果たしてその忠告に従って文法書を読んで勉強したかどうか定かではない。

 何も「ロイヤル英文法」のような大冊を読めと言っているのではない。
 Evergreenやbe程度の文法書すら読まないで受験勉強をするのは「受験への冒涜」とまでは言わないが、その報いとして「学力が向上しない」という罰(バチ)が当たるのは必至と言わざるを得ない。


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611



Posted by eg_daw_jaw at 12:18│ 勉強法・合格作戦など