2009年11月

2009年11月20日

ヒブワクチン接種

要望書提出
 幼い命を細菌性髄膜炎から守るため、ヒブワクチン接種への公費助成、定期接種化を求める要望書を、丸山稔東温市議と共に高須賀功市長に提出いたしました。(平成21年11月20日:東温市庁舎にて)

20 市長へ要望書提出 005

 ヒブ(Hib)とは「インフルエンザ菌b型」のことで、毎年冬に流行するインフルエンザとは異なり、このヒブにより細菌性髄膜炎などが発症し、特に抵抗力を持たない乳幼児が命の危険にさらされているのが現状です。髄膜は脳や脊髄を覆っている幕で、その中に細菌が入り込んで炎症をおこすのが細菌性髄膜炎。 国内では、毎年約1000人の子どもたちが自然感染で細菌性髄膜炎になり、そのうちの約5%が亡くなり、4人に1人は後遺症に苦しんでいます。早期診断が困難であるため、罹患前の予防が非常に重要といわれています。既に欧米、アジア、アフリカなど100カ国以上でワクチン接種が導入され、こうした国々では発症率が大幅に減少しています。 
 日本では、昨年12月にワクチン販売が開始されワクチン接種が可能となりました。あくまで任意接種のため、1回7〜8千円、計4回接種すると約3万円と費用負担が大きく、公費助成や定期接種化など、こどもたちの命を守るための早急な対策が望まれています。







egao1957 at 23:54|この記事のURL.活動日記 

2009年11月15日

介護総点検アンケート

公明党街頭アンケート実施
今日は、山本博司参議院議員、豊田松山市議、福岡松山市議、丸山東温市議ともに「介護総点検アンケート」を東温市内で実施。
介護の充実は待ったなしです。2025年には高齢化率約30%にも上ると予測されています。老老介護、介護難民などの多くの課題があり、今まで以上に介護施策の重要度は増してきています。
東温市では、20人以上の方がアンケートにご協力いただきました。寒い中、大変にありがとうございました。
15川内にて1115街角アンケート

egao1957 at 21:26|この記事のURL.活動日記 

2009年11月03日

秋を満喫

白猪の滝まつり
朝8時から、東温市観光協会の市内観光地の清掃活動に参加。
茶堂公園いもたき会場に集合の後、重信川の河川敷を清掃。
約70人余りの参加者が、ごみ袋を手にして約2時間ぐらいで清掃終了。
記念撮影の後、「白猪の滝まつり」会場目指して出発。
今年で20回目という会場にはすでに大勢の人だかりができていました。
和太鼓演奏や大道芸のような芸も披露されたり、地元産の美味しいお米で作ったおにぎりが無料サービスとのことで長蛇の列
くじ付きの餅まきや、これまた地元産の野菜の即売もあり大変な賑わいでした
山々は秋色に染まりだしました。

21年11月3日白猪の滝祭り 001  茶堂公園周辺の清掃活動






21年11月3日白猪の滝祭り 003銀杏と桜





白猪の滝まつり会場と周辺銀杏初雪石鎚山






銀杏(踏まずに歩けない・・・)          石鎚山には初雪が

餅投げ草もち


2009年11月02日

公明党・山口那津男代表が来県


公明党の新代表を初めて愛媛に迎え、松山市内の会場で午前10時半から、党員懇談会があり、約250人の党員が参加。様々な質問に丁寧に答えていただきました。
午後から、議員総会。終了後、東温市内の電子黒板製造でトップ・シェアを持つ「株式会社サカワ」を視察。今年度の補正予算停止で大量の在庫が工場内に積まれていました。大量発注を見越して生産ラインを3倍に増やしていたのに予算執行停止により大きな影響が出ています。「正しいことは正しい」と言っていかなければいけないと強く思いました。
電子黒板を実際に触りながら、自分の義務教育時代(40年前)とは学校教育が大きく様変わりしていることを実感しました。
この会社は黒板製作所として1919年設立。2003年から東温市に工場を新築して本社となっています。カンボジアに小学校を寄贈、また、メキシコで発見された岡本太郎氏の巨大壁画「明日の神話」を修復。私は修復された壁画を見学した時以来の訪問となりました。

21年11月山口代表 サカワ視察21年11月山口代表 電子黒板





教育先進国(欧米・韓国)では1教室1台使われています。

egao1957 at 23:31|この記事のURL.活動日記 
野に咲く花のように
訪 問 者 数
      Start 2008/03〜