October 16, 2019

早↔遅↔速

 昨日フェースブックに投稿したものに加筆する。

 「脚(legs)」のことを「足」と書く人は多いが、逆に「足(feet)」のことを「脚」と書く人はいない。
 「時刻(what time)」のことを「時間」と言う人は多いが、逆に「時間(how long)」のことを「時刻」と言う人はいない。
 「文章(passage)」のことを「文」と呼ぶことはあるが、逆に「文(sentence)」のことを「文章」と呼ぶのは如何なものかと思う。

 加えて、「速く(fast)」の代わりに「早く」と書く人はいるが、逆に「早く(early)」の代わりに「速く」と書く人はいない。
 たとえば「授業が《速》くてついていけない」の代わりに「授業が《早》くてついていけない」と書く人はいるが、逆に「朝《早》く起きる」の代わりに「朝《速》く起きる」と書く人はいない。

 ところで、今日の授業で副詞のlateが出てきたときにふと気づいた。

 「早く(early)」の反意語である「おそく(late)」も、「速く(fast)」の反意語である「おそく(slowly)」も、区別なく「遅く」と書く。

 ということは、「遅く」の反意語は「早く」でも「速く」でもあることになるが、そうだとすれば、「早↔遅↔速」の「遅」は、「黒↔白↔赤」の「白」に似ていると言えなくもない。


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611

 

Posted by eg_daw_jaw at 22:14│ エッセー・雑文など(私生活編)