2007年09月

2007年09月30日

やっぱ、ええわ〜。

ba9d49c9.jpg

大奥にどっぷり浸って、はや幾日。

二日目の今日は、ちょっと落ちついて観劇出来ました。

で、

やっぱ、『大奥』ええわ〜。と改めて感じた次第です。最後のカーテンコール。昨日観た時もそうだったのですが、泣きそうになりました。特に、浅野ゆう子さんのカーテンコールの時の表情。

その美しさといったら・・・。

充実感と自信と、お客様への感謝。これらを全身で表してくれています。

ここまで感動できたのは、イヤホンガイドのインタビューのお蔭。

”瀧山”という役に出会ったことでの、女優人生について語ってくれています。このインタビューを聞いたら、そらカーテンコールの浅野ゆう子さん見て泣きますよ。感動しますよ。

私、これ書いてるだけでも思い出して、涙出てきますもん。

 



keggm2005 at 18:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) つれづれ 

幕が開きました。

b4f45fe5.jpg昨日は、明治座の舞台「大奥」の初日でございました。
一時は自分自身、どうなるかと思いましたが、イヤホンスタッフの皆さんに支えられ、なんとか初日を迎えることが出来ました。

古典芸能と違い、こうゆうお芝居はどこに視点を持っていくかが問題です…。
自分にもっと筆の才があれば…と、どんなに悩んだことか。

今回、特にイヤホンのスタッフ と密に話し合い、コメント一つ一つを洗ってゆきました。どの言葉がその場面に一番相応しいか?打合せをしてから、もう一度原稿の練り直し。

録音は夜中の2時頃や朝方近くに…。スタッフはその後から編集作業に入りますから、何日も徹夜が続いたんじゃないでしょうか。

それなのに、次の日はまたベストなタイミングで放送してくれます。

皆でこの芝居の稽古から立ち会い、出演者や脚本家、演出家の話を生に聞かせていただいてスタッフ一同、作品にどっぷり惚れこんだ次第です。

それぞれが持つ「大奥」の世界。

それを言葉で紡いだつもりです。

ぜひ、明治座のイヤホンで体感して下さい。


eggm2005 at 04:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日常 

2007年09月26日

いよいよ舞台稽古

9d0c42f0.jpg今日から明治座の劇場での舞台稽古が始まります。

稽古場の世界が舞台にあげられると、どんな感じになるのかとても楽しみです。
さぁ、ラストスパート!

台本も年季が入ってきました!?

<(`⌒´)>エヘン


eggm2005 at 12:10|PermalinkComments(5)TrackBack(0) 日常 

2007年09月25日

この胸の感動を。

昨日は、『大奥』のインタビュー収録でございました。

先日の脚本家の浅野妙子さんのインタビュアーに引き続き、

昨日は主演の浅野ゆう子さん、演出家の林徹さんのインタビュアーを仰せつかった私。

収録はほかに、スリーアミーゴスの久保田磨希さん、山口香緒里さんからのメッセージもあって、昨日は盛りだくさん!

中でも、浅野ゆう子さんへのインタビューでは、私は感動の余り泣き出しそうになってしまいました。浅野ゆう子さんといえば、トレンディードラマの女王と言われた方で、その当時ドラマに釘付けとなっていた私にとっては、本当にあこがれの人。今回、そのゆう子さんの舞台に携われて、とっても幸せです。

あこがれの人と間近でお話させていただくと、聞きたいことが色々出てきて、どんどんどんどん質問してしまった私です。

とにかく、何が凄いかというと、ゆう子さんの今回のお役、瀧山に向かう姿勢がすごい。テレビの『大奥』第1シリーズからですからもう、何年も瀧山を演じているわけで、その愛着たるや想像以上です。

そして、女優としての姿勢。

畑は違えども、働く女性としてその姿勢は見習いたいところがいっぱいで、さらに同じというとおこがましいですが、私も今まで仕事を続けきた上で、色々悩んだり、壁にぶつかったりしてなんとか周りの人々に支えられながらここまでやってきたわけで・・・。ゆう子さんも女優というお仕事をしていく上で、キャリア志向の瀧山にそういったものをオーバーラップさせて、演じているんだということを感じました。

なんか、そういったことを面と向かって話されると、あ〜、一緒なんだ。と、実感して胸にくるものがあり、涙が出そうになったわけですよ。

時々、なんでこんな大変な仕事してるんやろ?って疑問に思うこともありますが、きっと、その答えを見つけるために続けているんでしょうね。必要とされる場所があるから、それに答えたいって思うからかな〜なんて。。。

とか、色々思うと、”大奥”の世界に惹かれるのがなんとなく自分で納得できたわけで。だって、大奥の女性は、みんな働く女性ですからね。

女という生き物が知りたければ、『大奥』を観るのが1番。

嫉妬するのも女。

慈悲深い愛を与えるのも女。

浅野ゆう子さんにインタビュー出来て、今まで見えていなかった自分の中の『大奥』へのビジョンがパッと開けました.。゚+.(・∀・)゚+.゚



keggm2005 at 22:59|PermalinkComments(2)TrackBack(0) イヤホンガイド 

2007年09月23日

お邪魔しま〜す

41c31964.jpgってなわけにはいきませんが、

思わず、撮ってまいました。東京っぽい感じがして…。

これみて相撲やってたんやと気付いた次第。

世の中に取り残されてるなぁ
( ┰_┰)


eggm2005 at 21:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日常 

め組の喧嘩!?

3a463912.JPG

先日、芝増上寺に行ったとき、境内で、

め組の所縁の石碑を見つけました。うっかりしてると見落としてしまいそうだったのですが、石に赤で、”め組”の文字。

思わず、「うわ〜め組の喧嘩だ!」と叫んだ私。歌舞伎の演目ですね。

『神明恵和合取組』−かみのめぐみわごうのとりくみー通称、め組の喧嘩。

辰五郎ですよ。相撲取と鳶の喧嘩。これぞ男伊達。江戸体感演目。取的たちとの喧嘩に行く前に辰五郎始め、め組の鳶たちは、水盃をするんですが、この場面がかっこいい!確か、三津五郎さんで拝見させていただいた記憶があります。

これが直接、歌舞伎の演目と関係あるのかどうか分かりませんが、紅色に近い石碑の文字が迫力あったので、思わずパシャリ。

それにしても、ここら辺りは、お江戸ワンダーランド。東京タワーがそびえたつかとおもいきや、増上寺のような由緒あるお寺もある。江戸時代と近代化との融合。大阪ではあまり見られない江戸時代の名残を感じられる、東京です。



keggm2005 at 18:29|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 歌舞伎 

2007年09月22日

あれ?

インタビューについて書いたコメント消えてます?

う〜ん。。。。(-_-;)

う〜ん。。。。(-_-;)

なんか部屋で色々作業してると、怪現象がチラホラ。先日あった、カナシバリに関係してるのだろうか。

そんなことより、明治座『大奥』では、出演者はじめスタッフの方の生のお声が聞けます。で、その収録にてんやわんやでございます。でも、この企画案の話し合いって、とっても楽しいんです。

イヤホンスタッフとともに、あんな企画こんな企画って考えてると、イメージも膨らみます。ま、たまに話が盛り上がっちゃって、違う方向にいくときもあるんですが、ま、ま、ま、それも含めての企画会議!?ってことで。

”大奥通”のマニアにはたまらない放送番組となっておりますから、イヤホンでお楽しみ下さいね!(^^)!

って、まだ私原稿のビジョンも立ててないぞ・・・。

 



keggm2005 at 23:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) イヤホンガイド 

2007年09月21日

ついに顔出し!?

連日、大奥の稽古場に缶詰状態の日々です。

まだ、原稿が色々残っています。ヤバっ・・・。

私の解説人生(っていうても5年ほどですが)で、一番のピンチです。

古典芸能ではなくて、現代の時代劇。それもテレビや映画で大ヒットしたシリーズですから、世界観が確立されています。たぶん、ミクシィの”大奥”コミュニティとかって、すごいんやろうな〜。

この世界観をふまえつつ、イヤホンガイドだから出来ること。イヤホンガイドでさらに面白くお伝えできることは何か、スタッフ一丸となって、連日遅くまで頑張っています。

より舞台を楽しんでもらいたい!この情熱がすごいです。そのチーム「大奥」のスタッフ日記が開設してます。イヤホンガイドの制作作業の裏側が見れて面白いですよ。今まで、イヤホンガイドのお仕事についてここまで、お知らせしたことってなかったんじゃないでしょうか?

営業部、制作部のスタッフがリレー形式でブログ書いてます。

先日、只今歌舞伎座で放送する10月のイヤホンガイドCMを録音してきました。この録音風景もアップされています。そこで、ついに私の顔出し画像が!

オフィスや録音ブースの画像もありますので、イヤホンスタッフの生の声が聞けます。ぜひぜひ、こちらものぞいて見て下さい。

「大奥」スタッフブログはコチラ→ http://blog.livedoor.jp/egblog2007/



keggm2005 at 01:04|PermalinkComments(2)TrackBack(0) イヤホンガイド 

復活!

PCの調子が一応、復活しましたので、ブログも頻繁に頑張っていきたいと思います。

どうぞ、応援コメント待ってます (^_-)-☆

今後も、宜しくお願いしますm(__)m

 



keggm2005 at 00:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0) つれづれ 

2007年09月17日

いよいよ!大奥一直線。

3cd1758e.JPG

本日、ついにホテルでカナシバリにあってしまいました・・・。

これも、私の緊張からでしょうか。

が、気をとりなおしスイッチオン。始動でございます。

スタッフ(めちゃ可愛い2人。(*^。^*))とともに、『大奥』の史跡巡りに行ってきました。いや〜、楽しかった。っつか、仕事仕事。

午前中に皇居。いわゆる江戸城ですね。と、午後から今回の舞台の主役、大奥の最後の総取締りであった滝山が眠る川口市の錫杖寺(しゃくじょうじ)に。

画像は、錫杖寺です。ここで院代の方が一般には公開されていない特別なものをみせてくださりました。ちなみに院代とは、住職の次の役職だそうです。その特別なものは、近々、イヤホンガイドの『大奥』ページでアップ予定。

コチラ→ http://www.eg-gm.jp/e_guide/theatre_periodplay.html

皇居の門も、錫杖寺も昭和になって再建されたもの。明治4年の江戸城の写真を見ると、瓦が取れて門はボロボロ。4年前は確かに江戸時代だったわけで・・・。幕末の徳川家の権威の失墜を感じさせます。

が、今はその名残もなく。。そこに確かに存在していたもの。消え行くもの。新しいもの。色々考えさせられます。

だから、史跡巡りは面白い!



keggm2005 at 19:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) イヤホンガイド