.新聞記事から

2015年12月25日

公明新聞購読数が有権者比1%となりました!

川内支部では、平成27年12月度の購読数が有権者比の1%が達成できました。
12月25日付け公明新聞6面に掲載されました。
党員さんはじめご協力いただいた皆様大変にありがとうございました。
公明新聞1%達成記事(27年12月25日)1







新聞有権者比1%27年12月






汎用_00678_jpg
egao1957 at 19:30|この記事のURL

2009年12月04日

公明新聞に掲載

カーブミラーの管理台帳が出来ました!

東温市が管理するカーブミラーは1804基あります。設置場所や設置年月日や破損状況など、1基ずつの写真と状況を記録した管理台帳が作成されました。中には設置から40年以上経過しているカーブミラーも見つかるなど修繕や取替えの必要な箇所もありました。
カーブミラーの管理について、2007年9月定例会において定期的な保守点検の実施を質問致しました。高須賀市長から、「管理台帳を作成して適切な保守管理に努める」との答弁がありました。

平成21年12月4日付け公明記事


12月4日付公明新聞記事
egao1957 at 22:20|この記事のURL

2008年05月01日

公明新聞に掲載されました!

サンサングループ登場!

今年2月に結成。
「地域に貢献する活動をしよう」との志のメンバー約50人が参加して4月13日に清掃活動を実施。
初めての活動の記事が、この程公明新聞に掲載されました。
クリーン作戦を行った茶堂公園から重信川の河川敷には自転車・歩行者専用道路が整備され、市民のくつろぎのスポットとなっている。

20080430001




(公明新聞:平成20年4月30日付)
egao1957 at 00:19|この記事のURL

2008年04月13日

公明新聞に掲載

平成20年3月定例会質問

過疎化地域の対策の一つとして「子ども農山漁村体験交流プログラム」を取上げ質問しました。
以下、質問内容です。

2008年度から、総務省、文部科学省、農林水産省が連携し進める事業で、初年度の2008年度は、都道府県ごとに10校程度のモデル校を設けてスタートし、目標として2012年までの5年間で、全国2万3000の小学校すべてで実施していくとのことです。
対象児童数は120万人を予定し、都市部の子どもが地方に滞在するだけでなく、山村の子どもが漁村を訪れたりするケースも想定されています。一方、農山漁村には、2008年度は、1学年(100人程度)の児童が宿泊できるような全国40のモデル地域を選定し、受入拠点施設として、廃校改修や研修施設等の整備等により最終的に全国500余りの受け入れ地域へと拡大を図り、小学生が農山漁村で長期宿泊体験活動が行えるよう推進を図るものです。
例えば都会の小学生が農家などに1週間ほど泊まり込み、田植えなどの体験活動を通して、緑豊な自然に触れ合い、田舎の生活に身を置くことは、普段の学校生活ではできない貴重な体験になります。自然の中での体験活動という教育面での効果はもちろん、受け入れ側の農山漁村の活性化にもつながることが期待できます。(中略)
また、受け入れ側のメリットも、経済効果など地域の活性化だけでなく、豊かな自然環境や伝統文化そのものが教育資源になると再認識し、そうした自然や生活を守り続けていく努力をするように変わったとの指摘もあります。このプロジェクトは教育面での効果と農山漁村の活性化が狙いの事業であります。
自然と人情豊かな東温市。受入側として取り組んではいかがでしょうか。


20080413こうめい記事から


(公明新聞:平成20年4月13日付)
egao1957 at 22:20|この記事のURL

2008年03月26日

後期高齢者医療制度

4月からスタート

75歳以上の方全員が対象となる「後期高齢者医療制度」について『とうおん出前講座』で同制度の仕組みについて学習。(中央公民館:2月20日)
公明党は「生活者」を守る視点から粘り強く取り組み、高齢者医療では4月から75歳以上の被扶養者のお年寄りが新たに負担する予定だった保険料を、9月までの半年間は免除。その後の半年間は9割軽減されることになりました。また、70歳から74歳までの病院での窓口負担も2割への引き上げが決まっていましたが、1年間は1割負担のままに据え置かれます。

20080326011

(公明新聞:平成20年3月26日付)
egao1957 at 23:25|この記事のURL

2007年11月24日

妊婦にマタニティグッズを配布!

20081123
妊婦さんにマタニティグッズの配布始まる

東温市では10月1日から、母子手帳を申請した妊婦全員に「マタニティマーク」がデザインされたクリアファイル(A4サイズ)として使えるグッズが配布されることになりました。
マークの活用については、平成18年6月議会で質問していました。
妊婦さんに優しい環境づくりとして活用されています。

(公明新聞:平成19年11月23日付)
egao1957 at 00:29|この記事のURL

2007年08月25日

初の「子ども議会」開く

20070809
大人顔負けの論戦

子どもたちの率直な意見や要望を市政に反映させようと、東温市では初めて「子ども議会」を開催。
平成18年3月議会で「市政や議会を理解してもらう絶好の機会になる」と提言し、実現しました。川内中学校と重信中学校の生徒25人が「子ども議員」として参加。いじめ問題や防犯灯の設置、図書館の充実、環境問題などについて大人顔負け・・・国会のような・・・パネルも用意して活発な論戦が展開されました。
多数の議員も傍聴をして、「子ども議員」に感心しておりました。

(公明新聞:平成19年8月25日付)
egao1957 at 22:26|この記事のURL

2007年08月24日

通学路の安全のために!

20080824
危険な県道に防犯灯を設置
東温市吉久地域を走る県道伊予川内線に、防犯灯が設置されました。
小中学生や高校生の通学路になっている上、たびたび不審者が出るなど保護者からは心配する声がありました。静かな田園地帯で人家も少なく、夜は街灯も少ないので、部活動などで帰宅する生徒児童の安全のためにも防犯灯の設置の要望が出ていました。

(公明新聞:平成19年8月24日付)
egao1957 at 22:00|この記事のURL

2007年08月11日

市役所にベビーカー設置!

20070811
赤ちゃんの安全のために

東温市では、市民サービスの一環として、赤ちゃんを連れて申請などに訪れる市民に活用してもらおうと、7月から貸し出し用のベビーカーが設置されました。利用者からも大変喜ばれています。
平成19年3月議会で提案し、1階受付案内コーナーに設置されています。

(公明新聞:平成19年8月11日付)



egao1957 at 22:00|この記事のURL

2005年12月16日

ペットの正しい飼い方を!

20051216
「犬のしつけ方教室」開く

飼い犬のしつけと飼い主のマナーを身に付けてもらおうと、平成17年11月30日東温市役所において「犬のしつけ方教室」が開催されました。
平成17年9月議会で「しつけ方教室」の開催を提案していました。
生後9ヶ月の犬を飼っている参加者は、「専門の人の話は大変参考になった」と喜んでいました。

(公明新聞:平成17年12月16日付)
egao1957 at 22:00|この記事のURL

2005年11月25日

AEDの使い方

20051125
党員研修で「救命講習」を受講!

「とうおん出前講座」を活用し東温市福祉館において、初めてAED(自動体外式除細動器)を使っての心肺蘇生法の講習を受けました。
救急車が到着するまでのわずかの時間に、とっさに出来るかどうか・・・。せめて年1回は講習を受けたいと思いました。

(公明新聞:平成17年11月25日付)
egao1957 at 22:00|この記事のURL

2005年11月11日

台風による山腹崩落

20051111
平成16年10月の台風23号で、東温市吉久の向井側地域の山腹が突然崩落。
住宅のすぐ側まで土砂が迫っていました。民家に被害はなかったものの、地域住民は、避難勧告が出て急遽避難所へ。平成17年から治山工事が始まりました。

(公明新聞:平成17年11月11日付)

egao1957 at 22:24|この記事のURL

2005年07月02日

グループ登場!

20050702

「ふれあいサークル」の皆さんと
egao1957 at 23:22|この記事のURL

2005年06月04日

◎ごみ収集の改善で便利に◎

20050604
要望実り格差是正!

旧川内町と旧重信町の合併により平成16年9月東温市となりました。
合併後、ごみの収集は旧町のままで紙類の収集や粗大ごみの集収に格差があり住民は不便を感じていました。
「東温市民のくらしと安全を守る会」の皆さんが、格差是正を求め827人の要望署名を、高須賀功東温市長に提出。
その結果、平成17年4月から、紙類収集は2ヶ月に1回だったのが毎週の収集に改善され、粗大ごみは2ヶ月に1回の収集だったのが毎月1回に改善されました。

(公明新聞:平成17年6月4日付)
egao1957 at 22:04|この記事のURL

2005年06月01日

ボランティア活動

20050601
ふれあいサークルの皆さんと

東温市則之内にある身体障害者療護施設「三恵ホーム」へ月1回窓拭きや草取りなどの清掃ボランティアの活動に行っています。
このボランティア活動は、10〜15人メンバーで約6年くらい続いています。入所している方たちと会話も楽しみながら、約1時間くらいの作業です。


(公明新聞:平成17年6月1日付)
egao1957 at 22:06|この記事のURL
野に咲く花のように
訪 問 者 数
      Start 2008/03〜