2017年12月10日

ラディアンの「劇場支配人」演奏会。

昨日、夜遅くまでリハーサル。歌手演奏会ではよくあることで、この日のゲネプロは行われない。なので、14時開演の演奏会当日に、12時頃に会場入り。何曲かの音出しに参加して、本番スタート。オケの出番は色々。その本番に身を置く。

NEKアンサンブルという名のオーケストラ。各パート1人ずつという変則編成。指揮者は居ない。それでオペラアリアの伴奏というのは、慣れたメンバーでなければ出来ないこと。今日も色々と冷や汗もあり。その中でお客様にも喜んで頂いた様子で何より。企画の面白さ。そして歌手各位の素敵な歌声が、この演奏会を盛り上げている。ゲスト2人の歌声もまた、大変素敵な響きだった。

演奏家協会の皆様。隠れて、以前から大好きな歌手の方もいる。そのお姿も近くで拝見し、もちろん歌声も大変素敵。これだけでも出演した価値があるというもの。オーケストラメンバー各位との交流も出来て、充実の一日。またここでアンサンブルしたいですね。

12月、慌ただしく過ぎていきます。まだこの後も、本番は色々続きます。来週末は「かさじぞう」と「第九」です。

egami_aoisora at 23:29|PermalinkComments(0)clip!

2017年12月09日

大和再始動。夜はオペラ伴奏に挑む。

一足先に試験を終えた大和高校。年末の吹奏楽祭に向けて練習再開。土曜の午後、金管、木管に分かれての分奏を行う。この時期の分奏は久しぶりかもしれない。

分奏してみると、各パートの問題点が色々と浮き彫りになる。金管は壁に当たった箇所は基礎的部分に立ち返って練習を進めて行く。パートによって課題くっきり。それに取り組んでいくにおいて、この課題はとても優れているかもしれない。木管は上昇傾向のパートもあり。この日だけで少しずつ改善傾向が見えた。

少しずつ来年の道筋も見えてきた。定期演奏会演目も決まりつつある。楽しみ半分、不安も半分。色んな事に挑戦していくのは素晴らしいこと。決して空回りになりませんように…。

大和から車走らせて、夜は二宮へ。明日本番のラディアンでのオペラコンサート。名は「劇場支配人」。素敵なゲストの方も交えて、「カルメン」「フィガロの結婚」「椿姫」…と有名オペラ曲がてんこ盛り。オケで伴奏する曲も、降り番でゆっくり客席で聴けた曲も、それぞれが素晴らしい。でも、指揮無しアンサンブルでオペラ伴奏していく難しさも思い知る。閉館時間ギリギリまで練習して終了。本番は明日。楽しいコンサートになりそうです。


egami_aoisora at 23:21|PermalinkComments(0)clip!

2017年12月08日

中学生はこちらも頑張る。卒業生来場に心暖まる。

冷たい雨が降る中、相模大野で下車。歩いて学校まで行く。以前からレッスンに通っている中高一貫校。冬のこの時期は、アンサンブルに取り組んでいる。そんな中学生をレッスンに伺う。

いつも通り、校門付近で待っていてくれる。中学生と共に卒業生の姿も。懐かしいその顔。現在は大学へと通い、ジャズサークルでコントラバスを続けているという。こうしてレッスン日に顔を出してくれる。心暖まってレッスンへと向かう。

アンサンブル曲、中学生もよく頑張って弾いている。比較的動きが繰り返しの多い楽譜。なので一音の精度を上げるように、基礎に基づいてのレッスンが進む。自分の癖と向き合って懸命に頑張る中学生。きっとこれからますます上達出来る。下校時間ギリギリまで頑張ってレッスン終了。

終わって駅まで傘さして歩く。何となく雪に近いような冷たい雨。冬到来。寒がりには辛い季節が来たようです。

egami_aoisora at 23:14|PermalinkComments(0)clip!

2017年12月07日

藤沢へ。面接期間に中学生も練習続く。

平日午後の時間に藤沢市の中学へ。年末のこの時期、校内では面接が行われている。その中を縫ってコントラバスレッスンを慣行。現在のコントラバス部員は1名だけ。1年生が一人で頑張っている。

レッスンは2時間半程度。その半分が基礎練習。音階等々をいかに精密に出来るか…に挑んでいく。頑張ってやっているものの、精密さには欠ける。色んな事を気にしていかないと上達しない。まだ他パート部員も含めて、精密さは足りない様子。

夕刻まで練習して中学を後にする。藤沢から二宮へ、一般道路を走って夜はラディアンへ行く。週末のコンサートの練習。オーケストラに歌手も加わって賑やかなひと時。馴染みのメンバーとのアンサンブルは楽しく過ごす。やはりオペラ伴奏は楽しい。週末まで楽しんでみます。


egami_aoisora at 23:08|PermalinkComments(0)clip!

2017年12月06日

暖かい響きにまた巡り合う。オカリナも始動。

「ふれ愛コンサート」が大盛況で終えたばかり。秦野オカリーナ合奏団も休む間もなく次へ向かう。月末にいくつか施設で演奏依頼がある。この団、なかなか休むことがない。

演奏会終えて、盛況であれども反省も生まれる。いつらやってもゴールはない。演奏会で取り上げた曲も、細部をまた練るようにして音を出す。その中で以前演奏した楽譜もまた息を入れていく。以前よりも高いレベルで練習が出来ること。それだけ一歩ずつでも、地力がつき始めているということか。

来年へ向けてまた一歩ずつ。オカリナの可能性を広げていく。相変わらずの和やかな雰囲気。この空気を大切に、また色んな楽譜に挑戦していきたいと思います。

egami_aoisora at 23:02|PermalinkComments(0)clip!

2017年12月03日

「運命の力」「ロメオとジュリエット」「田園」

朝から小田原市民会館へ。小田原フィルの定期演奏会に参加する。慣れ親しんだオーケストラ。周囲も暖かく迎えてくれる。その中で昨日の続きのように朝から熱のこもったリハーサル。ホールに様々な響きが飛んでいく。その中に身を置いてのリハーサル。時間はあっという間に過ぎていく。

午後2時開演。「歌劇 運命の力 序曲(ヴェルディ)」「序曲 ロメオとジュリエット(チャイコフスキー)」「交響曲第6番・田園(ベートーヴェン)」というプログラム。長く小田原フィルの率いて下さっているマエストロの的確な指揮さばきによって、どの曲も充実した響きが飛んでいく。中でもメイン曲の「田園」は何と難しい演目か。まだ自分自身、この真髄まではたどり着いていない。この曲の奥深さをあらためて思い知りました。

終演したのが16時まえ。レセプションは残念ながらお断りし、小田原から厚木へ移動。夜は厚木の施設でイマージュの指揮台へ。数週間前に演奏会終えたばかり。早くも次に向かって始動する。また取り組んでいく名曲5曲。今日もいつもの面々で、楽しく吹奏楽出来ました。

egami_aoisora at 22:57|PermalinkComments(0)clip!

2017年12月02日

寒い環境でオーケストラ練習。松脂に異常が…。

明日が定期演奏会となった小田原フィル。近年はコントラバス団員が減少傾向。なのでここ数回の定期演奏会は私がトップを弾いている。明日の演奏会のメインは「交響曲第6番・田園(ベートーヴェン)」。今日はホールではなく、小学校の体育館で練習。その練習は朝から昼食挟んで、夕方まで続いた。

小学校の体育館ということで、暖房設備がない。なので寒い環境の中、背中にカイロを貼って練習に挑む。人間はそれで我慢すれば良いが、この環境での音出しは、楽器の方も悲鳴を上げている。松脂が粉化して、じゃりじゃりいって嫌な音。古典曲を弾くにあたって、これはストレスの原因になります。

夕方まで練習に参加。夜は自宅でレッスン。玉川大の卒業生が立派に大人になり、今でもこうしてコントラバスを続けている。自分で買ったというコントラバスを持参で来てくれた。レッスンは約2時間。充実した時間を過ごせました。

egami_aoisora at 23:50|PermalinkComments(0)clip!

2017年12月01日

2日間合奏。地力ついた部分と、壁に当たっている部分と…。

今週が終わると試験期間に入る伊志田高校。合同練習を3つしてきた上で、年末の吹奏楽祭はまた新しい楽譜に挑む。その楽譜を2日間続けて音出ししてみる。

11月30日は、約1時間程度の練習。初見にして無事に最後まで通すことが出来た。これは嬉しい誤算。それだけ譜読みは早くなった。一人一人が地力をつけてきたと言える。その中で耳寄せて、ここは音程合わせ…という気概もあちこちから見て取れた。その意識が植え付けられたことは、今後に向けてとても素晴らしいことと思います。

12月1日は、その楽譜を細部に突き詰めて吹かせてみる。さて、色々と露呈していく演奏技術の未熟なところ。1年生部員、伸びている部分もあれば、あきらかに壁に当たっている部分もある。先輩外れて一人ずつになると、とても心細くなる。この辺り、壁に当たっている部分。ここを乗り越えないと先はない。

試験期間に課題が出来た。「テスト期間は現状維持でなくて、成長の時期」とは顧問先生の言葉。時間を上手に使って、試験後に壁を超えた音が聞きたいと思う。しばらく、合奏はない。こちらもしっかりと譜読みして、年末の合奏に挑みたいと思います。


egami_aoisora at 23:51|PermalinkComments(0)clip!

2017年11月29日

弦楽合奏団の指揮台へ。少し早めの「良いお年を…」

毎週水曜日に練習している、弦楽合奏団「ロンディーノ」。約1ヵ月ぶりにその指揮台に立つ。今年は6月に定期演奏会があった。その後、しばらくご無沙汰な時期を経て、こうしてまた指導に行くようになった。

来年5月末に演奏会開催が決まったらしい。そのメイン曲になるであろう「弦楽セレナーデ(エルガー)」を練習。今日は約3時間をかけて、この3つの楽章をじっくりと整えていく。やや、音楽的でない弓順があちこちに見える。普通にすれば簡単になる。個々の技量は個々が頑張るとして、合奏としてはこの数時間で随分はまとまってきました。

今年、私が指導に行くのはこれで終わり。来年またお役に立てることを探していく。11月が終わる前に、少し早めの「良いお年を…」。もうこんな挨拶が響く時期がきましたね。

egami_aoisora at 23:42|PermalinkComments(0)clip!

2017年11月28日

オペラを弾く。二宮のホールに演奏家集合。

二宮演奏家協会による演奏会。年間色んな活動をされているが、毎年一度、オペラの夕べが開催されている。その初リハーサルで会場へ。地元の馴染みの先生方。さらに大和吹奏楽部指揮者先生とも、ここでは共に演奏する。貴重な機会だ。

今日はリハーサル。オペラアリアの楽譜を指揮者もなしに音を出す。色んな楽譜を寄せ集め。それが一つのストーリーへとなっていくのが面白い。脚本あってのこと。歌手が多数集っているこの場は、やはり貴重な場かと思う。

和やかにリハーサルは進んだ。中に難しい曲もある。本番は約10日後(12月10日)。各自がもう一度楽譜を睨んで、来週にまた集合。楽しい演奏会になりそうです。

egami_aoisora at 23:37|PermalinkComments(0)clip!
月別アーカイブ