夜ご飯係無事終了です!

今日は、お爺やんから帆立としらすを貰ったのでそれらを使ったメニューに。

帆立は刺身と酒蒸しに。

帆立を捌くのはお手の物だけれども、この帆立は小さくてつらかったー
ちなみに私を含め、兄弟は皆帆立を捌けます☆
























小さすぎて嫌気がさしたけれど、頑張りましたー。

そして、酒蒸し。
まだ半分残ってるから、それは煮付けにします〜。
いい感じに塩気が残っていて、そのままぱくぱく食べれる〜!

しらすはお刺身とお味噌汁に。

しらすのお刺身は生姜のすりおろしとともに醤油でいただくのがほんとにうまい!
お酒はやっぱり日本酒でしょう★

メニュー↓↓
⚪︎焼き魚(カレイ)
⚪︎蒸し鶏とほうれん草のおろし和え
⚪︎カブの塩もみ
⚪︎ホタテの刺身
⚪︎ホタテの酒蒸し
⚪︎しらすの刺身
⚪︎山頭菜としらすのお味噌汁













本日で夕ご飯係がやっっっっと終わります!

まんもすうれぴー!!

これを毎日やってるお母さんに感謝ですね!!

どーも。

今日の夜ご飯は1人で完遂できましたぞー!

わっほいわっほい!


そして、今日はきゅうりについて語りたい。
本当に大変な目にあったゼ★


話は、サラダに使うためにきゅうりを手に取った時から始まる...。

!?

表面がぬるぬる...‼︎‼︎

だけども、このぬるぬる

洗うと取れる。 

そして、一見して普通のきゅうり。

切ってみると
うーん、若干中心部が黄色い?
気のせい?

 

これでは、食べれるか食べれないのかよく分からない、、、。

やっぱり、食べてみないとね。

がりっ



お"え"ぇ"え"ぇ"ぇ"っ
にがっ
あばばばばっ
あおくさっ
言葉で表現できないけどまずっ!


結論
表面がぬるぬるしているのは、まず腐っています。 

うん。
いま考えると言わずもがなだよね。

ちなみに食べれるきゅうりの切り口はこれ。
きれい。ちゃんと緑。



はい。ということで、

今晩のメニュー↓↓ 

酢豚
長芋の煮付け
大根ときゅうりのサラダ
ハンバーグ(昨日の餃子の餡で)
筑前煮(お惣菜)
いちご

どーも。

夜ごはんを作り始めて早三日。

日が変わる前から、明日の献立に悩みすぎて、勉強し始めました。
(医学の勉強はどうした…)

豊富な知識を小出しにします❤︎
(大して増えてはいない…)

今回は、献立を考える時に大切なポイントを2つ紹介します。


五味・五色・五法
ごみ・ごしょく・ごほう

献立の理想を一言でいうとこれ。
メニューを組み立てる時に、心がけるといいデス。

五味とは、文字通り五つの味。
甘い・辛い・酸っぱい・しおからい・苦い
これらが盛り込まれた献立は、味わいがバラエティに富んでより美味しく感じられます。

五色 とは、素材の色。
赤・青(緑)・黄・白・黒
これらを含むことで、食卓の彩りがよくなります。また、五色を意識することでバランスもよくなります。

五法とは、調理法。
焼く・煮る・揚げる・蒸す・生
炒めるを含めて六法とするときもあります。

むーん。
なかなか難しいですネ。
日々意識していきたいものです。



季節感を

季節感を出すには、素材と調理法の2つがあります。

素材
旬のものを使いましょう。その時季のものはおいしく、栄養価も高いです。

調理法
夏はひんやりさっぱりな料理を。
冬はあつあつの鍋もの蒸しもの煮ものを。
このように調理法で季節感を出すことも大切です。


ということで、今回は献立を考えるうえで必要なポイントを2つ紹介しました!

明日からの夕ご飯に活かしていきます★

↑このページのトップヘ