2006年12月

2006年12月30日

仕事納め

無理矢理仕事納めにしたというか…(^^;;

ここに来て、体調を崩してしまい撃沈。
声の仕事をしているという自覚がないなぁ
(×_×;)録音前に喉を痛めるなんて…。
関係者の方々にはご迷惑をお掛けしております。

来年こそは時間に余裕を持って過ごす!


明日は大掃除だい。


eggm2005 at 23:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日常 

2006年12月27日

ないものねだり

時間がない時は、のんびりゆっくりしたいと思う。
時間ができたら、あれもしよう、これもしようって思いつくけど、いざ時間が出来て、のんびりしてると、自分だけ世間に取り残された感覚に襲われる。

で、また無理して動いてしまう。

周りに流されない強い意志が必要。

でもやっぱり、自分の存在価値を探してしまう。


eggm2005 at 01:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 日常 

2006年12月24日

メリークリスマス☆

d6a3efa9.jpg聖なる夜でっせ!

街はツリーで溢れてます。

私はと言うと、休み返上でお仕事でした。とりあえず帰ったら『鳥』食べます。

今年もベリークルシミマスでした。。。
出た!おっさんギャグ。


eggm2005 at 21:10|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 日常 

2006年12月23日

これ、な〜んだ?

86bedb02.jpg南座の正面の上にある櫓。
その櫓にある2本の棒の名前は、「出しっ幣(ぺい)」と言います。白い御幣を空に向かって差しだし、神様が来られる目印みたいなものです。


eggm2005 at 13:55|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 日常 

2006年12月19日

カチンコチン その2

緊張しっぱなしでした・・・。

引き続き、新春浅草歌舞伎に向けてのインタビュー録音に奔走しておりました!

昨日は、昼間に中村亀鶴さん。夜は中村勘太郎さん、七之助さんご兄弟に突撃です。

中村亀鶴さんは、とってもヒョウヒョウとした方で、お話しているとその不思議な魅力にどんどん引き込まれてしまいました。こちらがリクエストしたお願いも快く引き受けてくださり、気が付けば、予定時間を大幅に延長していました。

\(◎o◎)/!

とにかくお話していくごとに、もっともっと亀鶴さんのことが知りたくなってしまうのです。この亀鶴ワールドは生声を聞いてもらえれば、一目瞭然。あ、イヤホンだから一耳瞭然?

さて、夜は出番の合間を縫ってインタビューにご協力していただきました、中村勘太郎さん、七之助さん兄弟であります。舞台と舞台の合間に楽屋にお邪魔しての録音です。

楽屋に入ると、ご兄弟が手をついてお出迎えしてくださり、こちらはもう恐縮もんです。先日も書きましたが、私のモードはついつい幕末の方向へ行ってしまいまして、心の中は「わぁ〜、藤堂平助だ〜。明治天皇だ〜。」ってなもんですよ。

それにしても、勘太郎さんの見事な仕切りっぷりに脱帽です。ちょっと説明するだけでこちらの言わんとしていることをすぐ理解してくださり、楽屋の他の音が入らないように、気を使ってくださったりで、もう感動です。

一視聴者としては、役の印象が強いですから、頼りない感じの方(すみません。あくまでもイメージですから・・・)を想像してしまっていたのですが、どうしてどうして、私よりも年下なのに、めちゃめちゃしっかりしてらして、またまた私はポ〜としてしまいました(*^。^*)

そして、七之助さん。もう、素の姿は母性本能くすぐられますよ。無邪気でかっこよい方があんな色っぽい女性になるのですから、女形の芸とは、本当に素晴らしいです。機材を片付けている間、邪魔にならないようにと、お部屋の外で待っててくださいまして、本当に人へのお気遣いがすごくて、またまた感動

勘太郎さん、七之助さんご兄弟は、とっても仲が良くて二人の掛け合いのインタビューは、他ではないアットホームな雰囲気がよく出ていると思います。

今回インタビューに同行して、皆さんとっても気さくな方でお芝居が大好きでたまらないというのが、ヒシヒシと伝わってきました。

そして、新春浅草歌舞伎の公演をとっても楽しみにしているということ。

この浅草歌舞伎への思い入れは、インタビューでたっぷりと語ってくれています。これがイヤホンで放送されるなんて、

こいつは春から縁起がいいや〜!!!

 



keggm2005 at 21:46|PermalinkComments(3)TrackBack(0) イヤホンガイド | イヤホンガイド

2006年12月18日

熱いぜ!

何が熱いかって?

サッカーですがな。

トヨタカップ。インテルナシオナルVSバルセロナ
いや〜、世界トップクラスのサッカーを日曜日のゴールデンタイムにすき焼き食べながら観られるなんて(^o^)

ロナウジーニョに注目が集まってましたが、私は17才のあの彼。
そう、
アレシャンドレに目は釘付け(^-^*)肩でドリブルしちゃうんだから!まだあどけなさが残る顔がいいんだなぁ〜。
あ、ちょっとハンティングの目になってもうた…。

下馬評ではバルセロナの圧勝って言われてましたが、結果は1-0でインテルが優勝!


eggm2005 at 02:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日常 

2006年12月16日

カチンコチン( ◎_◎)

つくづく私って男前に弱いなぁと実感。

新春浅草歌舞伎で放送する片岡愛之助さんのインタビューの録音に立ち会って来ました。
が、

緊張してしまって…。皆様が聞きたいと思うことを聞き出さないといけない役だったのに、男前オーラが眩しくて相槌打つのが精一杯でした。
あ〜ノミの心臓な私。
愛之助さんはとっても気さくな方で、かっこよかったです。
(ё_ё)キャハ

新春浅草歌舞伎のイヤホンでは出演役者のインタビューを放送予定です。

楽しみだなぁ〜!


eggm2005 at 23:55|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 日常 

ガチョーん

一生懸命走ったのに〜。
恐るべし!忘年会シーズン(・・;)

いつも乗る電車に間に合いませんでした。人波に流され、いや、ブーツを履いていた私のミスか?!

とにかく、家着くの1時近くになりそうです。南座顔見世の終演早くなったはずやねんけどなぁ…。

今月は睡眠不足、しゃあないか(×_×;)


eggm2005 at 04:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日常 

2006年12月06日

おはようございます

1217bd86.jpg朝は清々しいなぁ。

はい。今日は5時半起きです。

ちなみに昨日は南座から帰って来たら夜中の12時過ぎてました〜。
みょ〜にハイテンション(^o^)/~~

画像は京阪の車窓から。


eggm2005 at 08:31|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 日常 

2006年12月01日

顔見世て〜〜〜。

168c2c7d.jpg

なんとか無事、初日を迎えられました。京都南座の顔見世興行。18代目中村勘三郎襲名興行でございます。

昨日の今頃は、泣きながら原稿書いてました。切羽詰らないと動かない性格が年々ひどくなっている。

で、担当演目は先日も書きましたように昼の部の一つ目の出し物。『猿若江戸の初櫓』 主人公 猿若を演じるのは勘三郎丈の長男 中村勘太郎丈。出雲のお国は、次男の中村七之助丈。このお二人の舞踊ってちゃんと見たことがなかったのですが、とってもいいんです。

特に、勘太郎丈の猿若舞は最高です。カラダをつかっての表現の鋭さ。キレの良さ。

初代の猿若勘三郎が、幕府公認の芝居小屋を建てた。その官許のしるしとなるのが劇場の正面の上に付けられている”櫓”です。初代は京都から江戸に下った人だそうです。猿若が江戸時代寛永元年に、芝居小屋の櫓をあげた。これが江戸歌舞伎の始まりとなるのです。江戸歌舞伎のパイオニア。それこそ猿若(後の中村)勘三郎!!!

お稽古で勘太郎丈を拝見して、私のモードはまた新撰組に・・・。「あ〜藤堂平助だ!!」的な感覚(^_^;)

そして、京都にいると思うだけで、新撰組もこの道通ったんだ〜と思い、テンション上がる上がる。。。

話を戻して南座。夜の部の襲名演目『京鹿子娘道成寺』ですが、これ ほんまにすごかったです 食い入るように観てしまいました。白拍子花子の想いが、心が、形よりも先にカラダから伝わってくる。舞踊の芝居を観てあんな感覚におそわれたのは初めてです。とにかく必見。



keggm2005 at 02:58|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 歌舞伎 | 歌舞伎