2012年08月

2012年08月25日

ちょっと一服

9f15d0c7.jpg毎日、残暑厳しいですね。皆さまには体調など崩されていませんか?

画像は先日の海遊館でのもの。ペンギンブレイクです☆

先日、健康診断を受けてきました。バリウム飲んでぐるぐる回されてきました。。胃が弱い方なので、結果がドキドキ。
看護士さんから、
「いつも血圧低めね。」と声掛けられました。覚えられてるのね!?

幸い今年はちょっとした夏バテ程度で、なんとか持ち越し只今食欲旺盛です。

健康診断で嬉しかったこと!身長が伸びてました〜。ヤッター!


keggm2005 at 19:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日常 

2012年08月20日

比叡山漫遊

dccf961d.jpg

イヤホンガイド関西支社員で夏の遠足と称して、比叡山に行って来ました!

去年、高野山に行った時に、次は比叡山に行ってみたいと思っていたので、前日からウキウキでした。この猛暑ですから、暑さへの不安はありましたが、大人の遠足は大事です!

ワクワクしてなかなか寝付けなかったほど。

最澄の天台宗総本山。平安京を守る意味も込めて比叡山は神聖な地として発展。しかし、歴史上では信長の比叡山焼き討ちがあったので、建物は瑠璃堂以外はそれ以後に出来たものです。

それでも、栄西、道元、法然、親鸞と蒼々たる顔ぶれの方ちが修行した地で、ここからたくさんの宗派が出来ました。大乗仏教発展の地です。

朝5時起きで向かった比叡山は、壮大でした。京都のイメージがありましたが、住所は滋賀県。琵琶湖が一望できる見晴は最高です。

東塔⇒西塔⇒横川という順番で回りました。

途中曇ってきて雷がゴロゴロ・・・。ちょうど横川にいた頃でしょうか。しかし雨は降らず、雷の音だけゴロゴロ・・・。なんと下界ではゲリラ豪雨が!!大阪にすごい雨量の雨が降った日でした。

坂本ケーブルを降りた時に、私たちも大雨に遭遇。正に間一髪といった状態でした。



keggm2005 at 18:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0) おでかけ 

2012年08月14日

夏の風物詩

2053a0c3.jpg

今年はちょっと早めの夏の恒例観劇となった、上方歌舞伎会。

今年も見応えありました。メンバーが若手中心になったのがちょっと寂しいところですが普段の公演では見られない役者さんの活躍が見れて、楽しみな公演です。

まずは、『傾城恋飛脚大和往来』から〜封印切〜

本公演では、坂田藤十郎さんのイメージが強くて成駒屋型が印象に残っているのですが、上方歌舞伎会では、松嶋屋三兄弟の皆さんが揃い踏みで指導に当たっていまして、松嶋屋型です。

まさに和事ですね〜。

仁三郎さんの忠兵衛は、上方和事にピッタリでした。松次郎さんの八右衛門は関西人の私としては、スッと入りやすかったです。身のこなし方、しゃべり方、大阪人が滲み出ていましたね。身近に感じすぎて、“歌舞伎”と“現代演劇”との境がないというか。。。現代にでもいそうな大阪商人の人物像の造形はとってもよかったと思いますが、“歌舞伎”となると、八右衛門ってかなり難役なんだと実感。

意外にハマリ役だったのが、當史弥さんの井筒屋おえん。花形の女形を演じて欲しいと思っていますが、老け女形もイケてました!そうして大阪の方の強み、世話物にぴったりの大阪弁の台詞。力が入らない中にもビシっと決めてくれて、色町の花車を体現してくれました。

次の〜新口村〜

忠兵衛と梅川は〜封印切〜とは違う配役ですが、私としては芝居の演出的にこの二つの演目って統一感がないので、違和感はありませんでした。

梅川の純弥さん、情の深さがにじみ出てました。梅川はどちらかと言えば下級遊女だと思うので、このくらいの情がないと説得力がありません。忠兵衛とひとつゴザにくるまった時の恍惚の表情は絶品です。そりゃ、女冥利につきますよ。自分の為に全てを犠牲にしてくれた男に愛されているという実感。女の誇りさえも見えてきそうなくらいのなんとも言えない表情でした。

そして、佑次郎さんの孫右衛門。朴訥としていましたね。孫右衛門と言えば、本公演では仁左衛門さんのイメージがありますが、孫右衛門はよく考えれば大和の田舎の農家の方ですから、洗練されていることはないんです。ちょっと鈍感なくらいの方が実は写実なんじゃないかと。そう思うと佑次郎さんの孫右衛門はまさに、その通り。

豪農ですから、身なりはキチンとしていると思いますが決して“こなれて”いてはダメだと思います。その点、佑次郎さんの孫右衛門は、田舎のお父さんでした。なるほどな〜と感心しました。実年齢よりも大分と老けた役なので、難しかったとは思いますが、これに説得力を持たせられるのは、物語、しいては歌舞伎の力でしょうか。

踊り三曲もよかったです。初めて観る舞踊でしたが、山村若さんの振り付けは大変興味深かったです。

最後は、指導に当たりました松嶋屋の御三人 我當さん、秀太郎さん、そして仁左衛門さん、山村若さん、出演者が一同に揃ってのご挨拶。これがあるので観劇日はいつも千穐楽の夜の部を観ます。

そして、締めは大阪締め。う〜ちましょ!ってやつ。もちろん掛け声は我當さんです。

もうこりゃ、お祭り気分での観劇で、もうちょっと日数があると嬉しいんですけど。。。

 



keggm2005 at 17:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 歌舞伎 

2012年08月11日

お気に入りは

1c655909.jpgこの一枚。

フラっと行ったので、デジカメを持参しなかったのが後悔です。


keggm2005 at 00:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日常 

2012年08月10日

冷やっこい

767e1173.jpg気付けば8月。

夏休み文楽公演も盛況のうちに終わりました。

さてさて、私はちょっと早めに夏休みをいただきまして海遊館に行ってきました!
そりゃ世間も夏休みですから、子供たちもいっぱい。お子様に交じり、私も巨大水槽をボーっと眺めておりました。ジンベエザメはさすがの迫力です。

海遊館は10年ぶり位でしょうか。
今回、地方の方や外国人が多いのも印象的でした。すっかり大阪の観光スポットとして定着しているんですね。


keggm2005 at 13:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日常