2007年11月

2007年11月30日

怒涛のごとく

なんか、色んなことがあった11月でしたが、今月も今日で終わり。


そして、本日は京の年中行事南座顔見世の初日でございます。


ってことは、もう今年も終わりってことで…。


顔見世公演、突っ走ります。個人的に楽しみは、坂田藤十郎さんの「京鹿子娘道成寺」です!
期待(*^^*)


eggm2005 at 14:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日常 

2007年11月23日

またもや…

まだ文楽公演中なのに、頭は南座の顔見世のモードです。


やることいっぱいで…。神経を集中させなくては!

あ〜文楽の夜の部の感想もまだ全部書き上げてなかったのに(;_;)



今日、貸出をしてたらこのブログを見て下さっているお客様から声掛けられました。とっても嬉しかったです。
また感想など、書き込んでいただければと思います。

どうぞ、見掛けたら声かけて下さい(^-^)/


eggm2005 at 23:18|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 日常 

2007年11月19日

あなたの来世占います

9187440f.jpg名付けて

「六道輪廻ルーレット」!

先日、玉男師匠のお墓参りに行った時に銀山寺で見つけました。

天上

人間

修羅

畜生

餓鬼

地獄

の六つからなるルーレット!さ〜て、私は何かなぁ〜と景気よく廻した結果は、


地獄…。

(-_-)


現世でええこといっぱいせな!!


eggm2005 at 18:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日常 

2007年11月18日

ご参加ありがとうございます。

無事、第五回 大阪文楽観劇会が済みました。ご参加頂きました皆様本当にありがとうございます。

そして、段取りの悪い私の仕切りを許して下さいませ・・・・。m(__)m

今回も講師の方に助けていただきました。鶴澤燕三さんのお話に皆さん、興味深々!皆さんの後ろ姿からもその様子が伝わってきました。

三味線の音の違いって、なかなか分からないというのが現実です。そこを付いてこれが「ソナエ」これが「オクリ」これが「三重」といった感じで、引き比べをしていただき、今までどう違うか微妙だったのが、なるほど!と目からウロコです。

冗談も交えつつの解説に、さすがだな〜とうっとり。

さらに、三味線の実演とともに、自ら浄瑠璃を語ってくださいまして、余計に分かりやすい。

さらにいいお声!そういえば、燕三さんは三味線弾きが語る「フクジュ会」の常連さんですからね。普段から鍛えてらっしゃるはずです。

今は亡き師匠から教わったお話もあったりで、大満足の時間でした。

 

って、私が楽しんでどないすんねん!

 

スタッフの詳しいレポが、イヤホンガイドのHPにアップ予定です。どうぞ、チェキって下さいませ〜。

次回は、1月20日(日) 床山・かしらでの企画を開催予定です。床山・かしらのお部屋の都合もあり、20名限定です。どうぞ、お早めに〜。

詳細は、イヤホンガイドHP又は12月国立小劇場文楽公演のイヤホンガイドで。

→ http://www.eg-gm.jp/e_guide/index.html



keggm2005 at 22:59|PermalinkComments(2)TrackBack(0) イヤホンガイド 

2007年11月17日

なんか…

毎月、風邪ひいてるような…。

はい。

また風邪ひきました。


でもでも休んではいられないのです!

明日は第5回大阪文楽観劇会なのです。遠方からお越しの方は暖かくしていらっしゃって下さい〜
(*^^*)


eggm2005 at 18:55|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 日常 

2007年11月12日

人と人

その人が思いつかなければ、これは存在しなかったわけで…。



そうすると、私も今こんなことをしていなかったわけで…。



そうすると、今私の周りにいる様々な人達とも出会えなかったわけで…。



そう考えると、かなり凄い存在になってくるわけで…。


人と人との出会いとは不思議なもんです。


やはり、居るべき人が居なくなるのは寂しいです。


eggm2005 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日常 

2007年11月10日

文楽夜の部観劇レポ

c3b28828.jpg

昨日、文楽夜の部を観劇してきました〜。

『源平布引滝』、いきなり2時間ですからね。やはりちょっと途中で意識失いかけてしまいました。とにかくこのテの時代物は、実は・・・ってのが多いので、登場人物の名前をしっかり覚えておかないと、何がなんだかってことになりかねない。

私のイチオシは、松波琵琶の段の綱大夫、清二郎親子の床です。人間国宝綱大夫さん絶好調。その表情といったら!そして、清二郎さんの三味線。ここは、太棹三味線で特殊な駒をつけて、琵琶の音に似せて弾くところが聴かせどころ。

いくら三の糸を使って弾いているといっても、あれだけの手数を弾くのですから、清二郎さんのツメの糸道は、えらいことになっていることでしょう。音色は琵琶といっても、弾いてるのは太棹三味線ですからね。それこそ、唐草のような早い手があるのを、太棹で弾いてしまう。唐草は、細棹だからあんなに早く弾けるんだと思ってましたから、左手のツメは、どうなってしまっているのだろうと心配しました。

以前、寺子屋を弾いてらっしゃったときに、清二郎さんが「ツメなくなってしまったわ〜」って、おっしゃってたのを思い出しました

 

そして、きっぱり、「何があっても弾き続けるよ」とも。

 

切場とは、そういうものなのです。命をかけての演奏。文楽のこのストイックなところが私は大好きです。人間の”情”を描く文楽だからこそのものだと思います。

大作でしたが、いつの間にか引き込まれてあっという間の2時間でございました。



keggm2005 at 20:06|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 文楽 

2007年11月07日

そうなん?

ce4abed1.jpgまだ11月が一週間過ぎただけやのに、ツリーですよ。

なんばパークスのクリスマスツリー。

っつか、世の中のディスプレイがクリスマス…。だって、サンタさんまでまだ2ケ月くらいありますよ。まだ南座の顔見世も始まってないし。


でも、ツリーなん?そういうもんなん?


eggm2005 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日常 

2007年11月04日

大阪文楽公演始まりました〜

昨日、文楽公演初日を迎えました。例のごとく初日前はバタバタしておりました。

でも、劇場にやって来て浄瑠璃が聞こえてくると「そうそう、コレコレ」となんだか胸躍る日々でございます。やっぱりいいな〜と改めて思う次第。

東京の9月公演に遅ればせながら、吉田玉男師一周忌追善公演が行われております。追善の演目は、昼の部が『近江源氏先陣館』 夜の部が『曽根崎心中』。昨日の初日は盛り上がってました。この調子で大阪の文楽人気を高めたいです。

 

さて、さて、我らイヤホンガイド。吉田玉男師追善として、昼の部では吉田文雀さんへのインタビューが。夜の部では吉田玉女さんへのインタビューが放送されます。9月とはまた違って今回の公演での演目についてもお話してくれてます。

これがええですよ〜。編集をさせてもらったんですが、編集しながら一人で感動してましたもん。

 

必聴!

 



keggm2005 at 14:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 文楽