September 04, 2019

報われる努力なら!

 昨日はフェースブックを通じて2年前の「努力が報われる世界!」と題する記事が出てきたのを見て我ながら良記事と自負できたのでいったんシェアしておいたが、時期的にも今を逃す手はないと考えて少し加筆した上で「題名」を変更して改めてここに投稿する。

 元横綱・隆の里の鳴門親方は、生前に某大学の講演で「皆さん、横綱になるのは東大に入るのよりもずっと難しいんですよ」と言って笑いを取っていたが、現に横綱になったほどの人の発言だから、さすがに説得力がある。

 また、将棋の米長邦雄・元名人は、「兄は頭が悪いから東大に行ったが、自分は頭がいいから将棋指しになった」という趣旨のことを生前に言ったというが、そのとおりであるのは間違いない。

 その証拠に、「東大」なら並の頭脳でも相応の努力さえすれば入れるが、「大相撲の横綱」や「将棋の名人」は、よほどの才能に恵まれない限り、努力してなれるものではない。

 現に、「東大」には毎年3千人も入れるが、大相撲で「横綱」になったり、将棋で「名人」になったりするのは10年や20年に1人と言っても過言ではなく、そもそもレベルが違う。

 精神医学者で受験評論家の和田秀樹氏も、その著書:「『心が強い子』は母親で決まる!」の中で言っているように、スポーツや芸能などに比べ、勉強は素質に左右される要素が少なく、いや、それどころか勉強のほうがよほど努力が報われる。

 大学受験生は、自らが特別な才能がなくても努力で勝負できる世界にいることを、もっとありがたく思わなくてはいけない。


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611

  

Posted by eg_daw_jaw at 13:12

September 02, 2019

合格実績が抜群のワケ(@某塾)!

 四国は香川県丸亀市に、すごく合格実績の高い英語塾がある。
 どれくらい高いかというと、塾生のほぼ全員が「第一志望の難関大」に合格する。

 塾長は塾生に合格に必要な負荷をかけて「自学自習」を奨励し、決して妥協しないので、入塾者の3分の2がそれに耐えられなくて退塾していくが、逆に残った3分の1は頑張って勉強するおかげで、全員が200点満点のセンター試験で最低でも180点超えの学力を得て、ほぼ漏れなく「第一志望の難関大」に合格する。

 その評判を聞きつけて次の年に多数が入塾するが、通うだけで合格させてもらえるわけではなく、かけた負荷に応えて勉強することができない大多数が退塾し、耐えて残った3分の1の塾生がほぼ例外なく「第一志望の難関大」に受かるということが前年と同様に起こる。

 せっかく入塾しても3分の2が退塾するのは、経営上は決して好ましくないが、授業料だけ取って受からせられない塾生を多数抱えるよりは、たとえ少人数でも受かる見込みのある塾生だけの面倒を見て漏れなく合格させるのが得策という考えは、大規模な塾や予備校ではとても真似のできない贅沢な作戦に違いない。

 この塾のことでは、医師のシュバイツァーが、現地の助手から「名医の評判を傷つけないために、治る見込みのない患者は引き受けないように」と助言された話をつい思い出してしまう。


<コメント> 2019年09月03日 03:37:57 山田純一

 ご紹介頂き有難う御座います。これまで以上に精進してまいります。
 昨年に続いて「英作文基本300選」を高3生に課しています。この勉強の軸足は、英作の確固たる定型を持つこと、基礎文法を確実なもにする2点にあります。少しずつ確実な手ごたえを得られるようになっています。感謝です。Last but not least 時節柄ご自愛ください。

 [追記] 夏講習で頂いたサインとシールは塾生たちのラッキーアイテムであり、お守りになっています。重ねて感謝申し上げます。


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611

  
Posted by eg_daw_jaw at 17:10

August 18, 2019

板書の字が読めないワケ!

 授業で板書することの大半は、説明の都合でする「テキストの記事の転記」にすぎないので、予習してすでに見て知っていれば、多少乱雑な字でも読めないわけがない。

 それでも「板書の字が読めない」と言って文句をたれる受講生が皆無でないのは、アルファベットすら満足に読めないというレベルなら仕方がないとしても、実際は碌(ろく)に予習をしていないか、または、授業の説明を聴くことを疎(おろそ)かにして、理解しないまま取り敢えずノートに書き写して帰るだけでの受講をしているからにほかならない。

 たとえば「夏の道場」では、学力が上中下の「中以上が対象」と断っていても、実際の受講生はある模試の偏差値が65以上から39.9以下まで満遍ないだけでなく、39.9以下の人数が最多ということもあって、大半が「わかりやすくて満足である」と大いに肯定している授業であるにもかかわらず、「板書の字が読めない」ということを理由に「わかりにくくて不満である」と否定する受講生がごくわずかとはいえ必ずいる。
 
 この際、板書するのを一切やめてしまえば、少なくとも「板書の字が読めない」という苦情を一掃することはできるが、それが無理である以上、こういう不満は無視するしかない。


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611

  
Posted by eg_daw_jaw at 17:21

July 17, 2019

すごいですね!

 「夏の道場」の3日目が始まる15分ほど前に、ふだん「和文英訳」の授業を担当しているクラスの受講生が「先生の授業とは違うテキストなんですけど」と言って「英文法」のテキストの質問に来た。

 「たくさんあります」と言うので「授業前であまり時間がないので10分だけ」という条件で快諾したが、実は「たくさん」と言っても大したことはなく7〜8分で済んだ。

 受講生は、「我ながら簡潔でわかりやすい」と自負する説明を聞き終わるや、「本当によくわかりました。すごいですね!」と感動した様子だったので、「そりゃプロだもの」(笑)と答えたが、返す刀で「どうだ、ふだん教わってる先生よりわかりやすいか」(笑)と訊くと、「はい」と言いかけて、「いや、それは敢えて言わないことにします」と答えたのは感心だった。「はい、先生のほうがわかりやすいです」などと下手に「ヨイショ」しないのがよかった。


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611

  
Posted by eg_daw_jaw at 16:26

July 06, 2019

語数の申告(@自由英作文)

 「自由英作文」の問題で、書いた英文の後に「使用語数」を申告することを義務づけている場合はそれに従わなくてはいけないが、わざわざそういうことを受験生に求めるのは、採点する側が自分で語数を数える手間を省きたいからであることが考えられる。

 しかし、だからといって、嘘の申告をしても構わないというわけではなく、2語や3語のサバ読みならともかく、たとえば「80語から100語」という条件の問題に30語や、逆に150語以上で書いて(98語)と申告したりすればさすがにばれてしまう。

 一方、語数の申告を義務づけていない問題の場合はどうか。

 そういう場合でも「使用語数」を書くのは採点者に対する受験生の礼儀であると言う人がいるらしいが、生憎(あいにく)それには賛成しかねる。

 入試の解答用紙に別解を書いてはいけないのは言うまでもないが、それに限らず、解答以外に指示されてもいない余計なことを書いてよいわけがない。
 申告を義務づけているわけではない「使用語数」を勝手に書いたりすれば、それを理由に「減点」されることはあっても、逆に褒章として「加点」されるということは絶対にないと断定してもよい。


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611

  
Posted by eg_daw_jaw at 17:48

June 30, 2019

「よく出るから大事」なのではない!

 ある「文法問題集」で説明に窮して、言うに事欠いて「これはよく出るので覚えておくように」という、とても解説とは言えないものを見かけたことがある。
 「よく出るから大事である」と言いたいのだろうが、本当は因果関係が逆で「大事だからよく出る」ということだろう。

 どちらにせよ、「よく出る」かどうかは解説として書くべきことではないが、たとえば「almostは副詞なので名詞を修飾することができないが、everythingやnobodyのような代名詞を修飾することはできる」というような間違ったことを書かれるよりは、ましかもしれない。

 実は、almost everythingは「almostという副詞がeverythingという代名詞修飾する」のではなく「almostという副詞がeveryという形容詞修飾し、almost everyという形容詞句がthingという名詞修飾する」、そしてalmost nobodyについては「almostという副詞がnoという形容詞修飾し、almost noという形容詞句がbodyという名詞を修飾する」関係であると説明するべきだと思うがどうだろうか。


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611

  
Posted by eg_daw_jaw at 20:38

June 18, 2019

いつもニコニコ現金払い!

 6年にわたって溜(た)めた学力のツケを1年で完済するのは不可能とは言わないまでも至って難しいが、それを払うのは借金を溜めた本人であって、誰かが肩代わりして払ってくれるわけではない。

 そういうときに、自分で払えないからといって、代わりに払う義務があるわけではないこちらのせいされたり、恨んだりされては堪(たま)ったものではないが、そういう料簡であるかぎり学力の借金が減ることはない。

 そうした返済不能の惨(みじ)めな受験生にならないように、遅くとも高1のときから「いつもニコニコ現金払い」に徹する必要があるが、英語に関しては「文法の決まり事を素直に受け入れて文ごと覚えて使えるようにしていくこと」が何よりも大事で不可欠であるのは言うまでもないので、その一環として課している英文の「暗唱」に必要な「暗記」はぜったいに怠らないように!


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611

  
Posted by eg_daw_jaw at 15:32

June 03, 2019

買う商品は自分で吟味!

 塾や予備校にとって講習会はビジネスであって慈善事業ではないが、ビジネスだからこそ受講生を合格へ導く効果の高い「優れた商品」を売らなくてはいけない。
 
 何よりもまず「売る側」が商品のことをよく知っていなくてはいけないが、現実には商品についての知識がろくにないまま売っていることもなくはないので、「買う側」は「売る側」に丸投げして「何を買うか」の選択を委ねる愚だけは避けなくてはいけない。

 商品のことをよく知っているとは思えない誰かに「何取ったらいいんですかあ」と訊く場面をこれまで飽きるほど目にしてきたが、そこには、ある講座を受講しさえすれば受からせてもらえるのではないかという甘えしか見えない。

 「買い物」の基本は、客が商品をよく吟味して「これなら」と納得することが前提であるのは言うまでもないが、講習の講座の場合は「昨年度のテキスト」を開いて中身を確認することが商品の吟味にほかならない。

 その手間を惜しんで、「売る側」に選択を一任して購入を決めるようなことは、ふつうの買い物では考えられないが、講習の講座という商品に関しては、そういう考えられないことを平気でする受験生がいるのは否めない。

 今これを読んでいるほどの賢明な受験生にかぎって、そういう悪い例には該当しないと思うので心配はしていないが。


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611

  
Posted by eg_daw_jaw at 14:41

May 12, 2019

汚名返上・名誉挽回!

 たとえば「8時15分」のような「時刻」のことを「時間」と言う人は少なくないが、逆に「50分授業」における「50分」のような「時間」のことを間違えて「時刻」と言う人はいない。

 同様に、「名誉挽回」のことを「汚名挽回」と言う人はいるが、逆に「汚名返上」のことを間違えて「名誉返上」と言う人はいない。

 ところで「汚名挽回」は必ずしも誤りではないと言う人がいるが、その根拠は「疲労回復」にあるという。
 
 「疲労」は「回復」するものではないのに「疲労回復」と言うのであれば、「汚名」も「挽回」するものではないからといって「汚名挽回」と言ってはいけないということにはならないという理屈らしい。

 しかし、「疲労(が取れて「元気」を)回復」も、また「汚名(をそそいで「名誉」を)挽回」も何だか苦しい解釈であるのは否めない。

 結局、他人が「汚名挽回」と言う分には仕方がないが、自分としてはやはり「挽回」するのは「名誉」であって「汚名」ではなく、また「汚名」は「返上」するものであって「挽回」するものではないということを貫きたい。

 〇名誉挽回(×汚名挽回)
 〇汚名返上(×名誉返上)
 

読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611

  
Posted by eg_daw_jaw at 19:33

May 05, 2019

人気講師の条件?

 昨日は、元教え子で現在は名プログラマーとして活躍中のイケメンO君と「天久(てんきゅう・道場ミシュラン★★@湯島)」でランチ。

《イケメンO》:予備校の人気講師って、受講生を受からせようという熱意のある人じゃなくて、どっちかというと授業だけやって「後は知らん」という人だった記憶があります。
《道場主》:そりゃ勉強嫌いの受験生にとっては、しゃかりきになって受からせようとするような講師はうざいだけだもの。
《イケメンO》:とにかく受講生には「耳に優しい」ことを言って「板書が綺麗」というのが人気講師の条件ではないかと思ってました。
《道場主》:確かに受講生としては、「耳に厳しい」ことはできるだけ聞きたくないし、取り敢えずノートに書いて勉強した証拠を残したい者にとっては、とにかくノートを取りやすいことが大事だから、「板書が綺麗」でないと困るんだよ。
《イケメンO》:それでも僕は「厳しい先生」が好きでした。それに授業を聴いて理解してしまえばいいんですから、「板書が綺麗」かどうかなんてどうでもよかったです。
《道場主》:それと、受からせるためには、講師としては受講生に「負荷」をかけなくてはいけないけど、そういうことをするから僕は不人気講師に甘んじざるを得なかったのは当然の報いだよ。
《イケメンO》:でも、その「負荷」が僕には何よりありがたかったわけです。
《道場主》:「耳に優しい物言いをすること」「板書が綺麗であること」「負荷をかけないこと」、これが「人気講師の三大条件」かもしれないな。
《イケメンO》:はい、そのとおりだと思います。
《道場主》:この際、たとえ嫌われてでも「受からせる講師」を貫くか、それとも受からせることを犠牲にしてでも「好かれる講師」に徹するか、究極の選択だったりして。
《イケメンO》:そうですね。


読んだらクリック!
   ↓


コメントはこちら
  ↓
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P42267611
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P42267611

  
Posted by eg_daw_jaw at 11:04